06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

新水槽の掃除、配管

2017-01-15
まだ立ち上げまでは至っていませんが、途中経過を書いておきます。続きは新水槽の立ち上げ、生体移動です。

新水槽はこんな感じで石灰藻が付いたままなので掃除が必要です。
20170115_010.jpg

上から見るとこんな感じ
20170115_020.jpg

■サンプ清掃
水槽は配管しないと掃除できないので、ひとまずサンプから掃除して行きます。お風呂場でタオルを敷いて掃除していきます。右下はリフジウム槽だったのでいろいろ付いたままですね
20170115_030.jpg

掃除はいつものとおりクエン酸とピューラックスを使います。写真はピューラックスです
20170115_040.jpg

全て掃除しました。ピューラックスは水で洗浄したあと、念のためハイポで中和しました
20170115_050.jpg

サンプで使われていたバイオボールは再利用します
20170115_060.jpg

ついでに底面吹き出しも掃除しておきます
20170115_065.jpg

サンプをキャビネットにいれて、ひとまずサンプ掃除完了です
20170115_070.jpg

■水槽配管準備
参考に送っていただいた、当時の配管です。それにどう繋がっていたかコメントを入れてみました。かなり複雑ですね。クリックで拡大します。当時の配管を元に、なるべく再現させていきます
20170115_080.jpg

サンプ側から見た配管はこんな感じです。写真が残っていて助かりました。配管が複雑なので奥の方から配管しないと繋げられません
20170115_090.jpg

全体感はこんな感じです。左上のチャンバーは底面吹き出し用、したのチャンバーはメインポンプ用です
20170115_100.jpg

ちなみに水槽の配管とか底面吹き出しはこんな感じになっています。塩ビ管は接着部分を温めて外されていたので助かりました
20170115_110.jpg

こちらが配管前の状態です。ホースとかチャンバーを残してもらっているのはありがたい!
20170115_120.jpg

配管って買うと結構高価ですからね… 特にバルブとチャンバーが…
20170115_130.jpg

配管を行う前にキャビネットの中が暗いと作業がやりにくいので、ホームセンターでスリムなLED照明を買ってきました
20170115_140.jpg

結構明るいし、連結できるので便利です
20170115_150.jpg

■メインポンプ
当時は、底面吹き出し用にベクトラL1と、メインポンプ用にAbyzz A200だったそうですが、新水槽はどのポンプを使うか悩んだ結果、ベクトラL1を2台使うことにしました。値段は結構するのでかなり奮発… さすがにAbyzzは買えませんでした
20170115_160.jpg

もちろん正規品です。塩ビ接続するのでパーツも購入しました。こちらが給水側
20170115_170.jpg

こちらが排水側です
20170115_180.jpg

ブルーの方が付属しているUS規格用です
20170115_190.jpg

ブルーの方が差し込みが浅いのでやや不安があります。白い方は日本の規格にあわせて削り出しのようですね
20170115_200.jpg

接続するとこんな感じ。いずれも25A用です
20170115_205.jpg

L1は11500L/Hなのでモーターブロックも大きめです
20170115_210.jpg

ベクトラ用のコントローラです
20170115_220.jpg

ヒートシンク付きで、これでポンプ寿命を延ばしているのかなと思います
20170115_230.jpg

ひとまずテスト。お値段するだけあってDCポンプの中でも静かですね
20170115_240.jpg

■水槽配管
途中でパーツを買い足したりしたので、祝日も使って三日ぐらいかかりました。上のベクトラは底面吹き出し専用です。下の方がメインポンプですね
20170115_250.jpg

全体感はこんな感じ。ホースがぐるっと円を描いているのはどうやっても底面吹き出しとストレートに接続できなかったためです。いまいち… 右のバルブは水槽の水を全て抜くときのものです。
20170115_260.jpg

水槽との接続はこんな感じです。ホースは温めて、ワセリンを使ってねじ込んだ上で、ステンレスのホースバンドを取り付けてあります。そうしないとホースが古くなったときに外れる可能性があります
※元の水槽はホースバンドを使っていませんでしたが、代わりに接着されていました
20170115_270.jpg

再利用したものの、ホースや塩ビ管は結構使いましたね
20170115_280.jpg

50Aの排水管はジャバラゴムホースで接続してあります
20170115_290.jpg

■泡切り
水槽の配管が終わったので、ホースで水道水を入れました
20170115_300.jpg

循環量が多いのでサンプに落ちるところで結構泡が発生します
20170115_310.jpg

皆さんに相談して、泡切りをどうにかしないといけないので静音化も狙っていろいろ試してみました
20170115_320.jpg

排水は50Aなので、65Aのフタを穴開けします
20170115_330.jpg

取り付けてみました
20170115_340.jpg

50Aに65Aのカバーだと泡切り効果はちょっと不足かも。75Aの方が良さそうです
20170115_350.jpg

あとは上に向ける案もありました
20170115_360.jpg

泡がうまく切れないかも
20170115_370.jpg

こんな感じにして横に向けると泡切れは良さそうですが、空気が逆流する音がちょっとしますね。まだ淡水での実験なので、海水での様子を見て決めたいと思います
20170115_380.jpg

■シリコンコーキング
この水槽はキャビネットに落とし込みがありますが、置いただけだと隙間に水が入る可能性があります。なのでシリコンでコーキングします。まずはマスキングテープをしっかりと貼り付けます
20170115_390.jpg

白のシリコンを使います
20170115_400.jpg

白は防かび剤入りが多いのですが、水槽周りで使うので念のため防かび剤無しを選びました
20170115_410.jpg

コーキングガンにセットしてそのままシリコンを置いていきます
20170115_420.jpg

あとはへらで余計なシリコンを取り除いて、マスキングテープをはがせば終わりです
20170115_430.jpg

サンプ側もやります
20170115_440.jpg

あとは一日ほっとけば固まります。多少水をこぼしても隙間に入ることを気にしなくて済むのは楽ですね
20170115_450.jpg

■サンプ穴開け
サンプは左側がトリトンメソッドのリフジウム用であるため、水がたまるようになっています。サンプサイズ的に、中央にダブルコーン200を入れることはできません
20170115_310.jpg

というわけで申し訳ないですが穴開けを行います。ホールソーの径は40Aのバルブソケットにあわせてあります
20170115_460.jpg

アクリル専用ビットで穴を開けてから、ホールソーでゆっくり目に穴を開けます
20170115_470.jpg

穴が開きました
20170115_480.jpg

短くしたバルブなので、穴をふさぐことができます
20170115_490.jpg

これでサンプ水位を変更できるようになりました
20170115_500.jpg

■水槽清掃
水槽は石灰藻が付いているので、サンプと同じくクエン酸とピューラックスで洗浄しました
20170115_510.jpg

何度か水を換えて、掃除をしてを繰り返しました
20170115_530.jpg

■水槽立ち上げ準備
水をできる限り抜いたら、いよいよRO水を入れていきます
20170115_540.jpg

ある程度水がたまったら、床暖房を付けた上でヒーターを入れました
20170115_550.jpg

ちょっとずつ塩を入れていきます
20170115_560.jpg

というわけで、RO水がたまるのはかなりかかるので、しばらく放置します。今は冬なのでRO水の生成は18L/Hぐらいです。いっぱいになるまで26時間ぐらいかかりそうです

-----

立ち上げは明日以降になります。念のため塩素チェッカー、アンモニア試薬と
20170115_570.jpg

シーケムのアムガードを買っておきました
20170115_580.jpg

といった感じです。ライブロックをちょっと買って、ZEOvitの立ち上げプロセスを行っていく予定です。1週間か2週間ぐらいしたら機材と生体を移行しようと思います

関連記事
スポンサーサイト


B!
タンクデータ | コメント:(4) | トラックバック:(0)
コメント:
No title
こんばんは!

新水槽の立ち上げ記事待ってました!
いや〜やっぱり見ていてこっちもワクワクしてきましたよ〜
特に複雑な配管。 ムコタマには複雑すぎて頭が沸騰しそうです・・・・

サンプもアクリルの白赤構成でいい感じですね〜


嗚呼私もメートル級の水槽欲しいなぁ・・・・、
No title
お疲れ様でした!
とりあえず山は越えましたねw
ムコタマさんへ
こんばんは。
作業そのものは非常に地味なことの連続なので、落ち着いてやれば大丈夫でした。配管も最初はよくわかりませんでしたが、番号を付けて流れをイメージすればなんとかなりました。最初の配管を組んだ方は凄すぎると思いますがw
ちょっと前に塩ビ管カッターを買っておいたので作業は結構楽に進みました。やはりカッターが無いとこの規模の作業は無理ですね

>嗚呼私もメートル級の水槽欲しいなぁ
中古でたまに出てくるのでそのときがチャンスですw
haseさんへ
こんばんは。
何とか超えましたね。あとは機材と配管の移設が地味に大変なことが課題かな…

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...