03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

ふるさと納税2016

2017-03-01
アクア関係無しです。2016年のふるさと納税の記録です。2017年にふるさと納税するなら参考になるかも

■北海道 寿都町

夏が旬なので塩うにといくらセットを申し込みました
20170229_010.jpg

自分で買うと結構しますから、これだけもらえると助かりますね
20170229_020.jpg

こちらの動画を観たのでどうしても食べたくなりました
20170229_030.jpg

あといくら 
20170229_040.jpg

加工品も付いてきます
20170229_050.jpg

中身はこんな感じ
20170229_060.jpg

美味しくいただきました
20170229_080.jpg

■茨城県 大洗町

嫁がいくら好きなのでまたも送ってもらいました
20170229_090.jpg

解凍後
20170229_100.jpg

■群馬県 草津町

締めはくさつ温泉感謝券で温泉旅行に行ってきました。寄付金額の半額が感謝券で戻ってきます

すぐに感謝券を送ってくれました
20170229_110.jpg

あとガイドブックも
20170229_120.jpg

新宿駅や東京駅からバスが出ているので楽ですね。早めに予約すると割引があります。また帰りのバス代は感謝券で支払うこともできます
20170229_130.jpg

というわけで湯畑到着。
20170229_140.jpg

非常に寒く雪も降っていました
20170229_150.jpg

とりあえず足湯が無料ですので暖まります
20170229_180.jpg

宿の前も結構積もってますね
20170229_190.jpg

とりあえずお昼は肉を
20170229_200.jpg

普段外食はほとんどしないので楽しめました
20170229_210.jpg

そういえばおやき食べてないな…
20170229_220.jpg

宿は安めだったので食事はそこそこ。でも雪を見ながら露天風呂は最高でした
20170229_230.jpg

秋~冬にかけて仕事が忙しかったのでゆっくりできました
20170229_240.jpg

翌日のお昼はいろいろと美味しそうで悩み…
20170229_250.jpg

とりあえずおきりこみを食べることに決定しました
20170229_260.jpg

こちらはお土産に買ってみた
20170229_270.jpg

雪は止んで快晴
20170229_280.jpg

草津温泉観光大使のゆもみちゃんが湯畑でプロモーションしていました
20170229_290.jpg

Twitterもまめに更新されているので行くときは参考になりますね
20170229_300.jpg

ちなみにマンホールにも描かれています
20170229_310.jpg

というわけでお昼
20170229_320.jpg

おきりこみは落ち着く味でした。家でもたまに作っています
20170229_330.jpg

あとマイタケ天ぷらサクサクうまい
20170229_340.jpg

温泉で温泉玉子
20170229_350.jpg

温泉掛け流しで贅沢
20170229_360.jpg

草津熱帯園に行ってきました。ちょっと狭いけどいろいろな生物がいます。温泉を使って熱帯の生物を飼育しています
20170229_370.jpg

最初はワニの剥製とか
20170229_380.jpg

標本とかでしたね
20170229_390.jpg

ニホンザルが可愛かった
20170229_400.jpg

顔を器用にかいています
20170229_410.jpg

熱帯園の中にはピグミーマーモセットとかの小型のサルが展示
20170229_420.jpg

20170229_430.jpg

いずれも可愛いです
20170229_440.jpg

20170229_450.jpg

20170229_460.jpg

カピバラ用の温泉もありました
20170229_470.jpg

20170229_480.jpg

触ってOKとのことなので かなりふわふわでした
20170229_490.jpg

あとは鳥や
20170229_500.jpg

そうそうカクレクマノミも
20170229_510.jpg

そしてウツボ
20170229_520.jpg

というわけでお土産
20170229_530.jpg

味を参考にたまに作っています。野菜もたくさん食べられますね
20170229_535.jpg

20170229_540.jpg

20170229_550.jpg

20170229_560.jpg

というわけで2016年はこんな感じでした。2017年はどこにするか…

スポンサーサイト


B!
その他 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

AMP水槽他の引き取り手募集!(→決まりました!)

2017-02-05
水槽のサイズアップが概ね完了して、旧水槽の掃除が終わりましたので引き取り手を募集します!

(2/9)引き取り手が決まりましたので、募集は停止させていただきたいと思います。ありがとうございました!

ひとまず旧水槽のイメージはこんな感じでした。この前のマリンアクアリストにも掲載されています
20170205_005.jpg

直接取引限定になりますが、以下をまとめて16万円になります。元が合計46.5万円なのでそこそこお得です(65%引)。それぞれ注意点等ありますので、このブログを良くお読みください
20170205_003.jpg
オールガラス水槽、キャビネット、サンプ、DCポンプ、水流ポンプがセットですので、ソフトコーラルやLPS水槽なら照明とヒーター、スキマーあたりを買えば水槽できちゃいますね! 水量は250Lになりますのでかなり安定性高いです
引取ご希望の方はブログのコメントかTwitterでご連絡ください。
引き取り手がいないようであれば、個別に2/11(土)あたりにオークションに出品します(終了はそこから一週間後の2/18(土)です)。

■引取の詳細について
・引取限定になりますので、輸送手段を確保願います
・不要なもの、大きすぎるものは引き取り対象外としてOKです。ドレンパンとかかなり大きいので… (そのときは個別にオークションに出します)
・養生マット、台車は貸し出しできます。必ず返却してください
・キズ防止に大きめのダンボールもあります
・No1のガラス水槽は持ち上げるのに二人必要になりますので、搬出のお手伝いをお願い致します
・設置については交通費を出していただければ(若しくは送っていただければ)お手伝いします!
・引き渡し日は基本的に土日祝日になります
・いずれもクエン酸と次亜塩素酸ナトリウムで掃除・殺菌済みです

では細かいところを説明していきます

■No.1 アクアマリンプロ水槽

水槽とキャビネットについてはこちらも参考にご覧ください


ガラス水槽で有名なコットアップさんのアクアマリンプロ水槽です。サイズは 1200x450x450Hです。ガラス厚は10mmです
クエン酸と次亜塩素酸ナトリウムで掃除済みです。ガラス水槽はキズが付きにくいのでフリッパーなどのブレード付きマグネットクリーナーで掃除が簡単にできます。ただし砂を巻き込んでしまったので正面の一部にキズがあります
20170205_010.jpg

左側にスライド式コーナーボックスがあります
20170205_015.jpg

ちなみに掃除中はこんな感じでした
20170205_016.jpg

amp(アクアマリンプロ)のロゴ付きです
20170205_020.jpg

正面は高透過ガラスになっていて透明度が高いです
20170205_030.jpg

背面やサイドは普通のガラスです。
20170205_040.jpg

こちらをおまけとしてお付けします。落水音をほぼ無くせます
20170205_050.jpg

排水管に取り付けてください
20170205_060.jpg

スライド式コーナーボックスは掃除が可能です
20170205_070.jpg

排水管は水位を微調整できます。接着していませんのでやり直しも可能です。なお給水管はありません
20170205_080.jpg

給水管は塩ビ管をふちにかけるか、
20170205_085.jpg

セットに含まれているWavySeaをお勧めします。首振りでメインポンプの水流を水槽全体に行き渡せられるのでお勧めです
20170205_086.jpg

おまけの塩ビフタです。フランジもあって地震の時でも安心です
20170205_090.jpg

ただしコーナーボックスのところの切欠があっていません。底を防ぐ薄い塩ビ板を差し上げることは可能です
20170205_100.jpg

排水管をキャビネット側から見たところです。排水部分は抜けると大変なことになるので接着済みです
20170205_110.jpg

こちらのジャバラゴムホース50を使うと配管が簡単で取り外しもできます
20170205_120.jpg

■No.2 プレコキャビネット ウッディNEO WN-1200

プレコ社の高級キャビネットです。サイズは1210x460x800Hです。とてもしっかりした造りで、震災も問題なく耐えました
20170205_200.jpg

キャビネットの左側に水槽との配管用の穴が開いています。サイズと位置はこのようになっています
20170205_210.jpg

内部も掃除してあります。またネジ穴もなるべくふさいであります
20170205_220.jpg

水が染み込まないようにコーティングされています
20170205_230.jpg

キャビネットのヒンジがさび付いていたので、4つ全て取り外して
20170205_240.jpg

ダンパー付きのヒンジに換装してあります。扉がゆっくり閉まるので、魚がびっくりするのを防げますね
20170205_250.jpg

左側は両面テープを剥がしたときに表面まで剥がれてしまいました… タップ等を貼り付ければ目立たなくなりますが、気になる方は白い塩ビ板やアクリル板、木の板を張り付けることで改善できます
20170205_260.jpg

右側は静音化のためにシートが貼り付けてあります。扉も同様です
20170205_270.jpg

おまけでサンプ内の照明を取り付けてあります
20170205_280.jpg

交換用のランプもお付けします
20170205_290.jpg

サンプを収納するとこのような感じになります。中央の柱は取り外すことができます。(水槽に水が入った状態では取り外さないでください)
20170205_295.jpg

■No.3 アクリルサンプ
アクアファクトリーさんのアクリルサンプです。サイズは950x350x350Hで、キャビネットにあわせてあります。スキマーにあわせて水位を自由に変動させることができます。アクリルウールボックス 120x330x220Hもあり、落水音を減らすのに役立ちます

サンプの様子はこちらも見てみてください


サンプの全体はこんな感じです。右から水が入って、右側にスキマー、左側にリアクター類やメインポンプを置くことを前提としています
20170205_300.jpg

サンプの収まり具合はこのような感じです
20170205_305.jpg

水位は18cm~23cmまで任意で変更できます
20170205_310.jpg

水位の板は7つありますので、一つだけ入れるかまたは組み合わせて使ってください
20170205_320.jpg

サンプに水を入れすぎたときのために排水用の50A管がありますがフタをしてふさいであります。フタの取り外しは可能です
20170205_330.jpg

反対側から見るとこのようになっています。接着済みです。
20170205_340.jpg

排水用の管がありますが…
20170205_350.jpg

接着してふさいであります
20170205_360.jpg

ウールボックスはジャバラゴムホース40をおまけでお付けします。フタ付きで塩だれを防ぎ、また音が小さくなる効果があります。中はファインマットにあわせてあります。ファインマットが詰まった場合の回避ルートも設けてあります
20170205_370.jpg

シャワーパイプは接着していませんので指をかけて簡単に引き抜くことができます
20170205_380.jpg

おまけで50Aを40Aに変換する配管もお付けします
20170205_390.jpg

■No.4 黒塩ビドレンパン(ドライサンプ)
Plaxさんで作成していただいたドライサンプです。サイズは1800x800x100Hで、内寸80Hです
20170205_400.jpg

このように水槽の下に敷いて、水漏れがあった場合に受け止めることができます。この6年間で10回ほど助かっています
キャビネットをそのまま置くと扉が開かないので、木の土台を置いて、黒いシリコンで固定してあります。シリコンを切って外すことは可能です
20170205_405.jpg

構造はこんな感じです
20170205_450.jpg

左の方はスペースが空いていますので、自動給水タンクやサブ水槽を置くことができます
20170205_410.jpg

左手前に40Aの排水管を接続できます
20170205_420.jpg

奥側と左側は壁と密着させるためにスポンジを貼り付けてあります。綺麗に取り外すのは困難です
20170205_430.jpg

右手前はスポンジを貼り付けています。小指等をぶつけたときも安心です
20170205_440.jpg

■No.5 メインポンプ Jebao DC-9000J
DCポンプです。国内正規品で、安心パック(モーターブロック)付きです。省エネで低ノイズです
20170205_500.jpg

予備のモーターブロックです。故障した場合、こちらに交換してポンプを速やかに再開できます。オーバーフロー水槽でポンプ停止は大きな影響があるので、これがあると安心です。こちらは新品で、交換して動作するかチェック済みです
20170205_510.jpg

ポンプは底面に防振ゴムが付いています
20170205_520.jpg

25A用の塩ビ接続パーツを二つお付けします。
20170205_530.jpg

■No.6 WavySea ブラック
WavySeaです。首振りでメインポンプの水流を水槽全体に行き渡せられるのでお勧めです
20170205_610.jpg

排水管の延長も可能です
20170205_620.jpg

25A塩ビの配管は取り付けたままにしていますのですぐ使えます。もちろん取り外しも可能です
20170205_630.jpg

■No.7 Vortech MP10WES 輸入品
Ecotech Marineの小型ウェーブメーカーです。120cmで使うには力不足なので、WavySeaや他の水流ポンプと組み合わせてください。
20170205_700.jpg

無線で他のポンプと連動できます。最低流量で使っていたのでベアリンクへのダメージも少なく、かなり静かです。ポンプのケーブルで配線が見えていますがとくに動作は問題ありません
20170205_710.jpg

というわけでご連絡お待ちしております。



B!
その他 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

Fire TV

2016-04-29
アクア関係なしの記事です。

去年Chromecastの記事を書きましたが、その後11月にFire TVへ変更したのですが記事にしていなかったので書いておきます。当時の記事は映像ストリーミングサービス&Chromecastです。

まずChromecastはこんな感じで、テレビにHDMI直差し、無線で接続する感じです。スマートフォンからの利用前提で、スマートフォンをリモコンとして使います。文字入力とかはスマートフォンからなのでさくさくできます。が、動画再生の開始はちょっと待たされる感じです。スティック型なので中のハードウェアスペックがいまいちなせいかも。
その後Chromecast2が出たのですが、ちょっと早くなったみたいです。
20150921_020.jpg

FireTVはまずボックスタイプがあります。CPUはクアッドコアで高性能です。メモリも2GB積んでいます。音声認識リモコン付き。1万3千円。
20160429_010.jpg

あとスティックタイプもあります。CPUはデュアルコアでメモリは1GBです。無線接続です。音声認識リモコン付き。6500円。
20160429_020.jpg

音声認識無しリモコン付きモデルもあります。5000円。
20160429_025.jpg

Fire TV買うならBOXタイプがやはり良いかと思います。
背面の接続はACアダプタ、HDMI、有線LAN、SDカード、USB接続できます。4K対応、USBマウス、キーボード接続できます。なおBluetooth接続も可能です。
Chromecastだと無線LANが2.4GHz帯での接続しかできませんでした。この帯域は無線マウスと干渉しやすく、マウスの動きがわるくなったりといまいちな感じだったので、有線LANはありがたいです。
(Chromecast2は5GHz帯に対応したのでこの問題は解決しているかも)
20160429_030.jpg

Fire TVの良いところは…まぁ他の方の紹介サイトや動画を見る方がわかりやすいと思います。ざっくり書くとこんな感じ。

■動画配信サービス対応が多い
 Amazon Primeビデオはもちろん、Netflix、Hulu、dTV、Youtube、ニコニコ等々に対応しています。Netflixの4K及び5.1chサラウンドにも対応。
 Amazon Primeは無料動画の再生はもちろん、最新動画のレンタル(ネット配信)と購入(ネット配信でメディアよりも安く済みます)もできます。

■Androidアプリをインストールできる
 スマートフォンと同じアプリをインストールできます。
 たとえば…
 nicoidでニコニコ動画が再生できます。(正式対応では無いので早送りとか細かい操作はマウス接続が必要)
 KODIでネットワーク上のHDDやPC共有ドライブの音楽、動画、DVD、Blu-rayを直接再生できます。Fire TV BOXのハードウェアスペックを生かして、h.264フォーマットの動画だけでは無く、圧縮率が高いh.265フォーマットでも再生ができます。
 PC上の動画共有には従来DLNA(Digital Living Network Alliance)がありましたが、再生デバイスにあわせて再エンコードされる機能のせいで画質が悪くなったります。が…KODIならその心配ありません。
 ESファイルエクスプローラで、ネットワークドライブ上のファイルやクラウド上のファイルを参照できます。
 Chrome等のWebブラウザもインストール可能です。操作にはマウスやキーボード接続が必要です。

■リモコンが使いやすい
 音声認識で動画探しがらくです。ただしAmazon Primeだけ対応しています。他のアプリでも使えると良いのですが。

■アプリ切り替えがさくさく
 メモリが多いだけあって、起動アプリの切り替えは素早くできます。ネット配信サービスはいろいろありますが、見られる動画は異なっているのでそこそこ頻繁に切り替えが必要だったりします。テレビ内蔵アプリだと切り替え遅くてイライラすること間違い無し…

■キーボード&ゲームパッド対応
 配信されてるゲームはリモコンやパッドで操作できます。専用のゲームパッドも販売されています。キーボードでブログ書いたりとかもできる…かも。

というわけで、Fire TV BOXのおかげで動画配信を見るのはかなり快適になりました。パソコンの画面をいちいち動画で占有しなくて済むので、パソコンで作業をしながら動画を横で見るみたいな使い方がしやすくなりました。
20160429_005.jpg

なお、Chromecastは寝室のテレビや実家などで活躍しています。設置の手軽さと、ちょっと動画を見るだけ、BGMとして使うだけなら十分かなと思います。さくさくと操作したいならやはりFire TV BOXが良いかなと思います。



B!
その他 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

ふるさと納税で四万温泉

2015-11-28
今回はアクア全く関係無しです。たまには旅行の記事でも書いてみます。

今年はふるさと納税で受けられる控除額が増えたので、どこの自治体へ寄付をしようかいろいろ悩みましたが…結果、群馬県の四万(しま)温泉で有名な中之条町に寄付することにしました。こちらに寄付すると、寄付額の半額分の感謝券+10%程度の特産品がもらえます。感謝券は四万温泉の旅館やお店の支払いに使うことができます。
例えば4万円寄付すると2万円分の感謝券と4千円分ぐらいの特産品がもらえるわけです。寄付した分は確定申告すると、後で3万8千円税金から控除されます。結果として2千円で2万円分もらえることになるので超お得です。(ふるさと納税をやったことある方にしたら今更な説明ですが…)
温泉で一泊するとそれなりにお金がかかりますが、感謝券を使うことで格安で行けるわけです。

電車で群馬県の山奥まで行くと乗り換えが結構大変なので、四万温泉バスプランにしました。宿の宿泊代にバスの往復料金も込みです。
東京駅の八重洲通りからバスに乗って、あとは寝てるか群馬の自然を眺めているだけで到着するので非常に楽です。行きと帰りの時間配分もベストです。ちなみにこのプランだとバス代も感謝券で支払いが可能です。(電車代を感謝券で支払うのは不可能)

というわけで四万温泉に到着しました。11月中旬に行きましたが、標高700mなので既に紅葉は終わっていました。
20151128_010s.jpg

水が非常に綺麗! ちょっとブルーかグリーンぽい感じ。
20151128_020s.jpg

積善館 1691年に建てられた日本最古の木造湯宿建築らしいです。この赤い橋は、温泉が入りたくなる某映画でも出てきましたね。
20151128_030s.jpg

中はこんな感じ
こちらには泊まらなかったのですが、日帰りプランもあるので記念に入れば良かったかも。
20151128_040s.jpg

泊まった宿のお風呂はこんな感じ。お風呂にカメラを持ち込むわけにはいかないので、転載です。川の流れる水の音を聞きながらゆっくり温泉に浸るのは最高です。
20151128_050s.jpg

近くのダムには野生のニホンザルが群れでいました。目を合わせると危険なので注意しながら撮影。年賀状のイラストを見て思いますが、ニホンザルのしっぽは長くないよ!
20151128_060s.jpg

昼食のおそば。リンゴの天ぷらが珍しいかも(群馬県はリンゴも名産品です)。焼きリンゴっぽい風味で美味しいです。
20151128_070s.jpg

温泉で蒸した鰻重。
20151128_080s.jpg

宿の料理。どれも美味しくて満足。
20151128_090s.jpg

20151128_100s.jpg

20151128_110s.jpg

朝食はこちら。ご飯も群馬県産で美味しい!
20151128_120s.jpg

というわけでだいぶ癒やされました。

宿泊せずに日帰りする場合は、無料の足湯、無料の浴場、400円ぐらいの共同浴場等があります。あと飲泉場も。

宿は外観が古いところが多いですが、中は綺麗だったり、ちゃんと二重サッシで防寒、防音されていたりします。

四万温泉はお店の数も多くなく一日あれば全て制覇できるぐらいなので1泊がちょうど良いかと思います。冬には雪を見ながら温泉なんて贅沢なこともできるので、行くならこれからも良いかと思います。今年寄付をしていない方はまだギリギリ間に合うかも。特産品は2ヶ月程度待ちますが、それよりも先に感謝券が発行されることになっているようです。

同じ群馬県の草津温泉でも同じように寄付で感謝券がもらえます。四万温泉が良かったので、来年はどこに寄付するかまた悩みが増えましたw



B!
その他 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

映像ストリーミングサービス&Chromecast

2015-09-20
今回はアクア関係無しです。

世の中気付いたらどんどん便利なって来てるなと思ったので、知ってる人には本当に今更な話ですが書いておきます。

2014年12月にテレビと7.1chのサウンドバーを買いました。地上波だけ見ていてももったいないので、Blu-rayや映像ストリーミングサービスをみる機会が増えてきました。
20141227_280.jpg

今年9月から、海外の映像ストリーミングサービス「Netflix」が、日本でもサービス開始になりました。
映像ストリーミングサービスは映画やドラマやテレビ番組をインターネットで配信するサービスです。レンタルのBlu-rayやDVDのように店まで借りに行く必要が無く、配信されている番組をいつでも好きなときに見られるのが良いところです。1ヶ月1000円ちょっとで見放題とかなり低価格です。

今までもHulu等がありましたが、解像度は720p程度、ステレオなので画質と音質ともにいまいちでした。
日本において、映画、番組でフルHD及び4Kかつ5.1chに対応したのはここが初かと思います。高画質になったことで、テレビで画質の荒さを気にせずに見られるようになりました。

問題はNetflixを手軽に見るための方法です。うちのテレビ単独では見られません。NetflixはPC、Android、iPhone等のスマートフォン、iPad、PS4、PS3、XBOX等のゲーム機に対応しています。(専用アプリをダウンロードします)
また、今のテレビはYouTube等のプレイヤーアプリを内蔵していたりしますが、最新のテレビにしかNetflixに対応していません。一昔前のテレビがいつアップデートされるかも不明です。ブルーレイプレイヤーも同様に最新のものしか対応していません。従って、テレビで見るならPCやゲーム機を繋ぐ必要がありますがちょっと面倒ですし、起動も遅いです。動画を見るだけなのにPCを占有されるのも困ります。

何か安くて手軽に見られる方法が無いかと探してみたら見つかりました。chromecastです。
20150921_020.jpg
価格は4500円ぐらいです。新バージョンが今月ぐらいに発表されるようなので、最近さらに安く売られるようになってきました。存在は知っていましたが、スペックで見たらフルHDは無理かと思ってスルーしていました…改めて確認したらちゃんとフルHD、5.1ch対応しています。

使用イメージはこんな感じです。


chromecastはHDMI端子、無線LANを内蔵していて、テレビやサウンドバーに直接挿して使います。電源はテレビのUSBポートや付属ACアダプタからとります。使うには無線LANルータ(wifiルータ)とインターネット接続環境が必要です。

chromecastにはボタンやリモコンはありません。
スマートフォンやiPhone、iPadをリモコンとして使います。
スマートフォンの動画再生アプリで動画を再生して、キャストボタンを押すだけでchromecastへアドレス情報が伝わり、テレビで動画が再生できます。スマートフォンから早送りや音量コントロールができます。
テレビのリモコンでは動画の検索が非常に面倒ですが、スマートフォンで検索はやりやすいので便利です。動画はスマートフォンで再生しているわけでは無く、chromecast自身が無線LANルータ経由で取りに行っています。従ってスマートフォンの電池はほとんど消費しません。

どのアプリからキャストできるかは、本家サイトの対応アプリを見てください。
有名なところではYouTube、Netflix、Huluがキャストできます。それ以外にも、nicoidでニコニコ動画に対応していたり、AllCastでスマートフォン内の画像や動画までキャストできます。
最初はYouTube専用か?ぐらいの対応状況でしたが今でも増えていっています。2GBのフラッシュメモリ内蔵してるのである程度はあとからでも増やせる余地があるようです。
ちなみにPCのTABもキャストできます。ブラウザのchromeにGoogle Castというプラグインを入れればOKです。(ただし720pが限界)

これで手軽に動画が見られるようになりました。連休中暇なら、海外ドラマシリーズをひたすら見続けられますw

なお新chromecastは再生までの時間短縮等良くなっているようです。日本で使えるようになるのがいつからなのかは謎ですが。テレビが複数あればそれぞれ挿さないといけないので、まずは一つ買ってみるのも良いかも。

ついでに…
今月から日本でもgoogle play musicがサービス開始されました。有料で3500万曲が毎月1000円ちょっとで聴き放題です。
また、有料プランにしなくても、Googleのアカウントを持っていれば無料で手持ちのMP3を50000曲までクラウドにアップロードして、どこでもストリーミング再生できます。スマートフォンやiPadの貴重な空き領域を音楽に占領されなくてすみます。さらには曲を解析してアーティストやジャケット画像までつけてくれます。もちろんこれもテレビにキャストしてプレイヤーとして使えます。アップロードはPCのchromeから行います。光回線なら一晩あればアップロード終わると思います。最近使い始めてみましたがかなり便利です。

というわけで、世の中年々便利になっていきますね。



B!
その他 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

アクリル水槽とアクリルサンプの引き取り手募集!

2013-07-13
水槽とサンプの交換を行いましたが、交換前の水槽とサンプが家のスペースをかなり使っている状態です。
交換前の水槽も手を入れればまだ使えると思いますので、引き取り手を募集したいと思います。

サンゴなら発送できるのですが、今回はサイズが大きい物ばかりなので
東京都の私の家まで車で引き取りに来ていただける方限定とします。
車への搭載まではお手伝いしますが、設置や掃除等についてはご自分でお願いします。
料金は無料です。
塩ビ配管等はご自分で用意してください。

今回引き取り対象なのは
①1200x450x450アクリル水槽+フローフェンスサイレンサー+ガラスフタ+研磨セット
②900x350x350アクリルサンプ
③1000x350x350アクリルサンプ、水位変動加工
④220x330x230ウールボックス

です。

欲しいという方は、それぞれの詳細を良く確認した後に、①②③④のどれが欲しいかを明示してここにコメントしてください。
※非表示コメントは無効です。
※コメントをいただいた方の早い者勝ちとします。
※組み合わせは自由です。全て欲しいとか、サンゴ水槽をやりたいので①、②、④セットで!みたいなのもOKです。
※引き取り手が確定しましたら、こちらの連絡先をコメントに書きますので、メールでご連絡ください。
※その際、本人認証のためコメント時のパスワードを教えてください。

コメントを書く前に…
・①は男性の方なら一人で持ち上げられる重さです。②~④はどなたでも持ち上げられると思います。
・念のため…水槽のフランジをつかんでもちあげないでください。
・いずれも結構な大きさなので、車に入るか、家の中に設置できるか、床の強度は大丈夫か、周辺機材の購入コストは問題ないか等々、確認を行ってください。

受け渡しの予定日は以下のとおりです。基本的に土日祝日です。
・07/14(日)
・07/15(月)
・07/20(土)
・07/21(日)


①1200x450x450アクリル水槽+フローフェンスサイレンサー+ガラスフタ+研磨セット

コーナーボックスタイプのアクリル水槽です。背面のみブラックアクリルです。
2011年1月に購入してから約2.5年、サンゴ飼育に使ってきました。
通常よりも厚めの10mmアクリルを使っています。底面のみ8mmです。
新品を買うと10万円ぐらいです。

このサイズだと掃除も大変で、取り外してから掃除していませんので、綺麗にしてから使ってください。
あと、アクリルにキズが多いので、アクリルを研磨して綺麗にしてから使った方が良いと思います。
20130713_010s.jpg

コーナーボックスの板は取り外し可能です。
給水管からは暫定的に塩ビパイプを取り付けていますので、別途アクリルへの字を購入してください。
20130713_020s.jpg

水槽の強度を高めるセンターフランジは、ステンレスの棒になっています。
通常のアクリル水槽は幅の広いアクリル板をセンターフランジに使いますが、照明の邪魔になってしまうことが多いのが問題です。このフランジなら照明の邪魔をすること無く、最小限の影響で水槽強度を高めることができます。
20130713_030s.jpg

サンプへの配管部分です。
50A、16A、16Aとなっています。全て接着済みです。
20130713_040s.jpg

コーナーボックス関連のアクリル板と、ナチュラルオリジナルのフローフェンスサイレンサーです。
フローフェンスサイレンサーは新品を買うと6,800円ほどです。
ポンプの強さによりますが、かなりの消音効果があります。
20130713_050s.jpg

水槽の外側に貼る目隠し用のアクリル板です。
20130713_060s.jpg

研磨セット
たぶんこれがあればキズをかなり消せると思うのですが、試したことはありません。
20130713_070s.jpg

ガラス蓋です。5mm厚の高透過ガラスでできています。センターフランジがあるので三分割してあります。
20130713_080s.jpg

穴の部分は手を切らないように加工済みです。
20130713_090s.jpg

20130713_100s.jpg


②900x350x350アクリルサンプ

水槽とセットで購入したアクリルサンプで、同じく約2.5年使用しています。すべて5mm厚です。
新品で買うと3.5万円以上します。

正面から見たところ
元々強制濾過前提だったところを無理矢理ドリルで加工してZEOvit水槽として使っていたので、見た目は良くないです。
20130713_110s.jpg

背面から見たところ
16A排水が2つ、20A排水が1つ、50Aのあふれ防止が1つの構成です。使わない場合はキャップを塩ビ接着してください。
中央の仕切りは高さ20cmぐらいです。
20130713_120s.jpg

20130713_130s.jpg


③1000x350x350アクリルサンプ、水位変動加工

この前購入したサンプでほぼ未使用です。新品で買うと3.5万円以上します。水位変動加工なので、18cm~22cmまで1cmきざみで水位を変えることができます。

不注意で割ってしまったので、一応修理はしてあります。ですが、
水漏れについて保証も補償もできませんので注意してください。
水漏れがないかの十分な確認を行うか、
水が漏れても問題が無い場所で使用するか、
シリコンなどでさらに補強するか
して対策を取ってください。

正面から見たところ
20130713_140s.jpg

背面から見たところ
16A排水、50A排水がついています。
20130713_150s.jpg

ヒビの入ってしまった部分
内側と外側に5mmアクリル板を張り付けて、穴の部分はシリコンを埋めてあります。これで水漏れを完全に防ぐことができるかどうかは不明です。
20130713_160s.jpg

水位変動用のアクリル板です。
20130713_170s.jpg


④220x330x230ウールボックス

水槽とセットで購入したアクリルのウールボックスです。フタだけは塩ビです。新品を買うと1万円以下です。
結構幅があって、ファインマット2枚を横に敷けるように最適化してあります。
ウール部分が完全に詰まってもあふれないように回避ルートが設けてあります。
20130713_180s.jpg

底面の排水部分は50Aです。
20130713_190s.jpg

ではご連絡をお待ちしております!



B!
その他 | コメント:(4) | トラックバック:(0)

いまさらseneye reef

2012-12-31
2月から使用しているseneyeですが、Neptune Apexへ移行する前にレビューを書いておきたいと思います。

とりあえず公式サイトはこちらです。seneyeはイギリスの会社の製品だったと思います。

seneyeは水槽のモニタリングを行うための器具です。以下をモニタリングできます。
 ・水温
 ・アンモニア
 ・pH
 ・照度
 ・酸素濃度
また、
 ・しきい値を超えたらメール送信&携帯へのショートメール送信
もできます。

本体は99.99 EUR、計測用のチップは3ヶ月分で18 EURです。毎月お金がかかるとはいえ、モニタリング用としては値段の割に多機能だと思います。

この装置の他、
 ・PC(4万円程度のノートPCがあれば十分です)
 ・インターネット回線
 ・できれば無線LANルータ
が必要です。

こちらが計測装置です。海水中につけておいて水質を測定します。
20121231_002.jpg

USBで電源供給&データ転送を行います。USBケーブルは3mぐらいあったとおもいます。
20121231_005.jpg

こちらがPC用のソフトウェアです。モニタリングしたデータは、このソフトからインターネット経由でseneyeのサーバへ転送されます。現在の値が見られるだけで、グラフ表示はできません。現在値がおかしい場合はズレ幅を調整できるようになっています。
20121231_030.jpg

seneyeサイト上でモニタリングしたデータがグラフで参照できます。左上から、アンモニア(NH3)、アンモニウムイオン(NH4)、水温、酸素濃度、pHのグラフです。
赤いラインはしきい値となっていて、上下にスライドさせることでしきい値を変化させることができます。
上のラインは、値がそれを超えたときにメールで通知されます。また下のラインは、値がそれを下回ったときにメールで通知されます。
20121231_040.jpg
たとえば… 夏場でクーラーが故障する → 水槽の水温が上昇して上のラインを超える → メールで通知される → 私がハラハラする といった感じになります。

さらに下の方にはLuxとかもありますが、光が入らない場所に装置を置いているのでモニタリングできませんw
20121231_050.jpg

Androidの専用アプリで現在の値を確認できます。さすがにグラフまでは表示してくれません。
20121231_060.jpg

-----

チップはこんな感じでひとつひとつパッケージに入っています。表にはパスコードが書かれていて、PCソフトウェアから入力すると1か月間使えるようになります。
20121231_010.jpg

使用前には48時間ほど飼育水につけます。
20121231_020.jpg

-----

ちなみにネットワークカメラも設置してあるので、いつでも外出先から水槽の様子を確認できます。地震が起きたら真っ先に確認します…
20121231_070.jpg

-----

使ってみた感想としてはこんな感じです。

良いところ
 ・結構安い
 ・それなりに多機能
 ・携帯電話からも値が見られる
 ・アンモニアがモニタリングできるのは知る限りこれだけ
 ・チップ交換でpH校正は不要

悪いところ
 ・毎月交換&パスコード入力がめんどくさい
 ・seneyeサーバ経由でメール通知なので、事が起きてから通知されるまで結構時間がかかる
  (データをまとめてアップロードしてるようなので、数時間後に届く感じです)
 ・PCが必要
 ・センサーの精度がいまいち
  (pHとか結構チップ毎にズレまくりw)

アンモニアがモニタリングできるのは立ち上げ初期には良いのではと思います。

seneye本体とチップは公式サイトから購入できますが、日本宛てで購入すると送料が600万円とかおもしろいことになります。私が購入したときは簡単な英文メールで注文しました。送料は45 EURぐらいでした。



B!
その他 | コメント:(4) | トラックバック:(0)

小ネタ:コーナーボックスカバー作成(失敗)

2012-09-17
T5がまんべんなく光を照らしてくれるおかげで、どこにサンゴを置いてもちゃんと光があたってくれます。その弊害か、コーナーボックスの中がコケや海藻でいっぱいになってしまって、ヨコエビもたくさんわいて簡易リフジウム状態
ベラがジャンプしてコーナーボックスの中に入ってしまうこともあるし、サイレンサーにコケがついて水位上昇してしまうこともあるので、カバーを作成することにしました。

こちらがコーナーボックスです。海藻類はかなり取り除いたつもりですがまだ残っていますね。
20120917_010.jpg

サイレンサーも透明なのでコケがひどいです。
20120917_020.jpg

置く前
20120917_030.jpg

いつの間にかコーナーボックスに紛れ込んでいたヤドカリを救出し、黒アクリルで作ったカバーをぽんとおきます。
うーん、とても出来が悪いですw アクリル板も中途半端なサイズしか売っていなかったのでつぎはぎです。
20120917_040.jpg

コーナーボックスの中がかなり暗くなったので、海藻の成長もかなり遅くなってくれると思います。
とりあえずカバーの出来が悪いので、アクリル板屋にカット&切断面を研磨してもらうようにお願いしてみました(ただいま見積中)。



B!
その他 | コメント:(8) | トラックバック:(0)

小ネタ:アクア用の手袋について

2012-05-07
ZEOvit水槽日記と謳っておきながら、器具の話ばっかりですが


海水水槽に手を突っ込むとき、皆さんはどうしているでしょうか?素手ですか?

うちの水槽では、危険な生物がいっぱいなので素手だと躊躇します。ウミケムシに刺されたり、ハタゴイソギンチャクが手に張り付いたり、はたまたハナビラクマノミが噛みついてきたり… 昔はヒフキアイゴを飼っていたので、水槽に手を入れた瞬間、毒のあるトゲで頭突きされたりもしました。(刺された人はすぐに血液ごと毒を絞り出して、やけどしない程度のお湯につけてください。)

魚から人に感染する病気もありますし、そもそも手を入れるたびに塩水でダラダラになるのも面倒です。

なので、ホームセンターで買ったロング手袋をしばらく使っていました。でもこれ、数回使うだけで穴が開いて、ゴムパッチしてもやっぱり穴が開いてしまってかなり使い勝手の悪い代物でした。特にライブロックを移動したりすると簡単に穴が… あと、殺菌剤入り!とか書かれているとアクア用に使うには躊躇します。

-----
そんなわけで、長年求めていた良い手袋をついに海外で見つけました↓
CORALIFE AQUA GLOVES
20120507_010.jpg
いまだとMarine Depotで$16.99ぐらいみたいです。
色はひとまずおいといて、丈夫さはすばらしいです!
約半年使用していますが、穴なんて全く開きません。特に赤い部分は丈夫な塗装がされているようで、ライブロックをつかんでも傷もつきません。おそらくトゲトゲのヒフキアイゴでもつかめると思います。アクア用を謳っているのも良いですね。


最後に… 日本で売っている良い手袋を見つけたら、コメントで教えてください!



B!
その他 | コメント:(6) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...