02-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>03-

HANNAの代替KH試薬が届きました

2016-03-15
動画記事ばかりだったので久々に…

前回、「HANNAの一部KH試薬に注意」で書いたとおり、HANNAのKH試薬 HI755-26について回収対象のロットを買ってしまったので交換してもらいました。

連絡したらすぐに代替品を送っていただきました。仕事が早い!と思ったら… 同じ問題のあるロットを送っていただきました。
20160315_005.jpg



日本には改善版のロットが無いそうなので、取り寄せたら送ると言われて放置され、連絡してようやく代替品が届きました。ここまで1ヶ月ちょっとかかりました。

ロット番号は5962で、今回はOKそうです。
20160315_010s.jpg

せっかくなので問題があったロットと比べてみます。左が正常、右が問題があったロットです。
20160315_020s.jpg

問題があった右の方はフタが銀色ですね。左は昔に戻っています。このフタが原因だったりして…
20160315_030s.jpg

では測定してみます。
20160315_040s.jpg

正常なロットの方は96でした。
96*0.056で5.38dKHです。代替品が届かずしばらく測定できていなかったのですが、結構低くなっています。
20160315_050s.jpg

問題のあった方は99で、5.54dKHです。ほとんど変わらないかも。
20160315_070s.jpg

なお、正常なロットの方を再度測定しても97でした。
20160315_060s.jpg

古い試薬が残っているときに試してみたら、
旧試薬:144、8.06dKH、
問題のあった方:133、7.45dKH
だったので、問題のある方は少なく出るのかと思っていましたがそうでも無い模様…

念のため、別の会社のKH試薬も比較用に買ってみた方が良いかも。とりあえず新しい試薬を信じるとKHがやや低いので、上昇させてみようと思います。

スポンサーサイト


B!
試薬・測定 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

HANNAの一部KH試薬に注意

2016-02-08
ちょっと前から話題になっていますが、HANNAのKH試薬 HI755-26 の一部ロットについて、回収対象になっているようです。「chemical compatibility issue」とあるので、精度がおかしいのかも。

ロットNoは試薬の箱や中身に書かれています。この写真ではLOT 5554と書かれていますね。クリックで拡大します。
20160208_010.jpg

こちらは手持ちの古い試薬です。中身の方にもロットNoが書いてあります。
20160208_020.jpg

その5554を以下のサイトに入力すると、回収対象かどうかを教えてくれます。
https://hannainst.wufoo.com/forms/w1hzjs2j1b4ejyu/

回収対象だと「Your HI755-26 Alkalinity Checker Reagent needs to be replaced.」と表示されます。回収対象でなければ「Your Reagent is not affected by the issue.」と表示されます。HANNAのKH試薬を持っていたらチェックした方が良いかも。

HANNAのKH試薬が無くなりかけなので替えを購入しましたが、見事に当たりを引き当てました。販売店と確認中ですが、交換はしていただけるようです。

-----

試薬の精度問題についてちゃんと情報が出てくるのがHANNAらしいかなと思います。試薬瓶はちゃんと遮光されていて劣化が少ないようになっています。試薬買い替え前後で測定されたKHを見ても、差が出たことはありません。カルシウムリアクターの調整を行うときにHANNAのKH試薬が一番わかりやすいので、これからも頑張って欲しいです。



B!
試薬・測定 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

トリトン測定結果と手持ち試薬を比べる

2015-03-09
先日トリトンラボの測定結果を載せましたが、そのときの測定した水を保存してあります。これを元に、手持ちの試薬の測定結果と比較してみました。

こちらが測定した水です。今回はRO水にKZ Saltを溶かした物を使います。
20150223_005.jpg

KZ Saltの測定結果はこんな感じです。
20150309_010s.jpg

手持ちの試薬は、Red Seaのカルシウム試薬
試薬の一部が粉になっています。マグネシウム濃度低下と対策の時に買った物です。
20150309_020s.jpg

Red Seaのマグネシウム試薬
これもマグネシウム濃度低下と対策の時に買った物です。
20150309_030s.jpg

SalifertのPotassium試薬
カリウムの試薬です。測定が簡単で非常に便利。
20150309_040s.jpg

測定結果を比較した結果はこんな感じです。
トリトンラボの測定結果が正しいと考えた場合、カルシウム以外は結構差がありますね。
試薬の交換時期は半年ぐらいらしいので、いずれももうそろそろダメっぽいです。
カルシウムは試薬の一部が粉なので劣化が少ないのかな?
マグネシウム試薬はもうダメかも。カリウム試薬は開封後1年ぐらいなのでこれもダメっぽいです
測定対象トリトン測定結果手持ちの試薬
測定結果
試薬開封時期
カルシウム437430-72014年10月25日
マグネシウム13721440+682014年10月25日
カリウム384330-542014年4月頃


というわけで、トリトンラボの測定結果が正しいと考えるなら、半年毎に試薬を交換するか、指標となる液と比べながら使うと良さそうです。
この記事、本当は試薬を交換して、新品の精度チェックしようと考えたのですが… 新品試薬って結構するので… というかマグネシウムやカリウムの数値がそこまで急激に変化するわけではないので、数ヶ月おきにトリトンラボで測定すれば十分かなと考えて買うのを止めました。
リン酸塩、KH、カルシウムあたりはマメに測定しておけば良いかなと思います。

2015/3/21追記
KZ Saltをどにゃさんに渡して、開封したばかりのRed Sea試薬で測定してもらいました。開封直後の精度はやはり高いですね。
測定対象トリトン測定結果どにゃさんの試薬
測定結果
試薬開封時期
カルシウム437420+172015年2月22日
マグネシウム13721360+122015年3月5日

-----

ところでKZ Saltの測定結果を見るとナトリウム(Na)濃度が少し低いですね。
AIネットの屈折計で35pptにあわせましたが、塩分濃度屈折計が海水に対応していない(塩化ナトリウム用に調整されていて、海水の屈折率と合っていない)のでズレているかも。
トリトンとしてはもう少し塩分多めで良いみたいなのと、ここがずれていると他のカルシウム、マグネシウム、カリウムも低くなるので、まずはここから一致させてみようと思います。というわけで、海水対応の屈折計を買ってみようかなと考えています。こっちの方が説明が詳しいかも。
20150309_010s.jpg

-----

水質チェック中、スピーカー上に猫がいたのでついでに撮っておきました。
超猫背。
20150309_050s.jpg

20150309_060s.jpg



B!
>>続きを読む・・・
試薬・測定 | コメント:(4) | トラックバック:(0)

電気料金プラン見直し

2014-08-03
サンゴ水槽の消費する電力はかなり大きいので、少しでも電気代を下げるために料金プランの見直しをすると良いと思います。また、消費電力のピークとなる時間帯(13時~16時)を極力避ける効果もあると思います。

■料金プランについて
電力会社毎に異なるので、東京電力を参考にうちの電気代を試算してみます。料金プランは主なところでこんなのがあります。
・従量電灯B…普通の料金プラン
・ナイト8…23時~7時までの8時間が安くなるプラン(それ以外は高くなります)
・ナイト10…22時~8時までの10時間が安くなるプラン(それ以外は高くなります)
・ピークシフトプラン…夏期は13時~16時までがやたらと高くなって、23時~7時までの8時間が安くなるプラン
・半日お得プラン…21時~9時までの12時間が安くなるプラン(それ以外は高くなります)
・電化上手…オール電化など蓄熱式電気温水器を使っている方向けプラン。夏期とそれ以外で料金が異なります。
それぞれ、基本料金や単価が特徴にあわせて微妙に調整されているのでじっくり比べてみてください。

■試算結果
うちの家ではこんな感じになりました。(クリックで拡大)
20140803_010.jpg
※基本料金を含んでいます。燃料調整費は含んでいません。
※ピークシフトプランはすべて夏期料金で試算しています。
※電化上手はここからさらに割引がありますが、含んでいません。

家電上手が一番安くなりますが、残念ながらオール電化ではないので使えません。
現在は半日お得プランを使っています。これで電気代を20%削減できています。
従量電灯B以外は、60Aまでの基本料金が同じなので、電気代を安くするためにアンペアを下げて契約する必要はありません。ブレーカーが落ちる危険性を減らすために、大きめのアンペア数で契約しています。

■夜間料金を生かすには
消費電力が大きい機材は夜間に使うようにしています。
・昼間は仕事等で不在なのでほとんど電気を使わない。
・照明は夜間のみ点灯(22時~8時までの10時間)。
 かわりに日中はなるべく部屋を暗くする。
・食洗機、洗濯&乾燥は夜間。
 (静かな洗濯機を使っているので、近所迷惑にならない程度の音で収まっています)

■試算方法
電気代の試算には電力モニター「はやわかり」を使っています。かなり昔の記事になりますが、「水槽で消費する電力を測定する」を見てみてください。
20120423_050.jpg

これで家全体の時間毎の消費電力量を算出できるので、Excel等でひと月分を集計して式に当てはめれば試算できます。
20140803_020.jpg

まぁ、ここまでしなくても、毎月の明細、機材の消費電力と使う時間帯がわかれば何となく試算可能です。

■水槽機材のみの消費電力はどれぐらいか
試算値は家全体で行いましたが、水槽関連機材がどれぐらいの電力を消費しているのかもざっくりですが計算してみました。アンペア数はApexからとっているので、あまり正確ではありません。
20140803_030.jpg
7月であれば778kWhのうち423kWh(55%)が水槽で消費されています。水槽用クーラーが稼働するのでどうしても多くなってしまいますね。
また、食洗機や乾燥機で楽している分、水槽以外の電気代も高くなっています。去年の7月は537kWhだったので…

■料金プラン変更にあたり
以下は東京電力の場合です。他の会社についてはそれぞれのサイトを確認してください。
料金プランの変更は電話等で申し込みが必要です。
電気メーターの交換工事が必要です。費用はかかりません。賃貸の方はオーナーさんや管理会社へ事前に連絡して承諾をもらっておきましょう。引っ越すときは元に戻す工事が必要です。
工事には本人の立ち会いのみ必要で、管理会社の立ち会いは不要です。共用部分への影響はありません。
工事中はブレーカーを15分ぐらい落とす必要がありますが、これぐらいなら水槽へや冷蔵庫への影響は無いと思います。



B!
試薬・測定 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

SALIFERTのカリウム試薬について

2012-08-13
Coral-LabさんところのBlogにも書かれていましたが、いつの間にかSALIFERTのPotassium試薬が発売されていました。新製品の入荷はPremium AquaticsのBlogをチェックしていると良いかもしれません。

今まではBlog記事のとおりFAUNA MARINの試薬を使っていましたが、そろそろ無くなりそうなので早速購入しました。
20120813_020.jpg

ついでにATI Cooling Fan for 8x54W & 8x80W SunPowerも買っています。Mazarraの冷却ファンはあっさり壊れてくれたりしたので、保険として3つ購入しました。
20120813_040.jpg

パッケージはこちら。意外とちっちゃいです。
20120813_045.jpg

中身はこちら。
20120813_060.jpg

説明書はこちら。途中の待ち時間はわずか20秒だけです。さくさく測定できます。
20120813_050.jpg

詳細な手順はCoral-LabさんところのBlogを見てください。
K-2まで入れ終わったらこんな状態になるので、K-3をKH試薬みたく一滴一滴落としていきます。
20120813_070.jpg

水色になったら測定終了です。今回は9滴でしたので、カリウム濃度は410ppmであることがわかりました。
20120813_080.jpg

カリウム試薬の中では、一番使いやすいのでお勧めです。



B!
試薬・測定 | コメント:(10) | トラックバック:(0)

FAUNA MARINのカリウム試薬について

2012-05-28
ZEOvit水槽ではカリウムが減少しやすいことから、重要なパラメータとされています。各社から試薬が発売されていますが、カリウム濃度をわかりやすく測定できるものは限られています。今まで使ってきたカリウム試薬の中で、一番わかりやすいと思われるFAUNA MARINのカリウム試薬を紹介します。

特徴
・試薬投入後の待ち時間は3分
・標準液との比較による測定方式

標準液がついていて、基準がはっきりしているのが他社との大きな違いです。濾過が必要だったり、色の変化がわかりにくかったり、十字が見えなくなるまでの境界線がよくわからないといったこと無く測定できます。

日本では売っていないので、FAUNA MARINから購入するぐらいしか入手方法がありません。本体は25.17EUR、送料は40EURです。送料が高い… paypal決済後DHLで発送され、7日~10日ぐらいで届きました。
※今は微妙に値上がりして 29.95EURになっています。

-----
測定方法
公式サイトにマニュアルがあるので、わかりにくければそちらを読んでください。

パッケージはこんな感じです。
20120528_001.jpg

中身はこんな感じ。
20120528_002.jpg

整理した測定セットはこちら。大きめのボトルが2つついていましたが、中身は脱イオン水のようです。RO水で代替できると思いますので使いません。大きい注射器がやや使いにくかったので、Red Seaのもの * 2に換えています。
20120528_003.jpg

RO水を7ml * 2取り出し、
20120528_004.jpg

背の低いガラス管に入れます。ちなみにラベルは自作です。
20120528_005.jpg

緑の注射器で標準液を1ml取り出し、標準ラベル側のガラス管に入れます。
同じ注射器で飼育水を1ml取り出し、もう一方のガラス管に入れます。
20120528_006.jpg

試薬を8滴、それぞれのガラス管に入れます。ガラス管の中身は白濁します。
20120528_007.jpg

混ぜて3分待ちます。
20120528_008.jpg

こちらが、濃度確認用の台紙です。
20120528_010.jpg

標準側のガラス管から、白の注射器で1ml * 3回 = 3ml取り出し、背の高いガラス管に入れます。
20120528_009.jpg

台紙の上にガラス管を乗せ、十字を確認します。標準液はカリウム400mg/Lで、液を3mlちょうど入れると十字が見えなくなるように調整されています。これと飼育水側とを比較することで、飼育水のカリウム濃度がわかるという仕組みです。
20120528_011.jpg

飼育水側のガラス管を乗せて
20120528_012.jpg

ひとまず1本目、1ml入れるとこんな感じです。
20120528_013.jpg

2本目、合計2ml入れるとこんな感じです。まだ十字がうっすら見えますね。
20120528_014.jpg

3本目は、十字の見え方が標準側と同じになるよう、ちょっとずつ入れます。入れ終わったら注射器の黒いゴムの部分で読みます。今回は0.5mlなので、合計2.5mlほどガラス管に入れたことになります。
20120528_015.jpg

表をもとに、ガラス管に入れた量から、カリウム濃度を割り出します。今回は2.5mlだったので、カリウム濃度は500mg/Lであることがわかります。なお、3ml入れた場合は当然ながら400mg/L、それ以上入れれば400mg/L以下の濃度となります。
20120528_016.jpg

ZEOvitの適正濃度から外れている理由は、単にリーフカラーBを入れすぎたからです。ドーシングポンプで投入していましたが、添加サイクルが長いとチューブの中で固まってしまうのでそのままにしていたら… いまはリーフカラーBをRO水で薄めて使うようにしたので、固まることも無くなり、大幅に添加量を減らし適正濃度まで下がるのを待っている状態です。

-----
最後に
標準液と試薬は劣化を防ぐために冷蔵をお勧めします。

試薬測定全般にいえることですが、注射器の操作は正確に行う必要があります。出口付近にたまっている1滴のせいで結果が狂うこともあるので注意しましょう。また、注射器に入れた液体の量は、液面ではなく黒いゴムの位置が基準になります。
20120528_017.jpg



B!
試薬・測定 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

小ネタ:ダイヤルタイマーについて

2012-05-15
今回はダイヤルタイマーについてです。

ダイヤルタイマーっていうのはこんなもの↓です。
ZEOzymやコンプリートリーフケアプログラムのリーフエナジーは、添加後数時間プロテインスキマーを停止させると良いといった記載があります。
まぁ止めるのは良いとして、誰が再開するの?ってときにとても便利です。
20120515_010.jpg

このタイマーは一回だけ動作します。また時間が来たときに、電源を「OFF」にするのか「ON」にするのか選択できます。
「切」にプラグを挿した場合、ダイヤル回すと電源が「ON」、時間が来たときには「OFF」となります。
「入」にプラグを挿した場合、ダイヤル回すと電源が「OFF」、時間が来たときには「ON」となります。

このタイマーを利用してこんなことに使えます。(というか使っています)

・プロテインスキマーを一定時間止めて、自動的に再開

・RO水をバケツにためて、1時間ぐらいしたら自動的に給水を止める(電磁弁や加圧ポンプと連動させる)

・メンテナンス時にクーラー、ヒーターの再開忘れ防止(メンテナンス前にOFFにして、入れ忘れても勝手に再開)

・充電の自動停止 (自動で止めてくれない充電器に)

・照明の消し忘れ防止


ダイヤルの透明な部分をくるっと回すだけでタイマースタートになります。なかなか使い勝手が良く、お気に入りです。
ちなみに3時間用もあります。
20120515_020.jpg

なお、ON/OFFを繰り返し行いたい場合は、通常のプログラムタイマーを使ってください。



B!
試薬・測定 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

小ネタ:水槽で消費する電力を測定する

2012-04-23
アクアリウムと電気(電気代)は切っても切れない関係にあります。消費電力を確認するために便利な器具を紹介してみます。メタハラとクーラーが同時に動いたらブレーカーが落ちて、家に帰ったら魚が全滅していた…といったことが起こる前に確認しましょ。

正確に測定…ワットチェッカー

サンワサプライ ワットチェッカー TAP-TST5TAP-TST7
20120423_010.jpg
20120423_020.jpg

個別の機器の消費電力を測定するならこれ。繋げっぱなしにしておけば、積算電力量も測定できるので電気料金も計算できます。

タコ足配線が心配な人に…ワットメーター付きのタップ

セルサス CS-WT5
サンワサプライ 700-TP1052DW

20120423_030.jpg

繋いだ機器の消費電力が、合計で1500Wを超えていないか常に確認できます。ブレーカー機能付きで、1500Wを超えると自動的に停止します。ワットチェッカーと比べると消費電力は小さめに表示されるようですが、ワットチェッカーよりも安いのが良いところ。

電気料金が気になる人に…節電エコタイマー

リーベックス 節電エコタイマー ET55D
20120423_040.jpg

リーベックスはデジタルタイマーでおなじみだと思いますが、これはデジタルタイマーに電気料金、消費電力、積算電力量を表示する機能がついています。クーラー、ヒーターがどれぐらい動作していくら使ったのかを確かめることができます。

家全体の消費電力量が知りたい人に…節電モニター

電力モニター「はやわかり」
20120423_050.jpg

イギリス製品の日本対応版です。家のブレーカーの配線を測定するので、家全体の消費電力がほぼリアルタイムでモニタリングできます。USBでPCに接続し、消費電力データをcsvファイルに保存できます。
これを使って、以下のようなことに使えると思います。
・無駄な電力削減
 普段何気なくつけっぱなしにしているTVやPC本体、ディスプレイの消費電力ってこんなに大きいのか…と実感できると思います。
・電力会社の料金プラン見直し
 各社、夜間の料金を安くし、代わりに昼間の料金を高くするようなプランがあります。時間毎の消費電力を元に計算すれば、プランを変更する意味があるかどうか正確に確かめることができます。ちなみにうちでは、夜間料金プラン+水槽照明を夜間につけるようにした結果、電気料金を2割ほど減らすことができました。

なお、ブレーカーの電力線への取り付けは、以下のような器具ではさめばいいだけなので簡単です。
20120423_060.jpg



B!
試薬・測定 | コメント:(0) | トラックバック:(1)
 | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...