09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


B!
スポンサー広告

ZRW400とLX-250ESAの性能を比較してみました

2012-08-11
ブログネタがたまる一方なのでガンガン行きます。
先週交換したZRW400ですが、LX-250ESAと比べて消費電力がどうなったのか比較をしてみました。

覚えている方はいなさそうですが、以前「小ネタ:水槽で消費する電力を測定する」で紹介しました、電力モニター「はやわかり」で常に家全体の消費電力を記録しています。

これは7/24(LX-250ESA)と8/7(ZRW400)の1分あたりの消費電力をグラフ化したものです。照明の消費電力が含まれないよう、午前中だけ切り出しています。
20120811_010.jpg
比較のため、最高気温と最低気温が近い日を選んでます。
8/7は最高気温32.4℃、最低気温25.5℃でした。これに対して、
7/24は最高気温31.8℃、最低気温23.8℃で、どちらも晴れでした。

グラフで山になっているところがクーラーが稼働した時間です。ぱっと見でわかると思いますが、稼働中の消費電力は同じぐらいなのに、稼働時間は半分ぐらいになっています。ZRW400の方がずっと冷却効率が良いことがわかります。

グラフには、マグネットポンプやスキマー、間欠運転しているZEOリアクター等々の電力消費が含まれているので、それらを取り除いてクーラー部分だけ取り出すとこんな感じです。
20120811_020.jpg

それを合計すると、7/24は1.21kWh、8/7は0.56kWhなのでグラフの見た目どおり半分以下になったことがわかりました。新品のクーラーと数年使ったクーラーを比較するのはどうかと思いますが、とりあえず電気代は間違いなく下がります。

あとは1年毎に上記の結果と比較すれば、経年劣化もはっきりとわかりますね。

スポンサーサイト


B!
クーラー | コメント:(6) | トラックバック:(0)

クーラー交換しました

2012-08-05
冷却能力が低下したレイシークーラーLX-250ESAと交換するため、ゼンスイZRW400を購入しました。
今回はスピード優先のため、ブルーミングアクアさんで購入しました。ちなみに今回は間に合いませんでしたがフィッシュアイランドシマさんに値段を問い合わせたら…びっくりするぐらい安かったことを書いておきます。

こちらが本体です。750×265×500Hなので、結構な大きさです。外置き用で、エアコンの室外機とそっくり。
20120805_010.jpg

冷却ファンはかなりの大きさです。外置きなのであまり気にしないかもしれませんが、音も静かです。
20120805_020.jpg

ファンの裏側はラジエーターになっています。裏側から正面にむけて風が流れるようになっています。
20120805_030.jpg

右側は圧力計があります。内部のガスが減ったら補充ができるそうです。
20120805_040.jpg

配管は25Aです。下側から水が入り、上側から出てくるようになっています。ゼンスイの中の方に聞いてみましたが、この機種はコントローラーが別になっているので、入と出が逆でも良いそうです。
(コントローラー内蔵クーラーの場合は、入と出を逆にするとセンサーが誤動作するかも…)
20120805_050.jpg

撮り忘れましたが、25Aのユニオン、ユニオンソケット、ゴムパッキンがついています。ユニオンソケットが無くても、パイプとユニオン、ゴムパッキンでも接続できます。

-----
久しぶりにマグネットポンプをメンテナンスしましたが、やっぱり派手に汚れています。
20120805_060.jpg

20120805_070.jpg

排気を考えて、イレクターで少し高めの位置に設置しました。メインポンプは下側において、上に向かう水をそのままクーラーに入れるようにしました。
20120805_080.jpg
-----
コントローラーは結局、配線が面倒なのでレイシーのまま使い回しにしました。0.5℃単位で制御してくれるので、より温度変化を少なくできます。
ラジエーターが大きいだけあって、冷えはかなり良く動作時間が減っています。そのうち消費電力の違いを見てみたいと思います。
マグネットポンプを掃除し、また配管を変えたせいか、流量が増えてメイン水槽の水位が少し上昇しました。
-----
メンテナンス開始してから完了までだいたい6時間ぐらいかかりました。この手の大きな変更は暑い時期にやりたくは無いですね… 脱水症状にならないよう、定期的に水分と塩分を補給しながら行いました。

手順はざっくりこんな感じです。
1.30Lの新規海水を用意
2.メインポンプ停止、サンプの水をすべて待避(70Lゴミ箱、35Lバケツへ)
3.メイン水槽と予備クーラーZR75Eを繋ぎ、冷却
4.メインポンプ撤去、お掃除
5.レイシークーラー撤去
6.イレクターくみ上げ
7.ZRW400を乗せてみる
8.配管の接着
9.配管乾燥、洗浄
10.再度配管
11.サンプを水道水で満たし、お掃除
12.メイン水槽に水が流れないようにしてから、サンプ⇔メインポンプとなるようにバルブ操作
13.配管洗浄、水漏れチェック
14.水道水をすべて排出
15.待避していた海水+新規海水をサンプへ
16.サンプ⇔メインポンプのまま、クーラー起動。
17.適正温度になったらメイン水槽へ水が流れるようにバルブ操作
18.ZR75E停止
19.クーラー、メインポンプ周りの防水加工、日よけ設置
-----
LX-250ESAは今後メンテナンスに出します。戻ってきたらZRW400→LX-250ESAと繋ぐ予定です。



B!
クーラー | コメント:(14) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。