01-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728>>03-

マリンアクアリストに掲載されました

2016-12-25
Twitterでは既に報告しましたが、先日発売されたマリンアクアリスト No.82に水槽を紹介していただきました。

こちらが雑誌の表紙です。マリンアクアリストは1996年から続くマリンアクアリウム雑誌です。今年が20年目だったのと、大規模レイアウト変更前なのでちょうどタイミングが良かったかなと思います
20161225_010.jpg

こんな感じで載せてもらいました。ちなみにどにゃさんも掲載されています。どにゃさんとはご近所だったりするので、取材時も日程を合わせて同じ日に取材してもらいました
20161225_020.jpg

取材時のマリンアクアリスト編集長さんです
20161225_025.jpg

写真は素材であって、雑誌の記事はテーマに沿って書かれるのでどんな内容になっているのかは発売されるまでわかりませんw 雑誌を発売と同時に即購入してちゃんと書かれていることを確認して安心しました
No.81は10年サンゴだったので、そのテーマのときに間に合っていたらまた違った内容になっていたのかなと思います。まぁそのときにはサンゴ多すぎたのとハネモが繁殖していたのでちょっと載せられなかったのですが…

-----

比較用に自分で撮った方も載せておきます
20161225_030.jpg

ちょっと離れたところ
20161225_040.jpg

ソファー水槽を見ながら写真の調整とか動画の作成をしています
20161225_050.jpg

今はレイアウトをかなり変えてしまいました
20161225_060.jpg

たまには横から
20161225_070.jpg

こうしてみるとアカネハナゴイに厚みがあるのがわかりますね
20161225_080.jpg

フレンチエンゼルがちょっと大きくなりました
20161225_090.jpg

動画も撮影しました。アクションカメラを水中に沈めて撮影しています


なお、今まで発売されてきたマリンアクアリウム関連の雑誌は知っている限りではこんな感じかなと思います。
・トロピカル・マリン・アクアリウム
・ソルト&シー
・マリンアクアリスト
・マリンプロファイル50
・マリンアクアリウム
・コーラルフィッシュ
・インテリアアクアリウム
・コーラルフリークス

これ以外にあったら教えてください。古くからの雑誌は今は販売されていないので、中古ショップとかでまれに見かけるぐらいかなと思います。でも過去の歴史を知るには貴重な情報ですね

というわけで、また雑誌に載せてもらえるぐらいサンゴと魚を成長させて行きたいですね。10年サンゴを目指して行きたいと思います。(どにゃさんごは今のところ4.5年ぐらい経過しています)

スポンサーサイト


B!
スイハイ/OFF | コメント:(8) | トラックバック:(0)

あなごんべさん水槽 スイハイ!

2016-09-22
先日の大阪ツアーのときにあなごんべさん水槽をスイハイさせていただきましたので記事にしておきます。

ひとまず動画です! 水が非常に透明で綺麗です また、静音化対策が完璧でほとんど音がしません。殺菌灯無し、カルシウムリアクター無し、添加剤使用無し、ついでに試薬使用も無し
砂が厚く、水換えのみで維持されているシンプルなベルリンシステムで維持されています。測定は水温計と屈折計のみです


とりあえず全景
1200×450×400(H)で、微妙に低くすることで相対的にワイドな感じになります。
クリックで拡大します
20160922_010.jpg

中央のストロベリーショートケーキです かなり大きく育っていますね
20160922_020.jpg

どにゃさんLEDの効果か、シアンが綺麗に出ていますね
20160922_030.jpg

まんまるのクダサンゴ よく見るとポリプが繊細できれい
20160922_040.jpg

ツツハナも良い色していますね
20160922_050.jpg

左サイドには綺麗なオオバナ 厳選されてマルチカラーで綺麗です
20160922_060.jpg

左サイドはコエダナガレハナ 水流ポンプは後ろにうまく隠しています
20160922_070.jpg

上から見るとこんな感じ 水槽フタで飛び出しを防止しています
照明はスーパークールの他、スポットLED多灯です
20160922_080.jpg

ほとんどがハゼ水槽で珍しいベントラ 綺麗ですね
20160922_090.jpg

四角のコーナーボックス付近 騒音対策でガラス蓋がかぶせてあります
20160922_094.jpg

サンプは外にあるのでサイドフローです。配管は壁をとおってベランダにいきます
20160922_095.jpg

ライブロックはほとんど宙に浮いたようなレイアウトになっています。
20160922_096.jpg

Sure Gripというパワーヘッド用のマグネットを使っています。かなり強力なマグネットです
20160922_170.jpg

あなごんべさんは以前からこのやり方で宙に浮かしていましたね。結構前の製品で、2008年ぐらいからこの方法を使っているそうです。私も教えていただいて、2012年頃のレイアウトのときに宙に浮かせていました(なつかしいw)
20160922_160.jpg

日本で売っていなかったので個人輸入しました。ただし結構品質にばらつきがあり、隙間が開いて中のマグネットが錆びることがありました。いくつかまともなマグネットをあなごんべさんに譲渡しました
今ならDIY用のマグネットが販売されているのでそっちの方が良いかなと思います
20160922_150.jpg

-----

次はシステム編です。水槽システム紹介動画のPart4でも紹介しましたが、非常にシンプルなベルリンシステムです

サンプは広いベランダにあるので、静音化に非常に効果があります。通気もそこそこ良く、酸素供給やアンモニアの揮発にも良いかなと思います。スキマーは最近DCポンプのものになりましたが、最近まではHSシリーズでした
20160922_100.jpg

ちなみにカルシウムリアクター無しです。水換えのみでミドリイシも維持されています

メインポンプはサンソーのマグネットポンプです
20160922_110.jpg

外にあるので照明付き
20160922_120.jpg

水槽用クーラーもベランダにあります。殺菌灯も配管してありますが数年使ってないみたいです
20160922_130.jpg

水槽からサンプに排水されるところは、泡が切れるように工夫されています。チーズで泡が上に、排水は下に流れるようになっています。普段は穴の開けたキャップがしてあります
20160922_180.jpg

フタを開けるとこんな感じになっています。スキマーみたい
20160922_140.jpg

というわけで、あなごんべさんいろいろありがとうございました!
シンプルなベルリンシステムなので、これから水槽をはじめたい方の参考にもなるかなと思います



B!
スイハイ/OFF | コメント:(6) | トラックバック:(0)

greenさんの水槽閉鎖…

2016-09-05
2014年12月のツアーから参加していただいたgreenさんが、水槽を止めることになりました。水槽を置いたことで部屋が狭く感じられたことでご家族から反対が多く決断されたとのことでした。
たくさんある水槽の機材を引き取って欲しいとのことなので、ツアーメンバーに加え、水槽サイズアップを考えている俺海さんの会社の後輩の方でgreenさん自宅へ伺ってきました。

水槽の中の生体、照明、スキマー、リアクター、殺菌灯、水槽用クーラーだけではなく、使用していないポンプやスキマー、添加剤や試薬もあったので選択肢は無数… 結局、猫の治療費の関係でお金もなく…あまりご協力できませんでしたが、消耗品をメインに引き取りました。消耗品はどのみち水槽を維持するために必要なものなので。

大量水替えや魚のトリートメント用にviesaltをいただきました
20160905_010.jpg

ZEOvit添加剤です。残りは4割ぐらいでしょうか。ありがたく使わせていただきます
20160905_020.jpg

下にあるのはコラリアエボリューションです。塩を溶かすのに使おうと思います
20160905_030.jpg

スポットUV LEDのvital wave violetです。スパスラータフラグ買うことがあったらこちらを使おうかと思います
20160905_040.jpg

最近ウミアザミだけ何故かヒラムシが付いていたので、対策にニシキテグリを譲っていただきました
20160905_050.jpg

水換えのときに吸い出すことはできますが、他のサンゴに付いても困るので… 添加剤のFlatworm Stopを入れていますが、ソフトコーラルには効果ないのかな?(まぁFlatworm Stopも直接ヒラムシに作用せず、サンゴの抵抗力を上げることで効果を発揮するようです)
20160905_060.jpg

あとホワイトソックス1匹と、スカンクシュリンプ3匹を譲っていただきました。ヒラムシへの効果の期待もありますが、単純に見た目も好きなので。照明付いていないときに撮影したので濃い赤に見えますが、照明が点くと鮮やかな赤です。
20160905_070.jpg

といった感じでした。
水槽を止めるのは残念ですが決断した以上仕方が無いことなので… できるだけ資金を回収して次に繋げて欲しいと思います。



B!
スイハイ/OFF | コメント:(0) | トラックバック:(0)

カフェ・ド・ロゼに行ってきました!(2回目)

2016-04-20
ゆっくり解説 サンゴ水槽 システム紹介動画 Part4でも紹介させていただいた、東京都の練馬区にある炭火焙煎珈琲と特選紅茶のお店 「カフェ・ド・ロゼ」 さんに行ってきました。以前の記事のときは2013年の秋でしたね。それから2年とちょっと経っています。
なお、最寄り駅は練馬駅と野方駅になります。

今回の目的はこんな感じです。
・2年間の水槽の経過を見たい
・トリトン測定サービスで長期維持したうまくいっているベルリンシステムの水質をしりたい
・サンゴと魚飼育のコツを伺いたい
・ご主人をコミュニティに誘いたい!
 (海水魚経験20年以上の方がネットで飼育ノウハウを出すことはほとんど無いので、手軽にアドバイスしていただける環境作りをしたかったからです)

ご主人がいる日程を調整させていただいた上で伺いました。なお、ご主人は2013年のとき以来、こちらのブログも見ていただいていたそうです。動画での紹介の際も快く許可をいただきました。なお、本来は4人ぐらいで伺う予定でしたが、水槽トラブル等もあって残念ながらひとりだけで行くことに…

こちらが入り口です。変わらず綺麗です。今回は3月に伺ったのでまだ薔薇が咲いていない時期でした。
20160420_001.jpg

入ってすぐ右手に水槽が見えます。この視点はやはり奥行きがいいですね。1800x600x600+三角水槽で合計1000Lになります。
20160420_002.jpg

かわらず薔薇が綺麗ですね
20160420_003.jpg

カフェイン過敏症なので、今回もコーヒーでは無いです。
20160420_004.jpg

代わりにレアチーズケーキ
20160420_005.jpg

水槽は変わらず綺麗でした。1800水槽はやはり大きいですね。
20160420_007.jpg

三角水槽はソフト、LPS系です
20160420_008.jpg

サンゴはあの後、バラの消毒剤が水槽に影響を与えるトラブルがあって、調子がかなり落ちた時期があったそうです。ミドリイシは一部入れ替わりがありますね。
20160420_010.jpg

グリーン系の発色が良いですね。順調に成長しているようです。
20160420_020.jpg

テーブルの置き方が良いですね。私は水平置きは苦手なのですが、コツを聞き忘れました…
20160420_030.jpg

20160420_040.jpg

20160420_050.jpg

20160420_060.jpg

ブラバンは前回からずっといますね。それなりに難しい話と聞きますが、水温は22度と低めなのが良いのかも。
20160420_070.jpg

フェミニンラスのオスです。水槽で性転換したそうです。これだけ大きいと見応えがありますね
20160420_080.jpg

フェミニンラスのメスです。綺麗でうちにも入れたい… ちょっと前にいくつかのお店で入荷していたので買えば良かった…
20160420_150.jpg

長生きなロイヤルグラマ
20160420_090.jpg

ハシナガチョウチョウウオかな
カラーリングが綺麗で良いですね。なかなか飼育が難しいです
20160420_100.jpg

ピンテールラス オス
この前のマリンアクアリストのフォトコンテストで最優秀賞を取った綺麗なラスです。フラッシングする瞬間が最も綺麗なのですが、カメラを向けると止めるので撮れませんでした…
20160420_110.jpg

こちらもオスです。他にメスも数匹いました。
20160420_120.jpg

12年ぐらい経過して大きくなったニシキヤッコです。やはりニシキヤッコは綺麗で良いですね。
20160420_130.jpg

こちらは小さいサイズのニシキヤッコです。かわいい!
20160420_140.jpg

ヤイトヤッコです。ゲニカンは綺麗でサンゴも食べないので良いですね。
20160420_160.jpg

コーツラス。前回もちらっと映っていましたね。オレンジ色で綺麗。
20160420_170.jpg

ストライプドバーフィッシュ
よく食べるのでかなり大きくなっていましたね。この子だけ白点病になっています。まぁフグなのでしょうが無いかな。殺菌灯の効果か、他の魚には白点病は見られません。
20160420_180.jpg

-----

サンプももう一度見させていただきました。殺菌灯が強化されて2本になっています。ベルリンシステムでは、底砂掃除するわけにも行かないので白点病対策に殺菌灯が必要かなと思います。
20160420_190.jpg

スキマーは変わらずALPHAです。これ一つで1000L水槽を処理できているのでスペック通りですね。カルシウムリアクターは強化して2つになっています。
20160420_200.jpg

メディアはARMの小粒と大粒をそれぞれ使っています。
20160420_210.jpg

サンプからトリトン測定用に採水していただきました!
20160420_220.jpg

照明もみせていただきました。
三角水槽はシエロが無くなってLEDのみになりました。
20160420_230.jpg

1800水槽はメタハラそれなりとシエロ、そして何故かT8蛍光灯! 徐々にスポットLEDを増やしているそうです。よく見るとわかりますが水槽のフタは完全にされています。魚の飛び出し防止に必須とのことでした。
20160420_240.jpg

こちらが魚に与えているエサです。かなりの量を与えているので、トリトンの水質測定結果は悪いはず…とおっしゃっていました。
20160420_250.jpg

動画はこちらです。水槽の横から、ゆったりと泳ぐ魚と元気そうなサンゴの組み合わせはいつ見ても良いです!


-----

トリトンの測定結果はこんな感じです。
カフェ・ド・ロゼさんの水槽ではヴィーソルトを週に15%交換しているそうです。添加剤の使用は全くなしとのことでした。

カルシウム、マグネシウムが低いのはヴィーソルトの測定結果と一致します。それ以外は問題無さそうです。
20160420_260.jpg

続きです。バナジウムが0なのはしっかり水換えしているからかなと思います。クロムが検出されたのが本当に謎ですね。底砂やエサから入ったりするのでしょうか?微量に存在することで、サンゴの発色も良くなる原因かも知れませんね。
リン酸塩が1.5mg/lなのは結構多いですね。サンゴの褐虫藻が極端に増えることもなく、発色が良くなる方に役立っているのかも。
20160420_270.jpg

縦に見たいかた用です。
20160420_280.jpg

-----

サンゴと魚をみながら、3時間ほどお話をうかがいました。その結果をまとめてみます。

■水換えについて
カフェ・ド・ロゼさんの水槽はスタンダードなベルリンシステムで週15%の水換えと魚の餌やりで維持されています。水換えは1000Lの15%となると150Lになるので、かなりの量ですね。写真には撮っていませんが、水槽の下に自動的にRO水がたまるようになっていて、塩を入れれば水換え用海水ができるようになっているそうです。
メインポンプを止めて、逆流した分とサンプの水を抜けばちょうど150Lになり、温度をあわせた塩水を注げば水換えが完了するようになっているそうです。風邪などをひいて水換えができないとサンゴの調子に影響するので、こういった工夫でなるべく楽にメンテナンスができるようにしているそうです。
長期飼育を行うならやはり無理の無いメンテナンス計画がされているのだと感心しました。

なお、水槽は極力変化を起こさない方が良いので、水質、温度、KHについては極力一定を保つようにしているとのことでした。なお、KHは以前は4ぐらい、6ぐらいを維持しているはずとのことでした。

■照明について
昔のような極端な多灯は不要とのことでした。

■水流
TUNZE、Vortechで、サンゴに直接当たらないようにうまく調整して十分な水流を与えているそうです。

■魚のエサについて
冷凍餌は美味しいみたいでそればかり食べるようになってしまうので、人工エサメインにしているとのことでした。浮くエサと沈むえさがあるので、それを混ぜるとまんべんなく魚に行き渡るとのことでした。

■フタ
飛び出し防止と、バラの消毒剤等の影響を排除するため、フタは必須とのことでした。特にベラがパニックになっていなくても飛び出しやすいそうです。なお、除草作業の際は、スキマーを停止させてさらにサンプにカバーを行うそうです。

■比重管理
水換え用に自動的に水がたまるようになっているので、RO水を蒸発した分入れているそうです。

■殺菌灯
殺菌灯は安心のためにもあると良いかもとのことでした。

といった感じでした。
リン酸塩が多いので、様子を見ながら少しリン酸塩吸着剤を使った方が良いのかもという話をさせていただきました。また、水換えで必要な微量元素は維持できているので、添加剤はやはりこれからも不要そうとお伝えしました。

-----

スタンダードなベルリンシステムでは水換えがキモです。
今は様々なシステムがありますが…添加剤で維持するシステムはその使い方が正直難しいですよね。
ベルリンシステムでは、魚を入れるなら殺菌灯は必要になりますが、水換えさえちゃんとやれば維持できるシステム(過剰な栄養塩は吸着剤等で処理)なので、必要な機材さえそろえれば初心者の方でもやりやすいのかなと思います。

-----

今回お忙しい中、貴重なお時間と情報をいただき大変ありがとうございました。



B!
スイハイ/OFF | コメント:(0) | トラックバック:(0)

2015年忘年会

2015-12-26
今年は仕事が順調に終わったので飲み会に参加することができました。前回の飲み会は「2015年新年会」を見てください。

メンバーは旦那(HISHI)さんどにゃさん親方~さんgreenさんに加えて、りんこパパさんです。
りんこパパさんはツアーの時に会ったのですがここで紹介するのは初になるかと思います。水槽サイズアップを計画されていて、次期水槽は凄いことになるみたいです! 今回の忘年会はりんこパパさんとどにゃさんで企画され、どにゃさんがメンバーに声をかけた形になりました。

今回はスペイン料理です。
20151226_005s.jpg

平日開催だったので半数はスーツ姿でした。土日のツアーの時しか会わないので意外と新鮮w
20151226_010s.jpg

毎度のことですが、全員が海水魚&ミドリイシマニアばかりなので話題は当然そればかりでしたw 最近の水槽の様子、添加剤、新しい照明、サンゴ色揚げ、新水槽、レアな海水魚 等々…… たくさんありすぎるので省略w ツアーだとゆっくり話せないこともあるので、飲み会で話すのも良いですね。酔った勢いで高級魚をその場で注文したりとかしてましたw

あとは料理とか
20151226_020s.jpg

20151226_030s.jpg

20151226_040s.jpg

20151226_050s.jpg

20151226_060s.jpg

というわけで、りんこパパさんとどにゃさん企画・調整ありがとうございました。またやりましょー あとスイハイツアーもやりましょう。特にりんこパパさんところの新水槽は是非みたいです。

-----

忘年会当日は久々に休みが取れたので六本木あたりをうろうろしていました。

映画館に設置してあるBB-8
20151226_065s.jpg

ストームトルーパーとクリスマスツリー
20151226_070s.jpg

イルミネーションとライトアップされた東京タワー
20151226_080s.jpg

ここのイルミネーションは時間で色が変わる仕様です。
20151226_090s.jpg

あとスマートフォンから専用サイトにアクセスして色を変えたりできます。
20151226_100s.jpg

案内も設置してあったり
20151226_110s.jpg

イルミネーションがある区間は短いのでわざわざ見に行く必要は無いと思いますが、機会があれば
20151226_120s.jpg



B!
スイハイ/OFF | コメント:(2) | トラックバック:(0)

2015年新年会

2015-02-14
もう二月ですが、2月11日(祝日)にアクア新年会を行いました!
以前記事にしたのは、2013年の珊瑚堂で新年度会!でした。

メンバーは前回と同じく旦那(HISHI)さんどにゃさんに加えて、親方~さんミスズさんです。
ミスズさんは以前ツアーで一度だけ偶然出会って以来です。

お店選びにあたっては、水槽のあるお店を選ぼうとしましたが
・ミドリイシがあるお店だと珊瑚堂ですが、祝日だとお休み…
・銀座ライムとかを考えてみましたが、浅場の魚盛りだくさんだけど何故か薄暗い水槽を見てもね
というわけで、選択肢からは外しました。

魚料理がそこそこおいしくて安いお店って事で魚金グループを選びました。みんな、海水魚が好きな人たち(食料的な意味で)なので問題ないでしょう。

どのお店も人気なので祝日でもなかなか予約が取れず、結局鱈腹魚金になりました。新橋だけで13店舗ありますが、どこもいつでも並んでいます。

というわけで飲み会開始。
20150214_010.jpg

全員が海水魚&ミドリイシマニアばかりなので話題は当然そればかりでしたw 最近の水槽の様子、Maxspect Gyre等の最新機材、トリトンラボ、添加剤、照明、レイアウト、いけてる魚 等々……  たくさんありすぎるので省略w ツアーだとゆっくり話せないこともあるので、飲み会で話すのも良いですね。

後は主な料理を載せていきます。

癒やしの冷やしトマト
20150214_030.jpg

とりあえず刺身6点盛り … のはずですが12点盛りです。約2000円です。
20150214_040.jpg

ぶりかま 
20150214_050.jpg

焼きタケノコ お勧めとのことでしたが確かにおいしかったw
20150214_060.jpg

ふぐの唐揚げ
20150214_065.jpg

イカゴロ焼き
20150214_070.jpg

宴の後
20150214_080.jpg

というわけで、場所がちょっと遠かったと思いますが、皆さん集まっていただきありがとうございました。
またやりましょう~



B!
スイハイ/OFF | コメント:(8) | トラックバック:(0)

カフェ・ド・ロゼに行ってきました!

2013-10-15
東京都の練馬区にある炭火焙煎珈琲と特選紅茶のお店 「カフェ・ド・ロゼ」 さんに行ってきました。
見事なベルリンシステムのサンゴ水槽があるカフェとして、マリンアクアリスト No.68に掲載されたので、ご存知の方も多いと思います。機会が無くてなかなかいけませんでしたが、ようやく行くことができました。なお、最寄り駅は練馬駅と野方駅になります。

ご主人は水槽歴数十年のベテランアクアリストで、当日は詳しくお話を伺うことができました。写真掲載については許可をいただいています。
※写真の色温度補正は記憶ベースなので、実物と多少のズレがあると思います。

お店の入り口付近です。窓から店内の水槽が見えます。
お店の名前のとおり薔薇が植えられていますが、今の時期はいったん咲き終わっているみたいです。次は11月ぐらいとのこと。
20131015_020_20131015072949c40s.jpg

お店の中は落ち着いた雰囲気です。
20131015_030s.jpg

カウンターのテーブルの上には綺麗な薔薇が。
20131015_010s.jpg

シフォンケーキとグレープジュースを注文しました。
なお、残念ながら私はカフェイン過敏症のため、コーヒー、紅茶、緑茶の類いは飲めません…(嫌いではありません) 
一緒に行った人によると、コーヒーもおいしかったとのこと。
20131015_040s.jpg

代わりにレアチーズケーキも注文
20131015_050s.jpg

-----

ケーキを堪能しながら水槽を見させていただきました。

メイン水槽はこんな感じです。良い感じのベルリン水槽+状態の良い海水魚達。
180cm x 60cm x 60cm なのでかなりの大きさです。席からだと視界全てがサンゴ水槽となってかなり贅沢な感じの眺めです。
なお、落水音等が全くせず非常に静かです。照明系も全て目隠しされているので、まぶしさを感じません。
20131015_101s.jpg

左側。
マリンアクアリストの表示を飾ったニシキヤッコもいますね。
トゲ、ショウガ、トサカが非常に良い色です。グリーンのエダコモンも良い感じ。
テーブル状サンゴが良く育っていてあり得ない大きさになっています。
ソフトコーラルが結構入っています。ベルリンシステムとソフトコーラルの相性はとても良く、栄養塩を成長の早いソフトコーラルが吸収してくれるそうです。
サンゴのレイアウトが絶妙すぎますね。それぞれのサンゴの大きさや成長を考えてうまくレイアウトされています。
20131015_110s.jpg

右側。
スゲの先端パープルが良すぎる… ホソエダや先端イエローのフトトゲ、グリセアコモン等々綺麗に色が揚がっています。
20131015_130s.jpg

右サイドから。
このベラは確かイヤールズフェアリーラス…レアだったと思います。かなりの大きさ&良く太っていて元気に水槽を泳ぎ回っていました。右下のチヂミトサカは本来かなりの大きさですが、事故で岩からはがれてしまったそうです。現在は活着待ちとのことでした。
20131015_150s.jpg

ブルー系のウスエダのアップ(この写真は色を再現できているか自信なしです…)
20131015_170s.jpg

ホソエダをアップ
20131015_180s.jpg

タコアシ?ホンタコ?
20131015_181s.jpg

ちびインドニシキ
テーブル状のサンゴの下に隠れる姿がかわいいです。サンゴをつつかなければ私も飼いたい!
20131015_185s.jpg

ギンポの仲間ですが、詳しくないので名前はわかりません… ヒトスジギンポ?
20131015_186s.jpg

ちょこんと乗った姿は非常にかわいいです
20131015_187s.jpg

蛍光グリーンのウミキノコの上がお気に入りっぽかったです。
20131015_188s.jpg

お魚はほとんどの種類がペアで飼育されていました。

-----

180cm水槽の隣には、三角形の水槽があります。
20131015_205s.jpg

20131015_206s.jpg

ローンボイド・フェアリーラスのメス
ちょっと日焼け気味とのことでした。オスはサンゴの影に隠れて出てきませんでした。
20131015_210s.jpg

ストライプドバーフィッシュ
ハリセンボンの仲間です。泳ぎ方が独特で非常にかわいい
20131015_215s.jpg

ふよふよ泳いでいました
目が意外と悪く、この魚のみピンセットであげているとのことでした。
20131015_216s.jpg

泳ぎ疲れたようでオオバナの隣で一休み。
20131015_220s.jpg

こちらの水槽はLPSもそこそこ入っています。
20131015_240s.jpg

-----

ご主人にサンプも見せていただきました。
サンプやクーラーは外に設置されていました。これが静かさの秘密ですね。
水槽の規模の割に、サンプは小さくシンプルです。
スキマー、カルシウムリアクター、吸着剤のリアクターが設置されています。
ベルリンシステムなのでウールマット無しです。
外に置いている関係から、空気に含まれる異物(殺虫剤系等々)によって水槽内に影響があるので、フタを閉めているとのことでした。
20131015_310s.jpg

病気や水の透明度対策にQL-40が2台。なお壁には水色の断熱材が徹底して貼られています。
20131015_320s.jpg

プロテインスキマーはVERTEX ALPHA 250でした。泡王ひとつでこれだけの水量を維持できるとはさすがです。
20131015_330s.jpg

見えづらいですが、クーラーはゼンスイのZRW-750でした。外置きかつ200Vなので効率よさそうですね。水温コントロールはゼンスイの物ではなく、0.5℃単位で制御できるレイシーの物を使っているそうです。
ホワイトバードボックスフィッシュがいるので、水温は低めの22℃あたりに設定しているそうです。
20131015_340s.jpg

以前、マンションで120cm水槽を維持されていたことがあるそうで、そのときは室内にクーラーを置いていたため、ご家族からの評判も良くなかったそうですが… そのときのことがあって、現在は徹底した静音化とメタハラの熱対策を実施されたそうです。

水槽照明は、三角形の水槽の方がLEDで維持されていました。
20131015_350s.jpg

メイン水槽はメタハラ、システム照明(昔の広告に出ているのを見たことあるでしょうか…メタハラ+蛍光灯の照明です)で維持されていました。メタハラは熱がすごいので、排気口を二つ用意しているそうです。
20131015_360s.jpg

-----

ご主人お手製のさかな図鑑です。
20131015_400s.jpg

水槽にいる魚達の紹介が詳しく記載されています。
20131015_410s.jpg

本当に詳しくてすごいです!
20131015_430s.jpg

名刺をいただいたので載せておきます。
20131015_600s.jpg

20131015_610s.jpg

今回貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。
次に引っ越すとしたら、あそこまで徹底して静音化させてみたいです。

コーヒーや紅茶、ケーキを楽しみながらゆったりと水槽の魚とサンゴを楽しめる「カフェ・ド・ロゼ」
お勧めです!
http://cafe-de-rose.com/



B!
スイハイ/OFF | コメント:(4) | トラックバック:(0)

きのこさんへサンゴプレゼント&どにゃさんの家にスイハイ

2013-07-28
水槽リニューアルで手伝っていただいたきのこさんへのサンゴプレゼントと、どにゃさんところへ久しぶりにスイハイさせてもらいに行ってきました。

■サンゴプレゼント

今月の水槽リニューアルについては、真夏に行うってことでいくつかのサンゴが白化する覚悟でしたが、きのこさんのおかげで白化したサンゴはゼロ! お礼ってことでいくつかのサンゴをもらっていただきました。そのときのことについてはきのこさんの記事を見てください。


当日は3人でサンゴのパッキングしたり、Waveboxについて話したりしました。
そのあと、ご近所のどにゃさんの家にスイハイさせてもらいに行きました。

■スイハイ

どにゃさんの水槽を前回記事にしたのは2012年11月頃でした。そのときの記事はこちらです。

全景。
相変わらず綺麗な水槽です。11月はKR93SPだけでしたが、ここにKR93XPも加わったので青さが薄れてかなり明るくなりました。デジカメで撮影すると色温度の補正がほとんど要らない感じです。なお、中央のブルースギはもっと濃い感じでしたのでそこだけ再現できていないかも。
どにゃさんの水槽と比べると、うちの水槽照明はちょっと青が強すぎるかもw 次回T5交換するときはもっと白メインにしようと思っています。
20130728_010s.jpg

照明。
左側がKR93XP、右側がKR93SPです。
20130728_015s.jpg

オーストラリアのストロベリーショートケーキです。
十分綺麗だと感じましたが、これでも購入当時の30%程度の綺麗さとのこと…
T5で維持できるかはわかりませんが、機会があったら買ってみたいサンゴです。
20130728_020s.jpg

ピンクのサンゴがなかなかうまくいかなくてKR93XPを購入したそうです。このショウガがここまでピンクなら購入した価値があったのではと思います。
20130728_100s.jpg

どにゃさんの悩みのタネのトゲサンゴ
このサンゴはXPでもいまいちとのことで、もしかしたら普通のトゲと要求する光が違うのかも?
トゲサンゴ系がどんな光を要求するかはF.P.Drでもわからないので(非蛍光色素だから)、実際に光をあてないと傾向がわかりません。
よって… T5はトゲサンゴの色揚げが得意といわれるので、一度うちの水槽に持ってきてどうなるか見てみようか?という話をしていました。うちでも色が揚がらないなら、XPでも無理かも
20130728_110s.jpg

以前あげたブリードサンゴです。ブリードものとは思えないぐらいすくすく成長しています。
このサンゴってなんなんでしょうね。未だに種類がよくわかりません。
20130728_030s.jpg

2012年4月頃の写真ですが、この右下にある濃いグリーンのサンゴが上のサンゴと同じ物です。成長早すぎw
Zeovit水槽のサンゴ

2010年11月のスイハイの時にプレゼントしたウスエダです。やっぱりこのサンゴの成長はかなりゆっくりですね。ブルーから藤色に変化しています。
20130728_040s.jpg

こちらが当時。このブルーはもはや持っていた私も再現できませんw
20121111_180.jpg

フィジーのクシハダミドリイシ
先端のブルーとサンゴ本体のオレンジ色が綺麗な個体です。
これでも購入当時と比べると色落ちがあるそうです。
20130728_050s.jpg

今月購入したオーストラリアのウスエダですね。これからどう変化するか気になるところです。
20130728_055s.jpg

以前からいる、スパ似のサンゴ
20130728_060s.jpg

左のスギが良い色してます。
20130728_070s.jpg

結構な数の魚が入っています。
これだけいてサンゴの色揚げできているのがすごい!
(サンゴと魚を両立させるのが難しい… うちは魚1匹にしているぐらいです)
20130728_080s.jpg

ベントラが変わらず良いピンクしています。
右下は最初の頃に購入したさんごだそうですが、元の形がわからないぐらい大きく成長していますね。
20130728_090s.jpg

水槽上から
水面の反射でLEDが写っちゃうので、偏光フィルタを持ってくれば良かった…せっかく買ったのに…
スギノキのブルーはだいたい見た目どおりかと思います。このブルーは非蛍光色素だと思うので、色揚げできるのはXPのおかげかと思います。
20130728_120s.jpg

一度はやってみたい水面撮り
20130728_130s.jpg

どにゃさんの家に入って驚くのは水槽の綺麗さもありますが、音が非常に静かです。サンプも防音を徹底しています。(黒いのは吸音材) 普通、水槽の背面は配管用に穴が開いていると思いますが、板を買ってきてふさぐという徹底っぷりw
一番の騒音の元だった故障していたマグネットポンプも交換したので寝室に置いても問題ないぐらいの静かさでした。
20130728_150s.jpg

水槽のサンゴはでっかくしたい!
とのことでしたので順調に大きな個体が増えていっていますね。もはや90cm水槽では入りきらない感じ…
水槽リニューアルしたら大きなサンゴ盛りだくさんのすごい水槽ができそうです。

きのこさんとどにゃさん、忙しい中いろいろとありがとうございました。
次はきのこさんのところにスイハイに行ってみたいですね。



B!
スイハイ/OFF | コメント:(0) | トラックバック:(0)

珊瑚堂で新年度会!

2013-04-07
旦那(HISHI)さん新年会をやりましょうと言っていたのは去年の12月頃でした。
それから4ヶ月経過してようやく新年会ができました! 年明けてから時間経ちすぎということで、アクア 新年度会という名目に変更しましたw

メンバーは旦那(HISHI)さんどにゃさんとっちさんです。ただしとっちさんは急なお仕事のため来られず…

場所はAqua Dining Bar 珊瑚堂です。
サンゴと海水魚専門店である珊瑚堂さんの奥にBarがあって、サンゴを見ながらお酒を愉しむことができるお店です。
場所は日本橋・兜町にあります。最寄り駅は茅場町駅ですが、東京駅からでも歩いて行けます。場所的にビジネス街だけあって、Barは月~金だけで土・日・祝日はお休みですw

Bar側からみた珊瑚堂販売水槽はこんな感じです。水槽の奥側が珊瑚堂になります。
20130407_030.jpg

こんな感じで座ってゆっくりとミドリイシが見られます。場所によってはスーパークールがまぶしいかもしれませんがw
20130407_040.jpg

販売水槽なのでほとんど魚が入っていませんw アクアダイニングなお店だと主役は魚というところがほとんどで、主役がミドリイシなのはここぐらいだと思います。到着したのが珊瑚堂さん営業時間内だったので、一つだけサンゴを購入しました。

新年度会は、ミドリイシ、水槽を始めたきっかけ、ZEO化、KR、T5、サンゴの値段、水槽のリセット、新しい水槽、水質、オークション等をネタに盛り上がりましたw またやりましょー!

-----

水槽つながりで…

銀座のソニービル前にこんな水槽があります。かなり大きくて贅沢な水槽です。ビル群の中にいきなりあるのでビビりますw


ちなみにYoutubeの動画はこちらです。

-----

平日にさっと行って呑むには珊瑚堂Barお勧めです。

ただし今回は、知り合いで東京に住んでいる方って以外と少ないのと、平日に行ったのでメンバーが限られてしまいました。次やるときは休日にやりたいですね。アクアにこだわらなければやたらと料理がおいしいお店が多いですしw



B!
スイハイ/OFF | コメント:(4) | トラックバック:(0)

どにゃさんの家におじゃましてきました

2012-11-11
実は超近所であることがわかったどにゃさん邸へスイハイに行ってきました!(どにゃさんのBlogは夜明けのマリンブルーです) お土産に、昨日枝打ちしたサンゴカリウム試薬を持っていきました。

※写真は少し暗めに写っているかもしれません。色温度だけ調整したので明るさの調整が足りていないかも…

奥に通されて… すっきりと整理されたリビングには、すばらしいベルリン水槽が置いてありました。どにゃさん邸の整理されっぷりすごいです。ほぼ無駄がなく、必要なものだけがそろっている感じでした。
対して私の家はカオスの一言に尽きますw
20121111_010.jpg

ちなみにiRobot社のRoombaが設置されていました。これだけ整理された部屋ならこれ一台で十分でしょう。私の家なら間違いなく遭難していますw(以前、導入を検討してあきらめました)
20121111_020.jpg

照明はKR93SP + LeDioのPearl Whiteです。システムLEDは水槽の上がすっきりして発熱・騒音も無くて良いですね。
20121111_030.jpg

サンプの様子です。
ぱっとみ、RLSSのスキマー、マグネットポンプ、カルシウムリアクター、未使用の殺菌灯が設置されていました。配管が美しすぎますね。マグネットポンプから右に排水されてクーラーに入り、水槽へ戻っていくような配管になっています。
キャビネットの背面は隙間無しで、最低限の場所だけ穴が開けられています。静音性の向上、水の蒸発を防ぐ効果があると思われます。ドアには防音シートが貼られていて、閉めればほとんど音がしなくなります。マグネットポンプの振動音はちょっとするので、DC-5000等のポンプに変更したらほぼ無音レベルです。
20121111_035.jpg

ドアにはスイッチが付いているので、ドアを開くだけで自動的に点灯します。楽天で売っている、ドアスイッチ付き蛍光灯(1000円)ですね。導入を検討しましたがキャビネットに入らないのであきらめた代物です。
どなたか、既存の蛍光灯をドアスッチ対応にする方法を教えてください。
20121111_036.jpg

サンゴのうち、半分以上がSPSでブリード物が多いです。ライブロックは水どおりが良く組まれています。高さのあるレイアウトなので、ブリード物でも存在感ありますね。
20121111_040.jpg

どにゃさんが懸念していたハナヤサイとトゲサンゴです。トゲサンゴはLeDioをあててややピンクになってきたとのこと。
20121111_050.jpg

すごくパステルなコモンサンゴ。どんどん成長していっていますが、パステルを維持しているとのこと。うちでは色が濃くなる一方でしたが… こんな風になって欲しかったw
20121111_060.jpg

良い蛍光色のスターポリプ。サンゴ水槽でたなびくスターポリプは良く映えます。
20121111_070.jpg

20121111_075.jpg

スパスラータのような鱗状のサンゴ。これって名前なんでしょうね?
20121111_080.jpg

LEDでも成長点がはっきり出ていますね。
20121111_090.jpg

魚は結構な量が入っています。シマヤッコやスミレが入っていますが、良く餌付いていてポンプを止めるといつもの場所に集まってきます。これらの魚は1年以上維持できているそうです。
私の以前の水槽だと小型ヤッコが突然死しやすい傾向で、ほとんど1年以上持ちませんでした… 白点はたまに出ているようですが、みんな元気そうです。どにゃさんさすがです。
20121111_100.jpg

ベントラリス左向き
20121111_110.jpg

右向き
すばらしい色合いです。単独飼いですが、水槽になれているせいかそれなりに威圧的wな態度で泳いでいました。
20121111_115.jpg

小さなハゼ。10匹ぐらいいたと思います。
20121111_150.jpg

パープルファイヤーゴビー
やはりこのグラデーションがすばらしいですね。
20121111_170.jpg

こちらがお土産に持っていった枝打ちサンゴです。入れてからすぐにポリプ満開に。ヤッコが多いので昼間はポリプを出さなくなるかもしれませんが、夜中は良く出していることでしょう。新しい環境でもどんどん成長して、この色合いのサンゴが増えて欲しいですね。
20121111_180.jpg

ちなみにカリウム測定結果は問題なしでした。やはりベルリン水槽ならカリウムはほとんど減らないようですね。
どにゃさん、今日はお邪魔しました。どにゃさん邸のような部屋にすべく、水槽周りから整理始めますw
またスイハイさせてくださいね~



B!
スイハイ/OFF | コメント:(14) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...