FC2ブログ
10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

キャビネットにプッシュラッチ取り付け

2017-11-04
テレビの台とかで良くありますが、キャビネットの扉を押したらぽんと開く…そういうのが楽で良いです。レッドシーのキャビネットには標準装備だったりしますが、他のメーカーではあまり見られません。というわけで、取り付けてみました

とりあえず動画です

今回は楽天で以下を購入しました。
・ITALIANA スリムプッシュラッチ IT4523型 マグネット受座 【IT4523-872】 粘着テープタイプ(IT4523-872)
・ITALIANA スリムプッシュラッチIT4523型 面付仕様/マグネット付/ロングタイプ 取付座セット 【IT4523-352W + IT4523-752W】 ホワイト(IT4523-352W)

こちらがプッシュラッチ。右の方を押すとバネで飛び出して、ドアが押されることになります
20171104_010.jpg

裏側はこちら。分離させてネジ止めします。キャビネット埋め込みタイプとかもありますが、かなり深く穴開けしないといけないのでこっちが楽かな
20171104_020.jpg

後ろ側。ここを押し下げれば分離できます
20171104_030.jpg

左のマルイのはドアに付けるキャッチです。この位置に取り付けるには穴開けできないので位置を変更
20171104_040.jpg

ジェーナスさんキャビネットの化粧板はかなり丈夫で穴開け大変です。力を入れてまわせば何とか穴開けできます
20171104_050.jpg

良い位置で穴開けして
20171104_060.jpg

ネジ止め
20171104_070.jpg

本体を取り付けて
20171104_080.jpg

ドアの方にキャッチを貼り付ければOKです
20171104_090.jpg

マグネットタイプなので、ヒンジがダンパーじゃ無くても閉めるときの音が小さくなりますね
20171104_100.jpg

左右に取り付けます
20171104_110.jpg

サブ水槽の方にも取り付けました
20171104_120.jpg

といった感じです
20171104_130.jpg

サブ水槽のキャビネットには扉に取っ手が無いのと、ダンパーも取り付けていなかったのでこれで使いやすくなりました。後付けも楽なのでお勧めかも


スポンサーサイト


B!
キャビネット | コメント:(0) | トラックバック:(0)

小ネタ:キャビネット用のダンパー取り付け

2013-05-03
水槽キャビネットのドアを閉めるときに、パタンとうるさいので何か対策無いかと探していたところこれを見つけました。

家具用ダンパー DC-4000です。羽根付きでネジ止めが出来ます。一個140円ぐらいなので安いと思います。ビスは付いてきませんので別途購入してください。
20130503_010.jpg

こんな感じでキャビネットに固定します。先端部にドアがあたるとゆっくり押し込まれ、衝撃を吸収するのでパタンと音がしません。
20130503_020.jpg

下側にも取り付け
20130503_030.jpg

右のドアは同じところに2重で取り付けました。十分な数が無いと衝撃を吸収しきれずに音が出てしまいます。
20130503_040.jpg

ちなみに、キャビネットのスライド丁番を交換する方もあるかなと思って、ダンパー付きを買ってみました。
が、こちらは強力すぎてドアが半開きになってしまうので止めました。
ドアの閉じ始めから終わりまでゆっくり閉まるので、ちゃんと機能するならこちらの方が良いのですが…
20130503_050.jpg




B!
キャビネット | コメント:(4) | トラックバック:(0)

プレコキャビネット WN-1200について

2012-09-01
そいえばキャビネットについて触れていなかったので書いておきます。

現在はプレコの木製キャビネットWN-1200(120cm x 45cmサイズ)を使っています。
この大きさでも一人で持てるぐらい軽く、丈夫で使いやすいのでお気に入りです。色については素直に「白」にすれば良かったとは思っています… このキャビネットは組み立て式ではなく、完成形がそのまま届きます。水平もきちんと取れていて安心です。
なお、オプションで化粧板を選ぶことができます。クーラーを内蔵したときのためにルーバー加工や、配管のためのサイドホール加工もできるようです。

20120901_210.jpg

寸法はこんな感じです。サンプを設計する際に必要だったので、寸法をお店の人に入れて送ってもらいました。内部の高さも十分あるので、背の高いプロテインスキマーやZEOvitリアクターでも楽に入れることができます。
余分な出っ張りもほぼなく、配管もしやすい良くできたキャビネットです。
20120901_220.jpg

内部の板はすべてコーティングされているので、水をこぼしてしみこんでぼこぼこに…なんてことになりません。
背面の方で一部隙間が空いている部分があるので、シリコンボンドでふさいであります。
20120901_225.jpg

左側の扉です。防音シート貼りまくっていますが…本来は真っ白です。
20120901_230.jpg

蝶番の部分
20120901_240.jpg

防錆コーティングを別途行ったのですが、海水水槽だとどうしても錆びますね。
20120901_250.jpg

中央の柱部分です。閉じたときに音が鳴らないよう自分でクッションを貼りました。
20120901_260.jpg

裏側はこんな感じ。柱があるせいで大きいサンプが入れられない…
なんてことはなく、上の水槽に水が入っていない状態で、白いプレートの下側のネジをはずせば柱が取り外せます。
ちなみに蛍光灯は日本グローバル照明 SLG-6WNです。T5の6W蛍光灯で、明るく省スペースでカバー付きなのでキャビネット内照明としてお勧めです。
20120901_270.jpg

右の天井~背面付近です。後ろ側も広く開いているので配管が楽です。
20120901_280.jpg

右の天井をみたところ。L字金具は気休めに私が取り付けたものです。
20120901_290.jpg

左の天井をみたところ。
20120901_300.jpg

最後にオーバーフローパイプと接続するための穴付近です。板の中はすかすかなんてことはなく、ちゃんと詰まっていますw
20120901_310.jpg

水槽のパイプ位置とずれたら悲惨なので、簡単な図面を書いて穴空けしてもらいました。丸型じゃなく四角でもOKとのことでした。
20120901_320.jpg



B!
キャビネット | コメント:(6) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...