FC2ブログ
01-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728>>03-

ポケット海水濃度計 ATAGO PAL-生簀を購入しました

2019-02-16
2018年ぐらいに発売された、ポケット海水濃度計 ATAGO PAL-生簀を購入しました。
屈折計は覗くのが面倒、デジタルで簡単に測定できるものが欲しかったので購入しました。

ATAGOは様々な測定器でおなじみですね。以前から、手持ち屈折計のMASTER-S/Millα、デジタル屈折計のポケット海水濃度計 PAL-06Sを販売していましたが、割と最近「電気伝導度方式」のPAL-生簀が発売されました

屈折計だと2万円ぐらいはしますが、今回のPAL-生簀は1万円を切るので安いです。温度補正付きです。

こちらがケースです。ちいさい
20190216_010.jpg

中身はこんな感じ
20190216_020.jpg

スケルトンで防水付きです
20190216_030.jpg

仕様はこんな感じ。測定精度は±2.0‰なのでズレは多少出ますね
20190216_040.jpg

試しに測定した結果はこんな感じ。従来の屈折計は1‰単位でしたが、電気伝導度方式は0.1‰単位で測定できます
温度補正付きなので、液体をセンサーに入れたらしばらくそのままにして、温度が安定するのを待ってから測定する必要があります
使い終わったらセンサーを水洗いして拭き取って乾燥させます
20190216_050.jpg

測定値が正しいか、マーフィードのマリンソルトテスタ専用校正液(30ppt)を測定してみました
20190216_060.jpg

結果は30.2‰なのでほぼ正確そうです
20190216_070.jpg

他の測定器と比較してみます。測定器は左からDEEP SIX、AIネット塩分濃度屈折計、シーウォーターリフレクトメーター、そしてPAL-生簀です。あとAPEXの塩分濃度センサーも参考にします
20190216_080.jpg

なおDEEP SIXは新品です。使うの何年ぶりだろう
20190216_090.jpg

校正液以外に、RO水にレッドシーソルトを溶かしたものも用意してみます
こちらはRO水 2000g
20190216_100.jpg

レッドシーソルト76gほど
20190216_110.jpg

そして溶かします
20190216_120.jpg

測定結果はこんな感じです。水換えバケツは、いつも38g/L溶かしているところ、40g/L溶かしたので塩分濃度は高めのはずです
20190216_130.jpg

さらにグラフにしてみます。クリックで拡大します
20190216_140.jpg

傾向的にはPAL-生簀だけがなだらかな感じですね
ひとまず傾向がわかっている方から見ていくと…

AIネット塩分濃度屈折計とシーウォーターリフレクトメーターの測定結果の傾向は同じ感じですね。
AIネット塩分濃度屈折計は海水ではなく塩分前提なので、海水を測定すると1.5‰ぐらいは高めに出ます。シーウォーターリフレクトメーターの測定結果と比べると1~1.5‰ぐらい差となっています。

シーウォーターリフレクトメーターは海水対応ですが、校正液とずれて低めに出ています。測定結果は正しいのかな…?

DEEP SIXは校正液の量が少ないので測定できていませんが、屈折計と傾向は近いです。フロート式は25℃基準だと思いますが、今回測定した水はいずれも20℃ぐらい、水槽は23℃ぐらいです。水温が低いと値は高めに出るはずです。

PAL-生簀は校正液とぴったり一致。マリンソルトテスタも伝導度方式なので傾向が近いのかも。他の方式と比較するとグラフがなだらかなので、塩分濃度が高い方は測定結果が低めに出る可能性が高そうです。

というわけで、PAL-生簀の測定結果の値をそのまま使うのではなく、低めを基準に調整した方が良さそうです。
普段はPAL-生簀を使って、1.5ヶ月毎のトリトン測定のナトリウム濃度を基準に微調整しようと思います。

スポンサーサイト


B!
屈折計 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

Red Seaの海水屈折計

2015-03-14
前回の記事「トリトン測定結果と手持ち試薬を比べる」で書きましたが、手持ちの屈折計が塩分用の屈折計であり、海水に対応していないためずれている事が判っています。
正しい海水の塩分濃度を知るため、Red Seaのシーウォーター リフレクトメーターを購入しました。

こちらがパッケージです。
Automatic Temperature Compensation (ATC)対応で、温度の違いでのズレを補正する機能がついています。
20150314_010s.jpg

中身です。
意外と短い感じですね。
20150314_020s.jpg

校正に使うマイナスドライバーと、小さなスポイトがついています。
20150314_030s.jpg

では早速使ってみましょう。
20150314_040s.jpg

まずはRO水で校正します。右のPPT側が0になるように、マイナスドライバーをまわして校正します。
屈折計の写真撮影を初めて行いましたが、ピント合わせが難しいですね… 肉眼で見るともっとはっきりと見えます。
20150314_050s.jpg

そして水槽の海水を使って測定してみました。だいたい33~33.5‰ぐらいかなと思います。
20150314_060s.jpg

こちらが手持ちのAIネットの屈折計です。海水対応ではなく、塩分用です。
20150314_070s.jpg

見てのとおり34.5~35‰です。
20150314_080s.jpg

もう少しズームしてみます。
20150314_090s.jpg

Red Seaのサイトには
・一般的な塩分濃度屈折計はリーフアクアリウム用に設計されておらず、単に塩分(海水ではなく塩水)測定用のアルゴリズムを基につくられています。
・水温も25℃ではなく15℃を基準としています。
・海水の測定に塩水用の屈折計を使用すると、1.5ppt程度の値の誤差が生じてしまいます
と書かれているとおり、概ね1.5‰の差があったことが判りました。
今までの記事で35‰にあわせて~と書いてあるところは、実際には33.5‰だったわけですね。ZEOvit的には許容範囲内ですが、もっと濃くてもOKとなります。また、その方がカルシウムやマグネシウム濃度も高く保てるはずです。

というわけで、水換えのタイミングなどでちょっとずつ塩分濃度を上げていこうと思います。

-----

塩分濃度の測定は海水水槽の最も基本的な事ですが、水温や気温や塩水と海水の差等で正確な値を知るのが難しい部分になります。フロート式は気泡やカルシウムの付着などでずれる上に、水温の差でもずれるので、塩分濃度にシビアな無脊椎を飼うなら、今回のような海水対応の屈折計を買っておくのがよいと思います。落とさない限り壊れることはないので一生ものですw

なおその他の選択肢としてはこんなのがあります。測定器具でおなじみのATAGO社製品です。
ポケット海水濃度計 PAL-06S
もう売ってしまいましたが、以前持っていました。海水をたらして数秒で測定してくれます。海水対応、温度自動補正対応です。
20150314_100.jpg

MASTER-S/Millα
かっこいい海水対応、温度自動補正対応、防水の屈折計です。詳しいことはどにゃさんの記事1どにゃさんの記事2を見てください。なお、温度自動補正無しのMASTER-S/MillMが安く売っていますが、屈折計の温度≠水槽の温度な状況ばかりなのでお勧めしません。
20150314_110.jpg



B!
屈折計 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...