12-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>03-

Apex導入の流れ~初期設定編1~

2013-01-20
Apex導入までの流れについて簡単に書いておきます。概ねこんなステップを踏んで行くと楽に導入ができると思います。

■買う前に
No.0 Apex系のブログ及びマニュアルを読みあさる
No.1 Apexでやりたいことを決める
No.2 水槽で使っている機材を整理して、Energy Barが何本あれば足りるのかを検討する
No.3 Energy Barのどこにどの機材を繋げるのか整理する
No.4 Apex本体、Probe、モジュールを買う
■届いたら
No.5 動作確認
No.6 有線LAN接続&ファームウェア更新
■初期設定
No.7 無線LAN接続(必要があれば)
No.8 外部接続設定(ルータの設定変更、ダイナミックDNSの導入)
No.9 Clock、Misc設定
No.10 最低限のOutlet設定
No.11 最低限のプログラミング
No.12 Probeセットアップ、キャリブレーション
■移行
No.13 Apexの設置、機材のつなぎ替え
No.14 動作確認
■より便利に
No.15 プログラミング
No.16 iPad/Androidからの参照確認
No.17 Reeftronicsへの登録
No.18 メール送信設定
No.19 Dashboard設定
No.20 I/O Breakout Box設定
No.21 Tunze Pump設定
-----

前回の記事では、上記のNo.1~5まで完了しています。

今回の記事はこの範囲を説明します。
■届いたら
No.6 有線LAN接続&ファームウェア更新
■初期設定
No.7 無線LAN接続(必要があれば)
No.8 外部接続設定(ルータの設定変更、ダイナミックDNSの導入)




No.6 有線LAN接続&ファームウェア更新

最初に行うのはファームウェアの更新です。自宅のネットワーク環境は皆さん違うと思いますので、読み替えてください。

必要なのは最低限の構成でOKなので、Apex Base Unit
20130114_050.jpg

Energy Bar
20130114_055.jpg

Apex Display Moduleです。
20130114_040.jpg

Apex Base UnitとEnergy BarをAqua Busで接続します。Display ModuleもEnergy Barと接続し、Energy Barをコンセントに挿してください。
Apex Base UnitのEthernetにLANケーブルを繋ぎ、ご自宅のインターネットに繋がっているHubや、ルータのLANポートに繋いでください。大抵はDHCPで勝手にApexのIPアドレスが割り振られると思います。
問題なければブラウザから
http://apex
でApexに繋がります。

-----

公式サイトからファームウェアをダウンロードしてきてください。今のところバージョンは4.2です。

解凍してApex Flash Utilityをダブルクリック
20130120_010.jpg

Networkの右にある虫眼鏡ボタンを押すと、繋がっているApexを探してくれます。あとは右のUpdate Firmwareと、Update Web Pagesを順に押せばアップデート完了です。当然ですが、ファームウェア更新中は電源を切らないようにしてください。
20130120_020.jpg

ファームウェアの更新が完了したら、設定を初期化しておいた方が良いみたいです。とっちさんの記事にあるとおり、Display ModuleからInit Memory - Init Allを行ってください。


No.7 無線LAN接続(必要があれば)

水槽まで距離があることが多いと思いますので、有線LANでは無く、無線LANで接続した方が楽です。パソコンやスマートフォン用に無線LANを導入済みなら、有線LANポートを無線LANに変換するユニット「WLI-UTX-AG300」でApexを無線LANに繋ぐことができます。
20130120_030.jpg

こちらの導入はとっちさんの記事を参考にしてください。

私は無線LANアクセスポイントとしてWZR-HP-G302Hを使っているのですが、これをもう一台購入し、エアステーション間接続機能で子機として設定して、そこにApexを接続しました。アンテナ付きなので壁を隔てても十分安定した通信ができます。またエアステーション間接続機能を使うなら、同じ機種の方が相性問題も無く、安定しているようです。
20130120_040.jpg


No.8 外部接続設定(ルータの設定変更、ダイナミックDNSの導入)

自宅外からApexにアクセスできるようにするための設定が必要です。なお、グローバルIPアドレスが割り振られないプロバイダの場合は、そもそも自宅外からアクセスできません。CATVの場合は割り振られないか、有料オプションの場合が多いと思います。NTTのFlet's等はグローバルIPアドレスが割り当てられるはずです。

ApexはデフォルトだとDHCPでIPアドレスを割り振られるようになっているため、これを無効化して固定IPアドレスにします。
http://apexをブラウザで開き、「Configuration」 - 「Network Setup」からネットワーク設定を変更します。
20130120_050.jpg

■DHCPをDisabledに、
■AquaController IP addressを既存の機器とかぶらないアドレスに(うちは192.168.1.50にしてます)、
■HTTP portを80以外に(うちは8081にしています)、
■Admin password/Confirm admin passwordをデフォルトの1234以外の自分にしかわからないものに、
■Open XML AccessをEnabledに(これでApexの設定やプログラムを外部へ公開できるようになります…公開したくないときはDisabledのままで)、
■Reboot system after updateにチェック
してUpdate Network Settingsボタンを押します。

以降、Apexにアクセスするときは設定したHTTP portを指定するようにしてください。
http://apex:8081
もし繋がらないなら、パソコンを再起動してください。(わかる方用:DNSキャッシュをリフレッシュすれば繋がるはずです。)

-----

後は、自宅のルータでポート開放設定(静的IPマスカレード設定)で、外部からのTCPとUDPプロトコルの接続に対して、Apexへ(192.168.1.50のポート8081へ)接続するように設定変更すれば、とりあえず自宅外からアクセスできます。
20130120_060.jpg

なお、ポートの開放確認はこちらのサイトから可能です。

-----

グローバルIPアドレスがプロバイダから割り当てられていても、時間とともにIPアドレスが変動してしまうことがあります。DynamicDNSサービス(DynDns.org等で)を使うと、自宅専用のホスト名を無料で作ることができるのでお勧めです。
たとえば自分のホスト名がmyhostだとするとどこからでも
http://myhost.dyndns.org:8081
でApexへアクセスできるようになります。なお、外部からの無用なクラッキング防止のため、このホスト名は自分以外には公開しないことをお勧めします

DynDnsへの登録についてはこちらを参考にしてください。
また、登録後のIPアドレス更新はDiCE for Windowsが楽で良いと思います。通常はDynDns.orgのサイトに行ってIPアドレスの更新を行いますが、このソフトはそれを自動的に行ってくれます。

-----

ネットワークにある程度詳しければ、さくさく設定できると思いますが…さてこの説明でわかったでしょうか…?

スポンサーサイト


B!
関連記事
★Neptune Apex★ | コメント:(14) | トラックバック:(0)

Neptune Apex開封の儀

2013-01-14
NEPTUNE SYSTEMSのアクアリウム用コントローラAPEXを購入しました。購入にあたってはとっちさんのBlogを参考にさせていただきました。とっちさんがいなかったらきっと導入しようなんて思わなかったでしょう。公式サイトにあるマニュアル(Comprehensive Reference Manual)とともに、Apex導入のバイブルになると思います。全記事表示だと目的の記事にアクセスしやすくなると思いますのでリンクを置いておきます。

では今回はとりあえず開封だけ説明したいと思います。設定他については、別の記事で紹介していきたいと思います。

なお、本来アメリカで使用されることを前提とした製品なので、日本の電圧でうまく動かなくてもサポートされませんのでそのあたりは認識しておいてくださいねー
ApexはApex Jr.、Apex Lite、Apexと3モデルあります。今回は最上位モデルを買ってます。

-----
Apexを導入したいと思ったのは
・迷路のようになった電気配線を整理したい
・たくさんのタイマー類を無くしたい
・異常発生時の通知&対策を行いたい
・スマートフォン、iPadからモニタリングしたい
・給餌の時にまとめてOFFにして、自動的に復帰させたい
・キャビネットのドアを開いたら、自動的にライトが点くようにしたい

からです。

現在の水槽のキャビネットの中はこんなだし…
20130114_010.jpg

電気配線を整理した箱の中もこんな感じです。
20130114_020.jpg

これをすっきりさせたい…

-----
今回はPremium Aquaticsから購入しました。12/27(木)に注文、1/3(木)発送、1/8(火)到着でした。年末をまたいだ関係で発送まで結構かかってます。今回購入した物を表にまとめるとこんな感じです。Premium Aquaticsや公式サイトでは付属品が厳密には書かれていなかったので参考にしてください。

目的Premium Aquaticsの商品名単価
(USD)
購入個数付属品
本体セットNeptune Apex Controller454.991Apex Base Unit
Energy Bar 8
Apex Display Module
Long-life Temperature Probe
AquaBus 180cm
LANケーブル
ネジ 10本
Energy Bar 8のマニュアル
CD-ROM
追加電源タップEnergyBar 8159.951EnergyBar 8
AquaBus 180cm
ネジ 4本
Energy Bar 8のマニュアル
フロートスッチ他Neptune I/O Breakout Box39.951
pH/ORP関連Neptune Probe Module 1 (pH/ORP, Temp)74.981Probe Module 1
AquaBus 90cm
ネジ 4本
マニュアル
Lab Grade pH Probe62.951
Lab Grade pH Probe64.951
Pinpoint 10.00 pH Calibration Fluid0.943
Pinpoint 7.00 pH Calibration Fluid0.943
Pinpoint 4.00 pH Calibration Fluid0.943
塩分濃度関連Probe Module 2 (Conductivity, Temp)84.991Probe Module 2
AquaBus 90cm
ネジ 4本
マニュアル
Conductivity Calibration Solution - 53.0 mS2.953
Lab Grade Conductivity Probe114.951
AquaBusケーブルApex 15' AquaBus Cable (M/M)19.951AquaBus 450cm
Apex 15' AquaBus Cable (M/M)19.951AquaBus 450cm
Tunze用ケーブルApex 2 Channel AquaSurf/Apex to Stream Cable19.952
ORPPinpoint ORP Redox 400 Calibration Fluid2.492
追加温度プローブAquaController Apex, Jr & AC3 Temperature Probe29.951
その他Eshopps Corner Frag Rack15.991


APEXはEnergy Barで機材のON/OFF制御を行います。購入前に、どれぐらいコントロールしたい機材があるかを整理する必要があります。うちで整理した結果はこんな感じで、なんとか2つあれば足りることがわかりました。なお、同じようにコントロールしたい機材は普通の電源タップに繋げばOKです。

設置場所電源系統EBNo接続機材Apex上の名前
水槽Energy Bar#11サンプ照明SumpLight
2自動給水電磁弁Svalve
3KR90DRKR90DR
4ATI T5Sunpower
5ZEOリアクターポンプZEOReactor
6スキマーポンプSkimmer
7リフポンプRefPump
8DC-10000MainPump
電源タップ-WavySea-
Tunze1
Tunze2
Vortech1
Vortech2
物入れEnergy Bar#21CO2電磁弁CO2SValve
2入れ物入れ内照明DoorLight
3クロノスレイン起動タイマーRO
4クーラー/ヒーターChiller
5水流ポンプ電源タップTunzeTAP
6ドーシングポンプ電源タップDPOATAP
7CRポンプCRPump
8ヒーター用Heater
電源タップ-無線USB-
無線LANルータ
ドーシングポンプACアダプタ
ドーシングポンプACアダプタ
ドーシングポンプACアダプタ
エアポンプ1
ヒーター1
エアポンプ2
ヒーター2


-----
では開封の儀です。

箱の中身。購入した数の割にはコンパクトな箱で届きました。
20130114_030.jpg


■Neptune Apex Controller

こちらがApex Base Unitです。Apexの心臓部となるモジュールになります。
ここからEnergy Barに命令を出して、電源のON/OFF制御を行います。また、水温やpH、ORPといった情報の入力を行います。さらにはWebサーバ機能がありますので、LANケーブルを挿すことでパソコンからブラウザでアクセスして情報を見たり、機材のON/OFF、プログラムの入力といったことを行うことができます。
ちなみに、Base Unitは心臓部なので、機能停止した場合に制御不能になってしまわないよう、フェールセーフ機能があります。事前の設定に従って、Energy Barが機材のON/OFFのみ制御します。たとえば水温管理ができないのでクーラー/ヒーターはOFFにするけど、酸欠にならないように循環ポンプだけはONにするといったことができます。
20130114_050.jpg

こちらがEnergy Barです。見たまま電源タップですが、Base Unitからの指示でON/OFF制御できるようになっています。またBase Unitを定期的に監視し、Base Unitが機能停止した場合はフェールセーフ機能を動作させます。これ一つで15Aまで接続できます。
20130114_055.jpg

各モジュール同士はAquaBusという、USBケーブルのようなもので接続します。(見たまんま、コネクタの形状もUSBケーブルです)。ただし、本当にUSBデバイスを挿すと壊れます。たぶん。
20130114_060.jpg

シールをはがすと… どこかで見たことある形状ですね。
20130114_070.jpg

こちらがApex Display Moduleです。まんまステータス表示とキー操作を行うことが出来ます。pHプローブのキャリブレーションを行ったりするのはここから行います。このモジュールだけ専用の細いAquaBusケーブルが付いています。4mぐらいあるでしょうか。
20130114_040.jpg

簡素なマニュアルと、CD-ROMがついてきます。ちなみに紙マニュアルはほとんど使えません。公式サイトのマニュアルを見てください。ファームウェアも最新バージョンが公式サイトに掲載されています。
20130114_080.jpg

AquaBusケーブル(左)、温度プローブ(上)、LANケーブル(下)です。
20130114_090.jpg

20130114_100.jpg


■EnergyBar 8


追加購入したEnergy Barです。プラグは3ピンタイプですので、2ピンに変換した上でアース接続してください。
20130114_110.jpg


■I/O Breakout Box


フロートスイッチ、ドアスイッチ、水もれセンサー等を繋ぐためのモジュールです。これ一つで6つのスイッチと接続できます。
20130114_115.jpg


■Probe Module 1 (pH/ORP, Temp)

pHプローブやORPプローブを追加したい場合にこのモジュールが必要です。今回はカルシウムリアクターのCO2電磁弁を、時間では無くpHで制御してみようかと思って購入しました。カルシウムリアクターは室外に設置してあるので、付属のAquaBusケーブルでは無く、4.5mのケーブルを追加購入してあります。
20130114_120.jpg

pHプローブです。Lab Gradeという少し高い方を選択してみました。
20130114_130.jpg

校正液です。一つ一つが使い切りで、お試しで買ってみました。校正時には25℃まで温める必要がありますので、こういった使い切りタイプの方が温めやすいですね。pH4.00の校正液はいらなかったかもしれません。
20130114_140.jpg


■Probe Module 2 (Conductivity, Temp)

電導率(Conductivity)測定用のモジュールです。これで塩分濃度がわかります。
20130114_150.jpg

I/Oと温度測定を追加したい場合にももちろん使えます。
20130114_160.jpg

こちらがそのプローブ
20130114_165.jpg


■AquaBus追加ケーブル

20130114_170.jpg


■Tunze用ケーブル


Tunze制御用なんですが、これなんか6095にうまく入らないんですが… もしかしたら使えないかも。
20130114_190.jpg


■追加温度プローブ

何かに使えるかなと思って追加購入。外気温を測定して季節判定用に使おうかなーと思っています。
20130114_180.jpg


■Frag Rack

ブラックタイプは持っていたのですが、水槽の中に影ができてしまうことになるので、クリアタイプを購入しました。
20130114_200.jpg


この他、日本で以下も購入しました。いずれもAmazonで購入できます。

エーモン 1588 開閉連動スイッチ(左)と、エーモン 2824 接続コネクター(右)。
キャビネットのドアを開いたらキャビネットの蛍光灯が点灯するようにしたいので購入。I/O Breakout Boxと繋げます。
右のコネクターは、簡単に線の延長と、必要ないときは切り離しができるようにするために購入しました。皮膜をつけたまま差し込んで、ペンチなどではさむだけで簡単にコネクターのできあがりです。
20130114_210.jpg

スイッチの延長コードです。
20130114_220.jpg

Apexに必須な漏電ブレーカーです。
20130114_230.jpg

charmで購入したアクアトロニカの漏水センサーです。漏水検知には、実は単なる延長コードだけあれば良いらしいですが、どうせならしっかりした物が欲しかったので購入しました。
20130114_240.jpg

センサー部。シンプルな作りです。
20130114_245.jpg

-----
ひとまず正常に起動することを確認しました。
20130114_250.jpg

ちなみにこの記事を書いている時点で設置まで終わっていて、Tunze制御以外は無事動いています。



B!
関連記事
★Neptune Apex★ | コメント:(19) | トラックバック:(0)

暇な冬休みにお勧めな長時間動画(ニコニコ動画)

2013-01-04
金曜日も休みで長期休暇中の方もいると思いますので、マイリストからテキトーに拾ってきたシリーズ動画を紹介します。あ、アクアリウム関係無しですw 見るにはニコニコ動画のアカウントが必要です。

今日もBF3で酒がうまいぜ ゆっくりできない実況

海外のオンライン戦争ゲーム「Battlefield 3」(以降 BF3)の実況動画ですが、BF3の話はあまり無いのでどなたにもお勧めです。他の実況動画には無い、音声合成ソフトによるマシンガントークが楽しすぎます。この実況に慣れると、他の動画がゆっくりすぎて見るのが辛くなる副作用もあります。
実況とキャラの性格が安定してきた25話あたりからがお勧めです。ゲーム録画してからセリフや表情設定等々、かなり編集が大変だと思いますが40話以上アップロードされています。
この動画は作業用BGMとしてもお勧めですw 水槽メンテナンスやBlog書いている最中に連続再生させてます。

もっとBF3成分の多い動画はこちらこちらです。
ちなみにBF2やBF2142、CoD:MW2、Left 4 Deadあたりまではかなりやっていましたが、BF3は水槽関係が忙しいのでほとんどやっていません。直近のPCゲームは去年Skyrimをやったぐらいかな…


ゆっくり妖夢と本当はこわいクトゥルフ神話

総再生数500万オーバーな有名動画なので今更だと思いますが… TRPG動画が去年流行る原因の一つとなった動画です。動画のシナリオの作り込みがさすがです。最初から伏線貼られまくり&後できっちり消化は見事ですね。細かい粗はあるかもしれませんが、全体的に良くできていると思います。この動画の作成者はプロのシナリオライターになったみたいですね。
一話あたり10分~30分なので、全部見るのに12時間ぐらいかかるかも。連続再生はこちら。あ、音量注意です。序盤で一番盛り上がるのはPart11とPart15あたりでしょうか。

TRPG動画はたくさんあるので、有名どころはこちらからたどって行くのが楽だと思います。

なお、TRPG動画の原点になった動画はこちらです。


ライフゲームの世界

ライフゲームとは、生命の誕生、進化、淘汰などのプロセスを簡易的なモデルで再現したシミュレーションゲームのことらしいです。ごく単純なルールをもとに、機械のような複雑なことができてしまう(プログラミングやライフゲームの中にライフゲームを作り出すこと、自己複製)のがすごいところ。


Dimensions (数学動画)

数学教育用の動画です。内容はほとんど幾何学のお話。CGがすばらしいですが、図示すらできない多次元空間の物体を理解するとか、常人にはまずできないことがわかりますw

-----

ちなみに私は今日から仕事ですが…



B!
関連記事
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

Wavy Seaを設置しました

2013-01-03
明けましておめでとうございます。今年一発目の記事です。
水流改善のため、新品のWavySeaを購入しました。結構昔からある機材なので今更感がありますが…

WavySeaはメインポンプからの排水を首振りして、任意角度へ水流を作り出せる機材です。一応、ウエーブメーカーのジャンルに入るようです。接続ホースは25mmまたは19mmです。機能の割に高価な機材なので中古で購入したかったのですが、ほとんど中古市場に出てこないですね… RLSSのDC-10000を買ったときのポイントを使って、ナチュラルさんで新品を購入しました。

こちらが中身です。
20130103_010.jpg

接続パーツ類
20130103_020.jpg

こちらが本体です。
20130103_030.jpg

こちらがコントローラです。ちなみに電源が切れると設定が初期化されます。
20130103_040.jpg

ACアダプタ他
20130103_050.jpg

ブラケット部分の説明書
20130103_060.jpg

今回はオプションのワイドブラケットを購入しました。
WayvSea購入にあたり、水面近くに本体を設置してはいけない。本体は防水されていないので中に海水が入り込んで故障する。しかも保証期間内でも無料修理にならないと、知り合いやショップの方々から同じ事を別々のタイミングで言われましたw 皆さん苦労されているようで…
というわけで、なるべく水面から離すために購入しました。
20130103_070.jpg

メインポンプと接続しました。右にある25Aの片ウチエルボ → 25mmホース → WavySeaと接続しています。
魚の飛び出し防止板の上に、ワイドブラケットで固定しています。
20130103_080.jpg

片ウチエルボはこれです。ホースをお湯につければ、何とか入るはずです。塩ビとWavySeaを内径を変えずに繋ぐにはこれぐらいしかないと思います。(charmさんから画像を拝借)
20130103_085.jpg

ちなみに25A塩ビは32mmホースと接続しています。
20130103_090.jpg

水の中に入っているのはこれだけ
20130103_100.jpg

水面からかなり距離を取ることができました。代わりにWavySeaよりも低くT5を下げることができなくなりました。まああまり下げる必要も無いのですが結構邪魔かも
20130103_110.jpg

DC-10000の消費電力は塩ビ配管時23Wでしたが、WavySeaに変えたら24Wでした。ほとんど誤差の範囲だとおもいます。この水流改善でシアノバクテリアが減ってくれると良いのですが…




B!
WavySea | コメント:(19) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...