04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

水槽リニューアル計画

2013-05-25
以前ちょっと触れましたが、水槽のリニューアルについて書いてみます。

現在は120cmのアクリル水槽、90cmのアクリルサンプを使っています。詳しくは水槽のシステムについてを見てください。

■水槽について
以前はガラス水槽を使っていて、そこから初めてのアクリル水槽だったので… ライブロックをぶつけてしまったり、砂を巻き込んだままコケを落としたり… そんな不注意でかなりのキズが付いてしまいました。
遠くから見たらあまりわからないかもしれませんが、近くで見ると結構目立つ… 研磨剤で磨いてもなかなか取れなさそうなので、いっそのこと水槽を買い換えすることにしました。

20120422_020.jpg

■サンプについて
もともと魚のために強制濾過を前提として設計したサンプでした。注文時はこんなイメージです。
20120609_030.jpg

いろいろあってZEOvit水槽になったわけですが、泡王を買ったり、ZEOリアクターを設置したり、マグネットポンプを止めて、DC-10000にしたりと大きな変化があったので、仕切を無理矢理削り取って使っています。
20130525_001.jpg

水槽の左端にはマグネットポンプのための配管がありますが、今となっては不要です。
20130525_002.jpg

現状の要求事項を考えると、もっとシンプルなサンプで良いのと、仕切の名残のせいで掃除もしにくいので、こちらも作り替えすることにしました。

-----

注文にあたっては、あなごんべさんと、有田海水さんにいろいろとアドバイスいただきました。本当に助かりました!

検討を行ったメーカーは以下のとおりです。
◆四葉工房さんのクリアシーホース水槽
 有田海水さんが現在使用しているガラス水槽の製作元です。品質は間違いないのですがとても高価だったので…

◆コットアップさんのa.m.p水槽
 こちらも高価ですが、マリンルートワンさん経由だと驚きの価格に…
 今までアクリル水槽だったので、ガラス水槽にしたら少し違和感を感じるかも?と思って正面のみ高透過ガラスで見積もっていただきました。

◆プレコさんの水槽
 プレコさんのキャビネットを使っているので、おそろいになるのも良いかなと思って見積もっていただきました。こちらもマリンルートワンさん経由だと驚きの価格に…
 通常の水槽については回答がありましたが、高透過ガラスタイプの回答が無かったので今回は見送り。

◆アクアファクトリーさんのサンプ
 サンプは以前どおりPlaxさんにお願いしようかと思ったのですが、水位変動加工の実績があるのでこちらで見積もっていただきました。ショップ経由では無く直接依頼しています。

-----

最終的な水槽のイメージはこんな感じです。
今回、コーナーボックスを少しでも小さくしたかったので、給水管無し、50A排水管のみのシンプルな構成です。給水はWavySeaから行う前提です。コーナーボックスは静音目的にフタ付きです。
20130525_010.jpg

サンプはこんな感じに。右側にウールボックスと泡王、左側にZEOリアクターとDC-10000を設置します。
中央の仕切りは水位可変仕様です。(18cm、20cm、22cm)
20130525_020.jpg

変更箇所をまとめるとこんなところです。
■水槽
項目変更前変更後
メーカーPlaxコットアップ(a.m.p)
材質アクリルガラス
(正面のみ高透過ガラス)
サイズ1200x450x450H
厚さ10mm
フランジ幅40mm 10mm厚幅40mm 8mm
フランジ位置上から3cm上から1cm
シリコン無しブラック
ワームプロテクト不要有り
センターフランジステンレスフランジ無し
コーナーボックス五角
ソケット加工50A排水
16A給水
16A水抜き
50A排水のみ
(給水はWavySeaから)
静音化フローフェンス50Aサイレンサー密閉フタ付き

■サンプ
項目変更前変更後
メーカーPlaxアクアファクトリー
目的強制濾過ZEOvit
材質アクリル
サイズ900x350x350H1000x350x350H
厚さ5mm?
フランジ幅40mm幅40mm
フランジ位置上から3cm
センターフランジ有り無し
(低水位で使用する前提)
ソケット加工50A排水(あふれ防止)
16A排水
16A排水
20A排水(ユニオンソケット)
50A排水(あふれ防止)
16A排水
16A排水
仕切り3枚1枚
水位変動加工
水位18cm、20cm、22cm

上記は注文済みです。結構な値段ですがボーナスに期待…
水槽の到着は7月中旬ぐらい、サンプは6月中旬ぐらいかなと思います。真夏にサンゴを数日隔離して水槽交換するのはリスクが高いので、まとめて移行せずに、まずはサンプだけ手早く交換したいと思います。まぁ、焦らずにゆっくり待ちたいと思います。

バックスクリーンとマグネットクリーナーはどれを選ぼうかな~

スポンサーサイト


B!
関連記事
オーバーフロー水槽 | コメント:(4) | トラックバック:(0)

Apex導入までの電気配線の経緯

2013-05-12
Neptune Apex導入よって電気配線もだいぶ整理できてきたので今までの経緯を整理してみました。昔の記事はここにあります。


■2012年4月まで

イレクターと金網を使って整理してました。タップ多すぎですが、これでも半分ぐらいです。
20120429_010.jpg

20120429_020.jpg

この上側に照明用のタップとか、Vortech用のタップとかもありました。(写真なし)
20130512_050.jpg

水槽側はこんな感じで… Mazarra + スポットですごいことになってます。
20130512_040.jpg



■2012年5月から

とりあえず電気配線を見えなくしたくて、この収納を買いました。
20120429_023.jpg

クーラーのコントローラはガラス戸の中にいれて、いつでも水温が見られるようにしました。
20120429_050.jpg

電気配線はとりあえず外から見えなくなりました。
20120429_080.jpg

ドーシングポンプは全力で使っていましたw
20120429_070.jpg

Vortechコントローラは水槽の上あたりに変更しました。
20120629_044.jpg


■2012年12月頃

配置変更しましたが、整理する気全くなしだったので雑ですw
20130114_020.jpg

水槽キャビネット内はこんな感じ。
20130114_010.jpg


■現在

Apex導入後です。クーラーコントローラは不要になったので取り外しました。
20130429_340.jpg

水槽キャビネット内はこんな感じに。
Apexが全て集中コントロールしてくれるので、マメスイッチのリレースイッチや保険として繋いでいたサーモ、デジタルタイマーの類いは全て撤去できました。また、大量のタップは、Energy Bar2つとタップ3つに集約できました。
金網の代わりにマジックテープを使って固定しています。配線はサンワサプライのケーブルダクトに入れています。amazon.co.jpで購入できるので調達しやすさからこれを選んでいます。
20130512_010.jpg

Vortechコントローラ等は全てキャビネット内に収めました。ACアダプタ系はもう少し整理したいと思っています。
20130512_030.jpg

収納の方はこんな感じに。
20130512_020.jpg

水槽まわりはこんな感じになりました。
※照明は点灯させていない状態です。
MazarraからATI T5にしたので、水槽上面がだいぶすっきりしたかなと思います。ダイアモンドアクアソーの置き場が微妙ですが、良い場所が無いです。
20130512_060.jpg

Apex導入したおかげでだいぶ整理できたかなと思います。
・大量のタップ → 余計な機材を撤去&Apexプログラムで連動できるので不要になったタップを撤去。
・大量のタイマー → Energy Barのポート全てタイマー制御できるので、撤去。
・大量の3ピン→2ピン変換 → Energy Barが3ピン対応のため撤去。
・マメスイッチ → I/O Breakout Boxに繋いだフロートスイッチに置き換え。大きなリレーボックスが無くなったので省スペースに。
・クーラーコントローラ → Apexプログラムで制御できるので撤去。
・ドーシングポンプ → RCPのコーラルカラーシリーズは添加しないように変更。3つ(ZEOstart3、K-Balance、リーフストロンチウム)だけに集約。他は手で添加してます。手で添加しやすくする方法はこちらを見てください。
・pHモニタ → Apex側で測定しているので撤去。Apexはセンサー類にACアダプタが不要です。

Apex導入前に出来ていたのはこんな事です。
・自動点灯、自動消灯(デジタルタイマーの機能)
・自動給水(マメスイッチ他の機能)
・異常水温時のアラーム(クーラーコントローラの機能)
・pHモニタリング(FUKUROWの機能)
・メインポンプと他の機材の連動(タップで…メインポンプ止めたらスキマーやカルシウムリアクターポンプも止まるとか)

Apex導入によって、上記は当然できるとして、より便利に&より安全になっています。
水槽の自動化にかなり貢献しています。
あと、水槽に何かあってもすぐに教えてくれるので、水槽の心配がかなり減りました。
・各種センサー類(水温、pH、ORP、塩分濃度)によるモニタリング&グラフ化
・各種センサー異常値検出時にアラーム&メール通知
・カルシウムリアクターのCO2が空になったらアラーム&メール通知
・漏水したらアラーム&メール通知
・Energy Barでアンペア値モニタリング&グラフ化
・水温上昇時に照明の自動消灯
・Feedモード&自動復帰
・キャビネットを開いたら、キャビネット内の照明を自動点灯(地味に便利)
・タイマーズレ無し(インターネットから時間を取るので)

ちなみにコスト度外視しでやろうと思えばこんなことも出来ます。
・自動水換え(塩の計測だけは無理かも)
・水温上昇時、サブポンプ&サブクーラー起動



B!
関連記事
★Neptune Apex★ | コメント:(6) | トラックバック:(0)

小ネタ:キャビネット用のダンパー取り付け

2013-05-03
水槽キャビネットのドアを閉めるときに、パタンとうるさいので何か対策無いかと探していたところこれを見つけました。

家具用ダンパー DC-4000です。羽根付きでネジ止めが出来ます。一個140円ぐらいなので安いと思います。ビスは付いてきませんので別途購入してください。
20130503_010.jpg

こんな感じでキャビネットに固定します。先端部にドアがあたるとゆっくり押し込まれ、衝撃を吸収するのでパタンと音がしません。
20130503_020.jpg

下側にも取り付け
20130503_030.jpg

右のドアは同じところに2重で取り付けました。十分な数が無いと衝撃を吸収しきれずに音が出てしまいます。
20130503_040.jpg

ちなみに、キャビネットのスライド丁番を交換する方もあるかなと思って、ダンパー付きを買ってみました。
が、こちらは強力すぎてドアが半開きになってしまうので止めました。
ドアの閉じ始めから終わりまでゆっくり閉まるので、ちゃんと機能するならこちらの方が良いのですが…
20130503_050.jpg




B!
関連記事
キャビネット | コメント:(4) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...