05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


B!
スポンサー広告

ツアーに参加しました!(2013年6月)

2013-06-23
今月もツアーに参加させていただきました!

メンバーはあなごんべさん、はらやんさん、親方~さん、親方~さんのお子さん、俺海さんどにゃさんです。
はらやんさんは超ベテランのアクアリストの方です。昔のコーラルフィッシュ誌をひっくり返すと、当時の水槽が載っていたりします。私がツアー初参加の際にお目にかかれる予定だったのですが、急遽都合が悪くなりそれ以来会えず… それ以来半年以上経って、今回初めて一緒にツアーに参加することになりました。


■1店目 B-BOX松戸店さん

今回はあまり入荷が無かったようで、昔の雑誌Marine Profileだけ購入しました。あなごんべさんは結構買ってましたね。今月もきのこさんに遭遇。水槽リニューアルの時はお願いします。


■2店目 B-BOX八潮店さん

バイオアクティフ水槽にあるTUNZE Comline Waveboxを今月も観察。コーナーボックス付近はデッドスペースなので、これぐらいのサイズなら設置できそう。配管用に40Aのジャバラを購入しました。


■3店目 釜や本舗さん

今月もここのうどんやさんへ。ゲソ天が人気すぎて食べられずw


■4店目 AQUA DEEPさん

埼玉に新規オープンしたアクアディープさんに行ってきました。いくつかのBlogで紹介されていましたが、サイト「http://aqua-deep.com」が繋がらない!と思った方もいると思います… サイトの方は来月ぐらいにオープンするそうです。サイトが無いと住所がわからないという方のために… 住所はこちらです。
なお、写真掲載について許可をいただいています。ただし値段については一部書かないで欲しいとのことだったので、今回載せる分についてはとりあえず全てモザイク処理しています。

こちらのお店では、海水魚、SPS(浅場、深場)、LPS、ソフトコーラル、淡水魚、爬虫類(カメレオンとか、トカゲとか)を取り扱っています。海水系の比率が高いです。他のお店と比べると全般的に安い値段設定でした。

看板です。電話番号は通じると思いますが、サイトは7月になってからのようです。
20130623_010.jpg

入り口
20130623_020.jpg

海水ゾーンです。120cm x 120cmのサンゴ水槽が2つあります。どちらも照明はT5で、左側はSFILIGOI 12灯タイプ(たぶん)を二つ、右側はGIESEMANNのMATRIXX II 8灯タイプを二つです。
20130623_030.jpg

こちらがGIESEMANNのMATRIXX IIです。深場SPS、LPS、ソフトコーラルが入っています。
20130623_040.jpg

T5蛍光灯そのものの撮影は難しいです。たぶん見た目どおりになってないと思います。
20130623_050.jpg

こちらがSFILIGOIの方です。浅場SPS、シャコ貝、LPS、ソフトコーラルが入っています。こちらの方が明るく見えます。
20130623_060.jpg

どちらの水槽もREEF OCTOPUSのスキマーを使っていました。
20130623_070.jpg

右側の水槽を少しアップ
20130623_080.jpg

ホンタコを久々に見た気がします。透き通るようなこの色がやはり良いです。
20130623_090.jpg

道路側にはブリードサンゴと陰日性サンゴ、海水魚水槽になっています。
20130623_100.jpg

大型ヤッコ水槽。なかなかいない、20cm~30cmクラスの本当に大きなヤッコです。
20130623_110.jpg

こちらも大型ヤッコ系ですが、15cmぐらいまでのサイズの魚が入っています。
20130623_120.jpg

イエローヘッドジョーフィッシュ等の小型の魚系
20130623_130.jpg

超レアのマロンフィッシュがいました。本物を拝めたのは初めてです。採取が非常に困難な水深120m以下に住んでいるそうです。魚を撮影するのがへたなのでうまく撮れていないかも…
ちなみに隣の水槽にはレッドストライプホグフィッシュがいました。
20130623_140.jpg

こちらも久々に見ました。かなりの大きさのクラリオンエンゼルフィッシュです。
20130623_150.jpg

ゴールドフレーク・エンゼルフィッシュです。相変わらず綺麗で派手な魚です。
20130623_160.jpg

スレッドが見事なタテキン
20130623_170.jpg

スレッドつながりでツノダシ
20130623_180.jpg

販売されているライブロックはかなりの太さがある枝状です
なかなかこのサイズを売っている店は無いです。2kgほど購入しました
20130623_190.jpg

機材類はこんな感じです。
20130623_200.jpg

20130623_210.jpg

これからの季節に必須なクーラーがかなりの安さで売られていました。
20130623_220.jpg

20130623_230.jpg

最後に爬虫類系をちょっとだけ
こちらはカメレオン
20130623_240.jpg

こちらはトカゲ…爬虫類系は詳しくないので名前まではわかりません
20130623_245.jpg

自販機もAQUA DEEPカラーです。すべて100でここも安いですw
20130623_250.jpg


■5店目 フィッシュアイランド・シマさん

機材類が安いことで知られるフィッシュアイランド・シマさんですが、初めて店舗に行ってみました。生体はこの前までセールだったそうなのでほとんどいませんでした。
相変わらずクーラー系、特にZRW-400が激安です。こちらではクロノスレインのメンブレンと、Coral glueを購入。ちなみにSkimzのプロテインスキマーや、Waveline DCポンプシリーズもすごい値段設定でした。DC-3000だけ在庫が1つありました。


■6店目 アクアステージ21さん

久々に来た気がしますが、今回は特に買わず。

-----

今回土台用に購入したライブロックです。写真だと小さそうに見えるかもしれませんが、1個20cm以上あります。隙間多めのレイアウトをするのに使いたいと思います。
20130623_260.jpg

最後に、今回購入したものたちです。
20130623_270.jpg

スポンサーサイト


B!
関連記事
ツアー | コメント:(6) | トラックバック:(0)

サンプ交換

2013-06-16
前回の記事「水槽リニューアル計画」で記事にした新しいサンプがアクアファクトリーさんから届いたので、交換しました。今回は画像多いので注意してください。


■二週間前の話

届いたのは実は二週間ほど前だったんですが、設置しているときに…
バキッとやってしまいました… 
これはオワタ… 綺麗に作ってもらったのに…
普通に使っていたらこうはならないと思いますが、長い配管を繋いだ後、無理な力がかかったときにこうなりました…
20130616_005.jpg
このあと、また水槽の水を抜いて、旧サンプに戻し…


■再作成後

というわけで、アクアファクトリーさんにもう一度作っていただきました。
作り直してもらうついでに、仕様を微妙に変えています。

イメージ図はこんな感じです。
20130525_020.jpg

こちらが届いたサンプです。二週間前はテンションMAXだったのですが、今回は下降気味ですw
20130616_010.jpg

今回も綺麗に作っていただきました。やはりアクリルサンプは透明度が高くて綺麗です。
20130616_020.jpg

前回の塩ビ溶接箇所はこんな感じです。アクリルに直接溶接しています。
20130616_025.jpg

今回は少しでも丈夫にするため、アクリルの土台を付けてもらいました。やや出っ張りますが、こちらは裏側なので特に気にしません。
20130616_030.jpg

前回のあふれ防止の50A排水です。
20130616_034.jpg

こちらも土台を付けていただきました。
20130616_035.jpg

水位変動加工のところはこんな感じです。
20130616_040.jpg

アクリル板を入れ替えることで、水位を18cm~22cmまで変更できます。水質によってオーバースキムしたりするので、一時的に水位を下げる時に便利です。
20130616_050.jpg


■配管接着

では接着していきます。必要な道具はこんな感じです。
20130616_060.jpg

VP管を接着するなら、パイプリーマーで面取りしてください。
20130616_070.jpg

面取り前
20130616_080.jpg

面取り後
パイプリーマーを使えばあっという間なのでやっておいた方が良いです。
20130616_090.jpg

差し込み幅を確認してマークします。
20130616_100.jpg

パイプとエルボの両方に塩ビ管用の接着剤を塗って、体重をかけて差し込みます。
ちなみに、両方にちゃんと塗らないと抜けます。
20130616_110.jpg

こんな感じに。
20130616_120.jpg

サンプへの接着は一発勝負なので少し緊張しますw
20130616_130.jpg

成功しました。
サンプへの接着は最小限にして、残りの配管は別途行います。最終的にはロングユニオンを使って繋ぎます。
20130616_140.jpg

あふれ防止の方も接着します。VU管は接着するときに抜けやすいので、30秒ぐらい保持してください。
20130616_150.jpg

エルボのところに50A配管を接着無しで差し込んでいます。フランジを2cmぐらい超えると排水されます。
20130616_160.jpg
接着してから最低1時間は放置します。


■ウールボックス

こちらはウールボックスです。
20130616_170.jpg

右上に穴が開いていますが、ウールマットを交換するときにここに指をかけることで、パイプを簡単に外せます。この穴とスリット加工についてはこちらから特に指示していませんので、アクアファクトリーさんの方でよろしく作っていただいた部分です。
20130616_175.jpg

底面のソケット加工。フランジにあたるので、もう少し片側に偏らせておいた方が良かったと思います。
20130616_180.jpg

後ろから見たところ
20130616_190.jpg

40Aを接着します。水槽からの排水をジャバラで繋ぎます。
20130616_200.jpg

ファインマットを敷いてみたところです。ファインマットが隙間無く敷けるサイズで作ってもらっています。
20130616_210.jpg


■サンプ交換

接着してから1時間たったところで、サンプの交換作業を開始します。

ApexでFeedモードDに設定します。Dは6時間のメンテナンス用モードです。ほとんどの機材がこれひとつで停止します。
20130616_215.jpg

機材類を取り出します。
キャビネットの中央の柱を取り外さないとサンプが取り出せません。水槽は非常に重いので、満水状態のまま柱を取り外すのは危険…
20130616_220.jpg

というわけで、水槽の水をほとんど抜いて、サンプを取り出しました。
水は70Lのゴミバケツ2個、30Lのバケツ2個に待避しています。後で戻します。
20130616_230.jpg

キャビネットの柱はネジ止めなので、プラスドライバーで取り外せます。
20130616_240.jpg

取り外したらこんな感じに。
20130616_245.jpg

2.5年ぶりにキャビネットの底を見た気がします。ちなみに隙間はブラックシリコンで埋めてあります。
20130616_250.jpg

今更ですが、DC-10000の配管はこんな感じになっています。30Aの水栓ソケットをシールテープを使ってねじ込んであります。
20130616_260.jpg

新しいサンプに入れ替えて、慎重にユニオンソケットで繋ぎます。
下側のバルブを開くとサンプの水が抜けます。
20130616_270.jpg

上側はあふれ防止用の配管です。50A → ジャバラ → 50A → 25A → 16Aと変換しています。
20130616_280.jpg

あとは水道水を注いで洗浄します。細かいゴミが結構浮いてきます。
バルブを開いて配管の洗浄、水漏れが無いかのチェックもここで行います。
20130616_290.jpg


■交換後

待避していた海水を戻して機材をもどしました。
ギザギザになっていた仕切り板や、フランジも無くなりすっきりしました。
20130616_300.jpg

ギリギリだったDouble Cone 200もかなり余裕ができました。
20130616_310.jpg

ウールボックス内はこんな感じに。スリットのおかげで均一にウールへ排水されています。
20130616_320.jpg

水槽からの排水部分も作り直しました。また、ジャバラも交換してあります。
20130616_330.jpg


■割れたサンプは?

高価なサンプなので、だめもとで修理してみました。
20130616_340.jpg

とりあえず割れている箇所はアクリル専用ビットでそれ以上進まないようにします。
20130616_350.jpg

溶接箇所に穴開けしてソケットを取り外し。
20130616_360.jpg

ギザギザになったので、少しなめらかにします。
20130616_370.jpg

あとは5mm厚のアクリル板を内側、外側に接着しました。穴の部分は念のためシリコンで埋めてあります。
20130616_380.jpg

なお、水を入れてのテストはまだ行っていません。



B!
関連記事
オーバーフロー水槽 | コメント:(10) | トラックバック:(0)

Apexによる、CO2添加チェックプログラム

2013-06-10
ミドリイシ水槽において、カルシウムリアクターは重要な機器の一つです。ミドリイシはKHを食べるサンゴと言われるほどなので、ミドリイシがたくさん入っていると、あっという間にKHが消費されていってしまいます。
このKHを維持するためにカルシウムリアクターを使うわけですが、CO2のボンベが空になっていたり、CO2電磁弁が故障したりして正常に動作していなかったら…サンゴの白化や最悪の場合は水槽崩壊に繋がります。

というわけで、せっかくApexを導入したなら、カルシウムリアクターが正常に動作しているかチェックするプログラムを書いてみましょう。

■前提
・カルシウムリアクターにApexのpH Probeを挿してモニタリングしている
・CO2電磁弁はタイマー制御している

こちらがカルシウムリアクター内のpHをグラフ化したもので、Apexで常にモニタリングしています。
クリックで拡大します。
20130611_010.jpg

グラフの動きにコメントを付けたのが次の画像です。クリックで拡大します。
19時からCO2電磁弁をONにしてCO2を添加し、翌日11時にCO2電磁弁をOFFにしてCO2の添加を停止します。
CO2を添加するとカルシウムリアクター内のpHが下がるのでメディアが溶け、KHが上昇します。CO2の添加を停止するとpHが上昇するので、KHの供給も停止します。
これを毎日繰り返して、KHを安定させます。
20130611_020.jpg

このような制御をしているときに発生する事象は以下のとおりです。
・CO2ボンベが空になった → CO2電磁弁がONでもpHが下がらない
・CO2電磁弁が故障し、CO2が添加されない → CO2電磁弁がONでもpHが下がらない
・CO2電磁弁が故障し、CO2が添加され続ける → CO2電磁弁がOFFでもpHが下がったまま

上記をみると、pHの状態を評価すれば異常を検知できそうなことがわかるでしょうか?

■Apexプログラミング
今回の機能を実現するには、ApexのVirtual Outletという機能を使います。「Virtual」とは「仮想の」という意味です。例えばEnergy Barのプラグ差し込み口一つ一つをApexはOutletとして認識しますが、実際に繋がっていない機器でもApexはOutletとして認識し、そこにプログラムを書くことができます。
Apexプログラムは通常、機材を制御するのに使用しますが、Virtual Outletにプログラムを書くことで、異常判定関数として使うことができます。
この他、よく使う条件(例えば昼になったとか、夜になったとか、水もれが起きたとか、自動給水の時間がきたとか)をVirtual Outletに定義しておくと、個々のプログラムが読みやすくなり、個々のプログラムに同じ条件を書かなくて良くなるので制御や変更がしやすくなります。

では、Apexでプログラムを作っていきます。
ApexのWeb画面から、「Configuration」 - 「Module Setup」を開きます。
20130611_040.jpg

Add moduleのところで「DirectConnect 8(DC8)」を選び、Start control addressは「A1」のままAdd Moduleボタンを押下します。これで実際には存在しない仮想のOutletが8つ追加されました。

ちなみに、不要なOutletは「Delete outlet」のところで削除できます。Virtual Outletはいろいろな使い道があるので、消してしまうこともないかなと思います。

あとは通常のOutletと同じように、Outlet Setupからプログラムを入力できます。Virtual Outletは区別のため、Outlet nameは「V_~」としておいた方が良いと思います。
20130611_050.jpg

Virtual Outletを2つ使って、以下のプログラムを入力します。
-----チェックプログラム1つ目 V_CO2chk-----
Fallback OFF
Set OFF
If Time 00:00 to 00:01 Then ON
If pHCR < 07.30 Then OFF


-----チェックプログラム2つ目 V_CO2chk2-----
Fallback OFF
Set OFF
If Time 14:00 to 14:01 Then ON
If pHCR > 07.50 Then OFF


このプログラムの動作イメージは以下のとおりです。
20130611_030.jpg
V_CO2chk2は、14時頃のカルシウムリアクター内pHを評価します。CO2添加していない時間帯なので、pHが7.5超なら正常です。もし7.5以下なら、CO2電磁弁が故障してCO2が添加しっぱなしになっていると考えられます。

V_CO2chkは、0時頃のカルシウムリアクター内pHを評価します。CO2添加して、十分pHがさがっているはずの時間帯なので、pHが7.3未満であれば正常です。もし7.3以上なら、CO2ボンベが空になっていたり、CO2電磁弁が故障してCO2が添加されなかったり、スピードコントローラの設定がおかしい可能性が考えられます。

あとはE-mail通知Outletに対して、以下の赤字の2行を追加してあげます。
Set OFF
If Temp > 27.7 Then ON
If Temp < 22.5 Then ON
If TempT > 27.7 Then ON
If TempT < 22.5 Then ON
If Cond > 38.0 Then ON
If Cond < 27.0 Then ON
If pH < 07.40 Then ON
If pH > 08.50 Then ON
If ORP < 280 Then ON
If Outlet V_Emergency = ON Then ON
If Outlet V_CO2chk = ON Then ON
If Outlet V_CO2chk2 = ON Then ON

If FeedA 000 Then OFF
If FeedB 000 Then OFF
If FeedC 000 Then OFF
If FeedD 000 Then OFF
Defer 000:30 Then ON

※Deferのところに問題があったので修正しました。

これで、カルシウムリアクター内pHがおかしな状態になっていたら、自動的にE-mailで教えてくれるようになります。

-----

なお、CO2電磁弁を時間では無くpHで制御している場合は、どの時間帯でもpHが低いはずなので、CO2添加しっぱなしに対するチェックがしにくいかもしれません。
この場合の対応案は
案1 CO2を添加しない時間帯を作って、V_CO2chk2で評価する
案2 pHが極端に低くなっていないかを評価する
ぐらいかなと思います。



B!
関連記事
★Neptune Apex★ | コメント:(4) | トラックバック:(0)

リセット後の色の変化

2013-06-09
2月にリセットして約4ヶ月経過しましたが、ZEOvitっぽく色の変化が見られるようになったのでまとめてみます。

[購入時]5月9日に珊瑚堂さんで購入したハナヤサイです。色が濃すぎるせいか割引されていました。メタハラ下だと黒って感じでしたが、T5下だと少しピンクが見られます。
20130610_010.jpg

[現在]1ヶ月後にはこんな色になりました。底砂の上においていただけですが、色がかなり薄くなりました。もう少し照明が強くあたる場所に移動した方が良さそうです。
20130610_020.jpg

[購入時]4月21日にAQUA LOVERSさんで購入しました。メタハラ下でやや色が濃い感じでした。
20130428_080.jpg

[現在]やや黄色が強くなって色が薄くなりました。リセット前はグリーン化傾向だったので、ZEOvitらしく黄色になりやすい水質になって来たかなと思います。店長のジャイアンさんが「ZEOvit水槽ならすぐに綺麗になりますよ」とおっしゃっていたとおり、かなり良い感じになっています。
20130610_030.jpg

[購入時]1月27日にAQUA LOVERSさんで購入したボーンミドリイシです。いまでもたまにパープルカラーで入荷しているみたいです。
20130310_230.jpg

[現在]かなりブルーが出てきました。先端とポリプが濃いブルーでお気に入りです。光があたらないところは結構茶色なので、うまく全身ブルーにするには置き方の工夫が必要かもしれませんね。
20130610_040.jpg

[購入時]3月30日に珊瑚堂さんで購入したスゲミドリイシです。ポリプがグリーンで、本体がかなり濃い色だったのですが、ZEOvitの効果に期待して購入。
20130610_120.jpg

[現在]光があたらないところはまだ濃いですが、概ねクリーム色になりました。光をあてすぎると色が飛ぶので、少し深いところにおいてあります。
20130610_050.jpg

[購入時]9月27日にAQUA LOVERSさんで購入したホソエダ系です。
20120930_150.jpg

[現在]同じサンゴか疑問に思うぐらいの変化してますw
20130610_060.jpg

[購入時]12月頃にAQUA LOVERSさんで購入しました。ブルー系のブリードサンゴです。
20121230_060.jpg

[現在]写真での再現がとても難しい色合いになっています。ほんのり水色? ダメージを受けているのはTunzeの直撃をうけていた時期があったためです。現在回復中…
20130610_070.jpg

[購入時]1月25日にナチュラルさんで購入したパープルのウスエダ系?です。
20130610_130.jpg

[現在]リセット後もあまり変化しなかったのですが、光を強くあてることでかなり色が薄くなりました。先端ブルーでお気に入りです。
20130610_080.jpg

[購入時]10月27日にAQUA LOVERSさんで購入したアウトレット ヒメイボコモンです。元のお値段を考えるとかなり安かったと記憶しています。アウトレットだけあって色が濃すぎますね。
20121028_370.jpg

[現在]奥まったところに置いてあるので上から撮影しています。茶色が抜けてかなりパープルになりました。
20130610_090.jpg

[購入時]11月7日にナチュラルさんで購入したパープルのブリードハイマツです。
20121110_010.jpg

[現在]上から撮影しています。綺麗なブルー?水色?に変化しました。ハイマツブルーって見たこと無いのですが珍しいかも? かなり上の方に置いてあるのですが、成長が遅いのでハイマツらしいテーブル状になるにはしばらくかかりそうです。
20130610_100.jpg

[購入時]10月24日にナチュラルさんで購入したサンゴです。メタハラ直下で先端がパープルでした。
20130610_140.jpg

[現在]一度底の方に置いておいたら茶色になったので、照明が強くあたる位置に変更しました。少しずつ茶色が抜けてきているかなと思います。
20130610_110.jpg

-----
現在使用している添加剤を纏めると以下のとおりです。ZEOspur2は添加していません。XtraSPは色揚げ剤というだけあって、ゼオライトの効果で薄くなりすぎたサンゴの色を良くする効果があるみたいです。
添加剤ドーシング
ポンプ
Coral Vitalizer4滴-
B-Balance1ml-
XtraSP1ml-
Iodide Complex2滴-
zeobak2滴

2滴


-
Iron Concentrate


2滴


-
CoralSnow
5ml


5ml
-
K-Balance1ml/12時間
ZEOstart30.3ml/24時間
リーフストロンチウム1ml/48時間

上記の他、ZEOspur Macroelementsをドーシングポンプで添加しようかと思っています。



B!
関連記事
ZEOvit | コメント:(6) | トラックバック:(0)

里親募集(LPS)

2013-06-09
サンゴを送るにはちょうど良い季節になりました。
マゴタンクとKR90DRでウィスカーズとオレンジキクメイシを育てていましたが、それらを撤去して以来、ずっとT5下で育てていました。LPSを育てるならT5よりもLEDかなと思いますので里親を募集します。

東京都からヤマト運輸にて着払いで発送しますので、翌日午前中着が可能な範囲で発送させていただきます。
それぞれ無料ですが、送料だけはお支払いください。

発送予定日は以下の通りです。基本的に土日発送です。
・06/09(土) 午後発 → 06/10(月) 午前着
・06/15(土) 午前発 → 06/16(日) 午前着
・06/16(日) 午後発 → 06/17(月) 午前着

スイハイを兼ねて私の家に直接取りに来ていただいてもOKです。サンゴへの影響も最小限に抑えられます。

欲しいという方は
①欲しいサンゴをここにコメントしてください(両方欲しいもOKです)
②mjneko@hotmail.co.jpへご連絡ください
※先着順です


■ウィスカーズ

magicさんで購入したオーストラリア産のウィスカーズコーラルです。幅8cmぐらいです。今は砂の上に置いているだけなので、ライブロックへ接着してあげてください。丈夫でポリプも良く増えるのでお勧めです。
20130609_010.jpg


■オレンジキクメイシ

AQUA LOVERSさんで購入したオレンジキクメイシです。LED下の方が蛍光色が良く出ていた気がしますw 幅8cmぐらいです。ブルーのLEDなら良い感じの蛍光オレンジで光ってくれます。
20130609_020.jpg

では、ご連絡をお待ちしております。



B!
関連記事
未分類 | コメント:(3) | トラックバック:(0)

ツアーに参加しました!(2013年5月)

2013-06-08
今更感がありますが、5月もツアーに参加させていただきました!

メンバーはあなごんべさん親方~さん俺海さんです。どにゃさんは急遽予定が入ったため参加できずで、旦那さんは水槽が急遽届いたため参加できずでした。

magicさん閉店に伴い、ツアーのルートも再検討ってことでいつもと違うお店に廻りました。6月は新しいお店もOPENするのでさらに変わりそうです。


■1店目 B-BOX松戸店さん

今回は松戸店さんからスタートです。水槽リニューアルを控えているし、サンゴの入る余地も無いので配管とかの情報収集がメインでしたw 相変わらず良いブリード物がたくさん。あとフィジーサンゴが結構入荷していて買いたくなりましたがガマン…

偶然居合わせたきのこさんと水槽リニューアルや泡王で情報交換。きのこさんの松戸店常駐率は高すぎな気がしますw 水槽が届いたときには設置のお手伝いをしていただけるとのことなので、あの重い水槽を持ち上げるときの心配はしなくても良さそうです。


■2店目 モンスターアクアリウム松戸店さん

いつもと違うルートを行こうということで、近場だったこちらのお店に行きました。いつも思いますが、モンスターアクアリウムさんの店内はカオスだ…
水槽リニューアルしたら、以前の水槽をこのお店で売ることが出来るのかな? と思いながら次のお店へ


■3店目 アクアステージ518さん

すごく久しぶりに訪れました。私が水槽を始めた2009年に行ったっきりでした。SPSはほとんど扱っていませんが、LPSや海水魚は結構豊富です。大きめのダーウィンジョーフィッシュがいて、イエローヘッドジョーフィッシュもかわいいのですが、大きいこっちもなかなかでした。


■4店目 B-BOX八潮店さん

お次はこちら。
2階の展示水槽にウェーブボックス TUNZE Comline Waveboxが設置してありました。
20130608_010.jpg
Tunze Stream Pumpだけでも波を起こすことが出来ますが、こっちの方がより良い感じで波ができている気がします。いままでのウェーブボックスは大きくて邪魔な感じでしたが、こちらはよりコンパクトになっています。
標準でコントローラが付属していますが、Apexからコントロールできるんでしょうかね? コネクタ的にはできそうな感じですが。八潮店さんの動画はこちらです。
ゆらゆら系のLPS、ソフトコーラルや魚には最高だと思います。SPSはより強い流れを要求するので、Stream Pumpとの組み合わせて使うと良いのかなと思います。

八潮店さんの2階にはいろいろな配管パーツが売っています。水槽リニューアル用に、ここで40Aのジャバラゴムホースを買っておけば良かったなーと今思います(後々、ナチュラルさんに注文することになったので)。


■5店目 釜や本舗さん

昼食に近くのうどんやさんへ。ほぼ毎回こちらにお邪魔しています。以前はあまりうどん屋さんへ行くことは無かったのですが、ツアーに参加するようになってから昼食や夕食に良く行くようになりました。出てくるの早いし、うどんと天ぷらの組み合わせって良いよね!


■6店目 某ホームセンターさん

八潮駅で皆さんとお別れして、帰りがけにホームセンターで配管を買ってきました。
20130608_020.jpg
今までは水槽の排水管が50Aなので、サンプまでのルートも同じ50Aを使っていましたが、流れる水の量を考えれば40Aで十分なので、
 50A → 40Aへ変換 → ウールボックスへ
という配管にしようと思っています。
ホームセンターで50Aのジャバラゴムホースは売っていたのですが、40Aは売って無く… 別途調達することになりました。

水槽リニューアルの準備期間ってことで、生体は買っていませんが、いろいろ情報交換できたし、よさげなテクニックを知ることができたし(内緒だよといわれたのでblogには書けませんが)、配管も概ね整ったので満足でしたw



B!
関連記事
ツアー | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。