09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

T5の球交換

2013-10-23
2013年2月にT5の球を交換して約8ヶ月経過しました。
マニュアルによると「サンゴの色揚げを目的とした場合球は6-8ヶ月毎に交換すると良い結果が得られるでしょう」とのことなので、交換しました。まぁ照度的にはあと数ヶ月ぐらいはいけるんじゃないかと思いますが。

ZEOvitでは急激な照度変化は厳禁のため、球を交換したら照明の高さを調整した方が良いとおもいます。今回は交換前後の照度を測定して、照度が変わらないように調整していきます。

今まではATIの球を使ってきましたが、今回はZEOvitシステムの原点を知るためにKZ社のNew Generation 6本、Superblue 1本、Fiji Purple 1本を購入しました。この組み合わせはLSSさんのブログに書いてあったものを参考にさせていただきました。
なお、ATIの灯具にKZ社の球の組み合わせはおそらく保証されないと思いますので自己責任でお願いします。
20131022_001s.jpg


■交換前

こちらが交換前の組み合わせです。左から
1.Aquabule special
2.Coral plus
3.Blue plus
4.Purple plus
5.Actinic
6.Blue plus
7.Coral plus
8.Aquabule special
になっています。なお、Actinicは実際にはこんな色では無いです。(色温度調整の限界です)
20131022_005s.jpg

交換前の照度を測定します。以降の測定結果はすべて水跳ね防止板を取り付けたまま行っています。
測定器とATI T5との距離はだいたい12cmぐらいです。
20131022_010s.jpg

この距離での測定結果です。
20131022_020s.jpg

高さを30cm離れるように調整しました。
20131022_030s.jpg

そのときの測定結果はこちらです。
20131022_040s.jpg


■交換後

殆どが白球で、色味調整に青とピンクを混ぜるような組み合わせです。
一応組み合わせを書いておくと左から
1.New Generation
2.New Generation
3.Superblue
4.New Generation
5.New Generation
6.Fiji Purple
7.New Generation
8.New Generation
となっています。青球が減ったのでより白っぽくなりました。New Generationは黄色味がなく、かなりさわやかな色合いです。
20131022_045s.jpg

交換前と同じように測定します。
12cmぐらい離したときの照度です。
20131022_050s.jpg

30cm離したときの照度です。
20131022_060s.jpg

交換前と同じぐらいの照度になるよう、高さを調整しました。
だいたい20cmぐらい離してます。
20131022_070s.jpg

-----

こちらが交換前の水槽の見え方です。やや青強め。
20131022_090s.jpg

こちらが交換後です。
より白くなりました。
20131022_100s.jpg

照度をまとめます。
交換前のAR813AとLX-1010Bに測定値の差があるのは、Actinicのスペクトルに対する感度が違うからかも。交換後はActinicが含まれないためか、差が少なくなっていますね。
測定器からの距離AR813ALX-1010B
交換前12cmぐらい60,70057,500
30cm46,20042,700
交換後12cmぐらい70,60069,500
30cm51,20050,500
20cm61,80060,100


ひとまずこれで様子を見たいと思います。
なお、照度が下がってきたら徐々に水面との距離を縮めるように調整するつもりです。

スポンサーサイト


B!
関連記事
ATI T5/KZ T5/E5 | コメント:(6) | トラックバック:(0)

カフェ・ド・ロゼに行ってきました!

2013-10-15
東京都の練馬区にある炭火焙煎珈琲と特選紅茶のお店 「カフェ・ド・ロゼ」 さんに行ってきました。
見事なベルリンシステムのサンゴ水槽があるカフェとして、マリンアクアリスト No.68に掲載されたので、ご存知の方も多いと思います。機会が無くてなかなかいけませんでしたが、ようやく行くことができました。なお、最寄り駅は練馬駅と野方駅になります。

ご主人は水槽歴数十年のベテランアクアリストで、当日は詳しくお話を伺うことができました。写真掲載については許可をいただいています。
※写真の色温度補正は記憶ベースなので、実物と多少のズレがあると思います。

お店の入り口付近です。窓から店内の水槽が見えます。
お店の名前のとおり薔薇が植えられていますが、今の時期はいったん咲き終わっているみたいです。次は11月ぐらいとのこと。
20131015_020_20131015072949c40s.jpg

お店の中は落ち着いた雰囲気です。
20131015_030s.jpg

カウンターのテーブルの上には綺麗な薔薇が。
20131015_010s.jpg

シフォンケーキとグレープジュースを注文しました。
なお、残念ながら私はカフェイン過敏症のため、コーヒー、紅茶、緑茶の類いは飲めません…(嫌いではありません) 
一緒に行った人によると、コーヒーもおいしかったとのこと。
20131015_040s.jpg

代わりにレアチーズケーキも注文
20131015_050s.jpg

-----

ケーキを堪能しながら水槽を見させていただきました。

メイン水槽はこんな感じです。良い感じのベルリン水槽+状態の良い海水魚達。
180cm x 60cm x 60cm なのでかなりの大きさです。席からだと視界全てがサンゴ水槽となってかなり贅沢な感じの眺めです。
なお、落水音等が全くせず非常に静かです。照明系も全て目隠しされているので、まぶしさを感じません。
20131015_101s.jpg

左側。
マリンアクアリストの表示を飾ったニシキヤッコもいますね。
トゲ、ショウガ、トサカが非常に良い色です。グリーンのエダコモンも良い感じ。
テーブル状サンゴが良く育っていてあり得ない大きさになっています。
ソフトコーラルが結構入っています。ベルリンシステムとソフトコーラルの相性はとても良く、栄養塩を成長の早いソフトコーラルが吸収してくれるそうです。
サンゴのレイアウトが絶妙すぎますね。それぞれのサンゴの大きさや成長を考えてうまくレイアウトされています。
20131015_110s.jpg

右側。
スゲの先端パープルが良すぎる… ホソエダや先端イエローのフトトゲ、グリセアコモン等々綺麗に色が揚がっています。
20131015_130s.jpg

右サイドから。
このベラは確かイヤールズフェアリーラス…レアだったと思います。かなりの大きさ&良く太っていて元気に水槽を泳ぎ回っていました。右下のチヂミトサカは本来かなりの大きさですが、事故で岩からはがれてしまったそうです。現在は活着待ちとのことでした。
20131015_150s.jpg

ブルー系のウスエダのアップ(この写真は色を再現できているか自信なしです…)
20131015_170s.jpg

ホソエダをアップ
20131015_180s.jpg

タコアシ?ホンタコ?
20131015_181s.jpg

ちびインドニシキ
テーブル状のサンゴの下に隠れる姿がかわいいです。サンゴをつつかなければ私も飼いたい!
20131015_185s.jpg

ギンポの仲間ですが、詳しくないので名前はわかりません… ヒトスジギンポ?
20131015_186s.jpg

ちょこんと乗った姿は非常にかわいいです
20131015_187s.jpg

蛍光グリーンのウミキノコの上がお気に入りっぽかったです。
20131015_188s.jpg

お魚はほとんどの種類がペアで飼育されていました。

-----

180cm水槽の隣には、三角形の水槽があります。
20131015_205s.jpg

20131015_206s.jpg

ローンボイド・フェアリーラスのメス
ちょっと日焼け気味とのことでした。オスはサンゴの影に隠れて出てきませんでした。
20131015_210s.jpg

ストライプドバーフィッシュ
ハリセンボンの仲間です。泳ぎ方が独特で非常にかわいい
20131015_215s.jpg

ふよふよ泳いでいました
目が意外と悪く、この魚のみピンセットであげているとのことでした。
20131015_216s.jpg

泳ぎ疲れたようでオオバナの隣で一休み。
20131015_220s.jpg

こちらの水槽はLPSもそこそこ入っています。
20131015_240s.jpg

-----

ご主人にサンプも見せていただきました。
サンプやクーラーは外に設置されていました。これが静かさの秘密ですね。
水槽の規模の割に、サンプは小さくシンプルです。
スキマー、カルシウムリアクター、吸着剤のリアクターが設置されています。
ベルリンシステムなのでウールマット無しです。
外に置いている関係から、空気に含まれる異物(殺虫剤系等々)によって水槽内に影響があるので、フタを閉めているとのことでした。
20131015_310s.jpg

病気や水の透明度対策にQL-40が2台。なお壁には水色の断熱材が徹底して貼られています。
20131015_320s.jpg

プロテインスキマーはVERTEX ALPHA 250でした。泡王ひとつでこれだけの水量を維持できるとはさすがです。
20131015_330s.jpg

見えづらいですが、クーラーはゼンスイのZRW-750でした。外置きかつ200Vなので効率よさそうですね。水温コントロールはゼンスイの物ではなく、0.5℃単位で制御できるレイシーの物を使っているそうです。
ホワイトバードボックスフィッシュがいるので、水温は低めの22℃あたりに設定しているそうです。
20131015_340s.jpg

以前、マンションで120cm水槽を維持されていたことがあるそうで、そのときは室内にクーラーを置いていたため、ご家族からの評判も良くなかったそうですが… そのときのことがあって、現在は徹底した静音化とメタハラの熱対策を実施されたそうです。

水槽照明は、三角形の水槽の方がLEDで維持されていました。
20131015_350s.jpg

メイン水槽はメタハラ、システム照明(昔の広告に出ているのを見たことあるでしょうか…メタハラ+蛍光灯の照明です)で維持されていました。メタハラは熱がすごいので、排気口を二つ用意しているそうです。
20131015_360s.jpg

-----

ご主人お手製のさかな図鑑です。
20131015_400s.jpg

水槽にいる魚達の紹介が詳しく記載されています。
20131015_410s.jpg

本当に詳しくてすごいです!
20131015_430s.jpg

名刺をいただいたので載せておきます。
20131015_600s.jpg

20131015_610s.jpg

今回貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。
次に引っ越すとしたら、あそこまで徹底して静音化させてみたいです。

コーヒーや紅茶、ケーキを楽しみながらゆったりと水槽の魚とサンゴを楽しめる「カフェ・ド・ロゼ」
お勧めです!
http://cafe-de-rose.com/



B!
関連記事
スイハイ/OFF | コメント:(4) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...