05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

最近の生体について

2014-06-24
生体の様子をまとめてみます。

■フレンチエンゼル
5月に購入したフレンチエンゼルの幼魚ですが、口の下…のど元あたりにすれ傷ができています。狭いところを通り抜けようとしてどんどん傷が深くなっていって、血がにじんだようになっていたので、早めに隔離治療を開始しました。ビブリオとかになると治療も困難なので… ライブロックもサンゴも少ないので、それらをバケツに取り出せば確保は簡単でした。
20140623_010s.jpg

治療方法はこんな感じです。
・35Lに25Lまで入れ、GFGを少し濃いめに溶かして、ヒーターとエアレーションのみで治療を行いました。今の時期なら最高でも28℃ぐらいなのでクーラー無しでもなんとかなります。
・餌はよく食べていたので、シュアーRやメガバイトグリーンをあげていました。
・4日~5日おきに全換水しました。別のバケツに人工海水を溶かし、一晩おいた上で、魚のみ移動させます。今までのバケツは淡水で洗って乾燥させておきます。それを繰り返して、だいたい25日目に完治しました。
餌をよく食べてくれたのでラッキーでした。食べない状態ならかなり治療は難しいかと思います。

治療後はこんな感じです。跡はほぼ残ってないと思います。
20140623_020s.jpg

治療中になついてくれたので、たまに餌くれとじっと見つめられます。
ライブロックはよく突っついていますが、サンゴのポリプは突っついていません。たぶん…
20140623_030s.jpg

■ハリセンボン
今月のツアーで購入しました。
20140623_040s.jpg

シュアーやメガバイトなどの粒餌を食べてくれます。今度こそ長生きさせたい…
20140623_050s.jpg

■フチドリハナダイ メス
やはり日焼けしました。飛び出しなどで一匹のみになってしまいました。
20140623_060s.jpg

■チゴハナダイ
こちらは日焼けせずに綺麗なピンクです。
20140623_070s.jpg

■ヤマブキスズメダイ
薄い黄色と白で変わらず綺麗です。
20140623_080s.jpg

■アレンズダムセル
こちらも一匹のみに。濃いブルーは水槽の中で目立ちます。
20140623_090s.jpg

■ココスシラナミガイ
ツアー中はシャコガイ系を購入しませんでしたが、結局ナチュラルさんで購入しました。1年ぶりの入荷だからね。仕方ないね。まだ開ききっていませんが、綺麗なブルーの貝です。
20140623_100s.jpg

サンゴも魚もそろそろ限界なので、あとは大きく成長してくれるようにメンテナンスをしていきたいと思います。

スポンサーサイト


B!
関連記事
生体の様子 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

T5の球交換

2014-06-23
2013年10月に交換してから8ヶ月が経過しましたので、また交換しました。
前回は原点を知るためにKZ社のNew Generation 6本、Superblue 1本、Fiji Purple 1本を使用していましたが、ATI社メインに戻してしていきたいと思います。

こちらが現在の構成です。New Generation 6本なのでほとんど白って感じです。
20140622_010s.jpg

水槽は白っぽい感じに見えます。
20140622_020s.jpg

引っ越して以来ずっと照明は遠ざけたままです。
New Generationの本数が多いので照明が強すぎて、前回交換後に白化が続発しました。照度ベースで交換前後が同じぐらいになるように距離を調整したのですが、それでもだめでした。
20140622_040s.jpg

塩ビ板を置いて、交換前の照度を測定します。
20140622_050s.jpg

二つの器具で何故ここまで差があるのかは謎です。前回測定時はほとんど差が無かったのに。
20140622_055s.jpg

今回の交換球はKZ社とATI社の混在になります。去年、KZ社の交換球のセールをやっていてまとめ買いした分がけっこうあるので…
20140622_056s.jpg

左から、
[KZ]New Generation
[ATI]Coral Plus
[KZ]Super Blue
[KZ]Fiji Purple
[ATI]Actinic
[KZ]Super Blue
[ATI]Coral Plus
[KZ]New Generation
となっています。Acinicは濃いパープルのように写っていますが、実際は暗いブルーに見えます。
Actinicは新品を購入しました。Coral Plusは1ヶ月間だけ使ってそれ以来外していたのを再利用です。
20140622_070s.jpg

測定してみるとこんな感じです。新品ですが交換前より下がってます。Actinicとかはどうしても低く測定されるので仕方ないかなと思います。
20140622_060s.jpg

水槽の見た目は青さが強くなりました。スターポリプとかがよりメタリックに見えるようになったかなと思います。
球を交換したので念のため点灯時間を1時間だけ減らして、22時~7時までの合計9時間点灯させるようにしました。
20140622_080s.jpg



B!
関連記事
ATI T5/KZ T5/E5 | コメント:(4) | トラックバック:(0)

Jebaoのドーシングポンプ DP-4が届きました

2014-06-21
ZEOvitやバイオアクティフ等の添加剤で飼うタイプのシステムにはドーシングポンプは欠かせない存在です。
Jebaoから最近ドーシングポンプが発売されたので購入してみました。
今回は日本で買うことができなかったので、海外通販です。本体が120 USD、送料が約10 USDでした。近い国からだと送料が安いですね。

こちらが箱です。
20140621_010s.jpg

中身はこんな感じ。
左から、チューブホルダー(ショップの特典)、本体、逆流防止弁、英語マニュアル、ACアダプタです。チューブホルダーはフランジ無しタイプの水槽やサンプにしか取り付けられないので注意してください。
英語マニュアルは難しい単語は使っていないのと絵が多いので、特に困ることはないと思います。
チューブは付いていないので、エアチューブを別途購入する必要があります。
20140621_020s.jpg

120 USDで4つ添加できる仕様です。この安さで4つは今までなかったかなと思います。(FS NT-01Dosing Pumpは120 USDで3つです)
20140621_030s.jpg

背面はACアダプタの差し込み口と、拡張用のケーブル差し込み口(のはず)です。拡張キットはまだ発売されていませんが、本体は標準で8ポートまで設定できるようになっているので、拡張キットも4ポートだと思われます。
20140621_040s.jpg

仕様はこんな感じです。
・日付、現在時刻の設定が可能
・Flow rate calibration
・1回あたりの添加量は1ml - 9999ml
・一日あたりの添加回数は1~8回
 添加タイミングはそれぞれ時刻設定可能
・添加のインターバルは0日~30日(1日を設定すると1日おきに添加します)
・マニュアル添加
・サイズは23.5cm x 13cm x 6.5cm

設定の順番はこんな感じです。
1. 設置
2. ACアダプタを接続
3. 日付、現在時刻を設定
4. 添加剤ボトルとチューブ接続、逆流防止弁、チューブホルダーを接続
5.チューブの出口までマニュアル添加
6. Flow rate calibration
7. タイマーの設定

calibrationは、100mlを添加するのに必要な回転数を設定します。添加剤をボトルに入れて繋いだ上で、チューブの出口から計量カップ(料理とかに使うやつね)に添加剤を落とします。これが100mlになるまでひたすら待てばOKです。
20140621_050s.jpg
添加剤の粘度、チューブやポンプの特性により回転数が微妙に変わるので、ポンプ毎に行う必要があります。やってみた感じだと186、196、185、203でした。概ね200ぐらいが平均だと思います。

サンプに設置しました。
逆流防止弁をつけておくと、ドーシングポンプ側に空気が逆流するのを防ぐことができます。
なお、チューブホルダーはPRS製です。
20140621_060s.jpg

設置前イメージ
写真を撮り忘れていたのでかなり昔…2012年12月頃の写真です。
MICOM LIQUID FEEDERをたくさん設置していました。
20140621_005s.jpg

設置後
MICOM LIQUID FEEDERと比べて省スペースです。
狙った時間に添加できるのでより効果的かなと思います。(MICOM LIQUID FEEDERはONにした時間を基点に添加だったので、停電とかあると時間がリセットされます)
20140621_070s.jpg

ちなみに今自動添加させているのは、ZEOstart3、Strontium Complex Concentrate、ZEOspur Macroelements、K-Balanceの4つです。ボトルの方は空気を取り入れるために小さな穴を開けてあります。小さい穴ならボトル内の水分がほとんど蒸発しないことを実験済みです。



B!
関連記事
ドーシングポンプ | コメント:(2) | トラックバック:(0)

サンゴの色の変化について(2014年6月)

2014-06-15
毎日水槽を見ているとどう変化しているのかわからなくなってくるので、記録として書いておきます。

■ツツ系(ブリード)@珊瑚堂さん
5月6日時点
20140615_010s.jpg

本日
店員さんが、「このサンゴは青くなりますよ」とのことで買ってみましたが、予言どおりになってきました。もう少しすると茶色がぬけて綺麗さのピークがやってくると思いますが、その状態を維持するのが難しそうです。
20140615_020s.jpg

■ウスエダグリーン(フラグ)@珊瑚堂さん
5月6日時点
20140615_030s.jpg

本日
予定どおり黄色くなってきました。大きさはあまり変わらないかな。
20140615_040s.jpg

■エダミドリイシ@スプラッシュさん
3月31日時点
20140615_050s.jpg

5月18日時点
20140615_060s.jpg

本日
添加剤多めにしてもどんどん色が抜けます。餌やアミノ酸を多めにあげないと危険そう。写真ではポリプが出ていませんが、いつもはグリーンぽいポリプがもっさりです。
20140615_070s.jpg

■トゲ(フラグ)@B-BOX八潮店さん
3月16日時点
20140615_080s.jpg

本日
落としたら二つに分かれてしまいました。元が小さいので大きくなるまでに時間がかかります。
20140615_090s.jpg

本日
二つ目
20140615_100s.jpg

-----

おまけです。

■コレッティーリーフバスレット@AQUA LOVERSさん
臆病な性格で、いつもはライブロックの隙間に隠れていますが、珍しく写真が撮れたので。
2013年9月からずっと水槽にいますが、慣れてきたのか餌の時間なら水面まで上がってくるようになりました。
日焼けしやすいバスレットやハナダイは、T5でも黒くなってしまいますね。
20140615_120s.jpg



B!
関連記事
色の変化 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

ツアーに参加しました!(2014年6月)

2014-06-14
メンバーはいつものあなごんべさん親方~さんどにゃさんです。
親方~さんはサンゴを食べる貝発生トラブル、どにゃさんは白点祭りで、テンション低めでのスタートでした。今回はいつもと逆のルートでまわっています。


■0店目 ヤマダ電機さん

高速が空きすぎていてあまりにも早く着いてしまったので電気屋さんへ突入。


■1店目 AQUA LOVERSさん

開店時間の11時になったので、改めて店内に突入しました。写真にはありませんが、大きめのシラナミガイや、小さいけど綺麗なシャコガイが良い感じでした。

入り口のZEOvit水槽
20140614_010s.jpg

このサンゴはあいかわらず良い色
20140614_020s.jpg

色が抜けすぎたとジャイアンさんはおっしゃっていましたが、成長点が目立って良い感じだと思います。
20140614_030s.jpg

T5下のインドネシア産サンゴ
20140614_040s.jpg

KR下のオージー産サンゴ
20140614_050s.jpg

うまく撮れていませんが、複雑な発色していました
20140614_060s.jpg

このピンクのハナガサ系はとても綺麗でした。T5にもあうとのことでしたが今回はパス…
20140614_070s.jpg

もう売り切れていると思いますが、ストロベリーの1個体目
20140614_080s.jpg

ストロベリーの2個体目
20140614_090s.jpg

AQUA LOVERSさんのblogに書かれていましたが、水槽の隅っこに落ちていた破片を土台にくっつけたものです。オージーサンゴやフィジーサンゴの破片なのでいずれもかなり綺麗。
20140614_100s.jpg

LPS/ソフトコーラル水槽
20140614_110s.jpg

バブルディスク?かな。LED下でかなり綺麗でした。サイトには載ってないかと思います。
20140614_120s.jpg

こちらも。
20140614_130s.jpg

スコリミア
20140614_140s.jpg

ジャイアンさんお勧めのサンゴフードです。
左側が最近発売されたPhyco Pure。生きた植物プランクトンで、冷蔵保存が必要です。
右側がAcroPower。アミノ酸系添加剤で、サンゴの色を濃くしたり成長させたりするのに良いとのこと。2012年ぐらいから販売されています。
20140614_150s.jpg

--

今回は形の良いハイマツを購入しました。赤系に色が揚がってくれることを期待。
20140614_160s.jpg

あと、オージーのパープルウスエダの破片フラグを購入しました。
20140614_170s.jpg


■2店目 うどん屋さん

いままでのうどん屋さんが閉店になっていたので、丸亀製麺へ。今までの方が値段、ボリューム、味いずれも良かったのですこしがっかりw あんなに混んでいたのに何故閉店…?


■3店目 コスタリアさん

沖縄産コウキケヤリが非常に綺麗でしたが、あなごんべさんが即買いw こちらでもシャコガイが入荷していましたがガマン。

良い形のサンゴを買いました。ZEOvitとの相性は良いかは不明です。
20140614_180s.jpg

ハードチューブも購入。SPSのたなびくポリプも良いですが、ゆらゆらする系も欲しいので。
20140614_185s.jpg


■4店目 B-BOX松戸店さん

小さいけど綺麗なハイマツ等がありましたが買わず…


■5店目 B-BOX八潮店さん

ボーナスが出るからか駐車場はすごい混み方でした。沖縄産のシャコガイが大量入荷していました。変わった色が多かったので買いたかったがもはやお金が無いので無理… 何故かクラムホルダーだけ購入しました。

あとトゲのフラグを購入しました。以前買ったものよりも太め
20140614_190s.jpg

写真は無いですが、粒餌をよく食べる小さなハリセンボンを購入しました。小さくてもシュアーRをがつがつ食べます。


■6店目 東京サンマリンさん


安かったコウキケヤリを購入したのですが中身が行方不明… そのうち水槽のライブロックからはえてくるとよいのですが…。

-----

購入した生体以外はこんな感じです。先月のフレンチエンゼル幼魚のすれ傷をバケツ治療しているので、ライブシーソルトを購入しました。
20140614_200s.jpg

あなごんべさんから売っていただいたチヂミトサカ。接着して間もない頃なのでまだポリプが開いていません。
T5とZEOvitの環境でどんな成長をするか楽しみです。あなごんべさんありがとうございました。
20140614_210s.jpg

-----
最近のシャコガイ。真横からだとパープルや濃いブルーに見えます。
20140614_220s.jpg

少し上から見ると薄いブルーかグリーンっぽく
20140614_230s.jpg

真上からだとこんな感じに
20140614_240s.jpg

2014年4月頃の色合い(左右逆ですが) 上と比べるとちょっとずつ変化してますね。
20140424_200s.jpg

-----

紹介していなかったと思いますが、5月にナチュラルさんで購入したクシハダです。メタハラ下で良い赤、成長点は薄いパープルになっています。T5でもいまのところ良い赤のまま変わっていません。
20140614_250.jpg

-----
次回は皆さんのトラブルが解決して、テンション上がっていることを期待しますw



B!
関連記事
ツアー | コメント:(6) | トラックバック:(0)

Jebao RW-8が届きました

2014-06-07
今までTunze Comline Wavebox 6208を使ってきましたが、ポンプの音と波による落水音ややうるさいので取り外すことにしました。

そうなると水流が弱くなるため、代わりのポンプとして最近発売されたJebao RW-8を購入しました。個人輸入しようかと思いましたが、なるべく早く欲しかったので今回はオークションで落札しました。

こちらが届いた箱です。
20140606_010s.jpg

中身です。
左から英語のマニュアル、両面テープ、コントローラ、ポンプ本体、ACアダプタになります。この他、出品者さん作のわかりやすい日本語訳マニュアルがついていました。
20140606_020s.jpg

RW-8はWP25の後継機種になります。
WP25はTunze Stream Pumpに似ていますが、RW-8はVortech MPシリーズに似ています。
性能は最大で8,000L/Hです。上位機種のRW-15(WP40の後継機種)は最大で15,000L/Hです。かなり大きいですが…
参考までに、Tunze Turbelle nanostream 6095は2,000~9,500L/Hなので、だいたい同じぐらいの性能でしょうか。
Vortech MP10が750L~6,000L/H、MP40が3,800L~12,000L/Hです。

参考画像:WP25(どにゃさんのブログより)
20140606_080s.jpg

コントローラは両面テープでサンプに貼り付けました。ナイトモードは私は使わないのでこの位置に貼り付けます。
ナイトモードを使いたい方は、照明があたる位置にコントローラを貼り付ける必要があります。
20140606_030s.jpg

以前のコントローラとの違いはこんな感じです。
・ワイヤレス機能で子機との同期ができる(8台まで)
・出力調整がコントローラでできる(以前はACアダプタで変圧)
・ナイトモードのON/OFFができる(以前はセンサーを取り外す必要があった)

水槽に設置しました。奥のTunze Turbelle nanostream 6095と比べると2cmぐらい短い感じです。
20140606_040s.jpg

外から見るとこんな感じ。
20140606_050s.jpg

Waveboxが付いていたときはこんな感じでしたが…
20140606_060s.jpg

取り外して少しすっきりしました。
20140606_070s.jpg

使ってみると評判どおり静かで、音はほぼ聞こえません。
水槽の外のマグネット部分に耳を近づけると、
RW-8 : 少し音が聞こえる
Tunze Turbelle nanostream 6095 : 音が全く聞こえない
MP10 : モーター音が聞こえる
という結果でした。Tunze Turbelle nanostream 6095はゴム足で防振対策がしっかりしているのでさすがといったところかと思いますが、RW-8も通常使用では問題無いレベルの静かさです。

WP25は持っていないので比較はできませんが、RW-8は開口部が広がったので太い水流が出るようになりました。6095と比べても遜色ない感じです。

コントローラのモードについて簡単に書いておきます。
■W1モード
 間欠運転(ON/OFFを繰り返す)モードで、Waveboxのポンプと同じ動きで水槽に波を作ることができます。
■W2モード
 出力が30%~100%を繰り返します。これでも波はできるかと思います。OFFにまではならないので、ポンプに優しいと思います。Tunzeがこの設定なので、Wavebox無しでも少し波ができます。
■Elseモード
 ランダムに出力を変化させるモードです。
■Hモード
 出力固定モードです。
■Cモード
 2台のRWポンプで、交互に動作させるモードです。
■ナイトモード
■Feedモード

ポンプは1台しか買っていないので、肝心のワイヤレス機能の確認ができていないのがいまいちですね…
6095が2台、RW-8、MP10でさらにWavySeaがあるのでRW-8が必要かと言われると… まぁ6095が壊れることがあればもう一台RW-8を買うと思います。

安くて機能十分で静かなので、これからウェーブメーカーを買う方には理想的なのではと思います。

90cm水槽ならRW-8を2台、120cm水槽なら3台(または上位機種のRW-15を2台)ぐらいあると良いかなと思います。



B!
関連記事
Tunze | コメント:(2) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...