09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

メンテナンス用品まとめ

2014-10-27
あまりネタも無いので、普段使用しているメンテナンス用品をまとめてみます。

■コケ取り

Flipper
ブレード付きのコケ取り用マグネットクリーナーです。これが使いたいがために、アクリル水槽からガラス水槽にかえました。LSSさんの動画はこちらです「ブレード付 マグネットクリーナー Flipper
大きめの水槽だと、水槽に手を入れてスクレーパーなどでコケ取りをするのが結構しんどいところかと思います。あとサンゴが成長してくると手を入れる隙間も無くなることがあるので、サンゴをなぎ倒す心配があります。
これはマグネット式なので、水槽の外から掃除ができます。クリーナー部が薄いのでちょっとの隙間さえあれば使えます。通常のメッシュのみのマグネットクリーナーだとガラス面の硬いコケや石灰藻は無理ですが、これにはブレードが付いているので簡単に取り除くことができます。あと放置しがちな水槽背面も手軽に掃除できます。
20141027_010s.jpg
ガラス水槽では、ブレードでシリコンを削らないように注意が必要です。最近、小型水槽用にnanoが発売されたようです。なお、アクリル用のABS樹脂ブレードが付いていますので、傷覚悟で使用はできると思います。

プラケース他
ホームセンターとかでよくカブトムシ用などで売ってるあれです。掃除や魚の淡水浴等々に重宝します。
計量カップはZEOzym用です。
歯ブラシ、抗菌では無いスポンジは水流ポンプの掃除に使います。コケが付くと流量が落ちるので、1ヶ月に1度ぐらいは掃除しておいた方が良いと思います。
スポイト類は水質測定時の採水用です。
20141027_014s.jpg

■給餌とか

ロングピペットとロングピンセット
ピペットは水槽の底の方にいる魚への給餌や、サンゴの汚れを吹き飛ばすのに使います。あとは、サンゴの位置微調整に使います。
ピンセットはフラグサンゴの移動等に使います。ちなみに表面に錆が出てるのであまり長時間水槽に入れていたくないですね。
20141027_015s.jpg

■手袋

クイン ポリエチ手袋
買ってきた魚やサンゴをさわるときにはなるべくダメージを少なくしたいので、素手でさわらずに使い捨て手袋を使っています。手ににおいが付くのが嫌なだけでもありますがw 人間の手には大腸菌等も付いているので、バクテリオプランクトンシステムでまわしている水槽にあまり異物を入れたくないという思いもあります。炭素源を餌に増えても困るし…100枚で数百円なので、ガンガン使っています。サンゴ一個の白化を防げるならそれで元が取れますし
プロテインスキマーのカップを掃除するとき、ウールマットを交換するときにも使っています。手を汚さず濡らさずに使えるのが良いです。
20141027_016.jpg
20141027_017.jpg

CORALIFE AQUA GLOVES
小ネタ:アクア用の手袋について」でも書いた丈夫なアクア用手袋です。色はどうかと思いますが、手荒れに悩むショップの方にも良いのではと思います。アクア用なので抗菌素材では無いようです。手袋の内側を洗うのは難しいので、ポリエチ手袋をしてからこの手袋をすると汗が付かないので良いかなと思います。
amazon.comあたりで個人輸入しないと手に入らないのがいまいち…
20141027_018s.jpg

■水換え

バケツ
丸型ペール PM-35 ブルーです。
内側に5Lずつのラインが刻まれているので水換えに便利です。もちろん抗菌素材は使っていません。水換えは30Lなので、うちの250L水槽なら水作りように1個、水槽からの水を入れるために1個の計2つあれば足ります。
あとはカッパーセルが海水25Lに対して1個なので、魚を隔離して銅治療をするときにちょうど良いです。
連続換水法で白点病治療するときにも、20L~25Lあると魚が飛び出すことは無く、餌やりしても数日は水質がなんとか持つのでちょうど良いかと思います。
20141027_020s.jpg

最近は出番がありませんがベルク 角型ペール グリップタイプ 70Sも使っていました。70L入るので、ベルリンシステム等で水換え量が多い場合は便利かと思います。
20141027_065s.jpg
全換水する事態になったときは浴槽を使います。大型ポリ袋メガライナー300L半透を浴槽に展開してそこに水をためれば200L以上は確保できます。

コンパクトポンプ1000
塩を溶かしたり、隔離時の水流づくりに使います。少しうるさいですが値段も手頃ですね。
20141027_025s.jpg

ポンプ付きホース
ナチュラルさんの昔のblogを参考に、コンパクトポンプ1000に内径16mmホース、塩ビパイプをコの字型にしたものを組み合わせただけです。水換えについては「水換えについて」も参考にしてください。
バケツから水槽への吸い上げ、サンプからの水の吸い上げに便利です。塩ビの先にエルボを取り付けているのは、ストレートだと砂を掘るからです。バルブがあるとサイフォンの防止やちょっとした移動に便利です。
他の使い方としては… メインポンプ故障時の暫定処置として、サンプ→水槽の循環を維持するのにも役立ちます。
20141027_030s.jpg

フィッシュポンプDX―L
サンプのデトリタス吸い出し用に使っています。サンプぐらいの高さだとサイフォンが働かないので、もっと手軽な電動ポンプがあると良いのですが…
20141027_040s.jpg

プロホースL
画像はcharmさんからの転載です。
底砂にたまったデトリタスやCoral Snowの残骸、ヤドカリの脱皮した殻等を吸い出すのに使います。
ZEOvitシステムぐらいの底砂が薄い場合は吸い出し掃除しても問題はありません。底砂を厚く敷いている方、過去に白点病が蔓延し、今でもたまに見かける方はお勧めしません。
20141027_050.jpg

使用時はこんな感じ
どれだけ水流を作っていても、底砂にはいろいろと蓄積します。ベルリンシステムで底砂を厚く敷いているなら砂の中の生物が処理してくれるので問題ないと思います。
20141027_060s.jpg

■レイアウト変更

NTボックス #50 グリーン
丈夫な工具箱です。サイズは72cm x 43cm x 21 cmで、一時的なサンゴ隔離に便利です。丈夫で上限ギリギリまで水を入れても問題ありません。また抗菌素材を使っていないので安心して使えます。衣装ケースだと地味に抗菌素材が使われていることがあるので、サンゴの調子が悪くなることがあります。隔離時には酸欠と水温に注意しましょう。
20141027_070s.jpg

■底砂、カルシウムリアクターメンテナンス

ざると漏斗
カルシウムリアクターのメディア洗浄や、底砂の洗浄に使います。カルシウムリアクターのメディアは結構ゴミが含まれているので、RO水でのリン酸塩抜きと共にちゃんと掃除しておいた方が良いです。
漏斗はリアクターにメディアを詰めるときに使います。リアクターのフタ部分にメディアが挟まると、水漏れしますので丁寧に入れましょう。
20141027_100s.jpg

■リセット

ピューラックス
水槽消毒の最終手段として使います。バクテリオプランクトンシステムで、淡水やお湯程度ではどうにもならない病気が蔓延した場合に確実に効果があると思います。RTN等が蔓延したときはこれを使っています。
成分は純粋な次亜塩素酸ナトリウムです。飲料水の消毒にも使えるタイプで、細菌 ( グラム陽性菌・グラム陰性菌 )、 真菌、ウイルスなど殆どの微生物に対して殺菌効果があります。衣服用だと界面活性剤が入っているので使えません。
20141027_110s.jpg
使い方は、こんな感じです。
①殺菌
 淡水で水槽とサンプを良く洗浄→コケや石灰藻を綺麗に落とす→全て排水して淡水で満たす→ピューラックスを適量投入→メインポンプで水を循環→使ったバケツや機材、手袋なども全てピューラックス洗浄→数時間放置
②中和
 水を全て抜く→淡水で満たす→ハイポを大量投入して中和、メインポンプで1時間ぐらい水を循環(バケツとかも中和させてください)→水を全て抜く
③ハイポ排除
 淡水で満たす→メインポンプで水を循環→水を全て抜く→RO水で満たす→ハイポをおまじないに1、2粒入れる→塩素が検知されないことを塩素試薬でチェック→塩を入れて水槽再構築

ピューラックスはハイポで中和できます。ただし高濃度のハイポはサンゴに影響がある気がしますので、最終的にはそれも排除して異物が無い状態で水槽リセットを完了させます。

■サンゴ水槽の白点病対策

3月に白点祭りがあったので、そのときに2週間かけた対策を書いておきます。
オキシドール等での治療法もあるかと思いますが、バクテリオプランクトンシステムに使うとバクテリアバランスが心配なのと、確実性を考えて以下の方法を行っています。
ちなみにRTN蔓延してるときはこれをやるとサンゴに止めを刺すことになりそうなのでやらない方が…あと底砂が厚いシステムの場合はできません。魚を全て隔離できないほどサンゴやライブロックが入っている場合も無理です。

①準備
・魚隔離用バケツを2つ用意します。25Lの新海水を用意、エアポンプ、ヒーターで26度ぐらいに。
・水換え用の水を用意
②お魚隔離
・サンゴとライブロックは全て取り出し、プラケースで捕まえて魚をバケツに全て隔離。水槽の水を一時的に移動させて減らしておくと捕まえやすいかと思います。
③底砂、サンプの掃除
・シストふ化を目的に、底砂をプロホースで掃除します。ガラス面も全て綺麗に。サンプのデトリタスも綺麗にします。
・底砂を攪拌。濁っても気にせずに。
・濁りが収まったら、水換え用の水を入れてライブロックとサンゴを水槽へ戻し。
④魚の治療
・連続換水法か、銅を使うならカッパーセルが楽かと思います。
・餓死しない程度に餌は与えます。
・連続換水法なら2日おきに別のバケツへ魚を移し、使ったバケツは淡水で良く洗います。
・カッパーセルなら4日おきぐらいで移動させます。
・アンモニアが気になるなら、アムガード等をおまじないに入れておきます。
・魚の死亡が見られた場合は、速やかに換水を。
・隔離ついでに、トレマゾルや淡水浴等でヒラムシ治療をしておくと良いと思います。
⑤底砂、サンプの掃除2回目
・1週間後に③と同じことを行います。
⑥魚戻し
・⑤の1週間後、魚を水槽に戻します。以降、魚の死亡や白点病が見られなければOKかと思います。

※魚の免疫力で対処可能なレベルまで白点密度を減らすことが目的です。
※水槽内のシストをふ化させても魚がいなければ感染できませんのでそれを利用しています。
※おまじない的なものも入っていますが、2回やるのは非常に面倒なので1回で確実に片が付く方法を選んでます。

以降は白点病は見られません。痒がるような仕草も特に見られません。
免疫力アップに、KZ社のImmun Stabil Fishを餌に混ぜて使っています。シスト状態の期間を考えると、撲滅はできていないと思いますが、蔓延するような状況に陥っていなければOKかとおもいます。

立ち上げ初期は水槽が不安定なので、病気に要注意ですね。サンゴが少なく寂しい水景だったので、魚を追加しすぎました。
あと、サンゴ水槽で白点病が発生すると面倒なので、なるべく病気に強い魚(ベラやスズメイダイ)をメインにしたいです。チョウチョウウオやフグはやっぱり無理があると思いますので…

スポンサーサイト


B!
関連記事
メンテナンス | コメント:(6) | トラックバック:(0)

マグネシウム濃度低下と対策

2014-10-26
久々にマグネシウム濃度を測定してみたところ…1100ppmしかありませんでした。ZEOvit推奨は1280ppm~1200ppmです。マグネシウム濃度が下がりすぎると、白化などに繋がるようです。
去年まではマグネシウムメディアの効果かいつでも1300ppm程度あったので、あまり減らないのかと安心していましたがどうやら違うらしい。

マグネシウムの濃度が下がるとカルシウムの濃度も下がります。濃度比率はカルシウム:マグネシウム=1:3です。このあたりの話は、ハートトレードさんのBlog「ミネラルの話②~カルシウムとマグネシウム編~」が参考になると思います。

ここ数日、マグネシウム上昇のためいろいろ手を打ってみたので記録として書いておきます。

■下準備

試薬が無いまたは使用期限切れだったので、Red Seaの試薬を購入しました。
・カルシウムプロテストキット
・マグネシウムプロテストキット
・硝酸塩プロテストキット(交換用)
20141026_010s.jpg
マグネシウムプロテストキットは交換用試薬がメーカー欠品とのことなので、ちょっと高いですが試薬キットの方を購入しました。ちなみに箱の底に使用期限が書かれていますので、期限切れのもをの買わないように注意してください。

ちなみに…
硝酸塩プロテストキット(交換用) こっちが旧バージョン
20141026_180s.jpg

こっちが今回購入した物です。
なにげに試薬の内容が変更されています。以前は液体だった試薬B、Cが粉になっています。液体だと開封後劣化しやすいので対策されたと思います。これに伴い、硝酸塩濃度を表す色も変化したので、そこも交換できるようになっているみたいですね。
20141026_020s.jpg

測定手順の裏側。精度は変わりませんが、チャートの色が異なりますね。特に以前は0ppmだとグリーンでしたが、今回からは透明に変わっています。
20141026_030s.jpg

■対策1 マグネシウムメディア増量

マグネシウムメディアは2014年1月の水槽リセット時に、GroTech マグネシウムプロをセカンドリアクターの一番上にちょっとだけ入れていました。
2013年はもう少し多めに入れていたのですが、それで十分マグネシウム濃度が保たれていたので減らしてみたのですがどうやら足りなかったようです。

今回、マグネシウムメディアは1st側にそこそこの量を入れました(REEF OCTOPUSの文字の下あたりまで)。1stに入れても溶けるのはゆっくりだと思いますので、しばらくこれで様子見です。
20141026_170s.jpg

■対策2 少し多めの水換え

いつもは2週間に1回、30L水換えしていますが、微量元素の調整のため今回は60L水換えしてみます。

35Lバケツ2つに、RO水を30LためてKZ Saltを溶かしてあります。KZ Saltも無くなりかけの時期で、塩が湿気って化学変化を起こしたため水の透明度が低いですね。このあたりもマグネシウム濃度低下の一因だったりするのかな。人工海水の元のストックケースは吸湿剤を入れておいた方が良さそうです。
20141026_040s.jpg

多めの水換えをせっかくおこなうならついでに… 水槽のレイアウト変更と、底砂の掃除を行うことにしました。

メンテナンス前の水槽です。照明は点灯していません。
20141026_050s.jpg

サンプから水を吸い上げて、サンゴ隔離用のNTボックスへ移します。
20141026_060s.jpg

NTボックス #50 グリーンへサンゴとライブロックを移動しました。酸欠が怖いので、コンパクトポンプ1000で水流を作っています。もう少し寒い時期ならヒーターを入れる必要があります。

20141026_070s.jpg

魚を入れたまま、プロホースLで底砂の掃除をします。
Coral Snowを使うと底砂に一部が沈殿するので、水換えの度に吸い出ししていますが、ライブロックの下はどうしても吸い出せないのでこんな機会の時にやると良いです。半年でも結構な量の汚れが取れます。合計60L吸い出し、ゴミと共に捨てます。
なお、細かい砂を厚く敷いている方や、白点病が完治していない水槽でこれをやるのは危険かもしれません。
20141026_080s.jpg
汚れがたまりやすいのは、水流ポンプの下とコーナーボックス付近ですね。ゴミが吸い寄せられる+水流が少し弱い場所なので。

ライブロックやサンゴを水槽に戻します。その後、サンプや水槽へ新海水60Lを入れ、隔離に使っていた海水も水槽に戻しました。おまじないとしてCoral SnowとZEObakを添加しておきます。
20141026_090s.jpg
サンゴからかなりの粘液がでるので、サンゴにまとわりつくそれらをスポイトなどで吹き飛ばしてあげた方が良いと思います。

粘液の効果でオーバースキムしやすくなるため、落ち着くまでサンプ水位を1cm下げます。
20141026_100s.jpg

サンプは水位変動仕様なので、1cm分の仕切りを外せば良いだけです。
20141026_110s.jpg

これで泡の位置が正常な状態に保てます。
20141026_120s.jpg

レイアウト変更後です。まぁ、センス無いですね~…
Tunzeの水流を直接サンゴにあてるのは白化の危険がありますので、あまり高い場所にサンゴは置けません。
12月ぐらいに発売されるMaxspect Gyreとかがあるとより高い位置に置いても問題ないのかも。今回はライブロックとサンゴの密度が高いので、隙間を通る水流を強化するのにも良さそうです。いくらぐらいになるんでしょうね。
20141026_130s.jpg

左側
20141026_140s.jpg

右側
左右均等にしすぎた感が…
20141026_150s.jpg

少し隙間ができましたが、将来フラグを挿すための場所として残しておきたいと思います。

-----

水換え後に測定した結果は以下のとおりです。
測定対象試薬名水換え前水換え後
マグネシウムマグネシウムプロ(期限切れ)1,080ppm1,200ppm
マグネシウムプロ(新品)1,200ppm1,360ppm
ELOS Mg試薬1,100ppm1,150ppm
カルシウムカルシウムプロ370ppm400ppm

マグネシウムプロ(新品)の値が高すぎますね。
カルシウムの濃度×3 = マグネシウムの濃度とすると、ELOSとマグネシウムプロ(期限切れ)の方が値としては正しそうです。
しばらくマグネシウムの測定を続けて、カルシウムリアクターのマグネシウムメディア量を調整していこうと思います。

-----

マグネシウムプロがそろそろ無くなりそうなのでZEOmagを購入しました。次回カルシウムリアクターをメンテナンスするときはこちらを使うつもりです。
20141026_160s.jpg



B!
関連記事
メンテナンス | コメント:(0) | トラックバック:(0)

サンゴの色の変化について(2014年10月)

2014-10-14
記録として書いておきます。極端な変化は見られないですが…
Coral BoosterやFlatwormStopを入れるようになったので、成長速度はちょっと変わったように思います。

まずは全景です。もうサンゴの置き場は無いです。レイアウト変更したい…
20141014_005s.jpg

■オージースギ@Coral-Labさん
9月7日時点
青くなるかなと思って購入。
20140914_030s.jpg

本日
わかりやすく成長点が伸びてきました。色はどちらかというとパープルっぽくなってきました。
20141014_010s.jpg

■コエダミドリイシ@AQUA LOVERSさん
9月15日時点
こちらも青くなって欲しくて購入。
20140914_050s.jpg

本日
成長点がこちらも伸びてきました。色はちょっとグリーンのようです。
20141014_020s.jpg

■クシハダミドリイシ@ナチュラルさん
8月10日時点
濃い赤から急激にピンクへ変化したので、維持できるか心配でした。
20140816_002s.jpg

本日
意外と変わらないみたいですね。
20141014_030s.jpg

■エチナタ系@AQUA LOVERSさん
8月22日時点
20140816_060s.jpg

本日
少し濃くなりました。
20141014_040s.jpg

■右側:ツツ系(ブリード)@珊瑚堂さん
8月10日時点
20140816_095s.jpg

本日
わかりやすく成長しましたね。本体下部の色はあまり抜けません。
20141014_050s.jpg

■オージーのショウガ@CoralLabさん
本日
上の方はすべてピンク~パープルになりました。
20141014_060s.jpg

■謎のミドリイシ(ブリード)@B-BOX松戸店さん→私→どにゃさん→私
8月10日時点
20140816_120s.jpg

本日
土台が安定していなかったので調整して水平にしました。
横から見るとどうしても中心部分が暗く見えますが、上から見るとなかなか良い色です。
前からブリードとは思えない大きさでしたが、さらにまた大きくなってきてます。
20141014_070s.jpg

■サンカクミドリイシ?(ブリード)@B-BOX松戸店さん
8月10日時点
20140816_150s.jpg

本日
少しイエローよりになったかも。土台を覆い尽くすぐらいになってきましたが、上にはあまり伸びてきませんね。
20141014_080s.jpg

■テーブル状サンゴ@コスタリアさん
8月10日時点
たぶんスゲだと思うのですがどうでしょう?
20140816_170s.jpg

本日
奥に置いているので写りがいまいちですが…
極端に色が抜けることも無く、安定しています。
20141014_090s.jpg

■オージーウスエダ@CoralLabさん
7月13日時点
20140816_180s.jpg

本日
色がちょっと薄くなったかな?
20141014_100s.jpg

■サンカクミドリイシ?@コスタリアさん
8月10日時点
20140816_220s.jpg

本日
あまり変わらないように見えますが、全体的に枝が伸びてきています。
20141014_110s.jpg

■フラグたち
8月10日時点
20140816_260s.jpg

本日
元が小さいので、その分ボリュームが増えるのに時間がかかりますね。
20141014_120s.jpg

■エダミドリイシ@スプラッシュさん
6月14日時点
元は濃いグリーンでしたがどうしてこうなった。
20140615_070s.jpg

本日
少し薄くなったかな。XtraSPを入れなくなったせいかも…
20141014_130s.jpg

■ウスコモンブリード@AQUA LOVERSさん
9月15日時点
20140914_070s.jpg

本日
色はあまり変わりませんね。コモン系はゼオライトの影響を受けやすいと思ったのですが…
20141014_140s.jpg

■トサカSP@東京サンマリンさん
9月16日時点
20140923_150s.jpg

本日
ふわっとしたポリプがなかなか良いです。
20141014_150s.jpg

■ハイマツ@AQUA LOVERSさん
6月9日時点
茶色でした。
20140614_160s.jpg

本日
まだ茶色ですが、当時と比べれば少し赤くなったでしょうか。
20141014_160s.jpg

■チヂミトサカ@Coral-Labさん
7月12日時点
20140713_450s.jpg

本日
あまりかわらないかな。
20141014_170s.jpg



B!
関連記事
色の変化 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

フトトゲサンゴが帰ってきました

2014-10-13
2012年10月におりふたさんへフトトゲサンゴを里親に出しました。2012年当時記事は「サンゴ発送」です。
そこから2年経過し、あまりにも大きく育ちすぎたため一部をフラグとして里親を募集されていました。本来は直接受渡のみですが、今回特別に送っていただきました。

当時のサンゴはこんな感じです。ブリード物として購入しましたが、Mazarraですくすく育ちすぎて置き場が無くなるほどでした。
20121007_010.jpg

届いたサンゴフラグのパッキングはこちら。
今ぐらいの時期だと気温がサンゴにとってちょうど良いため、保温のためのカイロ等がなくても安全に発送ができます。
20141013_010s.jpg

中身はこちら。ショップの包装をためておいてそのまま流用していると思いますが、ここまでしてもらえるとは…ありがたいことです。
20141013_020s.jpg

パッキングの中の水温はこちら。ベストな温度ですね。
20141013_030s.jpg

いただいたフラグはこちらです。かわらずグリーンポリプですね。今の水質でどんな色になるのか楽しみです。
20141013_040s.jpg

一緒に送っていただいた巻き巻きタイプのウスコモンのかけらです。水質があうと非常に大きく育つと思います。
20141013_050s.jpg

メンテナンスで折れたツツハナもフラグとして送っていただきました。メタハラで良い色に揚がっていますね。ツツハナの色揚げにはスーパークールあたりが最適だとおもいますが、T5でどこまで行けるか…
20141013_060s.jpg

おりふたさん、サンゴ発送ありがとうございました。
うちのサンゴもフラグが作れるぐらいに大きく育てて行きたいです。



B!
関連記事
生体の様子 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

2014年10月に購入した生体について

2014-10-05
最近追加した生体を紹介します。

その前にAQUA LOVERSさんの様子を載せておきます。

入ってすぐのZEO水槽。生体の入れ替えをしたそうです。
20141005_010s.jpg

相変わらず綺麗な生体ばかりなので癒やされます。
20141005_020s.jpg

オージーウスエダ。
20141005_030s.jpg

フィジーのツツユビ。少し濃いめなのがZEOvitに良さそうな感じです。
20141005_040s.jpg

うまく撮影できていませんが、こちらもフィジーです。薄いパープルで綺麗。
20141005_050s.jpg

オージーのスパスラータ
20141005_060s.jpg

前回も載せた気がします。
赤いハイマツの色がかなり良い感じです。置くスペースが無いので買えませんが…
20141005_070s.jpg

ハリエダミドリイシ
20141005_090s.jpg

ハナガサ?写真に撮るのが難しいサンゴです。ZEOにも良さそう。 
20141005_110s.jpg

最近ソフトコーラルにも惹かれます。
20141005_120s.jpg

ゆらゆらLPSも良いのですが、うちの水槽だと水流が強すぎるかな。
20141005_130s.jpg

-----

今回購入したのは、こちらのツツユビです。ほとんど茶色に近いので、ZEOvit水槽でも変化にかなり時間がかかりそうです。
20141005_140s.jpg

水流ポンプのコケ対策にモンツキカエルウオを購入しました。
20141005_150s.jpg

あとはハギ系ってことで、トミニエンシスタンを購入しました。(写真無し) 地味ですがオレンジっぽいヒレが良いかも。ハギ系はうちの水槽だと餓死しやすいので、なるべく厚みのある個体を選びました。

-----

アイスブルーのコエダミドリイシをナチュラルさんで購入しました。先日大量入荷しましたが、かなりの早さで売れてました。ZEOvit水槽で水色~アイスブルーになります。
20141005_160s.jpg



B!
関連記事
生体の様子 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...