11-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>01-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


B!
スポンサー広告

水槽スペックの変化(2014年)

2014-12-31
今年最後の記事になります。

水槽スペックの変化をまとめてみます。

2013年2014年
名前名前
水槽
AMPガラス水槽
1200x450x450
(フランジ有り、正面のみ高透過ガラス)
1変化無し1
アクアファクトリーアクリルサンプ
950x350x350
1変化無し1
ドライサンプ 1800x800x1001変化無し1
メイン照明
ATI 48インチ 8 x 54W
Dimmable SunPower
1変化無し1
プロテインスキマー
Royal Exclusiv Bubble King
Double Cone 200(110V/60Hz)
1変化無し1
カルシウムリアクター
REEFOCTOPUS CR-800R1変化無し1
ZEOvitリアクター
ZEOvit Filter Easy Lift Magnetic S1変化無し1
クーラー
ゼンスイZRW4001変化無し1
ヒーター
チタンヒーター300Wx21変化無し1
メインポンプ
RLSS DC-100001Jebao DC-9000J1
メイン水流ポンプ
Tunze Turbelle nanostream 60952変化無し2
MP10ES1変化無し1
Tunze Comline Wavebox 62081破棄
Jebao RW-81
WavySea1変化無し1
RO浄水器
AQUAGEEK クロノスレイン1変化無し1
人工海水
KZ Salt1変化無し1
換水サイクル
2週間に1回、15L-2週間に1回、30L-
モニター/センサー
Neptune Apex1変化無し1
ライブロック
枝状ライブロック8kg枝状ライブロック10kg
底砂
KZサンド5.6kg変化無し5.6kg


大きな変化はこんな感じですね
○RLSS DC-10000が故障、Jebao DC-9000Jに交換
 初代DCポンプの寿命が気になるところでしたが、やはり故障しました。DC-10000は在庫もなくすぐに交換できないため、代わりにJebao DC-9000Jを購入しました。こちらは交換用のモーターブロックも付いている上に、ショップでの在庫保証もあるので故障してもすぐに手が打てます。ちなみに輸入版と比べるとそもそも故障しにくいように改善がされているそうです。

○Waveboxやめ
 設置スペースを取るので止めました。

○Jebao RW-8導入
 コケが付いたりすると意外と音がするのでどうしようか悩み中。Tunzeの静かさはさすがです…Tunzeに交換するか、Maxspect Gyreを導入するか悩み中です。なお、Vortech MP10ESは停電対策用で水流を最小にしてあるのでほとんど音がしません。

-----

今年は機材の購入は少なめで済んだかなと思います。ほとんど購入する物もなくなってきました。

ガラス水槽にして1年以上経過しましたが、キズがほとんど付かず掃除もしやすいのでメンテナンスが楽になりました。コケだらけの水槽だとモチベーションも低くなりますし、サンゴや魚の様子もわかりにくくなるので、長期維持のためにもメンテナンス性は重要かなと思います。
魚の飛び出しが減るのと、少し強い地震が発生しても水がこぼれたりしませんのでフランジがあると良いと思います。なお、フランジ無し水槽でも、アクリル製のフランジをかぶせるように追加する製品も売っていたりします。
AMP水槽でフランジシリコンはクリアタイプが標準ですが、押してみるとわかりますが少し柔らかいかなと思います。ブラックシリコンに変えてもらうとよりしっかりしたものになります。(フランジの効果は同じなのでただの気持ちの問題ですが)

-----

来年は今の生体を長期維持するのが目標です。生体をあまり買わずに済むと良いなと思います。

それでは良いお年を!
スポンサーサイト


B!
関連記事
タンクデータ | コメント:(0) | トラックバック:(0)

水槽の調子をKH消費傾向で推測してみる

2014-12-31
水槽の中のサンゴの調子をみるには、様子を観察して確認することが多いと思います。
・ポリプの出方を見る
・色やつやを見る
・白化の有無をチェックする

調子の良い水槽はサンゴがほとんど白化しません。もしサンゴが白化しはじめたら、手遅れなことが多いです。そうなる前にわかりやすく状況を把握する方法として、KHの消費傾向を見るのが良いと思います。

今回は2014年現在の状況と、崩壊した2013年の状況を比べてみたいと思います。

ひとまず、水槽の状況はこんな感じです。
2014年全景
魚そこそこ、KZの添加スケジュールに沿って、かなりの種類の添加剤を少しずつ使っています。
20141227_270.jpg

2013年全景
こちらの方がよりパステルです。無給餌かつ添加剤をあまり使わない運用でした。
20130716_040s.jpg

■考え方
SPSで消費するKHと、カルシウムリアクターで提供されるKHが等しくなれば、KHが一定で保てます。SPSの個体数が増えればKH消費量が増えるはずです。また、SPSの調子が悪くなるとKH消費量が減るはずです。その傾向を見ることで、水槽の調子がどうなのか推定できるはずです。
ZEOvit水槽なのでKHは6.5~8dKHの範囲で維持する必要があります。カルシウムリアクターへのCO2添加は電磁弁を使ってコントロールしています。KHが基準範囲内に収まるように、電磁弁を開く時間でコントロールします。

2014年のグラフです。クリックで拡大します。
グリーンのラインがKHの値(軸は左側です)
ブルーのラインがSPS個体数(軸は左側です)
レッドのラインがカルシウムリアクターへのCO2添加時間(軸は右側です)
なお、KH測定はHANNAのHI755 Marine Alkalinity Checkerを使っています。ELOS等の点滴タイプ試薬だとKHは0.5dKH単位でしか測定できませんが、HANNAであれば0.056dKH単位で測定できるので、よりカルシウムリアクターの調整がしやすくなります。
20141231_010.jpg

2013年のグラフです。クリックで拡大します。
20141231_020.jpg

2014年のグラフでコメント入りです。クリックで拡大します。
10月ぐらいからSPS個体数が増えているのに、CO2の添加時間は一定です。しかもその状況でKHが徐々に増加傾向です。マグネシウムが低下した時期と重なるので、その影響があるのか、それともサンゴ内の褐虫藻濃度が低下しきったせいなのか原因ははっきりしません。ZEOspur2を使い始めたせいかも?
ポリプの出は良いのでしばらく様子見かなと思います。あとマグネシウムは添加剤で少し上昇させてみようと思います。
なおT5交換は6月なのでその影響はあまり無いかなと思います。徐々に照度低下はしていると思いますが。
20141231_030.jpg

2013年のグラフでコメント入りです。クリックで拡大します。
給餌なし、添加剤をあまり使わない運用だったので、褐虫藻が抜けきった後にどんどん調子が悪くなっていきました。その後、メンテナンスさぼりでKHが10を超えた付近でRTNが発生して次々と白化し個体数が減っています。
20141231_040.jpg
2013年は、水流ポンプの置き場所は下の方なので、水流的に良くなかったかなと思います。WaveBoxで水槽全体に水流は発生しますが、それだけでは不足します。
2014年のように、水槽の上の方においてぶつける方が良い水流ができます。AQUA LOVERSさんの水槽が良い例かなと思います。

というわけで、今後の傾向については注意が必要です。ここを乗り越えられれば、ZEOvitでの長期飼育に入れるかなと思います。あとはトリトンラボで現在の微量元素濃度を測定して問題ないか確認したいですね。



B!
関連記事
タンクデータ | コメント:(0) | トラックバック:(0)

アクアリウムバスに行ってきました(2014年12月)

2014-12-28
東京・浜松町で今日開催されたアクアリウムの即売会、「アクアリウムバス」に行ってきました。詳細については「アクアリウムバス概要」を見てください。今回で第六回目らしいのですが開催されていたことを知らず… 初めて行ってきました。

貼ってあった案内
20141228_010.jpg

タイムスケジュール
ちなみに入場料は1000円でした。小学生以下は無料です。また、次回4/26開催からは入場料無料になるそうです。ちなみに入場時にメダカの餌の試供品等々がもらえます。
20141228_020.jpg

13時頃の写真ですが、なかなか盛況です。
20141228_025.jpg

こじこじさんのくさいれ
20141228_030.jpg

20141228_040.jpg

なかなかかわいいです
20141228_050.jpg

工房西岡さんの木製つやつやオブジェ
悩んだ末にカピバラを購入しました
20141228_060.jpg

一つ1500円ぐらいです。
20141228_070.jpg

モモンガを初めてみました。もふもふでかわいい。
20141228_080.jpg

ふぐだるま屋さんのミドリフグ
20141228_090.jpg

爬虫類もいました。さらにはタランチュラやサソリなんかも…
20141228_100.jpg

バイコムさんもバクテリアを出品していました。通常よりも濃いらしい。
20141228_110.jpg

軽いリングろ材も詰め放題でした。
20141228_120.jpg

20141228_130.jpg

海水魚のはんこ
いくつか購入しました。
20141228_140.jpg

チョウチョの標本。結構きれいで1000円ほどだったので買おうか悩みました。
20141228_150.jpg

金魚も。値段が書いていなかったのでいくらぐらいだったのか…
20141228_160.jpg

ビバリウム? 淡水はさっぱりわかりませんが、かなり綺麗。
20141228_170.jpg

会場に到着したところで、以前ツアーでご一緒したトーエさんひろさんに出会いました。以下で紹介するフラグ他を買いに来たそうです。

今回お目当てのC・B・C…コーラルブリードクラブのフラグです。tomotomoアクアリウム珍道中のtomotomoecoさんが出品されています。
20141228_180.jpg

綺麗なサンゴばかりです。
20141228_190.jpg

LEDのブルーが強いので色温度の調整も限界… 一番左側のウミアザミは本当はホワイトです。
20141228_200.jpg

写真撮影時点は12時ぐらいでしたが、既にストロベリーショートケーキのフラグは残り1つの状態でした。
20141228_220.jpg

こちらはブルーベリーのフラグ。
20141228_210.jpg

結局3つほど購入しました。オージーのハリエダ、フィジーのツツユビ、オージーのウミアザミです。結構なペースで売れて行っていましたので、閉場までには綺麗に売り切れかも。
20141228_230.jpg

展示水槽はアクリルの仕切りを入れて背面濾過です。
コンパクトなコーン型スキマーですが、LSSさんのDCポンプ付きでまだ発売されていないとのこと。
20141228_240.jpg

コーラルブリードクラブのパンフレット
20141228_250.jpg

サンゴの出店は1店のみでしたが、この他にコーラルトレード…増やしたサンゴの交換会も行われたようです。はじめてこの手のイベントに参加しましたが、かなり楽しめました。tomotomoecoさん、山形からの移動は大変だと思いますが、また買いたいのでできれば出店していただけるとうれしいです。

最後に会場のパンフレットです。次回はGW付近に行うようです。
20141228_260.jpg

-----

ちなみに今回アクアリウム・バスにあわせて、近くの平和島で朝9時過ぎから4DXで映画 ベイマックスを観てきました。良い意味で広告詐欺だ~と言われるだけあって、なかなか楽しめました。
4DX…最近増えてきた映像+アトラクションな上映スタイルの映画館です。映像にあわせて座席が動く、風が吹く、フラッシュ、香り、煙、水しぶきが飛ぶ等々、登場人物と一緒に体験できる感じです。
シネマサンシャイン平和島では、3D無し、4DX、日本語版でした。3D無しな分安くなるのと、キャラクターからして日本語がぴったりなのでなかなか良い組み合わせになっています。映画の内容からしてアクション性が強いので、4DXで観るのが良いですね。4DXはAll You Need Is Kill、パシフィック・リムを観てきましたが、この映画も最高に合っています。最近ユナイテッドシネマ豊洲に4DX導入されたせいかそちらは満員でしたが、こっちは空いているのでお勧めです。3Dは家でも観られますが、4DXは絶対に無理なので、今のうちに行ってみるのをお勧めします。




B!
関連記事
アクアリウムバス | コメント:(0) | トラックバック:(0)

ツアーに参加しました!(2014年12月)

2014-12-27
今月も参加させていただきました。今年最後のツアーと言うことで、ほぼフルコースのルートとなりました。

メンバーはいつものあなごんべさん親方~さんどにゃさんに加えて、greenさんが初参加となりました。
前回11月のツアーでのメンバー募集に参加を表明していただいた方です。サンゴをはじめて1年、最近ZEOvitをはじめたそうです。


■0店目 どにゃさん邸スイハイ

最初はどにゃさん邸です。どにゃさんJrも順調に元気に育っていてかわいかったです。

こちらがどにゃさんも記事に書いていましたが、CoralBox Motion of Wave Makerです。水流ポンプを首振りできる機材ですね。こういう機材があると、少ない水流ポンプで複雑な水流を作ることができます。設置スペースが必要なので大きめの水槽向きです。
20141227_010.jpg

立ち上げ中のベルリン水槽。ライブロックの組み方が良いですね。
20141227_020.jpg


■1店目 ヤマダ電機

あなごんべさんの希望でAQUA LOVERSさん近くのヤマダ電機に行ったところ… 閉店してる!? どうやら別の場所に移転したそうです。


■2店目 AQUA LOVERSさん

開店時間過ぎたころに到着しましたが… 仕入れのために13時開店とのこと。仕入れの連絡は当日急にあるらしいので、急遽開店時間を変更したそうです。せっかくここまで来たので、開店まで待つことに。
20141227_030.jpg


■3店目 昼食

ちょうどAQUA LOVERSさんの目の前に食べ放題しゃぶしゃぶのお店がオープンしていたので、そこから開店まで監視することにw ツアーでは珍しく、非常にゆっくり会話をしながら、ひたすら肉を食べることができました。
20141227_026.jpg


■4店目 AQUA LOVERSさん(再)

というわけで、予定の13時頃に開店しました。
20141227_025.jpg

ZEOvit水槽にはMaxspect Gyreが設置されていました。テストバージョンではなく、製品バージョンです。
20141227_040.jpg

なかなか良い水流を作っていました。在庫もいくつかありました。
20141227_050.jpg

こちらが仕入れてきたサンゴ。フィジーのエダコモンが照明をあたっていなくても綺麗。年末なので入荷としては今市とのことでしたが、いずれも良い色に揚がりそうなサンゴばかりです。
20141227_060.jpg

セール中なのでサンゴの数は少なめですが、綺麗なサンゴが多いですね。
20141227_070.jpg

20141227_080.jpg

既に売約済みでしたがストロベリーショートケーキ
20141227_090.jpg

スパスラータ
20141227_100.jpg

20141227_110.jpg

20141227_120.jpg

こちらはZEOvitに非常に良さそう。
20141227_125.jpg

こちらもZEOvitで水色に揚がりそうです。
20141227_127.jpg

フィジーのツツユビも良い色です。
20141227_130.jpg

シャコガイ
20141227_140.jpg

20141227_150.jpg

LPS水槽
20141227_160.jpg

ウィスカーズ
20141227_170.jpg

ハタゴイソギンチャクとクマノミの組み合わせは癒やされます
20141227_180.jpg

こちらでは結局トノズフェアリーラスを購入しました。サンゴはもはや置くスペースがないので…


■5店目 コスタリアさん

相変わらず良い生体が安かったのでいろいろ悩みましたが買わず… 変わった色のシャコガイが売られていて非常に悩みましたが、自粛しないと水槽がシャコガイだらけになりそうなのであきらめ…


■6店目 B-BOX松戸店さん

枝上のライブロックが大量入荷していました。付着物が多くてなかなか良さそうでした。


■7店目 B-BOX八潮店さん

AQUA LOVERSさんで長居したので珍しく日の落ちたぐらいに到着。
20141227_190.jpg
いろいろ買いたい物がありましたがサンゴはもう入らないので… ファインマットのみ購入。

greenさんとサンゴの選び方について話しました。ZEOvitなので最初からパステルカラーを選んでしまいがちですが、むしろ色が濃いサンゴを選んで、最終的な色合いがパステルになるように狙ったほうが良い等の話をしました。サンゴの色は水槽の環境で変わるものなので、どう変化するかを想像して買うのが大切かなと思います。


■8店目 アクアライズさん

相変わらず激安です。こちらではパープルファイヤーゴビーを購入しました。
閉店時間までにCoralLabさんに到着しなそうなので、ここで電話連絡…


■9店目 CoralLabさん

本日サンゴが入荷したそうで、綺麗なオージーサンゴが見られました。早速いくつかは売約済みでした。
こちらではトリトンメソッドの貴重な情報を伺うことができました。水質測定の募集が開始されたら、すぐに依頼をしてみたいと思います。
土台に使うライブロックを購入しました。

帰宅したのは9時頃… 約12時間のツアーとなりました。運転していただいた親方~さん、大変お疲れ様でした。

-----

AQUA LOVERSさんで購入したトノズフェアリーラスです。ちょっと大きめでしたが、かなり鮮やかで良さそうな感じです。照明無しの状態で撮影したので、水槽に入れるとまた感じが違うかも。
20141227_200.jpg

アクアライズさんで購入したパープルファイヤーゴビーです。3年ぶりに購入しましたが、やはり綺麗ですね。ハタタテハゼといまのところ喧嘩も無く過ごしています。
20141227_210.jpg

サンゴの土台のライブロックをおいてみました。
20141227_220.jpg

ようやくまっすぐになりました。
20141227_230.jpg

-----

年末なので、水流ポンプの石灰藻取りを行いました。食品用のクエン酸を買ってきて、温めのお湯に溶かして水流ポンプをドボンすれば、1時間ぐらいで簡単に取れるようになります。アクリル板に付いたウズマキゴカイとかも溶かすことができます。
20141227_240.jpg
食品用のクエン酸は、amazon.co.jpやマツキヨなどで買うことができます。

というわけですっきり綺麗になりました。
20141227_250.jpg

逆側も
20141227_260.jpg

全景
20141227_270.jpg

-----

Maxspect Gyreになるはずだったボーナスは結局、テレビとスピーカーになりましたw
REGZA 47Z8(47インチ、2K)とYAMAHA YSP-2200です。いずれも発売されてしばらく経っているので性能の割には安めです。4Kなんて買えませんw

YSP-2200はバータイプのサラウンドスピーカーで、部屋の扉を閉めれば意外とサラウンド感がそこそこあります。以前は5.1chのスピーカーを使っていて、配線が大変でしたがこの製品はそのあたりかなり楽です。

スピーカーの最大の欠点は、猫がその上に並んでテレビが見え辛いことです。暖かいからよい湯たんぽ状態…
20141227_280.jpg
ちなみに壁紙はあなごんべさんの昔の水槽写真です。



B!
関連記事
ツアー | コメント:(8) | トラックバック:(0)

ZEOvitのコツ?について

2014-12-20
とある方から、成功の秘訣みたいなものを教えて欲しいと言われたので書いてみます。うちの水槽が成功しているかというと、そんなこと無いと思いますが… ひとまずZEOvit水槽で長期飼育を目指しているので、重要視している部分をまとめてみます。

■基本的な考え方
1.ZEOvitシステムをやる以上、公式のマニュアルに従う
2.水質パラメータは極力あわせる
3.水槽の期限管理をしっかり行う
4.普段のメンテは楽して、なるべく水槽の様子を見ることに時間を使う
5.システムに合ったサンゴを選ぶ

■1.ZEOvitシステムをやる以上、公式のマニュアルに従う
サンゴ飼育は「これを厳密に実行すれば必ず成功する」というレベルのマニュアルが無いのが問題かなと思っています。機材や添加剤や運用が相互に影響しあって、同じ環境を再現するのが難しく、なかなか長期間維持できる人が少ない印象です。(私も1年おきにリセットしてるし…)
私はZEOvitのマニュアルがそれに一番近いのではないかと仮定して、基本的には本家の出している情報を遵守するようにしています。いまのところ、それでなんとか維持できています。

ZEOvitのマニュアルを元に添加剤や運用を整理したときの記事はこちらです。
ZEOvit添加剤みなおし中
ZEOvitシステム運用見直し
ZEOvit添加剤変更開始

添加剤は種類が多いのでどう使えば良いのかわかりにくいですが、これも本家のPDFをベースに、同じぐらいの種類と量で行うようにしています。本家の添加剤で必要な物はそろっているので、他のメーカーの添加剤を入れる必要は無いかなと思っています。
添加スケジュール
※表にないZEOstart3、K-Balance、ZEOspur Macroelements、Strontium Complexはドーシングポンプで自動的に添加しています

なお、添加量は本来サンゴの量や調子によって変化するはずなので目安です。本家のサンゴ密度だとぴったりのかもしれません。水槽立ち上げ直後は添加量を減らして、密度にあわせて徐々に増やすと良いと思います。
※今使っている機材のうち、スキマーはバブルキングなので、水量に対して強力すぎる物になっています。多少の添加しすぎはスキマーで回収されると思いますので、実は添加しすぎでしたなんてこともあるかもですが…

なお、リセット前の2013年の運用ではサンゴは確かにパステルになるのですが、栄養が不足しすぎていてそのまま白化したり、環境の変化で白化しやすくなるリスクが高いと感じています。
リセット後の色の変化(2013-06-09)
現状の運用の方がより安全です。

■2.水質パラメータは極力あわせる
2週間に1回は水質測定して、硝酸塩、リン酸塩、Ca、Mg、KH、K+、塩分濃度を測定しています。
硝酸塩は、硝酸塩プロテストキットで検出できないレベルを、リン酸塩はHANNA HI736 Phosphorus Ultra Low Range Checkerで表示上は2~3(0.006ppm~0.009ppm)以下を維持すると良いです。基本的にこれらの値で問題出ることはありませんが、もし検出されたら魚への餌の量とZEOStart3で調整になると思います。
Ca、Mg、KHはカルシウムリアクターで調整です。MgはMgメディアで、KHは電磁弁でCO2の添加時間を変えて調整しています。K+はK-Balanceの添加量で調整です。ただしMgをメディアの量だけで調整するのは難しいのかなと考えています。液体添加剤で調整しようかとも思っています。

■3.水槽の期限管理をしっかり行う
Excelで期限管理しているので、定期的なメンテナンスもちゃんと行っています。
水槽の管理について

リアクター類のメンテナンス、定期的な蛍光灯の交換等々、マメなメンテナンスは重要です。水流ポンプのコケ取りは流量がかなり低下していたりするので特に重要です。

■4.普段のメンテは楽して、なるべく水槽の様子を見ることに時間を使う
海外の機材…とくにApexで楽に、安全に運用できるようになりました。
http://mjneko.blog.fc2.com/blog-entry-107.html
機材のON、OFFし忘れなんて起きないので、操作ミスで水温低下、水質悪化みたいなことは起こりにくくなっています。
RO水の生成から蒸発した水の補充は自動化したので、日々の管理は楽になっています。(リアクターしゃかしゃか、添加剤と魚の餌でだいたい7分ぐらいで終わります)

機材で楽した分、水槽の様子をじっくり観察することに時間が使えるようになります。サンゴの変化はゆっくりなので、写真などで定期的に記録して変化を見ていくのも良いと思います。(このBlogでもそのような記事を書いています。1~2ヶ月ぐらいで比べていくと変化に驚きます。)

■5.システムに合ったサンゴを選ぶ
水槽システムの制約上、どうやってもあわないサンゴはいますので、システムに適したサンゴを選ぶのがまず必要かと思います。過去のサンゴの色変化を記録してあるので、このあたりは何となくわかるようになってきました。

サンゴの茶色い部分の色が抜けたときに、本当に綺麗に見えるのか?を考えてると良いかなと思います。スゲミドリイシやヤスリミドリイシ等、茶色い部分がないと色が全部無くなってしまうのでは?と思えるサンゴは買わない方が無難かなと思います。(成長点だけ色が残って綺麗に見えるケースもありますが、それもなくなるとただの色が薄いサンゴができあがるので…)

本家のyoutube動画を見て、色合いの良さそうな気に入ったサンゴの種類を選ぶと良いかと思います。色が薄すぎるサンゴは買わずに、蛍光色の強い物を選ぶと良さそうです。深場は怖いので手を出していません。LPSは去年死なせてしまうことが多かったので手を出していませんが、他の方の水槽を見ると意外と飼えるようです。

産地としては、ZEOvitはもともとインドネシア産のサンゴを綺麗に育てることを目的に作られたそうなので、相性としては一番よいかと思います。

赤いクシハダミドリイシとの相性は良さそうです。

ハイマツ系(グリーン、レッド)は維持できますが、いまいち色が良くならない印象です。成長点も出て、活着もするので調子は
良いのですが。

トゲ、ショウガはピンク系がZEOvit + T5の得意とするところかと思います。

パープル、グリーン系のウスエダは綺麗な色合いになることが多いです。

ユビ系は今実験中ですがそんなに悪くないかなと思います。本家で綺麗な色になっているのであれを目指しています。

スゲミドリイシは成長点以外の色が飛ぶ傾向にあります。成長点の色を死守するには添加剤が必要なのかなと思います。

トサカ系のソフトコーラルとの相性は良さそうです。今のところ元気に成長しています。

■その他
ZEOvitのマニュアルに書いていないことですが何となくこれも重要なのかなと思うところも書いておきます。

①魚への給餌
 魚にあげた餌はその後糞として排出されますが、それがサンゴの良い餌になると感じています。
2012年の水槽は魚に餌をたくさんあげていたので異常なほど濃く色揚がりしていました。パステルにしつつ、色合いはしっかり残すために魚への給餌は重要な要素かなと思います。栄養塩が出るほどあげるのはダメですが…
サンゴの色の変化、成長等(2012-11-04)
ただしこの頃はリーフカラーも使っていたのでその影響も0ではないと思います。
ドーシングポンプについて(2012-06-12)

糞の質を考えると、植物質の餌が良いのかなと思って、メガバイトグリーンをメインに週5日はあげています。あとはSURE Rを週に2回ですね。いずれもスプーン2杯/日ぐらいが目安です。少しあげすぎかなと思いますが…

②底砂の掃除
 結構デトリタスたまるのでやっておいた方が良さそうです。

③長期飼育のための添加剤
 パステル化で抵抗力の下がったサンゴを長期間維持するためにCoral Booster + Flatworm Stopが重要に思います。

④サンゴを直接さわらない&なるべく手を入れない
 手に付いたバクテリアの量とZEOvitシステムもBPシステムであることを考えると、サンゴを直接さわったりなるべくしない方が良いのかなと思います。おまじないかもしれませんが。手袋はこちらで載せています。
 メンテナンス用品まとめ

■やらないようにしていること
うまくいかなかったりで諦めて制約をかけていることをまとめてみます。全ての生体がうまくいく水槽はないので、ある程度の割り切りが必要かと思います。

①白点病にかかりやすい魚、サンゴを食べる魚は入れない
 チョウチョウウオ、小型ヤッコ、フグ系は買わないようにしています。うまく飼えている人がうらやましい!
②深場、陰日性のサンゴは入れない
 うまく飼っている方もいらっしゃいますが…
③他のシステムの添加剤、バクテリア剤を使わない
 どう影響するかわからないので使いません。
④殺菌灯、オゾン、オキシドールを水槽で使わない
 トリートメントに使うのは良いと思いますが。
⑤ライブサンドを使わない
 マニュアルでも禁止されています。
⑥石油の暖房器具を使わない
 pHが大きく下がるらしいので。
⑦スプレー系の殺虫剤を使わない
 エビをはじめ、悪影響があるようです。

-----

サンゴを飼育する上で、ショップ方のアドバイスがありがたいです。
AQUA LOVERSの鈴木さん、Coral-labの大塚さん、ナチュラルさんに聞けばZEOvitをはじめサンゴ飼育については間違いないかなと思います。システムにあったお勧めのサンゴも教えてくれますよ。
なお、サンゴ飼育での基本的なことはAQUA LOVERSの鈴木さんが動画で語られていますので参考になると思います。
LssTV

ZEOvit関連
LssTV57
LssTV58
LssTV59

ベルリンシステム関連
LssTV62
LssTV63
LssTV64

AQUA LOVERSさんもCoral-labさんも、長期在庫しているサンゴはどんどん綺麗になっていくので、入荷当時と比べるとびびります。

-----

ここに書いてあることはあくまで現時点での考えなので、今後の経験で変わった部分があればまたまとめていきたいと思います。



B!
関連記事
ZEOvit | コメント:(4) | トラックバック:(0)

サンゴの色の変化について(2014年12月)

2014-12-13
記録として書いておきます。
添加剤を見直して以来、サンゴが岩に活着してどんどん成長していっています。様子見でライブロックの上においておいたら、そのまま活着して折らないと動かせない状態になることも。

■ユビ系@B-BOX 八潮店さん
11月30日時点
形は良いけど結構茶色
20141213_010.jpg

本日
わずか半月で本来の黄色が出てきました。この変化の早さはちょっと心配です。
20141213_020.jpg

■イバラカンザシ@B-BOX 八潮店さん
11月30日時点
購入したばかりで引っ込んでいました。
20141213_030.jpg

本日
ようやく咲いてきましたが、ちょっと小さいですね。
土台になってるハマサンゴは茶色が抜けてきました。
20141213_040.jpg

■オージースギ@Coral-Labさん
9月7日時点
青くなるかなと思って購入。
20140914_030s.jpg

10月14日時点
わかりやすく成長点が伸びてきました。色はどちらかというとパープルっぽくなってきました。
20141014_010s.jpg

本日
角度が違うので比べにくいですが、結構なスピードで成長していっています。
20141213_050.jpg

■コエダミドリイシ@AQUA LOVERSさん
9月15日時点
こちらも青くなって欲しくて購入。
20140914_050s.jpg

10月14日時点
20141014_020s.jpg

本日
調子良く成長していっています。アイスブルーにはならず、ちょっとグリーン系のまま変わらなさそうです。土台をつけてみましたが結構重いので傾いています…
20141213_060.jpg

■チヂミトサカ@Coral-Labさん
7月12日時点
20140713_450s.jpg

本日
左から、チヂミトサカ@あなごんべさん、トサカSP@B-BOX八潮店さん、チヂミトサカ@Coral-Labさんです。
ZEOvitでも、Amino Acid Concentrate LPSの効果かソフトコーラルは十分成長するようです。下から上に向かう水流によって綺麗に咲いてくれます。Tunzeの下あたりにおいていると、中央でぶつかった水流が底砂を撫でてからポンプに戻る流れができるので、トサカ系にはベストな水流になってると思います。
20141213_070.jpg

■サンカクミドリイシ?@コスタリアさん
8月10日時点
20140816_220s.jpg

10月14日時点
あまり変わらないように見えますが、全体的に枝が伸びてきています。
20141014_110s.jpg

本日
順調に伸びてきています。色もグリーンを維持
20141213_080.jpg

■エダミドリイシ@スプラッシュさん
6月14日時点
元は濃いグリーンでしたがどうしてこうなった。
20140615_070s.jpg

本日
高い位置に置いているせいか茶色が濃くなってきました。
20141213_090.jpg

■クシハダミドリイシ@ナチュラルさん
8月10日時点
濃い赤から急激にピンクへ変化したので、維持できるか心配でした。
20140816_002s.jpg

10月14日時点
意外と変わらないみたい。
20141014_030s.jpg

本日
赤く戻ってきました。レイアウト変更で空気に触れたのと、少し高い位置に置いた影響かなと思います。
ハイマツやクシハダはストレスを与えたときに繊細に反応する気がします。
20141213_100.jpg

■コエダミドリイシ@ナチュラルさん
10月4日時点
アイスブルーになるサンゴです。
20141005_160s.jpg

本日
成長点がはっきりしています。折れていた箇所も成長点ができて伸びてきています。
ZEOvitでのアイスブルーカラーにはちょっと遠いかな。
20141213_110.jpg

■ウスコモンブリード@AQUA LOVERSさん
9月15日時点
20140914_070s.jpg

本日
厚みが出て成長中です。
20141213_120.jpg

■オージーのショウガ@CoralLabさん
8月10日時点
20140816_095s.jpg

10月14日時点
20141014_060s.jpg

本日
そこそこ成長してきました。端っこの方においているので色はちょっと悪いかも。
20141213_130.jpg



B!
関連記事
色の変化 | コメント:(4) | トラックバック:(0)

ツアーに参加しました!(2014年11月)&メンバー募集!

2014-12-04
10月はメンバーの予定があわずにツアー無しでしたが、11月は開催されました。
今回はツアーメンバー募集のお知らせがあります。参加したい方はこの記事の最後をご覧ください。

メンバーはいつものあなごんべさん親方~さんです。どにゃさんは水槽構築中なので今回は参加無しでした。


■1店目 B-BOX八潮店さん

ボーナス時期なのでセール中でした。コエダミドリイシがそこそこ入荷していました。
20141203_005.jpg

発売されたばかりのmaxspect Gyre XY-150が入荷していました。水流ポンプの整理を目的に欲しいなとは思っていますが、少し様子見しています。

サイズの良い感じなコエダミドリイシを買うか、フィジーの綺麗なユビ系かインドネシア産と思われるユビ系かで迷いましたが、結局インドネシア産の方を購入しました。あと、フレンチのクリーニング用にセール中で格安だったスカンクシュリンプを購入しました。エビを買ったのはおそらく3年ぶりぐらいです。大量水替えで死なせてしまうことがあったので自粛していましたが、今なら飼えるかなと思って購入しました。
あと、久々にイバラカンザシを見たので購入しています。


■2店目 昼食

ラーメン屋さんは混んでいたので、すき家で昼食。


■3店目 アクアライズさん

相変わらず魚他が安い… でももう魚は入れられないので買わず。


■4店目 CoralLabさん

Gyreのデモ機をさわらせてもらって、やっぱり水流良いな~と感心していました。が…結局は土台用にライブロックのかけらを100gほど購入しました。

今回は人数も少ないのでさくっと終了になりました。

-----

B-BOX八潮店さんで購入した、インドネシア産と思われるユビ系。
形はそこそこですが、色は茶色が濃いですね。すっきりとした黄色になってくれることを願っています。
ちなみにフィジー産のユビ系は綺麗すぎてZEOvitには無理そうだったので諦めました。
20141203_010.jpg

参考までに10月AQUA LOVERSさんで購入したユビ系。結構茶色でした。
20141203_020.jpg

同じサンゴですが、色が薄くなって下地のパープルが見えてきました。
20141203_030.jpg

イバラカンザシ…ですが中の人が出てきていないですね。
売っているときはブルーが多めで綺麗でした。
20141203_040.jpg

スカンクシュリンプとライブロックの画像は無しです。

-----

最近購入した生体を紹介します。

コエダミドリイシフラグ@ナチュラルさん
右側はワイルドもので、今回購入したのが左側のフラグになります。枝分かれして大きくなってくれることを期待。
なお、ワイルドものの背が高すぎるのでカットしてフラグにしようかと思っています。
20141203_050.jpg

エメラルドグリーンクラブ@東京サンマリンさん
バロニアや硬いコケが買ったサンゴに付いていることがあるので、それの除去用です。
20141203_060.jpg

トゲアシガニ@東京サンマリンさん
動きが速すぎてキモイと噂のカニですが、コケや海藻掃除には非常に役立ってくれます。
20141203_070.jpg

-----

コモンサンゴは茶色が抜けてピンクっぽくなってきました。
20141203_080.jpg

あなごんべさん向けに、水槽を眺めるネコ。フランジの上にいることも…
20141203_090.jpg

サビネコ。毛並みがいまいちだったのでこの後お風呂に入れました。
20141203_100.jpg

-----

ツアーメンバー募集のお知らせ!
あなごんべさんの依頼を受けて募集します。

あなごんべさんが車を買い換えて乗れる人数が増えましたので、一緒にツアーに参加したい、「AREA(港南台店)」「かねだい東戸塚」「旧ティアラ希望ヶ丘」「東京サンマリン」周辺にお住まいの方を募集します(最大3名ぐらいです)。
ご希望の方は、この記事にご連絡先(メールアドレス)を「非公開コメント」で書き込んでください。何か質問があればコメントに書いてください。

・日程は土日祝日です。
 なお12月のツアーは23日(火・祝日)を予定しています。クリスマス関連イベントは21日あたりか、23日の夜に設定してくださいw
・ガソリン代+高速代は割り勘になります。



B!
関連記事
ツアー | コメント:(8) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。