06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

トリトン測定結果まとめ(2015年2月~2016年6月)

2016-07-18
地味に継続していたトリトン測定ですが、前回から半年以上経過したのでまとめてみます。前回の記事は「トリトン測定結果まとめ(2015年2月~10月)」を見てください。

そういえば…最近トリトンのサイトがリニューアルされました。2016年6月の測定結果で見ていきたいと思います。

ひとまずWarning lampはどの位置にあるのかわかりやすくなりました! 以前は緑、黄色、赤でざっくりと示されていただけでしたが、これはわかりやすくなりましたね
AI アルミニウムがかなり減りました。Cu 銅は検出されていません。そして測定装置の改善によりLa ランタン、Sc スカンジウム、W タングステンも測定できるようになったようです。
20160718_010.jpg

主要な微量元素系は問題なしですね。Li系も同様。
20160718_020.jpg

I ヨウ素の値が改善しました。Fe系は検出されず。
20160718_030.jpg

Ba バリウムが変わらず多め。Si ケイ素は問題なし
P リンは振り切っています… やばい
20160718_040.jpg

エラー訂正シート(Error Correction Sheet) - Help が追加されました。元素毎に、その影響と想定される原因、それを減らすために行うことが書かれています。クリックで拡大します。
例えばモリブデンはバクテリア(シアノとか)の成長を促すよとか書かれています。
20160718_050.jpg

バナジウムは底砂とかに含まれるみたいですね。水換えの少ないシステムだと過剰になって問題になるのかも。リン、リン酸塩が多いのはエサとかが原因でしょう
20160718_060.jpg

エラー訂正シート(Error Correction Sheet) - Dosageは、足りないものに対してどうトリトン添加剤を入れていけば良いのかが示されています。
20160718_070.jpg

添加の注意点とかもしっかり書かれるようになりました。読んでみると面白いです。Zn 亜鉛とかあっという間に消費される元素についてもどうやって消費量を見つければ良いのか書かれていますね。
20160718_080.jpg

-----

2015年2月から2016年6月までの変化を見ていきます。

とりあえず値はこんな感じ。クリックで拡大します。
20160718_090.jpg

二枚目
20160718_100.jpg

値では変化がよくわからないと思いますので、グラフにしていきます。ちなみにトリトンのサイトでもグラフ表示できるようになりました

重金属についてはアルミニウムが順調に減少してきています。それなりに生体消費されるのかも。銅はたまに検出されたりしています。どこから??
20160718_110.jpg

主要な微量元素はこんな感じ。ナトリウムが下がったということは、塩分濃度が下がったということですね。油断大敵。
よく見るとカルシウムがかなり下がっています。3ヶ月ぐらい測定しなかったらカルシウムリアクターのメディアが減っていて結構下がっていました。なのでカルシウムリアクターをメンテナンスして、トリトンのカルシウム添加剤を入れて適正値に戻しました。
20160718_120.jpg

ストロンチウムと硫黄は基準値ですね。
20160718_130.jpg

過剰だったモリブデンは徐々に減少中です。減った理由は謎… シアノバクテリアが消費している可能性も…?
20160718_140.jpg

ヨウ素は基準値まで上昇しました。バナジウムは添加を止めて順調に下がってきています
20160718_150.jpg

バリウムは減ったり増えたりしています。何故…
20160718_160.jpg

リン酸は一時期ちょっと下がったものの、やはりダメみたい。ヤマブキスズメダイ 9匹を減らし、エサを減らすことで下がって行くかな
20160718_170.jpg

リン酸塩を始め栄養塩については現状では下がりにくいので、ヴィーソルト350Lで水換えをして減少させる予定です。1週間に1度90L水換えを3回+残りで約80%水換えする計算になります。これで改善される…かな?

スポンサーサイト


B!
関連記事
トリトンラボ・トリトンメソッド | コメント:(0) | トラックバック:(0)

euroquatics E5を購入しました

2016-07-16
サンゴ水槽システム紹介動画Part10でもちょっと触れましたが、T5蛍光灯としてそのまま設置できるLED照明euroquatics E5を購入しましたので紹介しておきます。日本では発売されそうに無いので、アメリカからの個人輸入です。ちなみに記事長いです


■E5について

ひとまずこれが現物です。送料等の関係で、割安にするため4本まとめて購入しました。ダンボールの筒に一本ずつ保護されています。末端はゴムっぽい素材で保護されています
20160716_010.jpg

中身はこんな感じ。T5に設置できるように端子が同じ感じですね
20160716_020.jpg

E5の優位点は、照度低下が起こりにくいこと(寿命が長いこと)と、消費電力が少ないことです。これによって、初期導入コストは高いのですが、年単位で比べていくと安く済むのが良いところです。クリックで拡大します
20160716_320.jpg

ほんとかどうかこの記事で確かめていきます。

ところで端子の形がなんか2パターンありますね
20160716_030.jpg

T5と比べてなんか短いよこれ… これでは灯具に設置できません。写真を販売店にメールで送って、不良品と言うことで再送してもらうことになりました。今回は転送サービスで日本に送ってもらっている都合上、再送品も送料がかかります。(こういった長細くて割れやすいものを日本に直接送ってくれるショップはありませんでした)
20160716_040.jpg

というわけでちゃんとしたものが届きました。
20160716_060.jpg

端子の形と長さも正常です
20160716_070.jpg

なお、中のLEDはこんな感じになっています。シンプルな造りです
20160716_050.jpg


■E5 ラインナップ

E5のラインナップはこんな感じです。coming soonのところは未発売です。海水水槽で使うのでCool DaylightBlue Popを選びました。Warm Daylightとかはかなり黄色っぽいことが予想されます。超浅場や淡水向けかな
20160716_330.jpg

Cool Daylightのスペクトルはこんな感じです。白LEDですがそこそこ黄色みはありそう
20160716_340.jpg

Blue Popのスペクトルはこんな感じです。450nm青LEDのみの構成のようです
20160716_350.jpg


■照度、消費電力測定方法

管がスペックどおりか簡易測定してみます。KZ T5等は最低2本からしか点灯できないので、こんな感じで2本のペアで測定していきます
20160716_075.jpg

照度測定はフランジ位置です。照明までの高さは20cmぐらいかな
20160716_080.jpg

測定はAR813A、LX-1010Bを使います。以前から使っていて校正もしていないので、相対評価ぐらいにしか使えません
20160716_090.jpg

ワットチェッカーで2本ペアの消費電力も一緒に測定します
20160716_095.jpg


■照度、消費電力測定結果

測定対象と測定結果まとめるとこんな感じです。
組合せ
AR813A
(Lux)
LX-1010B
(Lux)
省電力
(W)
1Wあたり
のLux
E5 Cool Daylight x 210,5008,20055190
E5 Blue Pop x 28,7006,80056155
ATI Coral Plus x 218,40014,40099185
KZ NEWGeneration x 218,90014,80099?190
ATI Purple plus+Actinic13,50010,70099?136
8本すべて43,30033,500310103
8本すべて、 距離を離した場合41,500-31098

今回購入したE5の他、新品のT5管も測定してあります。
E5は消費電力が55Wに対してT5は約100Wなので省エネですが、照度は10,500Luxに対して18,900Luxなので約半分。比較しやすいように1WあたりのLuxを算出していますが、これで比べると同じぐらいの効率です。
ということで、E5を使うと単純に消費電力は半減して、その分照度も半減することになります。従来どおりの照度を確保するなら、水面に照明を近づける必要がありますね。単純に全部E5に換えたらそれでOKとも行かなそうですね。半分ぐらい換えて寿命や照度低下が無いことに期待といった使い方が良さそうです。
なお、下二つは消費電力測定をミスったので想定です。(WattではなくVolt表示のまま撮影してしまったため)


■各ペアの色合い

色の違いを見ていきます。

■E5 Cool Daylight x 2

水槽の見え方はこんな感じ。少しグリーンが強く見えるかも
20160716_100.jpg

照明としては白管ですね。ほんのり黄色いかな?
20160716_105.jpg

■E5 Blue Pop x 2

450nmブルーLEDなので、青で埋め尽くされますね
20160716_110.jpg

参考までに、どにゃさんに作っていただいた450nmスポットLEDはこんな感じ 照らし方が違うだけで基本的には同じ感じです
20160716_360.jpg

青すぎますね。色温度補正の限界…
20160716_115.jpg

■ATI Coral plus x 2
結構青いかな? 2本だけなのでどうしても暗く見えてしまいます。もっと本数があればバランス良いかなと思います
20160716_120.jpg

白+ブルーみたいな感じ
20160716_125.jpg

■KZ NEWGeneration x 2
意外と青もあるのね
20160716_130.jpg

20160716_135.jpg

■ATI Purple plus + Actinic
この組み合わせは暗く見えるのはしょうが無いですね
20160716_140.jpg

Actinicの色合いは肉眼では薄く暗い青に見えます
20160716_145.jpg

■全部
8本フル装備はこんな感じ。明るくなりました。ATI Coral plusは使用していません。
20160716_150.jpg

左側…水槽の手前からこんな組み合わせです
1本目 E5 Cool Daylight
2本目 KZ NEWGeneration
3本目 E5 Blue Pop
4本目 ATI Actinic
5本目 ATI Purple plus
6本目 E5 Blue Pop
7本目 KZ NEWGeneration
8本目 E5 Cool Daylight
20160716_155.jpg

水槽の見え方をまとめるとこんな感じ。クリックで拡大します
20160716_160.jpg


■E5の設置について

さて、E5は実はけっこう柔らかいので、そのまま設置するとたわんでしまいます。正面から見ると反射板よりも更に下にきて、結構まぶしく見えます。このままだといまいちなので対策します
20160716_170.jpg


■解決案1 コマンドフック

解決策はシンプルで、反射板側まで持ち上げれば良いです。この配線をまとめるためのコマンドフックコードクリップSサイズ、CMG-2Hがよさげだったので買ってみました
20160716_180.jpg

本来はフックでひっかける感じにしますが、
20160716_190.jpg

T5/E5は直径16mmぐらいあって太すぎます
20160716_200.jpg

とりあえず反射板に貼り付けて
20160716_210.jpg

針金でねじってあげれば固定完了です
20160716_220.jpg


■解決案2 タイベース

解決策1は針金がぽろっと落ちるので、もう一つの解決策です。結束バンド用のタイペースを使います。19ミリ角の小型のものです
20160716_230.jpg

針金を通せるので落ちたりしなくなります
20160716_240.jpg

ただし引けば抜けてしまうので、アロンアルファゼリー状No5で固定します
20160716_250.jpg

固まったら反射板へ
20160716_260.jpg

これがねじる前
20160716_270.jpg

ねじってあげれば反射板の中に収まって見えなくなります。こちらの方がやはり楽ですね
20160716_280.jpg


■設置前後比較

こちらがE5設置前です。どにゃさんに作っていただいたLEDが3灯(ブルーx2、UVx1)で、T5は6灯のみです。6灯だとどうしてもちょっと暗く見えてしまいますが、T5交換コストを減らすためにガマンしていました。
20160716_290.jpg

こちらがE5設置後です。Blue Popを導入したので、どにゃさんに作っていただいたLEDは1灯(UVx1)に減らすことができました。T5/E5は8灯になり、消費電力は変わらずに見た目は明るくなりました! また、照度的にも少し強くなったので照明をちょっとだけ上昇させることができました。これでメンテナンスしやすくなりました
20160716_300.jpg

ちなみにE5 Blue Pop+どにゃさんLEDのみの時間も作っています。これだとグリーンのサンゴやマメスナの蛍光色が良く見えて良い感じです。
20160716_310.jpg

というわけで、T5交換コストは抑えながらも(T5管は今後も4本交換し続けます)、水槽は明るくメンテナンスしやすく改善されました。あとはE5が故障せずにどれぐらい持ってくれるかがポイントですね。E5は3年保証ですが、故障した際は送料を考えると買い直した方が良い可能性もありますね…



B!
関連記事
ATI T5/KZ T5/E5 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

底砂掃除(2016年7月)

2016-07-15
栄養塩が増えてきたり、コケが増えてきたので10ヶ月ぶりぐらいにちょっと多めの水換えと底砂を掃除しました。

ひとまずRO水の質が悪いと意味が無いので、クロノスレインのDI、活性炭、セディメントフィルタを交換しました。

塩はどにゃさんから譲っていただいたPRO-REEF Sea Salt 60リットル分を使います。ZEOvitの塩は水換え量が少なくなるように一部成分が多めなので、こういった使い方はできないです。
20160715_010.jpg

いつもの35Lバケツでは無く、70Lの角型ペールを使って塩を溶かします。この日は暑かったので、室温を下げるため室内のエアコンを全力運転しました。
20160715_020.jpg

大型のNC BOXに水槽の水をいれ、サンゴを隔離していきます。エアポンプを使って酸素供給は必ず行います。片方はコンパクトポンプ1000で水流も作ります
20160715_030.jpg

よく見るとサンゴが水面の上に… これが後々問題に…
20160715_040.jpg

どにゃサンゴもバケツに入れて隔離します
20160715_050.jpg

上から見るとこんな感じです。直径29cmほどに成長しました。これ以上大きくなったら隔離できないかも
20160715_060.jpg

ライブロックも取りだした状態はこんな感じ。魚はエラ虫、ハダムシ治療をついでに行いたいので隔離します
20160715_070.jpg

水が多いと魚の隔離がとても大変なので減らします
20160715_080.jpg

もう夏なので隔離用バケツにもクーラーが必要になります。ペルチェ式ですが真夏35℃になる室内でも25℃ぐらいまでは冷やせます
20160715_090.jpg

魚は動きがとても速いので隔離が大変…
20160715_100.jpg

その後底砂を掃除しました ナマコを入れていましたがやはりデトリタスは多めでしたね
20160715_110.jpg

ついでに、ツツウミヅタが活着してしまったウミキノコフラグを分離します
20160715_220.jpg

土台の岩が硬すぎるので、ダイヤモンドソーの出番です 久々の活躍です
20160715_120.jpg

カットした岩をフラグに再固定します。固定にはこちらのdupla marine frag fixを使ってみます。お試し版としてちょっと分けていただきました
20160715_130.jpg

電子レンジで水を70℃ぐらいまで温めて、そこに入れると透明になっていきます
20160715_140.jpg

既に柔らかくなっています
20160715_150.jpg

スプーンとかフォークを使うとまとまります
20160715_160.jpg

こんな感じで柔らかくなります
20160715_170.jpg

フラグに固定します 粘着力は無いので、土台も引っかけるようにします
20160715_180.jpg

飼育水に浸けると温度が下がってすぐに固まります。なおもう一度お湯に浸けて再利用できます
20160715_230.jpg

というわけでサンゴを戻して、トリートメントが終わった魚を後で戻して完了です
20160715_190.jpg

そして… レッドドラゴン原種フラグと
20160715_210.jpg

オージーヤセミドリイシフラグが
20160715_200.jpg

白化しました… 水中に入っていなかったことに気付かなかったせいですね… CBCさんすいません 他のサンゴや魚は無事です

水質を改善するため、ヤマブキスズメダイ9匹をショップに引き取っていただきました。また水質改善としては不十分なので、さらに先日のツアーで購入したヴィーソルトを使って水換えを行う予定です



B!
関連記事
メンテナンス | コメント:(2) | トラックバック:(0)

ゆっくり解説 サンゴ水槽 システム紹介動画 Part10

2016-07-10
Part10ができました。各メーカーから販売されているサンゴ水槽用の機材のうち、照明(T5蛍光灯、メタハラ、LED、プラズマ)を紹介します。他の機材紹介は順次作成していきます。

なお、照明おまけ編はどうやっても入りきらなかったので、次回紹介します。色温度補正、オレンジフィルム、Adobe Lightroom、照明吊り下げあたりを紹介しようかなと思っています。

以降はこんなネタを考えています。他に動画にして欲しいネタがあれば教えてください。
各種機材の詳細解説のつづき
新規立ち上げ時のZEOvitオススメ機材
機材のメンテナンスサイクル
ZEOvitシステムに向いたサンゴの選び方
サンゴ水槽向けの魚の選び方
クラゲ
飼育しやすいミドリイシの種類



大きな画面で見たい方はこちら

Youtube版はこちら。




B!
関連記事
水槽動画 | コメント:(6) | トラックバック:(0)

ツアーに参加しました!(2016年7月)

2016-07-10
今月もツアーに参加させていただきました。

メンバーはあなごんべさん親方~さんどにゃさんのみやさんhaseさんです。greenさんムコタマさんはお休みです。


■1店目 AQUA LOVERSさん

旧モンスターアクアリウムツアーという話もありましたが、結局通常どおりのツアーとなりましたw

が、開店時間になっても開いていなかった…
20160710_010.jpg

連絡してみるとジャイアン店長は朝方まで寝ずに作業してそうで、遅れて開店となりました。
20160710_015.jpg

例のオーシャンプライムコペポーダの在庫がありました。ツアーメンバーの大部分が購入したかも
20160710_020.jpg

個別の生体については先日の記事ショップ巡り(2016年7月)を見てください

18日(月)まで、フラグを除くSPSサンゴの在庫セールとのことなので、4つある水槽の写真だけ掲載します

ひとつめ
20160710_030.jpg

ふたつめ
20160710_040.jpg

みっつめ
20160710_050.jpg

よっつめ
20160710_060.jpg

LPS水槽のハナゴイがパープルでとても綺麗  導入が難しくあっさり死なれる魚ですが、とても綺麗です
20160710_070.jpg

お湯で柔らかくなる樹脂が販売されていました。フラグの固定の他、ライブロックの固定とかにも使えそうです。失敗しても再利用できるのが良いですね。Twitterで紹介したものとは別メーカーになります
20160710_080.jpg

裏面はこんな感じ
20160710_090.jpg

こちらではヴィーソルト一袋のみを購入しました(先日ラボウテッドラスを購入したばかりだし)。
ヴィーソルトを扱っているお店って実は少ないので助かります。水質改善のため、たまには大量水換えしようかと思っています。

そうそう、とても綺麗なアサヒハナゴイ(アカネハナゴイもいますが)が粒エサじゃんじゃん食べるまでになっていました。ここまで食べるのみたこと無いかも… サイトには在庫載ってないんですよね…


■2店目 昼食

このルートではおなじみですが今回もBIG BOYで昼食です。写真が少ないのでたまには食事の写真も載せておきます。肉系なのでそこそこコスト高いです。
20160710_100.jpg


■3店目 コスタリアさん

マメスナが綺麗だったので買おうか悩んで結局買わず。オレンジのバブルディスクや、ホンケヤリが綺麗でした


■4店目 B-BOX松戸店さん

結局買わず…
それにしてもこの季節は暑いですね。車の中も駐車中は凄い暑さになるので、生体は発泡スチロールの箱+保冷剤の中に入れています。


■5店目 B-BOX八潮店さん

フジイロサンゴアマダイがとても綺麗でしたが売約済みでした。ベントラまた入荷していましたね
動画作成の参考に、水槽用クーラーのパンフレットをいただきました

-----

というわけで今回はこれだけです。まぁラボウテッドラスペア購入したからね
20160710_150.jpg



B!
関連記事
ツアー | コメント:(4) | トラックバック:(0)

ショップ巡り(2016年7月)

2016-07-07
水槽のメインになりそうな大きめのベラを買いに、平日の午後休んでショップ巡りに行ってきたので記事にしておきます。飛び出し対策に水槽のフタは設置しましたし、たくさんいたヤマブキスズメダイは里子に出しました…


■1店目 東京サンマリンさん

ひとまず注文しておいたオーシャンプライムコペポーダを受け取りました。冷凍餌のコペは0.6mmも無いぐらいちいさいものですが、こちらは2mmもあります。ハナダイとかに良さそう。以前は大きめコペが冷凍餌で販売されていましたが、入荷が数年途切れていました。ようやく別メーカーから発売となった感じです。
20160707_010.jpg

裏面
常温保存なので輸送しやすいですね。開封するとすぐ使い切らないといけないので、冷凍して使います。
20160707_020.jpg

中身はこんな感じ。未開封なら2~3年保存できるそうです。
20160707_030.jpg


■2店目 AQUA LOVERSさん

電車で移動してAQUA LOVERSさんへ。いつものことながらベラの在庫が凄いです。ベラはサンゴを食べたりしないのと、丈夫で病気にかかりにくいので、サンゴ水槽には最適です。ただし飛び出しには注意

どのベラも綺麗で、どれを選ぶか非常に悩みました…

パイルズフェアリーラス ペア
胸ビレ?が非常に長くて綺麗です
20160707_040.jpg

ローンボイドフェアリーラス 金色っぽい珍しい色合いで綺麗です。以前飼っていたのですが片方飛び出ししてしまいました。こちらはペアでは無く片方だけです。
20160707_050.jpg

ラボウテッドフェアリーラス ペア 独特の色合いが綺麗です。いつか買いたいと思っていたベラです
20160707_060.jpg

この他、スコットラスのペアやフォーラインラスが綺麗で悩みましたが、結局初心どおりラボウテッドラスペアを選びました。

魚の在庫は結構豊富でした。ちょうど良いサイズのナンヨウハギも。あとアカネハナゴイとかも状態ばっちりでした
20160707_070.jpg

魚(確かクイーンエンゼル)のトリートメントをしていたので撮影。Safety Stopを使用してトリートメントしていました。こんな感じでちゃんとトリートメントしてから魚を販売されているなら安心ですね。極端に安い店だとトリートメント無しだったりして、自分でやるとかなり塩代がかかります。
20160707_075.jpg

Safety Stopは使い切りのトリートメント剤です。淡水浴でも落とせないような寄生虫を排除するために良いようです。
20160707_076.jpg

サンゴの置き場はもう無いので買えませんが、サンゴの在庫はこんな感じでした。どれも綺麗です
20160707_080.jpg

ショウガサンゴは変わらず良い色でしてます
20160707_090.jpg

いくつかフラグも作成されているようです
マメスナやミドリイシフラグ用にこのラックを購入しました
20160707_100.jpg

中央付近のサンゴ水槽はこんな感じです
20160707_110.jpg

ちゅらフラグです。フラグという割にかなりの大きさ。ほとんどフルサイズですね
20160707_115.jpg

こちらも綺麗なブルーです
20160707_116.jpg

深場系かな。サイトに載っているものよりもグリーンが濃くなっているようです
20160707_130.jpg

デサロウィ系かなとおもいます。ベースのブルー?シアン?っぽい色合いが素敵です
20160707_140.jpg

ストロベリーショートケーキ
20160707_150.jpg

ブルー?パープル系? 綺麗ですね
20160707_160.jpg

種類がわからないですが綺麗だったので
20160707_170.jpg

グリーン系
20160707_180.jpg

ハイマツミドリイシ うまく撮れていませんが鱗状で綺麗
20160707_190.jpg

20160707_200.jpg

オージーのマメスナですね かなり珍しいかも
20160707_210.jpg

チヂミトサカの林は変わらず綺麗です 地味に下の方に小さいのが増えてきてますね
20160707_220.jpg

ポリプ先端がちょっとピンクなハナガササンゴ
20160707_230.jpg

-----

というわけで購入したものはこちらです。口の小さい魚用にメガバイトグリーンSも買いました。
20160707_240.jpg

AQUA LOVERSさんでもオーシャンプライムコペポーダが入荷していました。それをあげたときの写真はこちら
20160707_250.jpg

拡大すると微妙にコペポーダの形がわかるかな?
20160707_260.jpg

動画はこちら




フラグラックは後で設置します
20160707_270.jpg

前回のツアーで購入した隔離ボックスです。ラボウテッドラスが水槽に慣れるために一時的に使う予定です
20160707_280.jpg

まぁドボンしても問題は無いと思いますが、高い魚なので軽くトリートメントします。夏場は水温が高くなるので、バケツにもクーラーが必要ですね
20160707_290.jpg

ここでしばらく落ち着かせてから水槽に入れます
20160707_300.jpg




B!
関連記事
ツアー | コメント:(4) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...