11-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>01-

水槽移設

2016-12-24
諸事情あって、水槽を今置いてあるところから右にスライドさせることにしました。移設作業にあたっては作業量が多すぎるので、haseさんに協力いただきました。本当にありがとうございました!

□計画編

とりあえずこちらが移動前の水槽です
20161224_005.jpg

左にある水槽を右に移動させます。荷物置き場になっているのでこれらはもちろん移動させます。
20161224_010.jpg

作業量を見積るため、水槽移動計画書を簡単に作成してみました。クリックで拡大します。水槽を移動させるには当然中の生物を一度待避させ、ライブロックや底砂を全て取りだし、水を取りだし、水槽を移動、キャビネットを移動させ、電気配線を繋ぎ直して再度戻す必要があります。120cm水槽でやるにはかなり大変です
20161224_020.jpg

生体への負荷を考えてその日中に完了できるか事前に計画しておくことが大切です。また今回はhaseさんに手伝っていただきますので、作業順のイメージのすり合わせにも使えますね
20161224_030.jpg

それにしても作業量が多い… 普通に午前中から開始して22時過ぎる予定です。一人ではかなり無理がある感じ
20161224_040.jpg

作業効率を上げるため、いつも使っているコンパクトポンプ1000ではなく、ネワジェット 2300を吸い出しポンプに使います
20161224_050.jpg

ACポンプですがスイッチを入れれば良いだけなので手軽です
20161224_060.jpg

流量調整もできます
20161224_070.jpg

内径19mmホース 5mに接続しました。5mあると水槽から流しまで直接水の移動ができるので便利です
20161224_080.jpg

塩ビ管16Aでコの字にしました。今回の作業ではバルブを使っていませんが、あるととても便利なので後日加工しました
20161224_090.jpg

どにゃサンゴは以前の段階で直径29cmほどになっており、手持ちの35Lバケツにはギリギリといったところでした
20160715_060.jpg

というわけで、今回は70Lバケツを購入しました。直径の違いがわかりやすいと思います。この手のバケツは丈夫で、5L毎に目印の線が付いていたりして使いやすいです。重ねられるのでスペースもさほど取りません
20161224_100.jpg

水換えように85Lほど新しい海水を用意しました
20161224_110.jpg

□実行編

というわけで飼育水をバケツ等に待避させて、サンゴを隔離していきます
20161224_120.jpg

どにゃサンゴは高さもあるので照明を取り除きました
20161224_130.jpg

上から見るとこの大きさ。ちなみに右下の黒いところは、以前レイアウト変更のときに他のサンゴを落としたことで白化した部分です。その後コケがはえてきました。白化部分は拡大しなかったのでそのうち戻ると思います
20161224_140.jpg

隔離先のバケツには水流ポンプを入れておきます。これで酸素供給されます
20161224_150.jpg

隔離したところはこんな感じ。バケツが大きいのでサンゴが小さく見える?
20161224_160.jpg

荷物を移動させてスペースを確保
20161224_170.jpg

サンゴはNC BOXに水を入れて隔離しました。エアレーションと水流を作っています。水温は床暖房で25℃を維持します。もちろんヒーターでも良いです
20161224_180.jpg

サンゴをフラグ化しているので隔離が楽でした
20161224_190.jpg

良い時間になったのでいったんお昼休憩。食事を作る時間短縮のため、前日に用意済みです。先日、群馬の草津温泉に行ってきたのでおっきりこみを大量に作っておきました
20161224_200.jpg

魚もバケツに隔離しました
20161224_205.jpg

久しぶりにコーナーボックスの中身を見ました。静音化のため、ビニル紐をたくさん入れてあります
20161224_210.jpg

結構な長さが入っています
20161224_220.jpg

haseさんに手伝っていただき、水槽を台車へ移動しました。水槽マット見たの久々ですね
20161224_230.jpg

キャビネット下に入れていた水槽マットが圧力でつぶれていました。キャビネット底面はフラットでは無いため、こんな感じでつぶれてしまったようですね。ゴム板の方がつぶれにくいようです
20161224_240.jpg

キャビネットも移動させました。台車があると移動が楽です
20161224_250.jpg

底砂は全て取りだして、海水で洗浄しました

□再設置

ここまで来ると疲れていたので、写真があまり無いです
サンプ側から水槽を見たところです。塩ビ管はシールテープを巻いてたたき込んでありましたが、やや不安なのでちゃんと塩ビ接着し直しました
20161224_260.jpg

移動先には照明をかけるフックが無いので、マンションのコンクリの梁に穴開けします。何度も言いますが穴あけるときは管理会社に許可をもらってください
20161224_280.jpg

振動ドリルで穴を開けるときは必ずゴーグルを付けてください。付けないと間違い無く破片が目に入ります
20161224_270.jpg

水槽にはラップでカバーします
20161224_290.jpg

水槽の位置から天井に印をつけて、穴開けします
20161224_300.jpg

アンカーを差し込んで、金折をネジ止めしました
20161224_310.jpg

ワイヤーをかしめてフックを取り付ければ完了です。金折の穴が小さすぎてフックが入らなかったので…
20161224_315.jpg

砂を戻して海水を入れていきます
20161224_320.jpg

生体を戻し。簡単に書いていますが、疲労は限界に近いw 予め手順をまとめておいたので次に何すれば良いか悩まなくて済むのは良いですね。夕食もおっきりこみでした。平麺はやはりうまい!
20161224_330.jpg

お魚を戻してだいたい完了です。生体死亡はほぼ無しで、フラグに付けていた死にかけのコモンが白化したぐらいでした
20161224_340.jpg

クレナイニセスズメは気性が荒すぎるので隔離… ショップに引取をお願いしようと思います
20161224_350.jpg

というわけで無事移動できました。haseさん改めて本当にありがとうございました! この作業量は一人でやったらきっと心折れますw

スポンサーサイト


B!
関連記事
メンテナンス | コメント:(2) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...