09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

サブ水槽設置・配管編(2017年10月)

2017-10-31
サブ水槽検討の続きです。前回の記事は「サブ水槽計画・購入編(2017年10月)」を見てください。


■準備続き

フラグ置き場のためにコーラルブリードロックを購入しました。予め水槽に沈めておきました
20171031_010.jpg

塩ビ管を事前に接着しました。バルブは先月のツアーでブルーハーバーさんで購入しました。メインで使っているものと同じものを使いたいので
給水の流量を確認するため、FMMの1/2インチ流量計を使います。シール剤はヘルメチック F-119を今回も使いました。13A、16Aの給水栓ソケットで接続できます
20171031_020.jpg

16Aに繋ぐためホースとワセリンも用意
20171031_030.jpg

排水管を接着しました
20171031_040.jpg

水槽用の底に敷くために、ADAのガーデンマットを買いました。プレコは厚さ3mm、こちらは5mmです。実はこちらを先に買っていたため、結局ガーデンマットを使うことにしました
20171031_045.jpg

厚さの違いはこんな感じ。左がプレコ、下がガーデンマットです
20171031_048.jpg

床が微妙に凹んでいるので、キャビネットの下に1mm厚のゴム板を敷きました。一部は重ねて2mmです
20171031_049.jpg


■水槽配管計画

日曜日に1日かけて配管を行いました。時間がかかるのでいつものごとく計画しました。大体12時間かかります
20171031_050.jpg

クリックで拡大します
20171031_060.jpg


■下準備

サブ水槽は約80リットルぐらい入るので水をためます。自動水ためプログラムで勝手にたまります。塩を溶かしておいておきます
20171031_065.jpg

底砂はざるに広げて、シャワーで洗浄して乾燥させておきます
20171029_350.jpg


■給水配の配管

一番危険度の高い、底面吹出から変更していきます。底面用のベクトラを停止させました
20171031_070.jpg

底面吹出に繋がる部分をキャップでふさぎます。これだけで水が止まってくれないと、水を全部抜かないと配管できません
20171031_080.jpg

底面吹出のバルブを操作して水が出ないようにしました
20171031_600.jpg

その上で、Vectra L1の青の部分をまわして海水を抜きました
20171031_090.jpg

バルブ操作して、底面排水からの逆流を確認しましたが、無事止まっているようです
20171031_100.jpg

慎重にホースをカットして、配管をねじ込み、ホースバンドで固定しています
20171031_610.jpg

サブ水槽への配管のバルブは閉めてあります
20171031_120.jpg

ホースバンドは錆びる可能性があるので、自己融着テープで巻いてあります
20171031_130.jpg

このあとベクトラを戻して、水漏れが無いことを念入りにチェックしました


■サブ水槽を洗浄

買ったばかりの水槽は結構汚れていたり、ゴミが付いているので洗浄します。お風呂場にダンボールを敷いて横倒しにしてシャワーで洗浄しました
20171031_135.jpg


■排水管の配管

サブ水槽の40A側を配管していきます
20171031_140.jpg

メインの循環を停止させました。そのあと既存の排水管を取り外しました。上が旧配管、下が新配管です。右の方に40Aを延ばしてサブ水槽の排水を受け止めます
20171031_150.jpg

給水、排水両方の配管を行いました
20171031_160.jpg

排水の合流ポイントはこんな感じ。ジャバラでズレを補正します
20171031_170.jpg

メインのキャビネットの穴の開いている位置は、サブ水槽合流にベストな位置でしたね
20171031_180.jpg

給水側をホースにねじ込むときにヘルメチックが外れた… 再接着しましたが乾燥まで12時間かかるので、給水側はドライのまま保ちます
20171031_190.jpg

あと念のためサブ水槽の直下にリークセンサーを置いておきます。もし水漏れがあれば速やかにポンプが停止します
20171031_200.jpg


■底砂&給水

サブ水槽に底砂をいれて、サイフォンで水を注ぎました。こうすると比較的濁りは抑えられます。給水側にはへの字を挿して上に向けて、水が流れないようにしました
20171031_210.jpg

サイフォンで給水したまま放置して、水が透明になりました
20171031_220.jpg


■シリコンシーリング

落し込みの隙間に水が入ると面倒なのでシールします。メインに使った、白の防かび剤無しのシリコンを残してあったので使います
20171031_230.jpg

マスキングテープを貼って、シリコンを流し込みました
20171031_240.jpg

できあがりはこんな感じ
20171031_250.jpg


■できあがり

微妙な高さの違いで、サイフォンで水がサブ水槽に流れます。給水が使えないかわりにこのままにします
20171031_260.jpg

暫定の水流ポンプとして、塩を溶かすのに使っているNWA-2000Sを設置しました
20171031_270.jpg

AQUA LOVERSさんで購入したライブロックを入れました。追加でzeobakを入れておきます
20171031_275.jpg

土曜日に水換えして、日曜日にサブ水槽分の水を入れたので、KHが高くなりました。約7.17dKHです。いつもは6dKHぐらいなので、カルシウムリアクターの排水を全開しておきました。これによってリアクター内部のpHが下がらないようにし、結果としてKHが徐々に低くなります。一週間ぐらいすれば適正なKHになります
20171031_280.jpg


■ガラスフタ

プレコさんに作ってもらったガラスフタです
20171031_300.jpg

設計図どおり、一カ所かけがあります
20171031_310.jpg

ケーブルが綺麗に通りますね。この部分が要らなくなったら90°左に回転させます
キズが付かないようにクッションを貼り付けてあります
20171031_315.jpg


■給水管復活

念のため24時間待って、給水配管に水をとおしました
20171031_320.jpg

サイフォンも停止させてようやく配管完了です
20171031_330.jpg


■静音化対策&配管の支持

サイドフローは落水音が結構大きいので対策します。塩ビ管リングにビニル紐を巻いて、配管にたらしました。12本ぐらいたらしておきました
20171031_290.jpg

排水管の支持のためにこちらを購入しました
20171031_440.jpg

キャビネットに穴を開けて固定しました
20171031_450.jpg

通常は吊り下げに使いますが、今回は持ち上げるのに使っています
20171031_470.jpg

排水管の黒いのは防音シートです。かなり前に買っておきましたが効果ありますね
20171031_480.jpg


■照度測定

Hydra 26 HDの測定を計測しました。出力を抑えめにしても結構高いですね
20171031_340.jpg

見た目が暗く見えても照度は結構高いので注意が必要ですね。色が抜けたり溶けたりする要因になります
20171031_350.jpg


■流量測定

FMMを使って流量測定します。でもポートは全部埋まっているので、メインポンプ用を差し替えます。差し替えた場合にどうなるか試します
20171031_390.jpg

FMMはポート毎に設定を変更できます
20171031_400.jpg

メインポンプは1インチ設定だと1358L/Hです
20171031_410.jpg

これを1/2インチ設定に変更するだけで
20171031_420.jpg

流量は196L/Hになります。APEXの計算では、1回転あたりの流量が6.92倍違うようです
20171031_430.jpg

同様にサブ水槽の流量計を設置すると、1インチ設定で6547L/Hとなりました
20171031_435.jpg

1/2インチ設定では946L/Hで、こちらが正しいです。というわけで、設定変更しなくても差し替えて測定値を6.92で割れば良いようですね
20171031_437.jpg

流量としてはバルブ操作をして底面からサブ水槽に全部流れるようにすると946L/Hでした
バルブを全て解放すると582L/Hなのでこれで行きたいと思います
Vectra L1の出力を上げれば更に流量を上げることができます


■水流ポンプ変更

おやすみ田中さんより、Vortech MP10wQDを譲っていただきました。ありがとうございました
20171031_500.jpg

Ecotech Marineのサイトで流量計算できます。だいたい30%~40%ぐらいが適正みたいです
20171031_490.jpg

落ちないようにタイラップで固定しました
20171031_510.jpg

上手く隣のMP40とぶつからない隙間を空けてあります
20171031_520.jpg

reeflinkでファームウェアを更新しました。今までのものも古かったので更新しておきました
20171031_535.jpg

reeflinkでMP10wQDの設定をしておきます。出力は違っても設定は同じです
20171031_537.jpg


■への字交換

右上のアクリルへの字がありますがやはりコケがはえやすいです
20171031_530.jpg

パウパウ銀座店でブルーのへの字…というか45°エルボを購入しました。黒っぽいHIVP管を挿して、これを差し込めばOKです
20171031_540.jpg

コケは多少目立たなくなるかもですが、あまり変わらないかな…?
20171031_550.jpg

やはりマメに掃除しないとだめかも
20171031_560.jpg


■コーナーボックス遮光

メイン水槽とサブ水槽の間は遮光されていないため塩ビ板を張り付けました。放置すると中が海藻だらけになったりするので結構重要かも
20171031_570.jpg


■フリッパー購入

結局ノーマルフリッパーに戻ってきました。マックスを8mm厚水槽で試してみましたが、かなり重く疲れるので…
20171031_580.jpg

といった感じで無事設置が終わりました。
あと細かいところで、メインポンプの流量が落ちたら底面吹出ポンプも停止するとかのプログラム修正をしています。こういったマメな連動ができるのがAPEXの良いところです。

あとは上手く立ち上がってくれるとよいのですが。
20171031_370.jpg

20171031_590.jpg

スポンサーサイト


B!
関連記事
オーバーフロー水槽 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

サブ水槽計画・購入編(2017年10月)

2017-10-30
サブ水槽検討の続きです。前回の記事は「サブ水槽検討(2017年9月)」を見てください。


■はじめに

イエローヘッドジョーフィッシュがたまに家を失ってうろうろしていることがあります。はやくサブ水槽を立ち上げないと…
20171030_010.jpg

2012年~2013年には、アクリルのマゴタンク300をサブ水槽にしていました。30cmのキューブ水槽です。特定の生体を飼うのに便利でした。
20171030_015.jpg

サイドフロー水槽でしたが、静音化が結構難しい水槽でした。新しい水槽ではどうしようかな
20171030_017.jpg


■オーダー水槽のイメージ

45cmぐらいの水槽はメーカーから色々発売されていますがオーダーで作ってもらうこともできるので、イメージを作成してみました。水槽サイズは450x450x500Hでサイドフロー水槽です。細かい図を作るのは大変なので、イメージができない方はショップの方と相談しながらしてみてください。紙に書くとかでもOKです

図はクリックで拡大します。今回は細かい部分が多いので、Excelで作成しました。1セルが5mmとして、罫線と色を付けていくだけです。これは上から見たところですが、コーナーボックスが最小になるようにしてもらいました。これだけ小さくなるのはサイドフローだからですね
20171030_020.jpg

後ろから見たところはこんな感じです。給水は16Aで、排水は40Aです。三重管だと管の太さのバランスから13Aだったりするので、なるべく太い方が良いです
20171030_030.jpg

左から見たところはこんな感じ。エルボやソケットは塩ビ溶接で固定されます
20171030_040.jpg

イメージ画像と一緒に以下をAQUA LOVERSさんに送って、プレコさんに見積依頼してもらいました
1.水槽サイズ:450x450x500H (幅x奥行きx高さ)
2.ガラスの厚さ:8mmを想定
3.フランジ:30mmを想定
4.ワームプロテクト:有り
5.コーナーボックス:
 四角、ブラック、水面と底面にスリットあり、取外可能、上下分割
 アクリル等のフタあり、指を入れられる穴あり
 ※添付ファイルのボックスサイズは想定なので、可能な範囲で小さくしていただけると助かります
 ※底砂は15mmぐらい粗めを敷く予定です
6.シリコンカラー:ブラック、フランジは透明
7.配管:給水VP16A、排水VU40Aのソケット加工を想定  ※最初は13Aでしたが後に16Aに変更
8.コーナーボックスのガラス側に、コケ対策のため黒のバックスクリーン貼り付けってできるでしょうか?
9.フタの作成って可能でしょうか?
 ガラスフタ:420x420ぐらいのフタ、一カ所ケーブル通し用のかけあり、中央に指通し用のφ20穴


■オーダーキャビネット

メイン水槽のキャビネットはジェーナスさんです。見た目をそろえたいのでサブ水槽用のキャビネット見積をしてもらいました。インロータイプ、落し込みのキャビネットです。地震のときに水槽がずれたりするのを防げます
こちらはサイトから見積依頼ができます。
表面は鏡面仕上げですが、キャビネットの中は標準ではそうなっていません。サンプを入れる場合は特注で中も貼ってもらうと良いと思います。木に水が染み込んだら寿命に関わります
今回はサイドフローなのでそこまでしてもらいませんでした


■見積比較

価格的には45cm水槽だけでは無く、60cm水槽まで視野に入る感じです。選択肢が多いので、見積とメリット、デメリットを表にまとめてみました。大阪でリーファー170の中古を見たので選択肢に入れてみます。クリックで拡大します
20171030_050.jpg

二枚目です。一番左がオーダー水槽+ジェーナスさんキャビネットの組み合わせです
20171030_060.jpg

選択肢の水槽の実物をお店に見に行ったり、値段差やできあがりの質を考慮して、結果として「フルオーダー プレコ45サイドフロー水槽 + ジェーナスキャビネット」を選びました


■配管方法検討

サブ水槽への配管には通常ポンプが必要です。でも見積には入っていません。今回はメイン水槽にある底面吹出から分岐させることにしました。せっかくVectra L1を使っていて静かだし、消費電力もほとんど上がりません
20171030_070.jpg

このくるんとしているホース部分を切って分岐させる予定です。
20171030_080.jpg

なお底面排水はこんな感じになっています。下の三本がVectra L1と繋がっています。上の一本はメインポンプと繋がっています
20171030_090.jpg

底面排水から分岐させると、メイン水槽の水位と同じ位置までサブ水槽の水位が上がることになります。サブ水槽が低いとひたすらメインの水がサブに流れ、それがサンプに流れるので最悪の場合、サンプが溢れることになり危険です
見積比較でもそのあたりを考慮してあります。高さの低い水槽はVectra S1を使うことで見積りしています


■照明購入

サブ水槽で飼育するのはLPSやソフトコーラルです。サイズは45cmなので色々考えてAI Primeを選びました。でも偶然中古品のAI
Hydra 26 HDの正規品が出品されていたので、結局そちらを購入しました
20171030_100.jpg

最大出力は大きすぎますが下げれば良いだけですし、出力場所も二カ所なので端が暗くなることもありません
20171030_110.jpg

AI Hydra、Primeともにレンズは優秀です。Wifiで接続して、パソコンやスマートフォンでコントロールができます
20171030_120.jpg

PCからの設定はこんな感じです。HD版なので、他の出力が低ければ、特定の素子の出力を上げることもできます。照度的に十分なのでそこまでしませんが
20171030_125.jpg

中古品にはワイヤーが付いていなかったので、エコワイヤーを買いました
20171030_140.jpg

中身はこんな感じ
20171030_150.jpg

こんな感じで輪っかをつくって引っかけることができます。かしめて輪を固定できますし、しなくても大丈夫かも
20171030_160.jpg

ワイヤーをとおして
20171030_170.jpg

照明を設置します。でもワイヤーをカットするので、元のワイヤーを使わずに、ホームセンターで購入した1.5mmワイヤーを使いました。照明台はもっとシンプルなものもありますが、フランジがあると設置できませんので吊り下げにしました
20171030_180.jpg

長すぎるワイヤーはやっぱり邪魔ですね
20171030_190.jpg

というわけでカットしました
20171030_200.jpg


■キャビネット購入

キャビネットはサイズや混み具合で納期は変わります。今回は入金してから2週間ほどで作ってくれました。(当初は1ヶ月とのことでしたが)
20171030_210.jpg

45cmキャビネットでも結構重いので、台車があると良いですね。ジェーナスさんはキャビネットが木で覆われていてキズが付かないようになっています
20171030_220.jpg

ネジを外すと中はダンボールで覆われています
20171030_230.jpg

そしてダンボールを外すとキャビネットが出てきます
20171030_240.jpg

表面にキズが!? これはフィルムでコーティングされているからなので、剥がせばピカピカです。フィルムを剥がすところはこんな感じ
20171030_250.jpg

デジタル水平器で測定。ちゃんと水平です。組み立て済みキャビネットはこういうところが良いですね。自分で組み立てると微妙にがたついたりしますし…
20171030_260.jpg

キャビネットと照明の設置はこんな感じ。少しずつできてきましたね
20171030_270.jpg

中はこんな感じ。中央の柱は外せるようになっています。45cm水槽でも100kg超えるのでこれぐらいあると安心です
20171030_280.jpg

背面は一カ所、通気のために隙間を空けてもらいました
20171030_290.jpg


■特等席

ところでうちの猫は水槽の魚を見るのが好きみたい
20171030_300.jpg

キャビネットを置いたら水槽がよく見られるようになったので、より真剣に見てますね。こんな感じ
20171030_310.jpg


■水槽搬入

プレコ水槽は約3週間ほどで完成しAQUALOVERSさんから受け取りました
20171030_320.jpg

配管部分です
20171030_330.jpg

比較用です。イメージ画像のとおりですね
20171030_030.jpg

後ろ側はこんな感じで、ブラックのバックスクリーンを貼ってもらいました。ガラスの穴開けは圧力の関係からなるべく端の方が良いようですね。どれぐらいの大きさが開けられるかはバランスもあるので確認が必要です
20171030_340.jpg

横から見た感じ。コーナーボックスは上下分割で取り外しができます。掃除のときに便利です
20171030_350.jpg

水槽の高さもぴったり
20171030_360.jpg

カバーを全てするとこんな感じ。普通のアクリルでは無く、つや消しになっています
20171030_380.jpg

フタを外すとこんな感じ。コーナーボックスは12.5x7cmでやはり小さいですね
20171030_370.jpg

といった感じです。次の記事で設置をしていきます



B!
関連記事
オーバーフロー水槽 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

サブ水槽受取にAQUALOVERSさんへ行ってきました(2017年10月)

2017-10-29
AQUA LOVERSさんに注文していたプレコ水槽が完成したので、先週の土曜日に受取に行ってきました。プレコ水槽については別途記事にまとめたいと思います。先週のことなので掲載している写真の個体は、現在は居ないかもなので注意してください。

水槽を家に発送してもらうこともできますが受取ついでに色々購入したいので、今回はレンタカーを借りて行くことにしました。運転は妻にお願いしました。私はペーパードライバーなので運転はできません…

この日は台風の影響で結構な雨が降っていました。でも日曜日だと豪雨なのでこの日しか無く… 気をつけながら向かいました


■1店目 昼食

というわけで無事到着。ひとまず昼食と言うことで、すぐ近くの台湾料理 KANAEに入りました
20171029_010.jpg

ランチセットの小籠包がやたらと美味しかったです。このために次も来ようw
20171029_020.jpg

とりだしのラーメンも良い感じでした
20171029_030.jpg


■2店目 AQUA LOVERSさん

写真撮り忘れたので過去のものをそのまま使っています。本当は雨でした
20171029_040.jpg

まずはプレコ水槽を確認。依頼したとおりできていました。あとプレコマットも依頼どおり付けてくれていました。ガラス水槽には水槽マット必須ですが、意外と売ってないんですよね
20171029_050.jpg

フレームエンゼル クリスマス産です。妻からの強い要望で購入…使用としましたが一歩遅く。こちらではなく別の水槽の個体を購入しました
20171029_060.jpg

正面から。在庫の中では直感で一番良かったのがこちらでしたね
20171029_070.jpg

いろいろなお店で最近入ったピンクダートゴビーです。あまり入荷しないお魚で綺麗で買いたかったのですが他のものが買えなくなるのでガマン…
20171029_400.jpg

こちらはマメスナフラグ用に立ち上げているReefer Nanoですね。現時点では既にマメスナフラグが色々と入っています
20171029_080.jpg

サンゴ水槽を見ていきます。今は置くスペースがないので、サブ水槽が無事できあがったら買いたいです
20171029_090.jpg

いつみても立派なトゲサンゴ
20171029_100.jpg

二つ目
20171029_110.jpg

ヤセミドリイシはやはり良い色しています。濃いめパープルですね
20171029_120.jpg

水槽三つ目
20171029_130.jpg

上手く撮れて無いけどスパスラータです。ホールタイプをいつか買ってみたい…
20171029_140.jpg

こちらはハイマツかな
20171029_150.jpg

水槽四つ目
20171029_160.jpg

そういえば照明台にアルミのバーが追加されていましたね
20171029_170.jpg

これでスポットLEDが設置しやすくなりましたね。オージーサンゴの長期的な色維持にはこういうスポットLEDあった方がやはり良いです
20171029_180.jpg

ウスエダ系かな。良い色です
20171029_190.jpg

これもサイト上はウスエダです。綺麗なグリーンでした
20171029_200.jpg

ブルーのスギ
20171029_210.jpg

ここからは他の水槽も見ていきます
上手く撮れていませんがサンゴイソギンチャク・レッドが入荷していました。非常に綺麗
20171029_220.jpg

コハナガタサンゴの透明感が良いですね。欲しかったけどサブ水槽ができていない状態では飼えないのでガマン
20171029_230.jpg

水槽ができあがるのを待つマメスナのフラグ達
20171029_240.jpg

マザーだと値段が凄いですがこちらなら買えるかな
20171029_250.jpg

ハゼ系が綺麗
20171029_260.jpg

イトマンクロユリハゼとフタホシホシハゼ、アカオビサンゴアマダイを購入しました
20171029_270.jpg

上手く撮れていませんが綺麗なマニラニシキ。もう売れているかも
20171029_280.jpg

サブ水槽用にライブロックを購入しました。付着物多めで良いライブロックです
20171029_290.jpg

NYOSの餌は食いつきが良いです。
20171029_300.jpg

前のLPS水槽はSPS水槽になっています。あとハードチューブが良いですね
20171029_310.jpg

こちらはブリードサンゴが多めです
20171029_320.jpg

水槽は台車に載せて慎重に運びました。底には養生用の毛布が敷いてあります
20171029_330.jpg

-----

というわけで家に到着しました。上に乗っているのは一緒に作成してもらったガラスフタです
20171029_340.jpg

一緒に購入したトリトンと、サブ水槽に使うZEO底砂です。トリトンのパッケージは箱形になりましたね。定形外で送れるかな、これ…
20171029_350.jpg

ライブロックは石灰藻多めですね。サンプに入れておきます
20171029_360.jpg

魚は温度あわせしていつもの通りトリートメントします
20171029_370.jpg

フレームエンゼルは水槽を始めた頃に初めて買ったヤッコですね。それ以来買ってなかったので8年ぶりぐらい?
20171029_380.jpg

ひとまず餌付けからですね
20171029_385.jpg

アカオビサンゴアマダイは初購入です。赤いラインが綺麗
20171029_390.jpg

トリートメントが終わったら魚はサブ水槽に入れようと思っています



B!
関連記事
ツアー | コメント:(2) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...