FC2ブログ
02-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>04-

ロールスクリーン購入

2019-03-24
ソファーに座って水槽を見ていると、Hydra 26 HDが割とまぶしいので、ロールスクリーンを買うことにしました
楽天でサイズや色とかを選んで作ってもらって1万円ぐらいでした
2012年頃にも使っていましたが久々に買います

とりあえず見た方が早いので設置したらこんな感じ
幅200cm、高さ60cmで、照明が隠れれば良いだけなので最小限です
20190324_010.jpg

引き上げるとこんな感じで邪魔になりません
20190324_020.jpg

ロール操作はチェーン式にしました。紐で引っ張るタイプもありますが、紐が水槽の前になって邪魔なのと、良いところでロックさせるのが難しいです
20190324_030.jpg

照明との間はそれなりにスペースがあります
なお設置は天井付けで注文して、ライトスタンドにタイラップで固定してあるだけです
ライトスタンドの長さが足りなくてもなんとかなります
なおロールの向きは照明側にスペースを取れるよう逆に設置しています
20190324_040.jpg

肝心のHydraはこんな感じでかなり軽減されます
遮光タイプならもっと見えなくなると思いますが、値段が上がるのでこんな感じで良いかなと思います
20190324_050.jpg

なお2012年頃に使っていたのは黒の遮光タイプでした(写真の右上の方と、上の方にあります)
20190324_060.jpg

といった感じです
これで将来LEDが増えたりしても安心ですね

スポンサーサイト





B!
関連記事
LED | コメント:(5) | トラックバック:(0)

マグネチックスターラーで攪拌を楽に

2019-03-02
マグネチックスターラーを買いました
マグネチックスターラーって何?という方は、とりあえずこちらの動画(Coral Aquaticさん)を見てください

マグネチックスターラーは磁力を利用して攪拌子を回転させ、液体を攪拌する装置です。
レッドシーの硝酸塩試薬は、粉を入れて1分間攪拌が必要だったり、マグネシウム試薬はエンドカラーになるまで徐々に試薬を入れる&混ぜるを繰り返したりしますが、それがめっちゃ楽になります

こちらはAmazonで買いました。3000円ちょっとなのでかなり安いです
ダイヤルで回転数を調整するだけのシンプルなつくりです
20190302_010.jpg

試薬瓶に入っているのが攪拌子です。15mmぐらいの長さがちょうど良いです
20190302_020.jpg

攪拌子もAmazonで買えます。これは5個セットのものです
20190302_030.jpg

あと長さの違う攪拌子が入っているもの
20190302_040.jpg

結構高速回転できます
20190302_050.jpg

勝手に攪拌してくれるのはやはり良いです
白いアクリルや塩ビの板を敷くと色が見やすくなって良さそうです
20190302_060.jpg

おかげで試薬測定が楽になりました
20190302_070.jpg

他の使い方としては、Regen Fxを溶かしたり、イオン交換樹脂の再生中に攪拌しつづけたりにも使えますね
底が平らな容器の方が良いので、ビーカーがやはりベストかな
20190302_080.jpg

攪拌が必要な添加剤、餌をドーシングポンプで添加するのにも使えそうです(Coral-labさんで以前やっていました)

あとは料理に使えますね。マヨネーズ作ったりとか、攪拌で作れるものは意外とありそうですね。もちろん試薬に使ったものと攪拌子は分けてくださいw
こんな使い方

といった感じで、試薬での測定がかなり楽になりました

なお測定後の洗浄はRO浄水器を使います。「OK Google、浄水器」でAPEX経由で起動して、流しにRO水を出すようにしてあるのでこれも楽です(3分で自動停止)



B!
関連記事
試薬・測定 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...