FC2ブログ
09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

カルシウムリアクターSkimz CM-117が届きました

2019-10-22
今の外部式カルシウムリアクターを使用して結構経ちます。性能に問題は全くありませんが、小型のインサンプカルシウムリアクターを見つけたので買ってみることにしました。

こちらが届いたSkimz CM-117です。155x155x520mm…直径15cmなのでサンプにも入れやすいカルシウムリアクターです
Skimzは日本に代理店がありますが、取り寄せ依頼してもなかなか届かず…結局キャンセルして自分で調達しました
CM-113というモデルもありますが、それからDCポンプが変わったのがこのCM-117です
20191022_010.jpg

こちらが以前から使用していたReef Octopus CR-800Rです。セカンドリアクター付き、マグネットポンプはジョブで長持ちです。まだ使えるのでヤフオクに出しました
20191022_015.jpg

外で使っていたときはこんな感じでした。防水シートでほぼしているので台風でも大丈夫でした
20191022_016.jpg

CM-117の箱はこんな感じ
20191022_020.jpg

ACアダプター、コントローラー、ポンプを外すためのレンチが付いてきます
20191022_030.jpg

後はスポンジ、バブルカウンター、逆止弁、バルブが付いてきます
オレンジ色のチューブは柔らかい感じからすると炭酸ガス用のものかも?
20191022_040.jpg

リアクターを上から
pHプローブ挿すところにはダミーが付いてないので、pHプローブ必須のようですね
青いところはチューブ接続用です
20191022_050.jpg

中はパイプが通っています。黒く穴が開いたパーツから水を吸って、ポンプに流れて下から上に吹き上げて…というサイクルで水が回るようになっています
20191022_060.jpg

フタのところはOリング付いています
20191022_070.jpg

ポンプ部分。この写真では左から水を吸って、穴の開いたところから水を拭きだして循環します
20191022_080.jpg

ポンプを底面から見たところ。小さな穴があいていますが、これでサンプから水を吸い上げてリアクターの中を満たします
20191022_090.jpg

このサイズでもメディアは2L入り、800Lぐらいの水槽に対応するようですね
まぁ水量は目安で、結局メディアがたくさん入る=メディアを足す周期が長くできるかなと思います
まめにメディアを足さないとダメなら、対応水量が少なすぎるということになります
20191022_100.jpg

マニュアルはこんな感じ
20191022_110.jpg

マニュアル裏側
20191022_120.jpg

では実験していきます
ACアダプターは輸入物だからか中国やドイツでみるCタイプ(ピンタイプ)になっています
20191022_130.jpg

なのでCをAに変換するアダプターを使います
20191022_140.jpg

バブルカウンターも一応設置
20191022_150.jpg

バケツに水をいれて、テスト稼働させてみます
20191022_160.jpg

特に問題なく動作しました
ポンプの電源を入れると、最初は給水モードでリアクターの中を水で満たし、その後自動で循環を開始するようですね
ちなみにこのOリングはうまく固定できなかったので、結局瞬間接着剤をちょっとだけつけて固定しました…
20191022_170.jpg

pHプローブのところはやはり挿さないとだめそう(挿さないと水が当然溢れます)
pHプローブは1000円ぐらいで売られているので、12mmプラスチック棒を用意するのが面倒ならpHプローブ挿せば良いと思います
20191022_180.jpg

リアクターメディアはCR-800Rのものを洗って使います。CR-800Rのときはマグネシウムメディアを混ぜていましたが、比率とか調整が面倒なのでちゃんとネットに入れることにしました
20191022_190.jpg

というわけでメディアを詰めたのがこんな感じ。スポンジの大きさ、合ってないよね…
20191022_200.jpg

サンプに入れてみます。ZEOリアクターと一緒に入れても収まりますね
20191022_210.jpg

ポンプを稼働させて、中の空気を抜きます
20191022_220.jpg

十分抜けたら炭酸ガスを入れはじめます
20191022_230.jpg

あとは、排水絞ったり、DCポンプの出力を変えたり、炭酸ガスの量を変えたりして適切なKHになるように調整すればOKです。このあたりはどのカルシウムリアクターでも同じかなと思います
カルシウムリアクターはちゃんと調整して使うものなので、しばらくまめにKH測定して傾向をつかむ必要があります

pHプローブでpHを見ていると、排水量や炭酸ガスの量が同じぐらいでも、pHはちょっと高めに遷移していましたので、排水を絞ってpH下げるようにしました。このあたりは、DCポンプよりもACマグネットポンプの方がパワーがあるのでpH差にも表れたのかなと思います

スポンサーサイト





B!
関連記事
カルシウムリアクター | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...