FC2ブログ
12-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>02-

発泡箱・カイロの保温実験

2020-01-13
冬にサンゴフラグを発送することが多くなったので、発泡箱とカイロの保温実験をしてみました。いつかやろうと思って2年経過しましたが、ようやく着手

■使うもの
実験に使うのは、発泡箱、カイロ、温度ロガーです

ひとまず発泡箱はこちら。フラグを送るのでちょうど60サイズで、調達しやすいものを買っています
20200113_010.jpg

カイロは貼らないタイプで24時間保温できるものを使っています。貼るタイプは12時間未満が多いですね
20200113_015.jpg

温度ロガーはRC-5を選びました。USBでパソコンに挿して、記録した温度をテキストやExcelに出力できます。一個あたり2000円以下です
20200113_220.png

買ったばかりだと温度にばらつきがありますので、
20200113_020.jpg

温度補正をしてみました。同じ温度になるように設定しても、それなりに差が出てきますね
20200113_030.jpg

■お試し計測 1
とりあえず温度ロガーが正常に動いているかを試してみました
測定するのは、外気温、カイロ無しの発泡箱、空気穴を2つ明けてカイロを入れた発泡箱です
ちなみに空気穴を溝に開けているのは、伝票で塞がれないようにするためです
20200113_040.jpg

冬のベランダに放置して測定した結果はこんな感じ。クリックで拡大します
発泡箱って結構すぐに外気温と同じぐらいまで下がるのね…
ちなみにグラフのスタートがずれているのは、きりがよくなるようにカットしているからです。計測時点だと同じ温度でした
20200113_050.jpg

■測定実験1
温度ロガーはうまく動いているので実験してみます

水は海水でLサイズの袋にいれてパッキングしました
20200113_060.jpg

実験対象はベランダに
今回はカイロの数、空気穴の数を変え、また実際にサンゴを発送した発泡箱の中にも入れてみました(サンゴを受け取った方に送り返していただきました)
20200113_070.jpg

測定結果はこんな感じ
・外気が翌13時頃に高くなっているのは、おそらく直射日光があたったせいです。雪が降るかと思うぐらい寒い日でした
・発送した箱は翌10時に届いたので、ここからは室温を測定しています
・そもそも温度ロガーは発泡箱の壁ぎわに置いているので、測定しているのは「水温」じゃなくて「箱の中の空気の温度」です…なので測定の仕方がダメですね
20200113_080.jpg

■お試し計測 2
水温測定のお試し、カイロの数、空気穴の数を最適化するために色々お試し測定してみました
とりあえずこれは水道水をパッキングして、その下に温度ロガーを置いて測定しました
20200113_090.jpg

■お試し計測 3
カイロ穴が少ないと酸欠になって、カイロの効果があまり出ないので穴を増やして行っています
20200113_100.jpg

■お試し計測 4
カイロを増やしてみたり。なおグラフがクロスしているのは、前日カイロはいっていた方と無かった方が逆になったからです
20200113_110.jpg

■お試し計測 5
カイロ2個をパッキングの上に直接のせると効果的みたい。空気穴は6か7が開けられる限界
20200113_120.jpg

■測定実験2
概ね傾向がわかってきたので飼育水を使って実験します
20200113_130.jpg

温度ロガーも校正しなおし
20200113_140.jpg

今回、パッキングはLサイズを使っています
20200113_165.jpg

結果はこんな感じ
カイロ3個が良さそうですが、何かグラフがギザギザしていてなんか怪しいかも…
20200113_150.jpg

■測定実験3
飼育水での実験続きです。カイロを上に置くのと、横に置くのでは効果が違う…横の方が水に接するのでより温度保てると考えています
20200113_160.jpg

空気穴は7個で安定。これ以上開けると箱の耐久性が心配。暖まった空気が逃げるとかはどうでもよく、酸素使ってカイロでガンガン水を温める方が効果的です
20200113_170.jpg

結果はこんな感じ。カイロ3つは安定していますね。また、空気穴を7つでも酸欠なのは変わらず、これによって通常24時間でカイロは効果なくなるはずが、48時間もたせることができるみたいですね
20200113_180.jpg

■測定実験4
水が少ない場合を測定してみます
20200113_190.jpg

フタ締めて測定
20200113_200.jpg

測定結果。ここだけ縦軸の範囲が違うので注意
水が少ないとカイロ3つ横置きは多すぎで、飼育水よりも水温が上がる状況になりました
これなら2個で良さそう
20200113_210.jpg

-----
というわけで、こんな結果でした
・荷物輸送中は車の中やセンターのどこかに保管されていると思いますが、結構寒い(測定実験1)
・空気穴は多い方が良い(お試し計測 2)
・カイロは上に置くよりも横に置いた方が効果高い(測定実験3)
・水の量が多い方が当然水温下がりにくい(お試し計測 5⇔測定実験2のカイロ無しをざっくり比較)
・48時間水温をもたせることはできそう。(測定実験3、測定実験4)
 これなら東京から九州までタイムサービス使わずに送ることもできるかも?(2日かかるけど… サンゴそのものがもつかどうかは不明)
 ※タイムサービスは航空便なので当然カイロ使えず、冬場は発送止めています
・水温は結局外気温に左右されるので、送り先によってカイロの数の調整が必要そう(寒いなら増やすし、温かいなら減らす)

といった感じです。なおもっと分厚い発泡箱を使えば保温効果も高いでしょうし、サイズ大きい箱にたくさんサンゴを入れるとまた違ってきますので、条件毎に実験しといた方が良さそうです
あとは、実際にサンゴ送ったときの水温変化を測定してノウハウためると良さそうかな?

今回保温だけの視点で試しましたが、魚なら酸素多めにしないとダメとか、袋にシール止めしないとダメとか色々気にするポイントがあるので発送のテクニックはもっともっと奥深いですね

スポンサーサイト





B!
関連記事
その他 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

APEXのパーツ他購入

2020-01-11
2013年から使用しているAPEXのディスプレイモジュールが応答しなくなりました。どうも故障した模様。常に表示されているから故障しやすいのかな?
20200111_140.jpg

というわけで予定外に海外から色々買うことに…
20200111_010.jpg

こちらが新しいディスプレイモジュール
20200111_020.jpg

ディスプレイは色がオレンジに、本体はシルバーになりましたね
20200111_030.jpg

あと買ったのは、APEXの水温測定用プローブ。ロングライフって書いてあったのですがいつかは故障するとおもいますので、予備として持っておきます
20200111_035.jpg

あとpH、塩分濃度等の校正液セット
20200111_036.jpg

Finnexの300Wチタンヒーターを買いました。安いです。
20200111_037.jpg

中身はこんな感じ。110V版なので、日本で使うと少し出力落ちるはず
20200111_038.jpg

2011年からずっと使っていた方(上側)と交換します。これもFinnexのチタンヒーターで同モデルですが、下の新しい方はヒーターガードが付くようになったみたいですね。チタンそのものは錆びにくいし長期間使えると思いますが、ゴム部分の劣化が心配なので予防交換
20200111_039.jpg

あとPMUPのVer2を買いました
20200111_040.jpg

従来のものは黒一色でしたが、カラフルになりましたね
あとこのポンプ単体で空回り防止機能が付きました。水が無い状態でポンプ動くと自動停止し、そのあと少し再開してまた停止するという動きをします
ポンプが空回りすると溶けたりして危険なので付いたみたいですね
20200111_050.jpg

あと、ポンプガードを簡単に手で回して外すことができるようになりました。以前はネジ止めでした
20200111_090.jpg

PMUPは3/8インチハードチューブを挿せるので継手を買いました
20200111_060.jpg

あと10mのハードチューブも。内側にあるのは1/4インチ 10mです
20200111_070.jpg

継手を接続
20200111_080.jpg

以前から持っていたACアダプタを接続します
20200111_100.jpg

今回のPMUPは自動水換え用バケツの中に入れます
20200111_110.jpg

サンプに配管して、今までの1/4配管と一緒に使います
20200111_120.jpg

3/8インチはさすがに流量が多いですね
20200111_130.jpg

自動水換えは、今まで70Lを1時間30分かけてゆっくり水を入れていましたが、今回PMUPを追加したことで、22分で入れ終わるようになりました。
自動水換えのときは、水槽の底砂掃除とかサンプの掃除を同時におこない、バケツから水を入れていてもポンプが空回りするぐらいサンプの水が抜ける状態になります。水槽が気泡だらけになるの微妙なので、今回PMUP追加してスピードアップするようにしました。



B!
関連記事
★Neptune Apex★ | コメント:(0) | トラックバック:(0)

ふるさと納税2019

2020-01-03
アクア関係無しです。2019年のふるさと納税の記録です。Twitterに載せていたもののまとめです。今回は箱根町にふるさと納税して、ふるさと納税宿泊クーポンをもらいましたので行ってきました。
なお、どの写真もクリックすると拡大されます。

■寿都町

2017年にも納税してウニを送ってもらいましたが、今回はいくらを送ってもらいました
20200103_010.jpg

180g解凍しまして
20200103_020.jpg

あっという間に食べきりますね… ちなみに中身は180gx2パックでした
20200103_030.jpg


■箱根町
箱根は2013年以来なので久々です。宿泊クーポンは、るるぶトラベルプランで宿を予約したときに使えます。感謝券はお土産物とかにも使えますが、こちらで使えるのは宿の費用のみです

ひとまずダイジェスト動画です


箱根町は台風による被害を受けて登山鉄道が運休していたり(代行バスが走ってます)、一部道路が通行止めになっていたりするので、今回はレンタカーで行きました

最初は箱根神社
20200103_035.jpg

境内を撮影
20200103_040.jpg

龍神水
20200103_050.jpg

御本殿内は改修工事中のようです
20200103_060.jpg

お参りして御守り買ったり
20200103_070.jpg

お昼は湖亭さん
20200103_080.jpg

カレーと
20200103_090.jpg

ビーフシチューをいただきました
20200103_100.jpg

名前のとおり芦ノ湖が目の前です
20200103_110.jpg

箱根海賊船 桃源台港の近くです
20200103_120.jpg

戻って、箱根園水族園に来ました。現在、淡水館はメンテナンス中
20200103_130.jpg

コツメカワウソの兄弟は動画のとおり凄く活動的でした
20200103_140.jpg

コツメカワウソというえばよく寝てるイメージでしたが…(親は寝てましたね)
20200103_150.jpg

大水槽。毎日相模湾から海水を運んでいるそうです。(日本一標高の高い場所にある水族館なので大変そう)
ここでは動画のとおり餌付けショートかをやってくれます
20200103_160.jpg

離れたところにアザラシ水槽。
20200103_170.jpg

これが見たかったけどタイミング的に見られず
20200103_180.jpg

かわりにバックヤードツアーに参加しました
20200103_190.jpg

水槽に出していない育成中の生体が見られたり
20200103_200.jpg

ポンプや配管を楽しんだりできます。あと動画にありますが大水槽で餌やりもできます(亀と魚にアジとかキャベツとかあげられます)
20200103_210.jpg

ペンギン水槽
20200103_220.jpg

大きいプロテインスキマー 箱型ですね
20200103_230.jpg

淡水館リニューアルにともない、この水槽は淡水化されているので、スキマーはエアレーションとしてしか機能してないかも
20200103_240.jpg

駒ヶ岳では頂上から天体観測するイベントやってました。凄く寒いと思いますが星が良く見えそう
20200103_250.jpg

箱根園水族館そばの駅からロープウェイで駒ヶ岳に登ります
20200103_260.jpg

頂上から芦ノ湖が一望できます。良い眺め
20200103_270.jpg

あと富士山も良く見えます
20200103_280.jpg

星の王子さまミュージアム
20200103_290.jpg

冬はイルミネーションが綺麗です
20200103_300.jpg

小説に出てくるバラの花等の展示はもちろん、作者の歴史等々も展示されています(撮影禁止)
20200103_310.jpg

宿はこちらの水の音です
20200103_325.jpg

部屋広い… 露天風呂付きです
20200103_330.jpg

和牛陶板焼き
20200103_340.jpg

こちらは鴨鍋
20200103_350.jpg

翌日はラリック美術館に …撮影は禁止です
20200103_360.jpg

お昼はじねんじょ蕎麦を選びました
20200103_370.jpg

前菜は3品好きなの選べます
20200103_380.jpg

天ぷら蕎麦
20200103_390.jpg

富士山 芦ノ湖スカイラインから撮影しました
雲がほとんど無くて良く見えます(クリックで拡大)
20200103_320.jpg

本間寄木美術館/本間木工所で寄木細工を観て
20200103_400.jpg

寄木細工体験教室
20200103_410.jpg

接着剤でくっつけてひたすらヤスリで磨いてコースター完成
20200103_420.jpg

寄木の凄さはこの動画をあらかじめ見てから行くと良いと思います


帰りは高速がかなり混むので早めに帰宅しました
2013年に行っていないところを中心に回りましたが、箱根ちゃんと回るならはやり2泊3日ぐらいは必要かも

今年はどこにしようかな… 那須あたりの温泉も良いかなと思っていたりします。



B!
関連記事
その他 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...