FC2ブログ
05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

一人でツアー(2020年6月)

2020-06-20
冷凍餌も無くなりつつあるので、AQUALOVERSさんに行ってきました
もう6月中旬で暑くなってきましたね

いつもの入り口
20200620_010.jpg

ひとまず横から撮影
20200620_015.jpg

一つ目
店長さんの入院とコロナ影響もあって在庫は少なめですね
前回の記事を見てもらうとわかりますが、底砂が復活しています
やはりバクテリアなどの安定を考えてとのこと
20200620_020.jpg

二つ目
ショウガ、ハナヤサイ系
20200620_030.jpg

谷町ショウガは元気そう
20200620_040.jpg

グリーンハナヤサイ
20200620_050.jpg

ピンクショウガは色が戻りつつあるかな
20200620_070.jpg

三つ目
被覆系コモン等々。色良い感じ
20200620_080.jpg

このサンゴ良い発色でした
20200620_090.jpg

四つ目
大きめサンゴが多いですね
20200620_100.jpg

パープルっぽいスパスラータ
20200620_110.jpg

エチナタ系かな、水槽に欲しい…
20200620_120.jpg

色濃い目のテーブルっぽい感じ
20200620_130.jpg

被覆系かな。ポリプも綺麗で良さそう
20200620_140.jpg

フラグ水槽も見ていきます
黒いディスクは上から見たときにより綺麗に見えそうですね
台湾ブリードとのこと
20200620_150.jpg

コモンの写真写りいまいちですが、蛍光ピンクな感じで綺麗でした
20200620_160.jpg

あと最近あまり見ないコエダナガレハナサンゴ
20200620_170.jpg

ソフトコーラルメインの水槽
こちらもフラグメインで、パクパクウミアザミフラグとかもありました
20200620_180.jpg

スターポリプ色々種類ありました
20200620_190.jpg

どにゃさんスタポはやはりメタリックグリーン凄い
20200620_200.jpg

ふわふわポリプのトサカ
20200620_210.jpg

あとシマヤッコ
20200620_290.jpg

厚みあって良さそうな感じでした。まぁ、状態良くても餌付けがうまく行くかは環境と個体次第なのが魚の難しいところですね
20200620_300.jpg

ちなみに、ショップで食べていても、家の環境に変わったら食べなくなるとか普通にあるので、餌食べるかはあまりきかないです。(シマヤッコはここまで成長するまで海で当然餌食べていたわけで…)

ここからは機材系
Radion G5ですね。今は予約受付中で、実物はショップ展示用のみな感じです
20200620_220.jpg

ちょっと昔に戻ったような気もするレンズ。LEDどう進化させるか色々悩んでそうな感じがしますね
20200620_230.jpg

…なおスペクトラSP200は完全なフラット光を既に実現できていますね。スペクトラ開発中、レンズからリフレクターに方針変更したのは正解かなと思っています

動画でも紹介しましたがKamoerのF4。コンパクトでwifiコントロールできるドーシングポンプです
20200620_240.jpg

そういえばこっちは動画で紹介し忘れた…
20200620_250.jpg

AQUA LOVERSさんショップ水槽のチャンバー
これぐらいの太さあると分岐して効率良く水をまわせるとのことで、同じポンプ出力でも回転数が増えたそう
20200620_260.jpg

-----

というわけで買ったのこんな感じ
冷凍餌、マリンアクアリスト、Triton ICP、リーフスペックカーボン
20200620_270.jpg

あと、大きめのスカンクシュリンプと、トロロ藻対策にグリーンサロンシュリンプを買いました
各ショップのグリーンサロンシュリンプを全て買う勢いで集めています…
20200620_280.jpg

マリンアクアリスト96号は、2016年に雑誌に載せていただいたときの写真が使われていましたね。懐かしい

スポンサーサイト





B!
関連記事
ツアー | コメント:(0) | トラックバック:(0)

セカンドリアクターPRS CR-X設置

2020-06-13
去年10月にカルシウムリアクターCM-117を使い始めました。その時の記事はこちら…カルシウムリアクターSkimz CM-117が届きました

KZ社のカルシウムリアクターメディアを使い始めたら、粒が大きいせいかKHが上がりにくくなったので、対策として…
・セカンドリアクターを増設する
・メディアを小粒にする
ってのをやります

こちらが届いたPRS CR-Xです
20200613_010.jpg

付属品はハードチューブとロッキングクリップです
20200613_020.jpg

開封したところ
20200613_040.jpg

本来こちらのPRS CR2.8R、CR5.0Rの拡張オプションになります
もう少し発売早ければCR2.8Rを買ったのですが、タイミングの問題なのでしょうがないです
20200613_045.jpg

CR-Xを上から撮影。フタはネジタイプ
20200613_050.jpg

ネジを緩めるとこんな感じで、Oリングで止水する感じですね
20200613_060.jpg

底面はスポンジなし、底の穴はメディアが漏れないようになっていますね
20200613_070.jpg

CM117のチューブは6mmなので、LSSさんの6mm-1/4インチ変換コネクタを買いました
20200613_080.jpg

あとメディアも買いました
Yonaguni Aragonite Crushed Aragonite M 2.8-5mm 2kg
メディアはちょうどよいサイズで、貝殻とかゴミとかもなく非常にきれいです
20200613_100.jpg

KZ社のアラゴナイトリアクターと比較するとこんな感じ
アラゴナイトリアクターは大きなリアクターに入れて使えば、メンテナンスも減って使い勝手良いと思いますが、インサンプの小型リアクターで使うのは無理があったかな
20200613_110.jpg

では設置のために、サンプのCM-117を取り出し
20200613_120.jpg

上半分ほどアラゴナイトリアクター、下半分はARM小粒ですが、もう使い切る感じなので小石とかも多めに混ざってますね
20200613_130.jpg

Yonaguni Aragonite Crushed Aragoniteをざるにひろげて洗浄前
20200613_140.jpg

ここでもメディアサイズ比較
20200613_150.jpg

メディアは洗って詰めなおしました
ARM小粒は破棄
アラゴナイトリアクターは左側のCR-Xに詰め、
Yonaguni Aragonite Crushed Aragoniteは右のCM-117本体に、マグネシウムメディアとともに入れています
20200613_160.jpg

CM-117は元通りにサンプに設置しました
20200613_170.jpg

CR-Xはサンプの外、キャビネットの裏側に置きました。セカンドリアクターはどこにおいても使えるのが良いですね
サンプの中にも入れられたのですが、サンプ狭くなって掃除しにくくなるうえに、取り出しも面倒になるのでここにしました
メディアサイズは大きいのでメンテナンスもほとんど必要なさそうです
20200613_180.jpg

メンテ前後でカルシウムリアクター内部のpH変化はほぼなし
炭酸ガスの量は変更せず、KH変化を見ていきます
20200613_190.png

KH変化を見てみると、入れている炭酸ガスの量は変わらずですが、KHは少し上昇傾向なので、以前よりも溶けやすくなった感じですね。KHは6~6.5dKHを目指して維持していきます。上がりすぎたら炭酸ガスを減らす予定です
20200613_200.jpg



B!
関連記事
カルシウムリアクター | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...