07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

Apex導入の流れ~初期設定編5~[完]

2013-04-30
続きです。今回で初期導入編は最後です。
前回の記事 Apex導入の流れ~初期設定編1~
前回の記事 Apex導入の流れ~初期設定編2~
前回の記事 Apex導入の流れ~初期設定編3~
前回の記事 Apex導入の流れ~初期設定編4~

Apex導入までの流れ

■買う前に
No.0 Apex系のブログ及びマニュアルを読みあさる
No.1 Apexでやりたいことを決める
No.2 水槽で使っている機材を整理して、Energy Barが何本あれば足りるのかを検討する
No.3 Energy Barのどこにどの機材を繋げるのか整理する
No.4 Apex本体、Probe、モジュールを買う
■届いたら
No.5 動作確認
No.6 有線LAN接続&ファームウェア更新
■初期設定
No.7 無線LAN接続(必要があれば)
No.8 外部接続設定(ルータの設定変更、ダイナミックDNSの導入)
No.9 Clock、Misc設定
No.10 最低限のOutlet設定
No.11 最低限のプログラミング
No.12 Probeセットアップ、キャリブレーション
■移行
No.13 Apexの設置、機材のつなぎ替え
No.14 動作確認
■より便利に
No.15 プログラミング
No.16 iPad/Androidからの参照確認
No.17 Reeftronicsへの登録
No.18 メール送信設定
No.19 Dashboard設定
No.20 I/O Breakout Box設定
No.21 Tunze Pump設定
-----

今まででNo.17まで完了しています。今回の記事は最後まで説明します。

■より便利に
No.18 メール送信設定
No.19 Dashboard設定
No.20 I/O Breakout Box設定
No.21 Tunze Pump設定



No.18 メール送信設定

Apexからメール送信できるように設定します。ApexのWeb画面から、「Configuration」 - 「Network Setup」を開きます。中央にメール設定の場所があります。

プロバイダーのメールアドレスを使う場合は、プロバイダからの情報をもとに設定してください。送信元メールアドレスとして、GmailやHotmailは使えないようです。(ApexがSSL未対応のため)
From : 自分のメールアドレス
To : 相手先…自分のメールアドレスや、携帯のメールアドレスを指定
Alt to : ついでに送りたいメールアドレス
Email authentication : ユーザ認証が必要なSMTPサーバを使っている場合はEnabledに。大抵はEnabledのはずです。
User name / User Password : プロバイダからの情報をもとに設定してください
20130430_310.jpg

Email testにチェックを入れてUpdate Network Settingsのボタンを押下すると、メール送信テストができます。

メールの設定が終わったら、通知プログラムを設定します。
ApexのWeb画面から、「Configuration」 - 「Outlet Setup」を開きます。base_emailの設定を行うとONになったときに自動的にメール送信されます。

Set OFF
If Temp > 27.7 Then ON
If Temp < 22.5 Then ON
If TempT > 27.7 Then ON
If TempT < 22.5 Then ON
If Cond > 38.0 Then ON
If Cond < 27.0 Then ON
If pH < 07.40 Then ON
If pH > 08.50 Then ON
If ORP < 300 Then ON
If FeedA 000 Then OFF
If FeedB 000 Then OFF
If FeedC 000 Then OFF
If FeedD 000 Then OFF
Defer 002:00 Then ON


どれぐらい異常値になったらメール通知するかは調整してください。

また、base_Alarmを以下の設定にしておくと、メールの送信と同時にApex Display Moduleから音を鳴らすことができます。

Set OFF
If Outlet EmailAlarm = ON Then ON
If Outlet EmailAlarm = OFF Then OFF


※EmailAlarmのところは、base_email Outletにつけた名前に変更してください。


No.19 Dashboard設定

Apex Web画面の情報表示設定を変更します。

右下にある「Edit」ボタンを押すと、ProbeやOutletの表示をドラッグ&ドロップで変更できます。
20130430_315.jpg

カスタマイズ後はこんな感じです。
20130430_320.jpg

なお、ネットワークカメラを持っている方は、設定しておくとカメラの画像を表示できます。
20130430_330.jpg


No.20 I/O Breakout Box設定

I/O Breakout Boxはセンサー類を繋ぐための端子がついています。ここには
・ドアスイッチ
・漏水センサー
・フロートスイッチ
を6つまで接続できます。

■ドアスイッチ

ドアスイッチは、エーモン 1588 開閉連動スイッチを購入しました。マグネットでドアの開閉を検知します。
20130430_340.jpg

コネクターをカット
20130430_350.jpg

皮膜を取り除いて
20130430_360.jpg

I/O Breakout Boxの右から2番目と一番左に繋ぎます。
20130430_370.jpg

スイッチ側をキャビネットと、
20130430_380.jpg

ドアに貼り付ければOK
20130430_390.jpg

あとは、キャビネット照明をEnergy Barに繋ぎ、Outletへプログラムを入力します。
Fallback OFF
Set OFF
If Switch2 CLOSED Then ON
If Switch2 OPEN Then OFF


ドアの開閉によって、キャビネット照明が点いたり消えたりすることを確認してください。

■漏水センサー

漏水センサーとして、アクアトロニカのセンサーを使います。これは日本で購入することができます。
20130430_400.jpg

コードをカットして皮膜を取り除きます。
20130430_410.jpg

同じように、I/O Breakout Boxの右から3番目と一番左に繋ぎます。
20130430_420.jpg

漏水を検知したらメールを送信するように設定します。ApexのWeb画面から、「Configuration」 - 「Outlet Setup」を開きます。base_emailの設定に以下を追加します。

Set OFF
If Temp > 27.7 Then ON
If Temp < 22.5 Then ON
If TempT > 27.7 Then ON
If TempT < 22.5 Then ON
If Cond > 38.0 Then ON
If Cond < 27.0 Then ON
If pH < 07.40 Then ON
If pH > 08.50 Then ON
If ORP < 300 Then ON
If Switch3 CLOSED Then ON
If FeedA 000 Then OFF
If FeedB 000 Then OFF
If FeedC 000 Then OFF
If FeedD 000 Then OFF
Defer 002:00 Then ON


センサーが乾くまで、ひたすらメールが飛んでアラームが鳴るので注意してください。

■フロートスイッチ

DIGITAL AQUATICS DOUBLE FLOAT SWITCH KIT W/ MOUNTSと、DIGITAL AQUATICS FLOAT SWITCH KIT W/ MOUNTを設置しました。このマウンタってフランジがあると設置できないので、サンプに穴開けしています。
20130430_430.jpg

左はポンプ空回り防止用、右は自動給水用です。
20130430_440.jpg

ケーブルが短いので、エーモン E536 配線コード 黒、エーモン 1156 平型端子セット 徳用パックを購入して延長しました。
電工ペンチを持っていない方は、エーモン E2 ターミナルセット 中あたりを買っておくと良いと思います。電工ペンチの使い方がわからない方は、ギボシ端子のかしめ方 【エーモン】 が参考になると思います。
20130430_450.jpg

自動給水用のポンプや、水用電磁弁をEnergy Barに繋ぎ、Outletへプログラムを入力します。
Fallback OFF
Set OFF
If Switch4 CLOSED Then ON
If Switch5 OPEN Then OFF
If Time 23:01 to 04:58 Then OFF
If Time 05:01 to 10:58 Then OFF
If Time 11:01 to 16:58 Then OFF
If Time 17:01 to 22:58 Then OFF
If Switch3 CLOSED Then OFF
If FeedA 000 Then OFF
If FeedC 000 Then OFF
If FeedD 000 Then OFF
Defer 000:05 Then ON
Defer 000:05 Then OFF


[補足]
DOUBLE FLOAT SWITCHはSwitch4と5に繋いであります。ZEOリアクター動作時が一番サンプ水位が下がるので、その時間にあわせて一日4回動作するようにしています。
どちらか片方が故障した場合は、給水しません。
Switch3は漏水センサーなので、漏水中は給水しません。
フロートスイッチは揺らぎがあるため、少し長めに給水します(Defer命令)。

ポンプ空回り防止用スイッチについては、MainPump Outletに対して設定します。
Fallback ON
Set ON
If FeedA 000 Then OFF
If FeedC 000 Then OFF
If FeedD 000 Then OFF
If Switch6 CLOSED Then OFF
Defer 000:10 Then ON
Defer 000:10 Then OFF



No.21 Tunze Pump設定

最後に、Tunze Pumpの設定をします。
ApexのWeb画面から、「Configuration」 - 「Profile Setup」を選択してください。

ProfileはTunzeや、Vortech、照明等の細かい動作について定義します。
たとえば
・Tunze 左側 照明点灯時
・Tunze 左側 照明消灯時
・Tunze 右側 照明点灯時
・Tunze 右側 照明消灯時
みたいな単位で動作を定義できます。PF1~PF32まであるので、2時間おきに動作を変えたいみたいなことができます。

ここではPF1として、Tunzeの照明点灯時の設定をします。名前は「PFTunzeD」にしました。Control Typeは「Pump」を選びます。
20130430_460.jpg

ここではPF2として、Tunzeの照明消灯時の設定をします。名前は「PFTunzeN」にしました。
消灯時なのでポンプの出力は弱くしてあります。
20130430_470.jpg

ApexのWeb画面から、「Configuration」 - 「Outlet Setup」で、base_Var1とbase_Var2にプログラムを設定します。
Set PFTunzeN
If Time 22:00 to 08:00 Then PFTunzeD


これで、照明点灯時はポンプ全開動作、照明消灯時はおとなしい動作になります。

-----

長かったですが、これでようやく初期導入編は完了です。
今後はVirtual Outlet等のより高度なプログラム作成方法等の記事を書いていこうと思います。

関連記事
スポンサーサイト


B!
★Neptune Apex★ | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...