09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


B!
スポンサー広告

水槽交換

2013-07-07
7/2(火)にコットアップさんから水槽がついに完成したとの連絡をいただきました。というわけで、土曜日に水槽交換をすることにしました。今までの経緯は、「水槽リニューアル計画」、「サンプ交換」を見てください。

こちらがリニューアル前のアクリル水槽です。交換前ってことでコケ掃除さぼっていたため汚いですがw
20130707_010s.jpg

リニューアル前はアクリル10mm厚、サイズ1200 x 450 x 450だったので何とか一人で持つことができましたが、リニューアル後はガラスの10mm厚、サイズは同じ1200 x 450 x 450です。ガラスでこのサイズだと重さは50kg… 一人で持ち上げてキャビネットの上に置くにはかなり無理がある重さです。
さらにはサンゴを長時間待避させるには危険な7月… というわけできのこさんにお手伝いにきていただきました。
また、今回は都合のつかなかったどにゃさんも19時ぐらいに来ていただける約束をしました。

今回の交換手順はこんな感じです。ひとりで実施したら2日ぐらいかかった上で、筋肉痛で死にそうになると思いますw

-----土曜日午前中-----
1.水換え用の水づくり 65L * 2 = 130L
2.水槽の受け取り
3.室内搬入
4.水槽のチェック

-----午後から-----
5.きのさんと合流
6.ライトスタンド設置
7.元の水槽の水抜き
8.サンゴ、魚、ライブロックとZEOリアクターの中身の隔離
9.エアレーション
10.砂抜き
11.水槽取り外し
12.水槽設置して、配管
13.淡水で洗浄、水漏れチェック
14.50Aパイプの高さ調整、騒音チェック
15.淡水抜き
16.海水注入、クーラーで冷却
17.ライブロックとサンゴ、魚を戻し
18.どにゃさんと合流
19.砂を海水で洗浄
20.砂戻し
21.おかたづけ
22.打ち上げ!


では手順に従って作業をしていきます。

1.水換え用の水づくり 65L * 2 = 130L

今回は全換水できるほど水をためる時間が無いので、70Lバケツ二つ分だけRO水をため、そこにKZ Saltを溶かしておきました。淡水洗浄をすると少しだけ淡水が残ってしまうので、それを考えて塩分濃度を高めにしています。

2.水槽の受け取り
3.室内搬入

日本通運アロー便で届きました。車上渡しなので室内搬入からきのこさんに手伝ってもらう必要があるなと考えていましたが、今回は室内まで入れていただきましたのでかなりラッキーでした。
いつでも動かせるようにするため、事前に用意していた連結台車の上に載せてもらいました。

4.水槽のチェック

※写真掲載は時系列順ではないので、水が入っていても驚かないでくださいw

こちらが届いた水槽です。120cm水槽はやっぱりでかいw
20130707_020s.jpg

開封したところです。水槽を載せるためのマットも標準でついてきます。
全周フランジ付きです。フランジ無しだと地震の時に水が飛び出すので、それを防ぐために付けています。あとは水槽として丈夫になる、魚が飛び出しにくくなる効果があります。
20130707_030s.jpg

スライド式コーナーボックスはこんな感じです。今回はフタ付きにしてもらいました。スリットの板は中央で分かれるタイプです。
20130707_040s.jpg

少しでもコーナーボックスを小さくするため、50A排水管のみにしました。給水はWavySeaから行うので余分な配管は不要です。
20130707_050s.jpg

ソケットの部分
20130707_060s.jpg

特に依頼はしていなかったのですが、コーナーボックスの外側は黒のバックスクリーンがついていました。これが無いと光が入って海藻やコケが繁殖しちゃうので非常に助かります。
20130707_070s.jpg

ちょっと見辛いですが、背面側もちゃんとバックスクリーンがついています。
20130707_080s.jpg

今回は正面のみ高透過ガラスにしてもらいましたのでその差を見ていきたいと思います。

こちらが背面側のガラスです。普通のガラスなので120cmもあるとこの暗さになってしまいます。
20130707_110s.jpg

こちらが高透過ガラスです。120cmもあるとさすがに青く見えてしまいますが、かなりの透明度です。
20130707_100s.jpg

こちらは今まで使っていたアクリル水槽を横から見たものです。120cmの厚さでもちゃんと透き通っています。さすがアクリル。
20130707_090s.jpg

高透過ガラスにしたおかげで、かなりの透明度なのでアクリルの頃と違和感ありません。
まぁ10mm厚水槽なので、普通のガラスでもそこまで違和感ないかもしれませんがw
そこそこのコストで高透過ガラスにできるので、やってみる価値はあると思います。

aqua marine pro [AMP]のロゴ
ワームプロテクト標準装備で高品質水槽です。
20130707_120s.jpg

5.きのさんと合流

12時頃にきのこさんと合流しました。外は35℃… 暑い中来ていただきました。
写真撮影のためにニコンの一眼レフ D90を持ってきていただいたのですが、水槽は掃除をさぼっていたためコケだらけw ちょっとだけ掃除をしました。

6.ライトスタンド設置

ATI T5用のライトスタンドはイレクターを使っていましたが、結構邪魔なのでどうにか天井つり下げにできないものかと悩んでいました。天井は石膏ボードなので12kgぐらいある照明を取り付けるのには無理があり…結局、突っ張り棒にすることにしました。

きのこさんに手伝っていただき、さくっと設置完了です。

見た目はやはりいまいちですw
20130707_130s.jpg

棒一本あたり12kgまでとなっているので結構ギリギリですw 落ちてくると怖いので、ズレ防止のためにブル・タックを使いまくっています。
20130707_140s.jpg

7.元の水槽の水抜き

このあたりから大変だったので写真無しです。

普段は室内クーラーをほとんど使っていませんが、今回はサンゴへの影響を考えて、部屋を閉め切った上で全力運転させました。これで室温は27℃ぐらいになります。

サンゴ入れるためのNC BOX二つに水槽の水を入れました。
浴槽に大型ポリ袋メガライナー300L半透を2枚重ねにして広げ、そこに水槽の水を待避させます。
待避するのは後で水槽に戻すためです。

8.サンゴ、魚、ライブロックとZEOリアクターの中身の隔離

水を抜きながら、二人で隔離していきます。サンゴを直接さわらないように、使い捨てのポリ手袋を使います。
サンゴ、貝と魚はNC BOXに、ライブロックは浴槽に入れていきます。普段、水槽照明は夜間につけているため、ニセモチウオが寝ぼけて、ぐでっとしていましたw 手で触れてもほとんど動かず、少し泳いでそのまま寝そべるw どんだけ眠いんでしょうか。
ZEOリアクターの中身は抜き取って浴槽に入れました。

9.エアレーション

事前に用意していたエアポンプで、NC BOX、浴槽それぞれエアレーションをしました。水温については部屋用クーラーでなんとかなると思います。

10.砂抜き

水がほとんど抜けたら最後にバケツへ砂を取り出しました。無給餌だったのにすごいデトリタスの量… 以前カルシウムリアクターを掃除した時のような乳白色? 茶色?の濁った状態になってしまいました。
このどろどろ感… もしかしたらCoral Snowが沈殿したものかも?
今回、砂は使い回ししますので、あとで海水洗浄します。

11.水槽取り外し

水抜きをした後、キャビネット内の配管系を取り外します。

12.水槽設置して、配管

水槽を載せる前に、一応水槽台が水平かどうか水平器でチェックをします。傾いた状態で長期間使用していると水槽が割れる危険があります。

付属していたマットは水槽よりも大きめになっています。今回は切ってから使ったのですが、よく考えてみたら失敗でしたw 切ってから使うとぴったりあわせるのが大変すぎます。
本当は、
 マットをしいて、
 配管のところだけ簡単に穴開けし、
 そこに水槽を載せてキャビネットとのバランスを取った後、
 カッターでマットを切る
べきでした。
こうすればちゃんとマットに水槽が載った状態になって、微妙なズレも無くなります。

排水のキャビネット側は、50Aを適正サイズ切って、シールテープを巻き、ゴム付き木槌でたたき込みました。そこにジャバラを繋ぎます。きのこさんのアドバイスで、段差ができないように巻いています。
20130707_150s.jpg

13.淡水で洗浄、水漏れチェック

とりあえずこの状態で水道から水を注ぎ、うまくサンプに流れることと、水漏れが無いことをチェックします。
ここでおにぎり食べながらちと休憩…

14.50Aパイプの高さ調整、騒音チェック

オーバーフローの水位は
 排水管の高さ、太さ
 給水ポンプの能力
で決まります。

今回のコーナーボックスはフタがついているものの、水位が低いとスリットから騒音が聞こえてきていまいます。また、WavySeaの排水口が水中から出てしまい、ばちゃばちゃと音が出てしまいます。
水位が高すぎると、静かにはなりますが今度は水面付近の油膜がサンプに落ちなくなります。
このバランス調整を行うには排水管を毎度抜かないと行けないので、調整がかなり大変です。

そこでいろいろ実験した結果、有田海水さんの記事にあった、水位調整式フローパイプにしました。

これホントすごいです。ミリ単位で簡単に水位調整できるすばらしい方式です。
これを考案した愛媛県の方と有田海水さんに感謝しつつ調整した結果、水位はこんな感じになりました。
20130707_155s.jpg

15.淡水抜き

水位がばっちり決まったところで、水道水をできる限り抜きます。

16.海水注入、クーラーで冷却

ひとまず新海水を130L注ぎ、残りは浴槽に待避した海水を戻しました。水道水が含まれるので、ハイポを一粒おまじないに入れておきます。

17.ライブロックとサンゴ、魚を戻し

レイアウトは全てきのこさんにお願いしました。まずはライブロックを全て水槽に戻します。
その後、サンゴをレイアウトしながら戻していきます。
ニセモチノウオが横倒しになっていて、まさか死んでる!?と思いましたが単に寝ているだけでした…
暫定レイアウトで、接着剤をあまり使えないので苦労されていましたが… 何とか完了。

18.どにゃさんと合流

ここでだいたい19時ぐらいでしたが、どにゃさんと合流しました。お疲れのところ申し訳なかったのですが、砂を洗っていただきました。

19.砂を海水で洗浄

サンゴの入っていた水を使って砂を洗浄。デトリタス他で真っ白に…

20.砂戻し

砂を水槽に戻しました。手前しか入っていませんが、そのうち貝等によって均一になると思います。たぶんw
戻らない場合はレイアウトのついでに平らにしたいと思います。

リニューアル後の水槽はこんな感じです。やっぱりAMP水槽は綺麗です。
20130707_160s.jpg

サンゴから粘液や砂等によってちょっと濁っていますが… 自分のサンゴを他の方にレイアウトしていたくとなかなか新鮮ですw
20130707_170s.jpg

背面は黒いつや消しアクリル板を置いています。本当は白いアクリル板を置きたかったのですが、つや消しにしたせいでかなり暗くなってしまったので、予備として買っておいた黒の方をつかっています。
20130707_180s.jpg

サンゴにあまりダメージを与えずに、無事完了して良かったです。
20130707_190s.jpg

21.おかたづけ

バケツとかでとっちらかった部屋を片付け。NC BOX他は洗浄した上で乾燥させます。12時から開始して8時ぐらいまでかかりましたが、この規模なら十分早いと思いますw

22.打ち上げ!

近所の沖縄料理をだす居酒屋にて3人で打ち上げを行いました。いやー、無事に完了して良かった!
これぐらいの作業量だと複数人でやった方がいろいろな意味で良いですね。翌日の筋肉痛もかなり軽く済みましたw

今回の水槽リニューアルは計画から実施まで本当にいろいろな方にお世話になりました。おかげさまで、今のシステムに最適な水槽になったと思います。皆さん、本当ありがとうございました!

>きのこさんとどにゃさん
リニューアル時期になったら呼んでくださいね。あと欲しいサンゴがあったら次の機会の時に持っていってください。

関連記事
スポンサーサイト


B!
オーバーフロー水槽 | コメント:(8) | トラックバック:(0)
コメント:
No title
nekoさんこんにちは。
大作業お疲れ様でした!
これは一人じゃまず無理ですねw
50kgのガラス水槽なんて絶対に一人じゃ持てないからw
アクア仲間が近所にいて良かったですね~

ガラス水槽が欲しくてしょうがないんですが、やるなら奥行90cmなので家のリフォームも伴うから当分無理ですw

アクアテンション上がってますね!
サンゴも綺麗です!

エーエイトさんへ
おはようございます。
50kgだと、せいぜい片方持ち上げて、ずらすぐらいですね。ガラス水槽はサイズが大きくなるほどありえない重さになっていきますねw

いまでも120cm x 60cm x 60cmなのに、奥行き90cmにするんですか?w
リフォームが必要なだけでは無く、運び込むのも大変そうですね。
掃除は、ガラス化するとブレード付きクリーナーとかも使えるので、実は楽になるのでしょうか?
No title
取り替え、お疲れ様でした。
さすが、テンション高いと違うな。
家なんて、まだ配管が途中で…

それにしても、ライトスタンドは、
結構冒険な気が…(@@;)
親方~さんへ
おはようございます。
これ以上気温が上がっても困るのと、家の中が狭いので一気にやるしかなかった感じですねw
親方さんのところはサイズ変更を予定していませんでしたっけ?
お仕事が忙しくなければあとは勢いでやっちゃいましょうw

ライトスタンドは意外と何とかなっています。きのこさんとどにゃさんからは怖いっていわれましたがw

さてあとは…アクリル水槽とサンプ2個をどうするかが問題ですね。無料なら誰かもらってくれるかな。
No title
ども。
水槽入れ替えお疲れさまでした^^;
何事もなく!?無事に終わって良かったですね。
微妙な水位調整はあれを付けちゃうと意味ないような。。。
私にもサンゴくださいw
あなごんべさんへ
おはようございます
おかげさまで良い買い物ができました。移行も無事終わって一安心ってところです
あとは最終的なレイアウト変更をすれば完成かなと思います。

>微妙な水位調整はあれを付けちゃうと意味ないような。。。
もう届いていますが、意外と大丈夫っぽいです
>私にもサンゴくださいw
フラグと色の揚がらないサンゴならたくさんあるので良ければどうぞw
No title
こんばんは~

ご指名があったにもかかわらずコメントが遅くなって大変申し訳ありませんでした!!

無事に設置が完了したみたいで安心しました!
すごい良い感じですよね、、
いつかこの目で見れることを楽しみにしてます!!
有田海水さんへ
おはようございます。
フローパイプの調整を何度もしているときに、有田海水さんの気持ちがわかりましたw
高さが調整できる方式の記事を書いていただいてとても助かりました。

水槽の方はいまいちなサンゴも多いのでがっかりな部分もあるかもしれませんが、機会があれば見に来てください!

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。