07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

ZEOvit for automatic filtersの使用を開始しました

2014-09-25
ZEOvitメディアの交換タイミングになりましたので、今まで使用していたATI Zeolith plusから、先日ドイツから届いたZEOvit® for automatic filtersに変更しました。
今までのZEOvitメディアはかなり細かい粒+粗い粒の組み合わせでしたが、自動攪拌用のリアクター発売に伴って、粒の粗いものだけになったバージョンが発売されました。…まあ昔に戻っただけな気がしますが。これでZEOvitリアクターの目詰まりで困ることは無くなると思います。
なお、ATI Zeolith plusは効果は十分にあるので何が悪いというわけでは無く、単に本家となるべく同じ環境にするという試みの一環で今回変更します。

こちらがメディアの袋です。現行のとあまりかわらないかな。
20140924_010s.jpg

よく見ると説明書きがちょっと違っています。
20140924_020s.jpg

一袋は1000mLと書かれていますが、重さは1240gでした。今回3袋購入していますが、他の袋は1216g、1257gとぶれがあります。
20140924_025s.jpg

いままで使用していたATI Zeolith plusの残りです。もったいないので混ぜて使います。角が取れた石が多いです。
20140924_030s.jpg

こちらがZEOvit® for automatic filters。角がとがっている物がいくつか見られます。
20140924_040s.jpg
1000mLあたり1250gと考えると、水量237Lあたり740g分使うことになります。(水量400Lあたり1Lなので)
ただし…いままではATI Zeolith plusを666g使用していたので、そこから増やすと白化リスクが増えることから同じ重さのままで行きたいと思います。
10%は今水槽に入っている方を使うという話なので、プラケース内は600g分です。

RO/DI水でゆすいで細かい粉を落とします。ちなみにRO/DI水は自動給水用にためてあるので、蛇口をひねるだけでいつでも利用できます。
20140924_045s.jpg

こちらは現在のZEOvitリアクター内(ATI Zeolith plus)です。
20140924_050s.jpg

少しズーム
20140924_060s.jpg

専用リアクターからの取り出しは20秒もあればできるので非常に楽です。
20140924_070s.jpg

ZEOvit® for automatic filtersを詰め直して、活性炭を乗せれば交換終了です。
20140924_080s.jpg

ZEOvitリアクターの流量は250L/Hでほぼ最大値です。なので3時間おきの間欠運転のままの方が安全だと思いますので、しばらくはこのまま様子を見たいと思います。ZEOvitで一番危ないのが急激な変化なので…数ヶ月ぐらいでゆっくりと変化していく方がコントロールがしやすいですね。

ちなみにATI Zeolith plusは未開封の5000mLバケツがあと1つ残っています…混ぜて使い続けるかは検討中です。

-----

ツアー中にメンバーと水槽の回転数変更についていろいろ議論しました。あまりにも回転数を落としすぎると、クーラー使用時に水槽は温度が下がらないまま、サンプだけ極端に冷えてしまい、結露する等の問題が考えられます。
回転数を落とす理由は結局のところスキマーで回収される添加剤をなるべく抑えたいからなので
・メインポンプから水槽への回転数はそのままで、水槽からサンプへの排水を分岐してスキマーを通らないルートを作る。流量はバルブで調整する。
・単にスキマーをしばらく止めておく(添加剤がどれぐらいの時間でサンゴ等の生物に吸収されるのかは謎ですが)
といった案がでました。

とりあえずお試しで
・回転数は少し落として2.88回転とする
・添加剤を入れた後、スキマーを1時間ほど止める
ことにしました。

スキマーを止めることについては、ApexのスキマーOutletプログラムをちょっと書き換えれば簡単に実現できます。
変更前:
Fallback ON
Set ON
If FeedA 003 Then OFF
If FeedC 003 Then OFF
If FeedD 003 Then OFF

変更後:
Fallback ON
Set ON
If FeedA 060 Then OFF
If FeedC 003 Then OFF
If FeedD 003 Then OFF

これで、Feedモードで添加剤を入れた後、メインポンプや水流ポンプが再開しても、スキマーだけは1時間待ってから自動再開することになります。Apexを持っていない方は、WH3101WP等のダイヤルタイマーを利用すると楽だと思います。

関連記事
スポンサーサイト


B!
ZEOvit | コメント:(4) | トラックバック:(0)
コメント:
こんばんは。
最近はオートリアクター用のなんてリリースされてたんですね。まあ実際は細かい粒に対するクレームへの対処でしょうねw
最近はゼオじゃなくてもゼオライト使う方が多くなってきた様ですね。なんでも普通のゼオライトとは違うらしい…
ゼオライトに種類があるのならやはり本家の物を使うのが本家の環境を再現する1番の方法でしょうね!
oriftaさんへ
こんばんは
ゼオライトは園芸用に様々な種類が売られていますが、サンゴ水槽用にちゃんと使えるものを探すのも面倒でお金かかるので、なるべく実績あるものを使いたいですね。
白化したり色がなくなったら意味ないので
No title
こんばんは~
実績あるものを使うのが安心ですよね。自分も何度も冒険して失敗しているので懲りていますw

既にブログで記事にしたのでご存知かもしれませんが、nekoさんに頂いたフトトゲがそろそろ成長限界だったのでフラグにして配ることにしました。
mjnekoさんに頂いたものですので、事後報告ではありますが報告しておきます。
丁度1年程前ですかね、当時は本当にありがとうございました。
もしご希望でしたら、フトトゲはもちろんどのサンゴでもフラグにして送りますので、いつでもご連絡ください。
oriftaさんへ
おはようございます。
ついにそのときが来ましたか。ではフトトゲフラグとウスコモンフラグが欲しいです。今の水槽ならどんな変化するか気になりますね。
以前ご連絡いただいたメールまだ使えますか?ひとまずそちらに連絡をしてみます。

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...