09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


B!
スポンサー広告

水換えについて

2012-05-26
水換えについて書いておきます。

ZEOvitのマニュアルによると、
 生体量が少ない、または適量の場合は品質の良い人工海水で毎週5-6%水換します。
 生体量が多い水槽では、毎週10%水換えを推奨します。
とのことなので、それに従って毎週10%の水換えを行っています。水量が約300Lなので、30L換えればよいことになります。
ちなみに、最近日本でも取り扱われるようになったReefer's Best Premium Saltなら2 週間毎に5%の水換えで十分らしいです。

通常、水換えは蓄積される栄養塩を減らすことが第1の理由だと思いますが、ZEOvitではZEOstart等でバクテリアに処理させますので栄養塩はほとんど蓄積されません。ZEOvitで水換えする理由は、人工海水の元素バランスを整えるためとのことです。
(とはいえ、10%水換えしておけばOKというわけでは無く、消費の早いヨウ素や鉄については添加剤で補ったり、KH、カルシウムはリアクターで補う必要があります)

少量水換えは楽で良いです。大量に水換えする場合はこんな苦労があります。
・ためる容器が場所をとる
・温度あわせが大変(特に夏場は…)
・RO水をためるのに時間がかかる

-----
水換えのためにRO水を30Lほどためます。1時間半もあればたまります。この写真はちょっと入れすぎたので34Lぐらい入っていますが…
魚のトリートメントやライブロックのキュアリング、サンゴの一時待避を考えると、20Lぐらいの小さいバケツをたくさんそろえるよりも、大きめの35Lバケツを使う方がいいと感じています。
20120526_001.jpg

こちらが人工海水の元のストックです。密閉容器に入っているので、水分で固まったりしません。
20120526_002.jpg

すぐ取り出せるので便利ですが、ヨウ素等の揮発しやすい成分はもしかしたら飛んでしまっているかも…
人工海水の元はマリンテックのヴィーソルトを使用しています。高品質、とけやすい、ロット毎の当たり外れが少なくて良い塩です。バケツではなく袋に入っているのも移し返しやすくて良いです。
KHは9ぐらいと、ZEOvit推奨の6.5-7.5の範囲を外れていますが、10%水換えであればほとんど影響しません。
20120526_003.jpg

スコップですくい、34L * 38g/L = 1,292g分を量ります。水槽の塩分濃度にあわせて多少加減します。
なお、このデジタルはかりは7kgまで量ることができますので、大量の人工海水を作るときでも1回で量ることができます。
20120526_004.jpg

あとはバケツにざばーっと
20120526_005.jpg

攪拌はこれで行います。コンパクトポンプ1000にホース、塩ビパイプをコの字型にしたものを組み合わせただけです。塩ビのところはたしかナチュラルさんのblogを参考にしたと思います。
キスゴムで固定する方式だと、外れて塩水をぶちまける可能性が高いですが、塩ビでコの字にしておけばそういった事故は防ぐことができます。
20120526_006.jpg

ポンプの電源を入れてしばらくすると、塩が完全に溶けて透明になります。6時間ぐらいの攪拌で使ってしまいますが、本当は24時間ぐらい攪拌した方がいいみたいですね(?)
冬場は、水換えによる温度の変化をふせぐためにヒーターを入れておいた方が良いです。夏場は無くても何とかなります。以前、80Lぐらい水換えしていたときは水槽用クーラーを使って冷やしていましたが、ZEOvitになってからはその必要がなくなったので楽になりました。
20120526_007.jpg

念のため塩分濃度チェック。34‰なので問題なし。
ちなみにこの塩分濃度計は2週間に1回ぐらいで校正が必要です。塩分濃度屈折計の方が校正頻度が少なくて安定している感じです。
20120526_008.jpg

別のバケツに、水槽の掃除がてら水槽から30L吸い出します。
以前はサンプや水槽の排水バルブを操作して水を捨てていましたが、ちょうど30L捨てるのってとっても難しいので…
↓は、マゴタンクのコケを落としたりしながら吸い出した水槽の水です。
20120526_009.jpg

バケツから水槽に給水します。コの字の先にエルボを取り付けます。こうすると水の勢いで砂が飛ぶのを防ぐことができます。
20120526_010.jpg

水槽に入れているところ。
20120526_011.jpg

給水が終わり、スキマーを動作させてサンプの水位がいつものところになったのを確認します。これで水換え完了です。
20120526_012.jpg

-----
最後にCoral Snowを入れてみます。
20120526_013.jpg

Coral SnowにCoral VitalizerとAminoAcidHighConcentrateを入れて5分待ちます。ちなみにCoral Snowと組み合わせず、単品で使いすぎると水槽に茶色のスライムが発生します。
20120526_014.jpg

Coral Snowを入れる前。もうすぐ消灯なのでかなりブルーが強くなっています。(Mazarraの夜明け、夕暮れモード)
20120526_015.jpg

Coral Snowを入れると真っ白に。数時間たつと濁りも消えて、水槽の透明度が上がったことを確認できます。
20120526_016.jpg


関連記事
スポンサーサイト


B!
メンテナンス | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。