04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

水槽スペックの変化(2014年)

2014-12-31
今年最後の記事になります。

水槽スペックの変化をまとめてみます。

2013年2014年
名前名前
水槽
AMPガラス水槽
1200x450x450
(フランジ有り、正面のみ高透過ガラス)
1変化無し1
アクアファクトリーアクリルサンプ
950x350x350
1変化無し1
ドライサンプ 1800x800x1001変化無し1
メイン照明
ATI 48インチ 8 x 54W
Dimmable SunPower
1変化無し1
プロテインスキマー
Royal Exclusiv Bubble King
Double Cone 200(110V/60Hz)
1変化無し1
カルシウムリアクター
REEFOCTOPUS CR-800R1変化無し1
ZEOvitリアクター
ZEOvit Filter Easy Lift Magnetic S1変化無し1
クーラー
ゼンスイZRW4001変化無し1
ヒーター
チタンヒーター300Wx21変化無し1
メインポンプ
RLSS DC-100001Jebao DC-9000J1
メイン水流ポンプ
Tunze Turbelle nanostream 60952変化無し2
MP10ES1変化無し1
Tunze Comline Wavebox 62081破棄
Jebao RW-81
WavySea1変化無し1
RO浄水器
AQUAGEEK クロノスレイン1変化無し1
人工海水
KZ Salt1変化無し1
換水サイクル
2週間に1回、15L-2週間に1回、30L-
モニター/センサー
Neptune Apex1変化無し1
ライブロック
枝状ライブロック8kg枝状ライブロック10kg
底砂
KZサンド5.6kg変化無し5.6kg


大きな変化はこんな感じですね
○RLSS DC-10000が故障、Jebao DC-9000Jに交換
 初代DCポンプの寿命が気になるところでしたが、やはり故障しました。DC-10000は在庫もなくすぐに交換できないため、代わりにJebao DC-9000Jを購入しました。こちらは交換用のモーターブロックも付いている上に、ショップでの在庫保証もあるので故障してもすぐに手が打てます。ちなみに輸入版と比べるとそもそも故障しにくいように改善がされているそうです。

○Waveboxやめ
 設置スペースを取るので止めました。

○Jebao RW-8導入
 コケが付いたりすると意外と音がするのでどうしようか悩み中。Tunzeの静かさはさすがです…Tunzeに交換するか、Maxspect Gyreを導入するか悩み中です。なお、Vortech MP10ESは停電対策用で水流を最小にしてあるのでほとんど音がしません。

-----

今年は機材の購入は少なめで済んだかなと思います。ほとんど購入する物もなくなってきました。

ガラス水槽にして1年以上経過しましたが、キズがほとんど付かず掃除もしやすいのでメンテナンスが楽になりました。コケだらけの水槽だとモチベーションも低くなりますし、サンゴや魚の様子もわかりにくくなるので、長期維持のためにもメンテナンス性は重要かなと思います。
魚の飛び出しが減るのと、少し強い地震が発生しても水がこぼれたりしませんのでフランジがあると良いと思います。なお、フランジ無し水槽でも、アクリル製のフランジをかぶせるように追加する製品も売っていたりします。
AMP水槽でフランジシリコンはクリアタイプが標準ですが、押してみるとわかりますが少し柔らかいかなと思います。ブラックシリコンに変えてもらうとよりしっかりしたものになります。(フランジの効果は同じなのでただの気持ちの問題ですが)

-----

来年は今の生体を長期維持するのが目標です。生体をあまり買わずに済むと良いなと思います。

それでは良いお年を!
関連記事
スポンサーサイト


B!
タンクデータ | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...