05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

RO水を自動的にためる&自動給水

2015-02-11
以前掲載していた記事がわかりにくかったと思いますので、もう少し構造ををまとめてみました。

海水水槽で比重管理は重要です。
特に冬は水が蒸発しやすく、比重が上昇してサンゴの色にまで影響を与えます。メインポンプが空回りすることまで考えられます。単純にRO/DI水を作って毎日足すのが非常に面倒です。このあたり自動化できると水槽管理が楽になりますね。

自動給水を行う上での関門は2つあります。
①RO水を自動でためること
②ためたRO水を自動的に給水すること

自動給水の製品はいろいろと出ていますが、「①RO水を自動でためること」ができるのは少ないですね。そのあたりを以下にまとめます。クリックで拡大します。青い矢印が水の流れ、赤い矢印が電源、コントロールを表しています。
(2015/5/6)そういえばチェックバルブを書き忘れていたので、画像を差し替えます。前の画像はこちら
20150211_030s.jpg


■電磁弁
グリーンズさんで売っている「水用電磁弁(2.5φ)青弁」+ワンタッチ継手です。
電源をONにすると蛇口から給水開始です。OFFにすると給水が止まります。
これでタイマーを使った浄水器の制御ができるようになります。
蛇口からの接続はシングルレバー混合栓から浄水器を繋ぐを見てください。

■加圧ポンプ
クロノスイレインの正規オプションです。
マンションだと水圧が低い、またはすでにレギュレーターで減圧されていたりするため、加圧ポンプが必要となることが多いです。加圧ポンプをOFFにすれば水圧がさがるため、自動給水には好都合です。

■ハイプレッシャースイッチ
こちらのお店で購入できます。加圧ポンプを使ってプレッシャータンクに水をためるには必須の装置です。プレッシャータンクの圧力が高くなりすぎたら、加圧ポンプの電源をOFFにしてくれます。
OFFにするしきい値は調整できます。プレッシャータンクが破裂しないよう、適切な水圧になるようにしてください。

■プレッシャータンク
マーフィードの自給タンクキットの一部です。圧力にもよりますが、10L程度ためられます。空気が入らないので劣化無くためられます。水圧をかけるほどたくさん入りますが、あまりにも高すぎると破裂する可能性も… ハイプレッシャースイッチでほどほどの水圧になるよう調整してください。水圧計があるとベストですが、無い場合は何リットル入ったかで大まかな水圧が確認できると思います。

■ダイヤルタイマー&タイマー
いつもはタイマーで23時から30分程度、電磁弁と加圧ポンプをONにしてRO水をプレッシャータンクに補給しています。十分な水が入ったら加圧ポンプが停止します。電磁弁はONのままなので排水は続き、少し水が無駄になります。

■チェックバルブ(逆流防止弁)
この存在を書き忘れていました。
給水が止まると浄水器側に逆流してしまうため、チェックバルブ(逆流防止弁)を取り付ける必要があります。グリーンズさんで売っています。


「②ためたRO水を自動的に給水すること」をまとめてみます。クリックで拡大します。青い矢印が水の流れ、赤い矢印が電源、コントロールを表しています。
20150211_020.jpg
給水はフロートスイッチとApex、電磁弁で行います。
設定はApex導入の流れ~初期設定編5~[完]を見てください。
フロートスイッチを2重化することで、片方のフロートスイッチが故障しても給水し続けるトラブルを防いでいます。
また最悪の事態を考慮して1日4回、2分間程度だけ給水するようにしています。

■代替手段について
・Apexが無い方は、電磁弁+フロートスイッチの制御をマメスイッチで代替できます。

フロートスッチを使わない方法として…
・マーフィードの自給タンクキットにはフロートバルブが付いていますのでそれを使う(サンプに穴を開ける必要があるので、ちょっと接続しにくいです)。
・プレッシャータンクの圧力を下げれば、LSSさんの自動給水用フロートバルブで制御できるかもしれません。(対応最大水圧は10~30psiですのでそれを超えると危険です。)


■その他応用
プレッシャータンクを分岐して蛇口をつけると、いつでもRO水が使えて便利です。バケツに水をためる&時間になったら給水停止することもできます。
20150209_010.jpg

-----

RO浄水器のハードチューブは劣化するようなので、数年で交換すると安全かと思います。

関連記事
スポンサーサイト


B!
浄水器 | コメント:(2) | トラックバック:(0)
コメント:
No title
初めてコメントします。

ROの自動関係を今構築していて色々調べていまして

うちの場合には専用の水栓から水換え用海水作成水槽と
HYDORのレベルコントローラーを使っての給水をなんとか
自動化出来ないかと考えていまして


水栓からROまでの間の電磁弁については
ショップで相談したところ、電磁弁に水道水に
含まれるゴミなどがひっかかると制御出来なくなる
可能性があると聞いたので計画中断中で

今まで使っていて水栓から直に電磁弁で特に問題は起きていないでしょうか?


(ま)さんへ
はじめまして。おはようございます。

>ショップで相談したところ、電磁弁に水道水に
>含まれるゴミなどがひっかかると制御出来なくなる
今まで特に問題は出ていませんが、確かにそのリスクはありますね。
食洗機用の分岐水栓にも、荒いですが金網がついているので大きな異物は混入しないようになっています。また、セディメントフィルターにも異物が引っかかった事はほとんど無いので、もともと水道水としても良い方だからなのかもしれませんね。

電磁弁が閉まらないリスクの対策としては、やったことはないですが
①電磁弁を二重化する
②セディメントフィルターの後に電磁弁を設置する
とかで回避出来るかもしれません。

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...