01-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728>>03-

海水魚飼育を始めてから7年目になりました

2015-03-23
ホームセンターで見たミドリフグが可愛かったことがきっかけで、2009年3月から海水魚飼育を開始しました。昔の水槽の様子を載せたことは無かったと思いますので、過去を振り返ってみたいと思います。

ちなみにミドリフグから海水魚飼育に繋がったかというと、
ミドリフグを飼いたいけど汽水域の魚なので人工海水の元や比重管理が必要
→ミドリフグだけだとなんか水槽が地味だし
→どうせ管理が大変なら、海水魚とサンゴでよくね? ライブロックとか面白そうだし。
…というわけで、Red Sea MAX 130Dを買ったことがこの趣味の最初でした。

■2009年 1年目

Red Sea Maxで立ち上げたばかりの頃です。charmさんのライブロックを使っています。やたらと重くて本当にただの岩という感じでした。今なら絶対に買わないと思います。カーリーまでついていて、その生き残りを始末するのに4年ぐらいかかりました。ついでにシャコ(蝦蛄)までいたり…
20150323_010s.jpg

ライブロックが増えました。生体はカクレクマノミ、デバスズメ、タマイタダキイソギンチャクと初心者らしい選択です。ショップにもほとんど行かずにとりあえず通販で買ってみています。今思えばこれは失敗でしたね。
20150323_015s.jpg

一気に生体が増えました。ペットタジマさんが生体が安かったので良く通っていました。
Red Sea MaxはT5 110WなのでLPSは飼えると思います。でも陰日性サンゴは無理がありましたね。給餌で水質も悪くなるし。
20150323_020s.jpg

水道水を使っていたので、水質はいくら水換えしても良くならなかったですね。
20150323_026s.jpg

小型ヤッコもうまく飼えない… オールインワン水槽ならろ過能力も低いので魚を減らし、給餌を極力減らして、水を汚さないようにして飼うべきです。
20150323_030s.jpg

■2010年 2年目

オールインワンでお手軽がRed Sea Maxの良いところですが、やはりガマンできなくなってメタハラ導入w
RO浄水器も導入。さっさと買えば良かった…
20150323_040s.jpg

ダブルサイフォン式のオーバーフローを作って、サンプを導入してオーバーフロー水槽化しました。配管は当然カオスなことに… サンプはウェイブクリエイション・ヤマダさんに注文しました。
20150323_050s.jpg

センジュイソギンチャクはメタハラでもうまく飼えず… 光が強すぎたせいかもですが。
20150323_060s.jpg

生体が多すぎて良く白点病が発生していました。
20150323_065s.jpg

60cm水槽でサブ水槽を立ち上げ。こちらもサイフォン式オーバーフロー水槽です。流量調整が難しかったり、ウールマットが目詰まりして溢れたりと危険な水槽でした。
ニシキヤッコは大きすぎたのでアサリしか食べず…
20150323_070s.jpg

ナチュラルさんで購入したウズマキ。餌を多めにあげて成長に伴う模様の変化を楽しんでいました。
20150323_080s.jpg

2010年の年末あたり。このあたりで見事にタテキンになりました。(暗い画像を無理矢理明るくしているのでモノクロっぽいですが、本当は結構綺麗な黄色いラインが入っていました)
20150323_090s.jpg

charm産カーリー撲滅のためにハタタテダイを導入しましたがあまり効果なし… 白点がより酷くなったりしました。
20150323_100s.jpg

■2011年 3年目

Plaxさんにアクリル水槽を注文しました。今と同じく1200x450x450サイズのコーナーボックス式オーバーフロー水槽です。水漏れしたときのために黒塩ビで水槽用のトレイも作ってもらいました。何度かお世話になっています。
Red Sea Maxとサブ水槽は破棄。タテキンは震災後の病気蔓延により…
アクリル水槽にしていたおかげで… というかフランジのおかげで水漏れも非常に少なく済みました。今から水槽を買う人にはガラス水槽でもフランジ有りをお勧めします。あの地震を経験してフランジ無しを買うマリンアクアリストはまずいませんので。(ショップ水槽は水がこぼれても多少は大丈夫なので、フランジ無し水槽が多いです)
20150323_110s.jpg

AQUA LOVERSさんはこの頃オープンしました。地震の影響もあって大変そうでしたが… よくAQUA LOVERSさんに通っていました。あと中央のハタゴは沖縄産です。
20150323_120s.jpg

照明はメタハラとLeDio 27とかでした。茶色のハタゴもLEDでパープルっぽく見えますw
左にはよく見ると巨大カーリーが…
20150323_125s.jpg

年末あたりにZEOvit開始。リセットせずに開始したのでうまくいかず… なぜZEOvitなのかというと、ベルリンシステムは立ち上げの概要しかなくよくわからなかったからです。ZEOvitはマニュアルが公開されていてやりやすそうだったからです。でも今までの運用も棄てきれずに中途半端でした。
20150323_128s.jpg

■2012年 4年目

ブログ開始の年です。やっぱり一人でサンゴ飼育なんてどーやっても無理だよねってことで、情報収集と現状の整理を兼ねてブログを始めてみました。
20150323_150s.jpg

LEDでSPSが飼えるか信頼できず、Maxspect MazarraとVitalWave多灯です。
20150323_160s.jpg

魚が元気で餌あげすぎてやたらと大きいですね。
20150323_170s.jpg

ZEOvitにはT5だよねってことで、ATI T5を輸入しました。後ろにあるやたら濃い色のウスエダが懐かしいですね。
魚への餌あげすぎ+RCP+ZEOvitな組み合わせで謎の濃い色&シアノ発生が酷かったので、リセットしました。リセット時にいれたペパーミントシュリンプのおかげで、charm産カーリーをついに撲滅。
超円高だったので、泡王とかZEOリアクターとか水流ポンプとかが格安でした。当時80 JPY/USD、100 JPY/EURだったので、今買わずにいつ買うの!?ぐらいの状況でした。
20150323_180s.jpg

■2013年 5年目

水槽のコントロールにAPEXを導入。
魚をショップに引き取ってもらい、無給餌水槽化。ZEOvitっぽい色合いになったと思います。アクリル水槽にキズが多くなってきたのと、手を突っ込んでのコケ掃除が大変すぎるので、AMP水槽を注文しました。マグネットクリーナーは楽で良いです。
20150323_190s.jpg

横から。昔と比べるとすぐに生体が死んでしまったりすることは無くなりましたが、長期飼育という意味では課題がある状況でした。無給餌は良くないらしく、立ち上げなおしから1年もしないうちに白化が続くようになりました。このレイアウトだと水流も強くできないので良くなかったですね。
20150323_200s.jpg

■2014年 6年目

引越の時に冷えすぎたため生体の大部分が死亡… 全面リセットすることに。魚はそこそこで給餌もちゃんとするようにしました。8月からZEOvitの添加量に忠実にあわせるようにしました。ZEOvitシステムはやはりマニュアルどおりにやることが最も大切です。その運用にあわせていろいろとシステム設計されているので、そこから外れたことをされたらうまくいかないのは当然ぐらいのシステムです。
20150323_210s.jpg

■2015年 7年目

現在。
水流ポンプの位置を上の方にしてかなり良くなりました。リセットせずにこのまま行きたい… 生体の死亡率もかなり下がり、ようやくサンゴが順調に成長してきています。
どの辺まで来れば上級者になれるんでしょうね。まだ初心者の域を脱していない気がします。もっと数年単位でサンゴを成長させ続けられないとだめですね。
20150323_230s.jpg

20150323_240s.jpg

20150323_250s.jpg

 やり始めた当時、身近に海水魚飼育に詳しい知り合いが居なかったので、やたらと苦労した感じがします。迷走した分だけ生体が犠牲になり、お金もかかります。
 海水水槽、とくにサンゴ水槽は立ち上げにノウハウが最も必要です。立ち上げ時の選択ミスを後からリカバリーするのはかなり困難です。今から始める人には、詳しい人を探して教えてもらうか、最初から有名なショップに依頼する方がお金が無駄にならずに確実です。できるだけスイハイして実物や運用を知ってから始めると良いと思います。(ちょっとネットでググって始めればなんとかなるなんて生易しい趣味じゃないのでアドバイスくれる人の存在は重要です。必要な専門知識が多すぎw) アクア雑誌も参考にはなりますが、本当に細かい重要なことはあまり書いていないですね。
 家の隅に置くんじゃなくて、リビングとか人が一番多いところに置くとなるべく綺麗に維持しようとするモチベーションも出てきて良いと思います。コケ掃除もマメにすると綺麗に見えるし。なるべく静かな機材を選ぶ理由にもなります。
 いろいろ苦労はありましたが、水槽がうまくいっていて、魚もサンゴも元気だとかなり癒やされるのでお勧めです。最近は良い機材も多いので、中古メインに時間をかけてそろえていくと費用もそこまでかからないかも。立ち上げを焦らずじっくりと情報収集から開始すると良いですね。

関連記事
スポンサーサイト


B!
タンクデータ | コメント:(3) | トラックバック:(0)
コメント:
No title
こんにちは。
mjnekoさんの過去を垣間見れた興味深い記事でした。
"静かな機材"最近個人的なテーマだけにワタクシも意識
しようと思いましたw
ミスズさんへ
こんばんは。
最初は苦労の連続でした。
海水魚&サンゴは何も知らないところからやり始めるにはなかなか辛いところがありますね。でもその対策を一生懸命調べたり計画を立てていくのも楽しいんですけどね。
No title
どもです。

とても楽しい記事でした!
今見ると、あの濃色水槽懐かしいですね。
あれはあれで好きだったんですけどね~。
あの時の水をトリトンしたいですw

しかしつぎ込んでますね~。

結局ミドリフグは飼ってないのねw



管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...