07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

カルシウムリアクターのCO2切れ

2015-05-23
CO2を添加してもKHが上がり辛いとおもったら… CO2ボンベが空になりそうだったので交換しました。

これはカルシウムリアクター内のpHをグラフ化したものです。ReeftronicsでApexの情報を自動的にグラフ化してくれます。7日間の範囲なので傾向がわかりにくいかも。
20150523_010s.jpg

こちらは30日間なのでよりわかりやすいと思います。長期的な変化がつかみやすいのがこのサイトの良いところかなと思います。
20150523_020s.jpg

コメントを入れてみました。クリックで拡大します。
カルシウムリアクターのメンテナンスを4/25に実施しました。そのときの記事は「カルシウムリアクターの簡易メンテナンス」です。
カルシウムリアクターのメンテナンス後はpHの値が上昇しています。メディアを増やしたことが原因だと思います。あと、カルシウムリアクターの排水の絞りが足りないせいだと思われます。絞りが足りないとリアクター内部の圧力が上がりにくくなり、CO2の溶ける量が少なくなります。
その後、徐々にpHが上昇していっています。CO2残量が少なくなって、これまたリアクター内部の圧力が上がりにくくなったためと考えられます。
20150523_030s.jpg

ミドリイシ飼育でCO2切れは非常に気付きにくいですね。ボンベの残量で気付くか、KHをマメに測定していて気付くか、KHが下がりきって白化してようやく気付くぐらいでしょうか。pHグラフを見て気付けたのは非常にラッキーでした。

CO2ボンベを確認してみるとやはり空ですね。黄色いラインを見ます。
20150523_040s.jpg

こちらが交換用のボンベ。黄色いラインを見るとわかりますが満タンです。
20150523_050s.jpg

Apexがあるのに、グラフを人が見て気付くのはどうかと思います。自動で教えてくれないと…
以前、「Apexによる、CO2添加チェックプログラム」で、CO2切れをチェックできるようにプログラムを組んでいました。CO2を添加し始めてもpHが7.3以上であればCO2切れとしてアラームが鳴ります。
今回わかったこととしては、CO2切れ近くなると徐々にpHが上昇するということですね。そのせいで、検知できるまで数日かかってしまうことになります。
20130611_030.jpg

CO2添加中のpHは6.8ぐらいです。
今回のことを踏まえると、7.3というしきい値は少々高いのかなと思います。従って、しきい値を6.9にして、pHが上昇しはじめたらすぐにわかるようにします。まぁこれをやるとカルシウムリアクターの排水の絞り方一つで反応してしまったりするので、もう少し値の微調整が必要かも。
20150523_060s.jpg

関連記事
スポンサーサイト


B!
カルシウムリアクター | コメント:(2) | トラックバック:(0)
コメント:
No title
こんちは。
バブルカウンターではわからないんですか?
どにゃさんへ
こんばんは
リアクターはベランダ置きかつ防水カバーの中なので、バブルカウンターを見るのは半年に一回ぐらいです。

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...