05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

トリトン測定結果まとめ(2015年2月~10月)

2015-10-29
トリトンで測定した結果を受けて過剰な微量元素濃度を減らす対策をしてきましたが、この8ヶ月間の経過を見ていきたいと思います。

まずは各値をまとめます。クリックで拡大します。
微量元素が過剰になった原因であるZEOspur Macroelementsの添加を止めています。
最近は2週間に1回、30L水換え(約10%)しているだけ、添加剤も必要なものだけにしていますが結果としてはトリトンの推奨値に収束してきました。ZEOvitシステムも基本的には微量元素が天然海水のバランスになるように考えられているのかなと思います(一部例外がありますが)。ZEOマニュアルにも書いてあるし。
20151029_010s.jpg

続きです。
20151029_020s.jpg

値だけだと変化がわかりにくいと思いますのでグラフ化してみます。
アルミニウムについては徐々に推奨値に下がってきました。KZ Saltに含まれているのでサンゴも少し消費するのかなと思います。銅については最近は全く検出されなくなりました。ZEOvitの添加剤の一部に銅が含まれていて、その添加を止めたためと考えられます。
20151029_030s.jpg

リチウムは最近急上昇しました。KZ Saltには推奨値ちょうどぐらいしか入っていないはずなんですけどね…
モリブデンについてはKZ Saltと添加剤に入っているので減らないですね。濃度が高くても問題ないらしいので無視しておきます。
20151029_040s.jpg

ナトリウムは徐々に上げて適正値になりました。
カルシウムは410ぐらいだったので、TRITON TRACE BASE Calciumをたまに入れて440を目指します。
マグネシウムはKZのマグネシウムメディアのおかげか推奨値で安定しています。
カリウムはK-Balanceをほとんど添加していないのに推奨値を超えてきました。
20151029_050s.jpg

バナジウムはKZ Saltの10%水換えのせいか過剰になっています。TRITON TRACE BASE Vanadiumは添加していません。
ヨウ素はいくら添加剤を入れても上がりませんね。活性炭で吸着されたりしているのかも…放っておこうかなと思います。
亜鉛は添加剤をマメに入れないと維持できません。TRITON TRACE BASE Zincを入れると良さそう。
20151029_060s.jpg

バリウムは順調に減って行っています。こっちもKZ Saltにたくさん入っていますが、消費されやすいのかな。
ケイ素が増えてきたのは気になりますね。ZEOvitメディアを減らした弊害の可能性かも…?
20151029_070s.jpg

魚を増やしてリン酸塩0から抜け出したのは良いのですが、ちょっと上げすぎです。エサを減らさないとダメかな。
20151029_080s.jpg

水槽の全景は再掲になりますがこんな感じ。給餌量が多くリン酸塩が高いのでサンゴの色は濃くなってきています。あとソフトコーラルの成長が速いですね。ガラスのコケも付きやすくて掃除がちょっと面倒です。
20151026_110s.jpg

魚が多いのは癒やされますが
20151026_120s.jpg

最後に、今使っている添加剤はこんな感じです。

■エサとか水質維持用
Coral Booster
FlatwormStop
zeobak
Coral Vitalizer
Amino Acid
ZEOfood7
Amino Acid LPS
Immun Stabil Fish
ZEOstart3

■微量元素
Pohl's Xtra
K-Balance
TRITON TRACE BASE Strontium
TRITON TRACE BASE Calcium
TRITON TRACE BASE Nickel
TRITON TRACE BASE Zinc
TRITON TRACE BASE Mangan

関連記事
スポンサーサイト


B!
トリトンラボ・トリトンメソッド | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...