07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

水槽水平化

2016-09-11
2014年1月に引っ越ししてからの懸念を解決できたので書いておきます。
あまり使っていませんが住んでいるマンションには床暖房があります。現在使っている120cmオーバーフロー水槽ですが、これぐらいになるとかなり重いので床への負担も大きくなります。床暖房のせいか、ちょっとだけ手前側に沈み込んで、水槽が傾いています

デジタルレベルBOX BM-801で測定してみるとやはり0.1度傾いていますね。水槽は重いものなので完全に水平が大原則です
20160911_010.jpg

正面から見て左右、手前と奥を測定してみましたが、左右のどちらとも手前に0.1度傾きがありました。ポンプを止めて水の高さを調べると、傾きのせいで手前側が奥よりも1mm高くなっていました
20160911_020.jpg

あなごんべさんに相談したところ、水平化するには何かを差し込むしかないとのことでした。ベニヤ板をお勧めされましたが、ホームセンターでは2.3mm厚のものしか売ってなく、傾きに対して厚すぎます
20160911_030.jpg

手持ちの予備水槽用マットも同様に厚すぎました
20160911_040.jpg

AQUA LOVERSのジャイアン店長に相談したところ、ゴムシートが厚さが好きに選べるので良いとのことでしたので、早速ホームセンターで1mm厚を購入してきました。他には3mmとかもありました。2mmは1mmを2枚重ねればよいかと思います
20160911_050.jpg

■傾き修正

ではキャビネットの下にゴムシートを差し込んで傾きを修正します。でも水槽に水が入ったままでは持ち上げることはできないので、水をほぼすべて退避させる必要があります

用意したのはいつも使っているベルク角形ペール 70リットルを2つ
20160911_060.jpg

同じく35リットルの丸形ペールを4つです。これで合計250リットル退避できます
20160911_070.jpg

今は夏なので室内クーラーを入れます。APEXで長時間メンテナンスモードにして、水替えで使っているコンパクトポンプ1000+ホースを使って、サンプから先に水を抜いていきます。この水量だとコンパクトポンプではゆっくりすぎるので、もっと強力なものを使うと良いですね
20160911_080.jpg

水槽のほうもほぼすべて抜き取りました。サンゴが空気に触れているので、1時間以内には水を戻す必要があります
20160911_090.jpg

体高のあるフレンチエンゼル幼魚は捕まえてバケツの方に放します。ほかの魚やエビは水槽に入れたままです
20160911_100.jpg

水は抜いても水槽+残っている水+砂+サンゴ+機材+キャビネットの重さがあるので、持ち上げるのは結構大変です。気合で持ち上げます。持ち上げたらドライバーとかプライヤーとかの金属工具を一度挟んで、隙間を開けてそこにゴムシートを挟んでいきます。幅が広いと隙間になかなか入らず、切って小分けにする必要がありました。シートが重なると段差になってしまうので注意します
キャビネットは奥行45cmなので、半分の23cmほど差し込んであります
20160911_110.jpg

終わったら水をすべて戻します。サンゴから粘液が出てスキマーから泡があふれやすくなるため注意しましょう
20160911_120.jpg

水を入れてから測定してみると、正面から見て左右とも水平になりました
20160911_130.jpg

はみ出していたゴムをカッターでカットして完了です
20160911_140.jpg

というわけで、ようやく解決できたかなと思います。あなごんべさん、ジャイアン店長ありがとうございました!

関連記事
スポンサーサイト


B!
質問・トラブル | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...