04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

水槽用クーラのメンテナンス、移動

2016-09-26
外置きの水槽用クーラーZRW400を使用していますが、4年も使っていて一度もメンテナンスしていませんでした。また、今の設置場所は排気の邪魔になるフェンスがあるので場所も変更したいと思っていました。9月になって気温も落ち着いてきたので、ようやくメンテナンスを行うことにしました。

ひとまず現状の配管はこんな感じです。遮光してありましたが全て取り除いてあります。ZRW400の配管は塩ビの25A、ホースは内径32mmなのでかなりぶっといです
20160926_010.jpg

水槽用クーラーの土台部分はこんな感じでイレクターで作ってあります。今回これも作り直します
20160926_020.jpg

窓パネル経由で室内に戻ります
20160926_030.jpg

水槽用クーラを取り外して洗浄するので、コンパクトポンプ1000と、25A配管変換を用意しました
コンパクトポンプ1000→内径16mmホース→13A→13A-25A継手→25A というシンプルな組み合わせです
20160926_040.jpg

手順はこんな感じ
①サンプ水位測定
②イレクターの足を接着
③水換え用海水を準備(25Lぐらい、ヴィーソルト)
④メインポンプ、カルシウムリアクター、クーラー停止
⑤9月とはいえ気温28℃ぐらいあるので、以前設置した予備クーラーを動作させました
⑥ZRW400を取り外し

⑦ZRW400へ洗浄用の配管設置
コンパクトポンプで接続します
20160926_050.jpg

⑧クエン酸洗浄
バケツの水にクエン酸を溶かして循環させます。2時間ほどそのままにします。その後、水道水で3回ぐらい循環洗浄したあと水を抜きました。たまにクーラーへの水の入と出の配管を逆にすると良いと思います
20160926_060.jpg

謎の汚れが取れました
20160926_064.jpg

何でしょうねこれ… 貝?
20160926_065.jpg

⑨クーラー台を再構築
以前よりも高くしました。丈夫でないといけないので金属ジョイントを使っています。足だけはプラスチックのJ-157Aで安定性を高めます
20160926_070.jpg

⑩ZRW再設置、固定
クーラー台の上に載せて、結束バンドで台に固定しました

⑩配管用の塩ビ接着
カルシウムリアクター用の分岐部分は再作成が必要になったので、塩ビパーツを組み合わせて作りました。水道水で洗浄したあと、2時間ほど乾燥させました
20160926_080.jpg

⑪配管
もとのホースとかを流用して配管し直しました
ZRW400の左側を遮るものがなくなったので、通気は良くなったかなと思います
20160926_090.jpg

⑫通水チェック&予備クーラー停止
メインポンプやカルシウムリアクターを再稼働させて、水漏れがないかチェックしました
流量を変化させたりしてエアー抜きもします

⑬カルシウムリアクター内の水を捨てる
カルシウムリアクターは長時間停止していて嫌気になっている可能性があったので、中の水を捨てます
まぁ念のためです
20160926_110.jpg

⑭不足した水の補充
準備しておいたヴィーソルトの水を補充しました

⑮配管、配線の保護
配管は断熱材を巻いたあと、エアコン用の非粘着テープを巻きました。ビニルテープが無くて暫定でガムテープで止めていますが… あとで修正しておきます
20160926_100.jpg

というわけで12時間ぐらいかかってようやく終わりました。イレクターの再作成とか再配管とかが結構時間取られましたね…

結果、
・クーラーの冷えは良くなった気がする?
・ZRW400の位置を高くして、配管もシンプルになったので流用が明らかに増えた&ポンプ停止したときのサンプへの水の戻りが減った
といった効果がありました。

長期間使っているとクーラーの中にも生物が入りこんで成長するので、たまにはやっておいた方がよさげです

関連記事
スポンサーサイト


B!
メンテナンス | コメント:(2) | トラックバック:(0)
コメント:
No title
このやり方で、クーラー作動時の振動音うるさくない?

親方~さんへ
こんばんは。
外なので聞こえませんが、近くでも問題ない程度の音です。クーラー付属のゴム足も付けてないです

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...