07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

新水槽の立ち上げ、生体移動

2017-02-12
新水槽の掃除、配管のつづきです。前回まででRO水の投入とヴィーソルトを溶かして、水温も適切になった状態からスタートです

■立ち上げ
立ち上げはZEOvitの通常の立ち上げプロセスを行っていきます。これには14日間かかるので、旧水槽は稼働させたままです。

ZEO砂を入れていきます。こちらも入荷が途絶えているので結構貴重かも
20170212_010.jpg

今回二袋使います。底面は1400x650なのでかなり少ない量になります
20170212_020.jpg

砂を洗わずに投入。まあ洗った方が濁りが減りますがあまり気にせずに。普通の底砂を使うときはRO水でトリートメントが必要ですが、ZEO砂はそれが不要です。Coral-labさんで購入した枝状のライブロック4kgも投入しました。
20170212_040.jpg

ゼオライトは1473g使います。旧水槽から水量が約200L増えているので、その分増えます。ZEOvitリアクターは旧水槽で使ったままなので、プラケースのままサンプに沈めます
20170212_030.jpg

ZEObak、ZEOstart3、Sponge Powerをそれぞれ100Lあたり5ml、10ml、3ml入れます。普段は一滴単位なのに立ち上げだけはどさっと入れるので楽しいです
20170212_050.jpg

プロテインスキマーも入れていませんが、1日経過すれば濁りが沈殿して透明になります。この状態でマニュアルどおり添加を続けます
20170212_060.jpg

■キャビネットのヒンジ交換
キャビネットのヒンジのサビが気になったので交換します
20170212_070.jpg

AliExpressでステンレスのダンパー付きヒンジを購入しました。普通のダンパー付きヒンジは日本でもホームセンターなどで購入できますが、ステンレスは売っているところを見たことが無いですね。商品名はこんな感じですが、URLがころころ変わるのでそれっぽいものを探してみてください
NED Full Size 304 Stainless Steel Hydraulic Hinge Pure Copper Damper Buffer Cabinet Cupboard Door Hinges Furniture Hardware
20170212_080.jpg

錆びていたヒンジを取り外して
20170212_090.jpg

取り付けました。角度とかの微調整が地味に難しいですね。ダンパー付きなので、扉はパタンとならずにゆっくりと閉まります。またステンレスなので海水の飛沫で錆びることもほぼ無くなります
20170212_100.jpg

■バックスクリーン
はざいやさんで塩ビの白い板、1mm厚を購入しました。これをいつものとおりバックスクリーンにします
20170212_110.jpg

これで背面のライトスタンドとかケーブルが見えなくなります
20170212_120.jpg

■活性炭投入
立ち上げ開始から10日経過したので、マニュアルに従い活性炭を入れます。こちらも水量が増えたので250g使っています。フィルターバッグはツアーで購入した新品です
20170212_130.jpg

■コントローラ置き場設置
ホームセンターで板を購入してきて、Vectra L1用のコントローラ置き場を作ってみます。コントローラにヒートシンクが付いているので冷却は大切ですね
20170212_140.jpg

ライトスタンドの邪魔にならないところに設置しました
20170212_150.jpg

ケーブルはうまく隠そうと思います
20170212_160.jpg

■生体移動一日目 配管切りかえ
立ち上げから14日間経過したので、旧水槽から生体を移動させます。計画を立ててみましたが三日かかるため休みを取ってやっていきます

一日目の細かい計画はこんな感じです。水槽と水槽用クーラーの配管を旧水槽から新水槽へ切りかえます。またカルシウムリアクターのメンテナンスをサボっていたので行います
20170212_165.jpg

良い機会なので、フレキシブルパイプでの配管を普通の塩ビ管に戻します
20170212_170.jpg

水槽の裏はホースで配管していました
20170212_180.jpg

ひとまず旧水槽メインポンプ→水槽用クーラ→旧水槽のWavySea配管を切り離し、旧水槽メインポンプ→WavySeaと直接繋ぎます。
冬場なので水槽用クーラーはほとんど動作しないのと、こうしておけば新水槽の配管にどれだけ時間をかけても生体に影響しませんので、この作業を優先して実施しました
20170212_190.jpg

新水槽と配管を繋いでいきます。配管内の水って結構あるので、排出しきったつもりでも結構残っていて危険かも
20170212_200.jpg

塩ビ管は大部分は事前に接着・洗浄しておいて切り替え日の接着は最小限にしています。
20170212_210.jpg

カーブ部分は45°エルボで多少抵抗を少なくしています
20170212_220.jpg

水槽から出るところの配管は雑…ですが狭いのでこれが限界でした
20170212_230.jpg

水流ポンプがコケだらけなので、洗浄
20170212_240.jpg

カルシウムリアクターをメンテナンスしていきます。メンテナンス前はこんな感じでかなり減っていました
20170212_250.jpg

メディアを全て洗浄して、細かくなったものは洗い流します。ついでにリアクターの汚れも綺麗にします
20170212_260.jpg

メディアを詰め直しました。右のリアクターで微妙に白っぽいところはKZのZEOmag、Calcium plusを入れています。カルシウムリアクターだけではやがて不足するので必須ですね
20170212_270.jpg

といった感じで一日目完了です。

■生体移動二日目 生体移動
いよいよ生体を移動していきます。非常に大変ですね
20170212_280.jpg

魚用の海水を用意します。移設ついでに魚のヒラムシ、エラムシ治療用です(付いているかは不明ですが、予防的にもやっておきます)
20170212_290.jpg

生体を入れるので塩分濃度を適切に調整します。たまにRO水を入れていましたが、蒸発量に対して不足していたので…
20170212_295.jpg

水質チェックを行います。アンモニアは無し、リン酸塩は0.021ppm、KHは7.06dKHでした。なかなかの水質ですね
20170212_296.jpg

ここでトリトン測定をしておきます。以降、1ヶ月おきにチェックして、適切な添加量の判断に使います
20170212_297.jpg

旧水槽の機材を停止して、順番に移設していきます。ひとまずはスキマーからです。新水槽はずっとスキマー無しで、ZEOvitメディアだけの状態です
20170212_300.jpg

ひとまず簡単に掃除しました
20170212_310.jpg

新水槽に入れましたが、絶望しか無い瞬間
20170212_320.jpg

リフジウム槽の水量を確保するためにサンプの高さがあるので、入らないですね。底面を外して、少し変形させたらギリギリ入りました。
20170212_330.jpg

底面をネジ止めし直して
20170212_340.jpg

ようやく再開させました
20170212_350.jpg

スキマーカップが外しやすいように、ポンプは左側にしました
20170212_360.jpg

次はZEOリアクターを移動させます
20170212_370.jpg

ZEOリアクターのポンプはMJ-250で250L/Hでしたが、水量が増えたのでJebao DC1200にします
20170212_380.jpg

ホース内径12mm用ニップルがについているので、それをスペーサーで太くすればぴったり接続できます
20170212_390.jpg

こちらはちゃんと入りました。サンプに沈めていたZEOvitメディアと活性炭を中に入れて完了です
20170212_400.jpg

流量を確認しましたが、2~3番目で400L/Hでした
20170212_410.jpg

水流ポンプも移設しました。配線が複雑で結構時間かかりました
20170212_420.jpg

ひとまずサンゴを移動させました。右から左なので比較的楽かな
20170212_430.jpg

旧水槽の水を減らして、魚を確保します
20170212_440.jpg

魚は19匹います。なおこちらはトリートメント後の洗浄のため、小さいバケツに入れています
20170212_450.jpg

照明とかも移動させました
20170212_460.jpg

APEXも移動させました。1日でやるにはここまでが限界です
20170212_470.jpg

魚も水槽に入れました
20170212_490.jpg

あと旧水槽に水を入れて洗浄を開始しました

■生体移動三日目 旧水槽掃除とAPEX設置

ひとまずスケジュールはこんな感じです。二日目の作業で全身筋肉痛なのでゆっくりやります
20170212_500.jpg

旧水槽は地味な作業の繰り返しで綺麗にしました。クエン酸とピューラックス洗浄しました。底砂とかライブロックとか少しでも残っていると中和されてクエン酸の効果が出ないので注意しましょう
20170212_510.jpg

そうそう、お風呂場から水道水を入れるのにコンパクトなホースが便利でした。径が小さいので給水はゆっくりですが、その方が安全な気がします。水を入れるときは溢れると大変なことになるので、キッチンタイマーなどで忘れないようにします
20170212_515.jpg

床に置きっぱなしになっていたAPEXを設置していきます。今回は白い板をスタンドの形にしててそこにネジ止めしていきます
20170212_520.jpg

ネジ止めして
20170212_530.jpg

ケーブルを通すため木材用のホールソーで穴開けします。なお削りかすがかなり飛ぶので先に穴開けした方が良いです
20170212_540.jpg

適当に穴開けしてケーブルを通していきます
20170212_550.jpg

サンプの中に入れました。こういったスタンドにしておくと取りだしてメンテナンスも簡単です
20170212_560.jpg

キャビネットの扉を開けたときに自動で点灯するようにします。開閉連動スイッチを追加で買いました
20170212_570.jpg

今回は左右に付けて、どちらか一方開けた場合でも点灯するようにしました
20170212_580.jpg

APEXのところは低い板をおいて、飛沫が飛ばないようにしています
20170212_590.jpg

キャビネットの左の扉には、ドーシングポンプとボトルを取り付けました。板は金折でネジ止めです
20170212_600.jpg

添加剤補充と動作チェックが楽になりました
20170212_610.jpg

というわけで概ね機材の移動が完了しました
20170212_620.jpg

旧水槽と新水槽の比較。新水槽はやはり大きい…
20170212_630.jpg

新水槽はAPEXのEnergy Barが2つでは足りなかったので、もう一つ追加しました。結構前にオークションで買って予備として持っていたものですが、使用開始します。設定については別途記事にします。Energy Bar用にビリビリガードを購入しました。
20170212_650.jpg

静音化のため、塩ビ管リングを取り付けました。40AのUV管をノコギリでカットしたものです。Tunzeの波モードでも落水音をかなり減らせます
20170212_670.jpg

旧水槽は先日募集したとおり引き取っていただきました! 既に水槽を2本持っていてAPEXも使いこなしているナイスガイな方でした!
設置等で家の中がかなり散らかっていましたが、旧水槽のスペースに収めてなんとかすっきりしました。あと、家の中のものをなるべく減らしたいので、添加剤や給水タンクをオークションに出品しました
20170212_680.jpg

というわけで移行は完了しました。今のところ生体は無事… 立ち上げ当時はやはり不安定なので、生体は増やさずに様子を見ていこうと思います。白点とかでたら治療も大変だし…

水槽に付いてきたフタをしていますが、やはり水流ポンプのケーブルが邪魔なのとちょっとポンプの音もしますね。水槽の中にケーブルを入れなくて良いVortechのQDに切り替えたい… けどお金も無いのでしばらくこのまま行きます。
Tunzeも波モードではなくランダムモードにすればかなり静かだし…

水槽が広くなったので、サンゴの間隔がかなりとれるようになりました。接触してダメージみたいな事も減ってくれると思います。サンゴの数は十分なので、あとはのびのび育って欲しいですね
20170212_690.jpg

関連記事
スポンサーサイト


B!
タンクデータ | コメント:(8) | トラックバック:(0)
コメント:
新水槽立ち上げおめでとうございます。お疲れさまでした。

ステンレスヒンジとか、バックスクリーンとか、大変参考になります。それにしてもスキマーの件は本当にビックリされたでしょうね。絶望しがない、、、言い得て妙ですね。
はなちゃんパパさんへ
おはようございます。
計画から二ヶ月ほどかかりましたがなんとか終わりそうです。
二日目のタスクはたくさんあるのに最初のスキマーで躓いたからどうしようかとおもいました。なんとかはいったものの、次に掃除するときはどうしようかな… ポンプだけ取り出しもできるので本体の掃除はしなくても良いのかも。

はなちゃんパパさんの白化問題が無事解決すると良いですね。スズはどこから出てくるんでしょうね。添加剤に微量にスズがはいっていたりはしますね。あと中国製ポンプでタングステンが溶出した記事はありましたが…
No title
おはようございます!

立ち上げお疲れ様です!
こまめな時間管理私も見習わなくては・・・・。

スキマーが入らない!
意外とあるあるですよね。
私もリフジウム散布の時にどうにかなるべ!
と、思ったら1センチたりたくて、フランジ位置までサンプを削りました。

キャビが大きいとAPEXも収納出来て良いですね〜
しかも、衝立て方式でメンテもしやすそう。

旧水槽の引き取り手も見つかってよかったですね〜
密かに、サイズアップ狙いでネコさんに連絡入れようと思いましたが、了承を得るのが困難に近いので計画倒れでした。

ムコタマさんへ
こんにちは。
作業が滞っても生体は待ってくれないので、これぐらいの規模なら事前準備はしておいた方が良いですね

でもキャビネットの中のスペースがどれぐらいとれるかは事前にはなかなか把握しにくいですね。まあ最悪はサンプごと外に取り出せば入るのですが… でもシリコンでサンプの隙間埋めたからそこからやり直すのは辛すぎますねw

急なサイズアップは了承とるのとかいろいろハードルあるので連絡は来なそうだなとオークション準備しはじめようかというタイミングでした。引き取っていただいた方もたまたま仕事で東京に…というタイミングでしたので本当に偶然な感じでした
No title
お疲れ様でした・・・読んでるだけでも疲れました。(笑)

しばらくは様子見ですね!
お疲れ様でした!
先日はお世話になりありがとうございました!購入させて頂いた水槽の搬出から養生、車への積込まで丁寧で手際よく行って頂き感謝します。水槽は会社で立ち上げる予定です。大切に使用させて頂きます。また素敵な新水槽のスイハイから色々なお話で長居してしまいすいませんでした。奥さまにもよろしくお伝え下さい。
どにゃさんへ
こんばんは。ブログもかつて無いほどの長さになりましたw しばらくブログで記事を書く時間も無かったですからね。ブログネタもたまるたまる… ついでに動画作成も滞ってるし
burntechさんへ
こんばんは。先日はありがとうございました!
burntechさんの搬出の手際が良くて流石でしたね。非常に助かりました! やっぱり重量物の輸送はいろいろとテクニックが必要ですね。
スイハイはいつでも歓迎ですよ! 東京に来たときはまた来てください!

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...