04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

VorTech MP40wQD、リーフリンクが届きました

2017-04-22
スキマー回完成したのでBlog再開していきます。
2012年からずっとTunzeを使っていましたが、久々にVorTechに戻ってきました。

■MP40wQD

新水槽にしてからフタをするようにしていましたが、Tunzeだとどうしてもケーブルがあるので完全に閉めることができません
20170422_010.jpg

Tunzeはポンプサイズはそこそこ小さく、静かなので気に入ってはいたのですが
20170422_020.jpg

ケーブル外側はこんな感じです
20170422_030.jpg

VorTechはケーブルが外なのでフタが完全に閉められますね。
以前のVorTech MP40wESは性能はそこそこ良かったのですがモーターがすぐにうるさくなっていまいちでした。値段も高いし設定も面倒… 人気も落ちていたように思います
その後2015年ぐらいにMP40wQDが発売されました。QDはQuietDriveのことで、大幅な静音化と長寿命化、さらには流量アップと様々な改善されました。

VorTechは色々なモデルが出ています。幅1400、奥行き650、高さ500の水槽でどのモデルを何台買えば良いかのシミュレーションが、公式サイトのVorTech Recommended Flow Calculatorでできます

クリックで拡大します。水槽のサイズ、ガラスの厚さを入力して、MP40を1台買うとこんな感じです。ブルーのラインはSPSとLPS向けの流量です。うちの水槽サイズでは14,945L/h、LPSなら8,967L/hが理想のようです。MP40wQD 1台あれば3790L/h~17055L/hまでカバーできることがわかります
20170422_035.jpg

ポンプ2台ならかなり絞って使うことになりますね。なおMP10wQDはガラス厚が9.5mmまでだったりしますので使えないよといったこともこのサイトでわかります(ガラス厚が10mm超えるとMP10を選べなくなる)
20170422_037.jpg

1台で十分とありますが壊れると代わりが無くてこまるのと、水流の良さを考えると2台あった方が良いかなと思います

水槽でいろいろとお金を使ったので少しでもコストを下げたく今回は個人輸入品です。コントローラでの設定は面倒なので、リーフリンクも調達しました
20170422_040.jpg

QDになってからコントローラは黒で統一されましたね
20170422_050.jpg

コントローラとモーター(ドライサイド)はこんな感じで繋がっています。コントローラのネジを外せばモーターだけ交換とかも簡単にできます
20170422_060.jpg

ACアダプタはこんな感じ。3ピンなのでAPEXのEnergy Barならそのまま接続できます。日本なら2ピンに変換する必要があります
20170422_070.jpg

ウェットサイドはこんな感じです。以前よりも少し大きくなったかなと思います。流量アップにあわせたのかな。左のスポンジは生体の巻き込みを防ぐためですね。流量が多く落ちてゴミがよく取れます
20170422_080.jpg

ガラスの厚さにあわせてスペーサーを取り付けます。磁力でインペラをまわすので、薄い水槽なら十分なスペースが無いと痛めるからかなと思います
20170422_090.jpg

後ろ側はこんな感じですね。うちの水槽ではガラスが15mmなので、一番薄いものを貼り付けます
20170422_100.jpg

その他の付属品です。以前と変わらずタイラップとタイラップベースが付いてきますね
20170422_110.jpg

ケーブルが落下して壊れるのを防ぐため、こんな感じでガラスに貼り付けて固定します。やっておいた方が無難です
20170422_120.jpg

反対側も
20170422_125.jpg

結構厚みがありますが、一台で済むのは良いかも
20170422_130.jpg

水槽の中にケーブルが入らず、磁力だけでインペラがまわります
20170422_135.jpg

水流モードは以前とあまり変わらないかなと思います。Gyreモードは以前無かったかな。普段使うのはTidal SwellモードとReef Cres Randomモードあたりですかね
20170422_140.jpg

コントローラはDriver Mountを木の板にネジ止めし、左側にまとめました。結構ケーブルの長さはギリギリ。battery backupも接続していますので、電源が切れても流量を下げて数時間動き続けます
20170422_150.jpg

といった感じで、メインポンプはVectra L1、水流ポンプはVorTechとEcotech Marineの製品が増えてきました。ガラスフタをこれでピタリ閉めることができます
20170422_160.jpg

■リーフリンク

リーフリンクはEcotech Marine製品を無線でまとめて制御できる機材です。照明のRadion、水流ポンプのVorTech、メインポンプのVectraをまとめて一台で制御できます
20170422_200.jpg

付属品は2ピンの電源ケーブル、USBケーブル、有線LANケーブルだけですね
20170422_210.jpg

大きいように見えますが、手のひらサイズで結構小さいです
20170422_220.jpg

セットアップは付属のマニュアルで行えば結構簡単かも。一度USBで接続してパソコン上から設定し、後は無線LANで使えます。機材との接続も自動認識されるのでサクサク設定できます。コントローラのファームウェアもリーフリンクを使うと最新版をダウンロードして適用できますね。以前は使っている機材の中で最新のファームウェアに同期するぐらいしかできませんでした
20170422_230.jpg

なお設定はブラウザから行いますが、スマートフォンからも設定や操作ができます

水流ポンプは時間でモード変更と流量調整ができます。照明が点いているときは大体65%ぐらいで使っています。点灯していないときは50%ほど。
なおもう一方のポンプはシンクモードになっているので、メインポンプのモードが変わると自動的に追随します。アンチシンクモードはその逆で、メインが40%ならサブは60%になるし、パルスモードならメインと逆同期したりと良くできていますね
20170422_240.jpg
なお設定はTIDAL SWELL→LAGOON→NUTRIENT TRANSPORT→REEFCRESTのサイクルです。NUTRIENT TRANSPORTはデトリタスを送るためのモードです

Vectra L1はこのように流量を時間で変更したり、現在の消費電力を表示したりできます
20170422_250.jpg

といった感じです。ポンプの数が減って掃除が楽になりました
VorTechの設定はディスプレイ無しで操作だったので非常に面倒でしたが、リーフリンクのおかげで楽になりました。Ecotech Marine製品を使っているならお勧めします。
なおAPEXのWXMでVorTechコントロールもできますが、そこまでの必要性はあまり感じないのと、Vectraに対応していないので見送りました。

関連記事
スポンサーサイト


B!
VorTech | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...