08-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>10-

Ecotech Marine Vectra L1と掃除

2017-08-27
Vectra単独ではまとめていなかったので載せておきます。DCポンプの中でも、動いているのかわからないぐらい静かなポンプです。ちょっと高価ですが…その分の価値があると思います

こちらがメインポンプと底面吹出(水槽内循環)に使っているVectra L1です。
20170827_060.jpg

Vectraのスペックはこんな感じです。最近小型のS1が海外で発売されましたね。国内ではどの塩ビ規格に対応するかは明記されていないのでまだ仮です。
L1は11500L/Hと結構パワーがあります。ただしうちの水槽では配管の抵抗が大きいので最大限まで上げても1200L/Hぐらいです。やはりAbyzz A200の14500L/Hぐらい無いときついのかな
20170827_005.jpg

パッケージはこんな感じ。国内正規品です
20170827_010.jpg

日本の塩ビ規格にあわせたアダプタです。M1、L1用があるので間違わないように注意。こちらは給水側
20170827_020.jpg

こちらは排水側です。いずれも25Aで配管します
20170827_030.jpg

ブルーの方が付属しているUS規格用です
20170827_040.jpg

ブルーの方が差し込みが浅いのでやや不安があります。白い方は日本の規格にあわせて削り出しのようですね
20170827_050.jpg

接続するとこんな感じ
20170827_060.jpg

11500L/Hなのでモーターブロックも大きめです
20170827_070.jpg

ベクトラ用のコントローラです。Vortechと同じくQUIET DRIVEのマークついていますね。
20170827_080.jpg

ヒートシンク付きで、これでポンプ寿命を延ばしているのかなと思います
20170827_090.jpg

ひとまずテスト。お値段するだけあってDCポンプの中でも非常に静かです
20170827_100.jpg

配管してみたところです。
下側がメインポンプ、上が底面吹出用です。Vectraはドライでも使えるのがDCポンプとしては非常に珍しいです
20170827_110.jpg

配管全体はこんな感じ。底面吹出はバルブがないとポンプのメンテナンスができなくなるので重要です
20170827_120.jpg

ホームセンターで板を購入してきて、Vectra L1用のコントローラ置き場を作ってみます。コントローラにヒートシンクが付いているので冷却は大切ですね
20170827_130.jpg

ライトスタンドの邪魔にならないところに設置しました
20170827_140.jpg

今はこんな感じです。コウノスさん作のラバストも吊り下げてありますw
20170827_290.jpg

■Ecosmart Live
VectraはReeflinkと無線接続できます。これで水流ポンプとまとめてフィードモードにしたりできます
20170422_220.jpg

リンクするとパソコンやスマートフォンから流量変更ができます。あと消費電力もついてにわかるようになります
20170827_310.jpg

底面吹出用の方は流用をランダムに変更するモードにしてあります。メインポンプとして使うときはこの設定はできません。クローズループの設定のときのみできます。Reeflinkを使うと時間で変更ができます
20170827_320.jpg

あと細かい設定としては、最低流量のキャリブレーションができます。(これはReeflink無しでもできます) フィードモードのときにポンプを完全停止させず、最低限の循環だけさせることができます。これなら水槽用クーラーを止めたり、スキマーを止めたりしなくて良いかも
20170827_330.jpg

あとはバッテーリーバックアップ時の出力変更とかもできるようです。ただしVectra Battery Backup Boosterという装置が必要かも?
20170827_340.jpg

■メンテナンス
DCポンプは保護機能があるそうで、インペラが汚れで重くなると自動停止したりするそうなので掃除します。まぁACポンプ、DCポンプにかかわらず掃除は重要です

設置してから半年経過しました
20170827_160.jpg

このブルーの部分をまわせば取り外しができます
20170827_170.jpg

でもそれをしてしまうと水槽の水が全て抜けるので、バルブ操作が先ですね
20170827_180.jpg

取り外し
20170827_190.jpg

やはり結構汚れていますね
20170827_200.jpg

取り外しは六角レンチが必要です。おそらく5mmのものがあうかも
20170827_300.jpg

これだとダメで…
20170827_210.jpg

こちらを用意
20170827_220.jpg

ネジはおそらくチタンかなと思います。単独では錆びにくいですね。(でも錆びることはあるみたい)
20170827_230.jpg

カバーを取り外し
20170827_240.jpg

汚れ方はACもDCも変わらないかな。白いからよりわかりやすいですね
20170827_250.jpg

インペラ他を掃除しました
20170827_260.jpg

配管を戻して完了です
20170827_270.jpg

FMMの流量センサーで測定すると、1,262L/H → 1,361L/Hと改善しました! 掃除にはこんな効果もあるのね
20170827_280.jpg

といった感じです。

関連記事
スポンサーサイト


B!
DCポンプ | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...