FC2ブログ
10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

PRS DC5000Nベンチュリーの内径変更

2019-09-22
5月にバブルキングのポンプをDC化(PRS DC5000N購入)しました
それから時間が経過して少し泡の位置が下がってきたので、ベンチュリー部分の改善をおこないました

ひとまずこちらが今のバブルキング
20190922_001.jpg

ポンプはPRS DC5000Nを使っています
20190922_003.jpg

ベンチュリー部分は左のエアチューブ繋がっているところのことです
20190922_005.jpg

今回、PRSさんに依頼してベンチュリー部分を作ってもらいました
20190922_010.jpg

ベンチュリー部分は分離したり取り取り付けてネジ止めできるようになっています。この方が選択肢が増えて良いですね
20190922_020.jpg

内径は19ミリですね。以前は17.9ミリでしたので、1.1ミリ広がることになります
20190922_030.jpg

ちなみにパイプ無しだと21.89ミリ
20190922_040.jpg

こちらは今まで使用していた内径17.9ミリの方です。バクテリアなどが付着して内径が微妙に変化しているはずです
20190922_050.jpg

比較
20190922_060.jpg

ひとまずベンチュリーを交換する前の消費電力傾向です。クリックすると拡大します
見ての通り以前よりも消費電力が低下していますので、流量が低下しているようです。これにより同じレベルでも泡の位置が下がったのかも
20190922_080.jpg

今回のベンチュリーを取り付けると、以前の消費電力傾向に近付きました。これなら泡の位置も上がって良い感じになります(普段はレベル8~9で使っています)
なおベンチュリーのパイプはネジ止めなので、長く伸ばしたり、奥まで入れたりしても傾向が変わります。今回はギリギリまで外に出した状態で測定しています
20190922_100.jpg

ちなみにすべての傾向を入れるとこんな感じ。パイプを取り付けない内径21.89ミリだと前と同じ傾向のようですね
20190922_090.jpg

というわけで、泡の位置は戻って消費電力少し下がったので良かった
バクテリアとか付いたときは、パイプ外すとかを試して傾向の変化を見てみます
20190922_070.jpg

というわけで
以前のベンチュリー部分はドリルで削ったので内径変えたら戻せませんでしたが、今回のはパイプを取り付けたり外したり伸ばしたりできるのでより調整がしやすくなりました

関連記事
スポンサーサイト





B!
泡王 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...