FC2ブログ
07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

トリトンとFAUNA MARINのICPテスト比較

2020-04-20
いままでICP…Inductively Coupled Plasma…誘導結合プラズマを使った海水の微量元素測定サービスは、ドイツのTRITON LABだけでしたが、同じくドイツのFAUNA MARINの測定サービスも日本からできるようになったので、比べてみたいと思います。

■測定キット比較
キットはこんな感じです。
20200420_010.jpg

以前からあったTRITON LABの方から見ていきます
箱の中は手順書と試験管
20200420_020.jpg

試験管にはバーコードを貼るスペースが付いてます
20200420_030.jpg

手順書こんな感じ。TRITON LABのサイトにアカウント登録して、付属のバーコードも認識させる感じです
20200420_040.jpg

手順書裏側
20200420_050.jpg

試験管はバーコード貼ります
20200420_170.jpg

次はFAUNA MARINの方です
20200420_060.jpg

試験管はほぼ同じものかな
20200420_070.jpg

こちらも手順書がついてきます
20200420_080.jpg

TRITON LABとの違いは、アカウント登録では無くメールアドレスを伝える方法になっています
20200420_090.jpg

試験管は袋に2重にして入れます
20200420_180.jpg

TRITON LABもFauna Marinもポストに投函しますが、
TRITON LABは自分で140円切手を貼る必要があり、一旦オーシャンアースさんに届けられてまとめてからドイツに送られるのに対し、Fauna Marinは最初から切手が貼ってあって、直接ドイツまで国際郵便で届けられます
20200420_190.jpg
(140円切手が行方不明だったので、少し高めになってます)

■測定されるまで比較

どちらも3/28(土)の朝に水を取って、ポストに投函しました。
TRITON LABは4/9(木)にドイツに届き、4/10(金)に測定結果が出ましたので結果が出るまで2週間ですね。
Fauna Marinは3/31(火)に結果がメールで届きました。速すぎでは…

■測定結果比較

こちらがTRITON LABの方
サイトで表示+PDFでダウンロードもできます
20200420_100.jpg
20200420_110.jpg
20200420_120.jpg

こちらはFauna Marinの方
PDFがメールに添付されて送られてきます。メールが来ないときは、紙に書いたアドレスが間違っている可能性もあるので、ある程度時間が経っても来ない場合は手順に従って問い合わせてください
20200420_130.jpg
20200420_140.jpg

測定結果比較をしてみます。クリックで拡大します。
ムコタマさんも同じように測定結果比較していたので、併せて載せておきます
20200420_150.jpg

気になるところを赤枠で囲ってみます
mg/Lの結果はそんなに変わりませんが、μg/Lの結果はそれなりに差があります
測定については、こちらのForumの書き込みが参考になると思います。TRITON LABの中の人がコメントしてます
20200420_160.jpg

やはり校正の仕方によっても結果の出方が変わりそうです。当時の水を保存しておけば良かったかも。そうすれば校正による違いも確認できたかもしれませんね。
まぁ、測定サービスは同じものを使って、測定結果はずっとためておいて、過去との経過比較をしていくという使い方が重要そうです。あと、すぐにでも測定結果知りたいときはFauna Marinを選ぶとかかな。

ちなみに測定キットの値段はこんな感じです。
TRITON LABが税込4950円 + 切手140円
Fauna Marinが税込4378円

関連記事
スポンサーサイト





B!
トリトンラボ・トリトンメソッド | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...