FC2ブログ
07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

チョウチョウウオでカーリー対策

2020-07-23
去年、カーリーがサブ水槽にたくさん繁殖してしまいました
ここまで繁殖すると、駆除薬ではどうにもならないのと、駆除薬はpHかなり高いので入れすぎると水質にも影響しそうなので、チョウチョウウオを入れることにしました
ペパーミントシュリンプも一応食べてくれますが、気まぐれだったり食べる量が少なかったり他の魚に食べられたり、フラグ台に登れなかったりと安定しませんでした

とりあえずカーリーが大繁殖した状態
マメスナの間からはえてきていて、小さいものを駆除薬で全て除去するのはほぼ無理です
20200723_010.jpg

ひとまず結果です
こちらがチョウチョウウオを入れた後。マメスナの隙間も全て綺麗にしてくれました
マメスナ本体は影響無しでした
20200723_020.jpg

入れたのはアミメチョウチョウウオです
口がとがっているチョウチョウウオは雑食性で、似た口のチョウチョウウオならどれでも良いのかも
口が丸いチョウチョウウオはポリプ食なので、サンゴ入っている水槽には向かないと思います
20200723_030.jpg

雑食性とはいえ、購入してからすぐに餌を食べてくれることは少ないです
購入したら2週間ほどかけてトリートメントして、白点ついてないの確認&餌付けします
20200723_040.jpg

こちらはハタタテダイ
20200723_050.jpg

バケツの中は塩ビ管とか入れておいた方がケンカが少ないかも
20200723_060.jpg

餌付けにはアサリがやはり良いと思います。なかなか餌付かずどんどん痩せていくとそのうち餓死してしまうので…アサリを与えてなるべく早く厚みを戻してもらいます
買ってきたアサリは人工海水に入れて砂抜き。少し味の素入れると良いかも。水管出していないアサリは破棄して、出してる方は軽く水道水で洗い24時間以上冷凍してから使います
20200723_070.jpg

アサリ食べてるところの動画はこんな感じ

その後の動画

こちらはチョウハン
人工餌ばかり食べてるとカーリー食べるの忘れてしまうのかも…
アサリをあげて突っつくことを思い出してもらったら、ちゃんとカーリーを食べるようになりました
20200723_140.jpg

冷凍したアサリは少し解凍したあと、包丁を隙間に入れて開いて水道水で洗浄します
そのあと、アクリル板+テグスに固定して水槽に入れます
20200723_150.jpg

テグス引っ張れば食べ終わった殻の回収が簡単
昔からのテクニックですね
20200723_160.jpg

ライブロックについてたカーリーは無事食べてくれました
20200723_170.jpg

その後… 3匹ともちょっと大きくなりましたね
今でもまずアサリを与えて、そのあと乾燥エサやAQU LOVERSさんのエビミンチとかも与えています
20200723_180.jpg

比較用にこちらが入海時
20200723_190.jpg

3ヶ月でこのサイズになりました。ハタタテダイは成長早いので、メイン水槽側に移動予定
20200723_200.jpg

ちなみにメイン水槽はこのフレンチエンゼルと、大きくなったハタタテダイがどちらもカーリーを瞬殺するので、ライブロックについてるのみたことありません。トゲサンゴの隙間に繁殖したものだけは、魚が入り込めないので残っていますが
20200723_210.jpg

といった感じです
カーリー対策にチョウチョウウオ入れるのは、コーラルフィッシュVol30の付属DVDみてやってみようと思いました。サンゴ礁なら食性の異なる色々な魚がいるのが当たり前なので、こういったカーリーが大繁殖なんてあり得ないんでしょうね。サンゴ水槽でチョウチョウウオ入れるの躊躇うかもしれませんが、ヤッコ入れられてるなら意外と行けるかも

関連記事
スポンサーサイト





B!
質問・トラブル | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...