07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

ATI T5の交換球照度測定結果&色合いについて

2012-09-03
ATI T5の交換球について、種類毎の照度を測定し、また水槽の見え方(色合い)についてまとめました。

ATI T5の交換球は今のところ以下の5種類です。
 Aquabule special…白~黄色
 Coral plus…白~青。最近発売されました
 Blue plus…青
 Purple plus…ピンク
 Actinic…UV

スペクトルはこんな感じです(クリックで拡大します)。
20120903_005.jpg

なお、Sunpowerは2本ずつ設置しないと点灯しません。Purple plusとActinicは1本ずつしか持っていないので、Aquabule specialと組み合わせて点灯し計測しています

照度測定はAR813A(以降の写真で左側)とLX-1010B(以降の写真で右側)を使用します。AR813Aの方が、紫~青波長域が大きめにでるようなので、LX-1010Bの方がより正しい値らしいです。本当はDT-1309の方がさらに正しい値らしいですが、2万円ぐらいするので…


1.現在の組み合わせを全て使用

こちらが現在の組み合わせです。
20120903_010.jpg
左から
Coral plus x 2
Blue plus
Aquabule special x 2
Purple plus
Coral plus x 2
となっています。
Coral plusの色合いが一番好きですね。reef buildersの記事の記載では、ATI社曰く、これ一つでサンゴに必要な波長が含まれているため、他のランプは必要ないとのことです。

これはアクリルシールドを使用していない状態での30cm距離での照度です。
20120903_020.jpg

アクリルシールドを使用すると、3%ぐらい減少します。以降の照度測定はアクリルシールド無しで行います。
20120903_025.jpg

水槽の見た目はこんな感じです。
20120903_030.jpg

2.Aquabule special 2本

蛍光管の見た目
20120903_040.jpg

照度。二本だけにすると照度は当然下がります
20120903_050.jpg

水槽の見た目。やや黄色く見えるのは、蛍光灯のせいか水が黄色いせいか…
20120903_060.jpg


3.Coral plus 2本

蛍光灯の見た目。ほんの少し青く見えます。
20120903_070.jpg

照度
20120903_080.jpg

水槽の見た目。それぞれのサンゴの色合いが良い感じにでます。
20120903_090.jpg


4.Blue plus 2本

蛍光灯の見た目。ここまで青くはないのですが、現像ソフトで補正しきれませんでした。見え方は「1.現在の組み合わせを全て使用」を参照してください。
20120903_100.jpg

照度。見た目は青く暗い感じても良い照度です。
20120903_110.jpg

水槽の見た目。イエローやグリーンがかなり強調されます。Deep BlusのLEDに負けない色合いです。
20120903_120.jpg

ブリードミドリイシがピカピカに
20120903_130.jpg

20120903_220.jpg

5.Purple plus

蛍光灯の見た目。ここからは1本しか持っていないのでAquabule specialと組み合わせで使っていきます。
20120903_140.jpg

照度。
20120903_150.jpg

水槽の見た目。少しピンクが強調されています。
20120903_160.jpg


6.Actinic

蛍光灯の見た目。Aquabule specialの色合いが全然違うのでわかると思いますが、こちらも補正し切れていません。デジタルカメラには紫に見えているようですが、人間の目にはやや暗い青です。
20120903_170.jpg

照度。さすがに下がりますね。
20120903_180.jpg

水槽の見た目。微妙すぎて違いがよくわかりませんw
20120903_190.jpg


まとめ

水槽の見た目をまとめてみます。(クリックで拡大します)
もうCoral plusだけでいいんじゃないかな…
20120903_195.jpg

見た目との比較用に、スペクトルを再掲します。
20120903_005.jpg

照度をまとめます。Actinic以外はさほど変わらなそうです。
今回使用した照度計は各波長域をだいたいフラットに認識してくれるそうなので、Actinic以外はどれを使っても電気エネルギーを無駄なく光に変換できているってことでしょうか。
(Actinicもうまく測定できていないだけで、本当はちゃんと効率的なのかもしれませんが)
蛍光灯組み合わせAR813A(Lux)LX-1010B(Lux)
1.現在の組み合わせを全て使用58,00053,400
2.Aquabule special x 218,00016,300
3.Coral plus x 217,50016,000
4.Blue plus x 218,30016,700
5.Purple plus + Aquabule special17,80016,200
6.Actinic + Aquabule special15,60014,500

Actinic以外は、Blue plusの紫~水色スペクトルをベースに、緑~黄色~赤がちょっと混じったぐらいなのに、人間の目には白やピンクに見えるのがおもしろいところですね。


最後に

今更ですが…
ATI T5は片側にファンからの空気吹き出し口があります。ここに蛍光灯のラベル印字側が来るように設置してください。ラベル印字側の方が熱くなることが理由のようです。
マニュアルには「Each bulb should be oriented so that the labeled end of the bulb is over the hole in the fixture.」と書いてあります。このキーワードで検索したらマニュアルを見つけたのでリンクしておきます。
20120903_210.jpg

逆側には吹き出し口はありません。
20120903_200.jpg

関連記事
スポンサーサイト


B!
ATI T5/KZ T5/E5 | コメント:(21) | トラックバック:(0)
コメント:
No title
おはようございます!

照度調査レビューありがとうございます!&お疲れ様です!
とても参考になります。

Coral+は選択肢にはなかったのですが、これは入れたくなりますね。

SPとB+ではB+のほうが照度あるとはびっくりです。これは意外でした。
現状B+を4本入れてるのですが、2本をSPに変更しようと思っていました。
でもこうなってくるとちょっと考え直したくなりますね。
こうなると8本だと足りないと感じちゃいますね・・・。

マニュアルもありがとうございました。
バルブの取付方向は重要ですね。
俺海さん
おはようございます。
写真撮って現像して実物と見比べて球を交換して…と地味に大変でした。今まで記事にできなかった理由でもあります。

照度については距離や時間経過、計測装置の特性で変動するので参考程度と考えてください。微妙な値の差は気にしない方が良いと思います。
Coral+による効果は去年の年末に出たのであまり情報は無いですね。私は単に見た目で選んでます。無難に海外で実績のある球の構成で行くか、自分の好みで行くかは皆さんの選択なのでどうなるか楽しみですw

マニュアルはPowerModuleのものですが記載はあまり変わらないと思います。ちなみに、B-BOXさんのATI Sunpower特設サイトに掲載されている写真のバブル配置は逆です。
No title
おはようございます。
実験室長、お疲れ様です<(_ _)> 
これは大変だったと思います・・・
もう完全にメーカーのサイトよりも参考になる記事です(笑
代理店もこれくらいのことやればいいのに、単に海外からの請け売り情報しかないですからね。
だから日本の代理店はダメなんですよね。
売る気が無いっていうか感じられませんね!
ユーザーの方がよっぽど情報公開してるわ(笑
うちは今CoralPlusを3本にしてます。
AB spよりも青っぽくて視覚的にはいいですよね。
新しい球なのできっと効果も加味されてると信じてます(笑
いや~、しかし本当にお疲れ様でした&とっても参考になる素晴らしい記事でした!

エーエイトさん
こんにちは。いつの間に実験室長に…
>代理店もこれくらいのことやればいいのに
そうですね。購入の動機付けとなる情報をもう少し公開してもらえるとうれしいですね。

>うちは今CoralPlusを3本にしてます。
いつのまに…
>AB spよりも青っぽくて視覚的にはいいですよね。
Aquablue Spはなんでこの名前なんでしょうね。とりあえずblueじゃないw
Coral+は十分青いので、Purple+やBlue+の代わりにActinicを使うのもおもしろいかもしれません。
No title
おはようございます~

今回もすごいお勉強になりまた!
ちょっと教えて欲しいのですが
T5のファン用にアダプターが付いてますよね?
私のはドイツで買ったので差込がユーロ使用で
ちょっと買い換えたいのですがmjnekoさんの使ってるアダプターの
メーカーを教えて頂けますか?
よろしくお願いします!!
No title
書き忘れです、、
ちなみに私のはコレです。
http://www.sweburn.com/product.php?productid=1509&cat=7&page=1
No title
mjnekoさん こんにちは

毎回毎回勉強になります。
mjnekoさんは販売業者さんですか?(笑)T5のレポート見るたびに欲しくなってポチリそうです(´∀`)

あと、泡王の水位どれくらいにしてますか?僕は23cmでやっているのですが汚れがコレクションカップの半分ぶらいからしか汚れません。
やっぱ水位がたかいのかな?(゜´Д`゜)
有田海水さん
こんにちは。
Dimmable SunPowerなので直接タップに繋ぐためのケーブル1本だけで、
ACアダプタついてないですよ。
ACアダプタついてるとしたら俺海さんが購入されたモデルの方だと思いますのでこちらの記事を参照ください。
http://oreumi.blog38.fc2.com/blog-entry-186.html
No title
こんにちは~

何度もすいません。
結局これにしました。
http://www.soukai.com/P8168493/p.html
アクアトロニカを使用してるのでアダプターが横向きだと差込口を2つ占領してしまうんですよね(泣
あっき〜さん
こんにちは
KRやMazarraあれば十分じゃないですかw

T5のこんな情報ってあまりないので、必要としている人がいるんじゃないかと思って記事にしてみました。今回記事にして思ったのですが、Blue PlusのみでLPS水槽なんていうのも楽しそうです。
T5の見え方はメタハラやLEDとかなり違うので、現物を見て判断して欲しいと思っています。

スキマーに足をつけているので測定が難しいところですが、だいたい21.5~22cmだと思います。排水はほとんど絞っていません。まだ設置して間もないので変動があるかもしれませんが、今のところカップの全体に汚れがついています。
マニュアルだと20~22cmとあるので、結構シビアなのかもしれませんね。あとは比重によっても泡の出来方が異なるはずです。(うちは34~35‰です)
有田海水さん
こんにちは
ちょっと延長してあげるだけでよいのでは…
http://www.kitcut.co.jp/onlinestore/item/126867
アンペア数はACM1000の方が大きいので、ボリュームあげすぎに少し注意かもしれません。
No title
そういう手もあったんですね、、、
考えもつかなかった、、、
アンペア数ACM1000の方が大きいので
現在9Vで設定してるのですが6V位で使えば良いのでしょうか?
すいません、まったくわからず買っちゃったw
自己レス
過去の記事を少し修正しても
http://www.1023world.net/city/blog
のリストの上に来てしまうんですね…
有田海水さん
こんな物もありましたが、正しいかどうかはよくわかりませんw
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1466185484
とりあえず正規品から使うのが安全だとは思います
mjnekoさんへ
ふむふむ。この記事は永久保存ですね!貴重な情報公開ありがとうございます!
blueとcoral plusの照度が意外と高いことに驚きました。サンゴの色合いはcoral plusがもっとも綺麗に見える気がします。4本買ってみようかな・・・
Youichi Katoさんへ
こんばんは
照度を定義どおり厳密に適用する(人間の目の感度にあわせる)と、400nm~500nmの値が反映されにくいので全く違った結果になるとおもいます。
今回は、照度の定義からするととてもいいかげんな計測器を使っているwので、そこそこ実態を反映した計測ができていると思います
http://www.konicaminolta.jp/instruments/knowledge/color/part4/12.html

coral plusは後発だけあっていいとこ取りな感じですね。好みもあると思いますので、いろいろ試してみてください。
今回やってみてBlue plusが見た目にあまり効いていない+Coral plusが良い感じで青いので次はActinicを使ってみようと思っています。
No title
mjnekoさん、こんばんは。
T5バルブの詳細記事、拝読させていただきました。すごい調査情報ですね。
実は私もmjnekoさんと同じ機種のT5を購入しておりまして、mjnekoさんの設置の記事はとても参考になりました。ワイヤーケーブルの設置方法が全く分からなかったので、サーキュラスリーブの情報はとてもありがたかったです。付属のワイヤーと金具を見たときは「これどうやって設置するの・・・?」状態でした。ホームセンターでサーキュラスリーブを見つけたときは「これかぁ~!」という感じで嬉しかったです。
とっちさんへ
おはようございます。

>サーキュラスリーブの情報はとてもありがたかったです。
お役に立てて良かったです。
新しい機器を買うときは、性能や値段よりもそもそも設置可能かが気になりますよね。でも、こういう地味なところの情報ってあまり出回ってないんじゃないかと思います。
ちなみに、付属してきたパーツからすると天井にネジ止めして使うのが本来の使い方だと思います。(かなりすっきりとした設置方法になりますが、地震が多い国では不安になりますねw)
No title
はじめまして、いつも参考にさせていただいています。ありがとうございます〜
某所のデータだとBlue Specialの照度がBlue+に比べて群を抜いてので疑問に感じていました。そんなはずは無いと思っていたので。
もう少しで球を交換するのでPAR値の比較はしたいなあと考えています。
TAKAさん
はじめまして。
TAKAさんの記事はZEOvit、T5、reefbuildersをはじめいろいろ参考にさせていただいております。

照明の測定って、人間の見た目、光合成への影響、電気から光への変換効率等々考えると、それぞれを正確に測定するのが難しいですね。

>某所のデータだとBlue Specialの照度がBlue+に比べて群を抜いてので疑問に感じていました。そんなはずは無いと思っていたので。
照度の定義どおりに計算すると、波長の短い方はLuxの値に反映されないので正しいのかな??と思ったりもしてます。

今回使った照度計は、波長の短い方がむしろ持ち上げられて計測される傾向なので、光強度を測定してると考えると参考になると思います。とりあえず、どの球も光強度でいうならあまり変わらなそうですね。

>もう少しで球を交換するのでPAR値の比較はしたいなあと考えています。
今回の安い照度計よりも、PAR値の方がわかりやすそうなので、是非お願いします。Blue SpecialとBlue+のPAR値がどれほどの差なのか知りたいです。もし同じぐらいなら、青球としてとても効率が良いってことかと思います。(SC115のDeepBlueって効率悪いと聞いたことが…)
#PARメーターまではさすがに高価なので買えません…
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...