09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


B!
スポンサー広告

KZリアクターが届きました

2012-09-23
添加剤のついでに注文していた、KZ社純正ZEOvitリアクター「ZEOvit Filter Easy Lift Magnetic S」が届きましたので紹介します。
今回もsewatecに注文しました。9/1(土)に注文し、当日に「you want 110v Version?」(原文ママ)と聞かれましたが、どうせポンプを使うつもりはないので220V仕様にしました。ちなみにサポートの英文は結構イイカゲンですw
9/4(火)に発送、9/5(水)にFRANKFURT発、9/14(金)に日本着、9/17(月)に通関し、9/18(火)に届きました。FRANKFURT発が早い割に、日本に着くのが遅いという…

こちらが届いたリアクターです。318.49EURです。
20120923_010.jpg

公式の画像と比べると、排水口の位置が逆になっていますね。おかげで余分なスペースを必要としますw
20120923_015.jpg

こちらは注文したCoral Snow 1000ml * 2、ZEObak 10ml * 2です。それぞれ1本あたり64.42EUR、10.50EURで格安です。
20120923_020.jpg

排水口はこんな感じ。エルボや透明な管は接着されていませんので簡単に取り外したり、角度を変えたりできます。
20120923_030.jpg

上部のフタは中に直接ZEObak等を添加できるようになっています。
20120923_035.jpg

==ポンプについて==

付属のポンプUP1000です。排水量が多すぎるのと、220v仕様なので使いません。ちなみにボールバルブが付いているので調整に使う物と思いますが、どうやっても接続できませんw
20120923_040.jpg

給水側の接続部はこちら
20120923_050.jpg

ユニオンを取り外して
20120923_060.jpg

UP1000とためしに接続してみました。(もしかしたら逆かもしれませんが…)
20120923_070.jpg

日本で使う場合は、水量、ZEOvitメディアの量にあわせて適正なポンプを選択します。300L水槽に対して、今回はMJ-250を使用します。
20120923_080.jpg

ただしそのままでは使用できないので、有田海水さんの記事にあるとおり、昔持っていたフォスバンリアクターのゴム製エルボをスペーサーとして使います。
20120923_090.jpg

カットして
20120923_100.jpg

さして
20120923_110.jpg

これでうまく接続できます。
20120923_120.jpg

==本体サイズについて==

本体サイズはこんなところです。かなり大きいリアクターです。
20120923_130.jpg

底面サイズは20cm
20120923_140.jpg

高さは筒が35cm程度、バーまで50cm程度です。エーエイトさんの記事にあるとおり、アメリカから輸入した場合よりも背が低いですね。
sewatecから送られてくる物って微妙なバージョン違いが結構あるのですが、もしかしたら古い(もしくは新しい?)ものなのかもしれません。
20120923_150.jpg

排水パイプを取り付けてサイズを測ってみました。これサンプに入らないんじゃ…
20120923_160.jpg

とりあえずサンプに入れて排水させてみます。
20120923_170.jpg

エルボは入りましたが、透明の筒についてはどうやっても入りませんでした。
20120923_180.jpg

サンプ水位とちょうど良いので、エルボだけでいきます。
20120923_190.jpg

排水量について簡易的に測定しました。2Lのプラケースを満たすのにかかった秒数で、だいたいの排水量が測定できます。実測値は250L/Hでした。
20120923_200.jpg

==リアクターの目詰まりについて==

以前、リアクターの目詰まりについて記事を書いたとおり、KZ純正リアクターは詰まりにくいと聞いています。実際はどうなんでしょうか?

…あれ、普通じゃない?
20120923_210.jpg

余っていた細かいゼオライトをぱらぱらっと
20120923_220.jpg

振ってみると… ダメじゃん…
20120923_230.jpg

というわけで、KZ純正リアクターを使っても目詰まりは完全には解決しなさそうです。ごめんなさい…過去記事も訂正しておきます。

目詰まり問題を解決するには以下の方法が考えられます。
1. Reef Octopusリアクターなら、LSSさんがアップグレードチャンバーを用意中なので、これを待つ
2. ふるいにでもかけて、あまりにも細かいのは除去しちゃう
3. ATI Zeolith plusに変更する
4. あきらめる

私は引き続き3でいきます。

-----

以前のリアクターで使っていたメディアを移しました。ついでに活性炭も入れてあります。こうするとリアクターの攪拌によって、活性炭も攪拌されます。
20120923_240.jpg
リアクターの底に強力な磁石がついており、普段は反発してメディアが浮いた状態になっています。攪拌する際は、Reef Octopusなら持ち上げる必要がありますが、これは押し込むだけでよく、かなり楽に攪拌できます。

-----
Reef Octopusのリアクターはオークションにそのうち出します。

関連記事
スポンサーサイト


B!
ZEOvit | コメント:(9) | トラックバック:(0)
コメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
アレとはATIのアレですよ(*^_^*)

Tunzeは非常にいいですよ。かなり優しい感じの波を作れます。ただ、かなりのスペースを取るので困ります。

ただ、音に関してはMPはモーター音が気になりますがTunzeは全くしません。

ZEObakは僕も次からはラボで購入する予定です。間違いなく安心できますからね。
No title
mjnekoさん、こんにちは。
mjnekoさんもKZ社純正リアクターのご導入ですね。サンプ層に余裕があれば私もぜひ入れたいのです。小さいのを出してほしいところです。
Sewatecのバージョンの件ですが、先日Sewatecにその旨質問したところ「うちは在庫の回転が早いから常に最新版を出荷しているよ」との回答でした。本当かどうかは分かりませんが、妙に自信ありげなGoetz氏でした(笑)
あっき〜さんへ
こんばんは
ついにT5ですか。意表を突いてATIスキマーだったらもっとおもしろいですがw
Tunzeはおためしに6095と7096を注文してみました。MP40のすっきり設置は良いのですが、サイドのコケ掃除のために取り外しが面倒なのと、音がちょっと気になるので…
とっちさんへ
こんばんは。KZ純正は正直ちょっとスペース取り過ぎです。
良いところはマグネットで楽々な点と見た目が綺麗(ブルーの照明を当てるとオレンジがステキw)、背が低いのでメンテしやすいぐらいでしょうか。
ちなみに実物がみたい方は、関東ならmagicさんにあったと思います。

>「うちは在庫の回転が早いから常に最新版を出荷しているよ」
本当にそうなら、最大限スペースを食う今の配置が最適だと言うのでしょうかね… どっちにしても、写真と違うので何とかして欲しいですがw
同じ商品名でもアメリカから買う場合、ドイツから買う場合で微妙な違いがあったりと、個人輸入はこういったところもリスクですね。
No title
こんにちは~

ユーロとUSA使用じゃやっぱ違うんですかね?w
大きさがまったく違いますよね、、

10月1日にやっと水槽設置が決まりました。
やっとブログ復活できそうですw
mjnekoさんへ
どもー。
いよいよ純正を導入ですか!
私はvertexを使っていますが、やはり純正が欲しくなります。ZEOlithなんで困ってはいませんが、マグネットと見た目が魅力ですよね!

ところで、リーファーズベストを使っていたかと思いますが、効果の程は如何ですか? 乗り換えようか迷ってはいるのですが、使用感が分からずで・・・。
有田エビさんへ
こんにちは。何故にエビ…?
高さ低くするなら細くして欲しいですね。そうすればもっと入れられる水槽が増えそうなのに

>10月1日にやっと水槽設置が決まりました。
>やっとブログ復活できそうですw
ついに到着しましたか! おめでとうございます!
段取りはついていると思いますが、想定外なんて結構あると思いますので、無理せずじっくり確実に設置しましよー
Youichi katoさんへ
こんばんは
>どもー。
>いよいよ純正を導入ですか!
>私はvertexを使っていますが、やはり純正が欲しくなります。ZEOlithなんで困ってはいませんが、マグネットと見た目が魅力ですよね!
魅力ですが買い換えるまでの価値があるかというと微妙ですw

>ところで、リーファーズベストを使っていたかと思いますが、効果の程は如何ですか? 乗り換えようか迷ってはいるのですが、使用感が分からずで・・・。
ヴィーソルトとの比較ですが、
・別容器に入れたところやや固まりやすいです。(ヴィーならさらさら)
・そのせいか、溶け残りがややあるかも
・カリウム濃度はほとんど添加しなくても週に5㌫水換えでいじできています(うちの水槽ではもともとあまり減りません)
・KHは水換えしてもあまり変動してないかも(KH消費量が多くなって現在5.5ぐらい…カルシウムリアクター調整中です。)
・魚トリートメントは高いので別の塩にしました。
・サンゴの色についてはほかの要因もあって何とも
というわけで、ヴィーでうまく行っているなら無理に変えなくて良さそう… やや固まりやすいのが気になります。

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。