05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

F.P.ドクターを購入しました

2012-10-06
AQUA LOVERSさんで使わせてもらったF.P.ドクターがおもしろかったので、買ってみました。

F.P.ドクターは特定の波長の光を出すLEDがついたフラッシュライトです。365nm、380nm、400nm、420nm、450nm、475nm、500nmのラインナップになっていて、サンゴの蛍光タンパクがどの波長の光に反応するのかを調べることができます。今回は400nm~500nmを購入しました。

地味にKR90DRユーザなので、割引&電池が付きます。
20121006_010.jpg

単四電池3本で動作します。
20121006_020.jpg

おしりにあるスイッチを押すと点灯します。
20121006_030.jpg

20121006_040.jpg

というわけで、早速使って比較してみます。写真クリックで拡大します。

やや赤いウスコモンです。写真だとわかりづらいかもしれませんが、450nm以上に良く反応しています。
20121006_050.jpg

ピンクのツツハナガサミドリイシです。400nmのUV付近に良く反応しています。450nmにはポリプだけが反応しています。サンゴの本体とポリプ、成長点それぞれで反応する波長が違うことが良くあります。
20121006_060.jpg

グリーンのハイマツミドリイシです。まだまだ褐虫藻多めな感じですが…
グリーン系サンゴは400nmに良く反応します。500nmにもほんの少し反応があります。
20121006_070.jpg

イエローの…何サンゴでしょう?
最近グリーンになりつつあります。あと一部白化が… Spur2のせいかも。
どの波長でも良く反応しています。
20121006_080.jpg

サンゴによって反応する波長が違うので、まんべんなく照射できる照明を用意するか、持っている照明に合わせてサンゴを選ぶことが重要そうです。400nmに反応するサンゴが多いなら、T5だとActinicがあった方が良さそうな気がします。
365nm~380nmに反応するサンゴがある場合はどんな球を選べば良いんでしょうね? メタハラぐらいしかそこまで波長の短い光を出せないような…

あと、F.P.ドクターはタンパク質の傾向判断以外に、量もざっと把握できます。あまりタンパクを持っていない場合は照明が強くない場所に置くといった判断にも使えます。

関連記事
スポンサーサイト


B!
LED | コメント:(4) | トラックバック:(0)
コメント:
No title
おはようございます~

F.P.ドクターって当てたらそのサンゴが何色が好みって事がわかるって事でしょうか?
その色になる素質をもってるって事ですかね?
ちょっと欲しいかな、、
まだあサンゴ無いけどw
有田海水さんへ
おはようございます。
>F.P.ドクターって当てたらそのサンゴが何色が好みって事がわかるって事でしょうか?
そんな感じだと思います。
買ったサンゴの励起状態を記録しておいて、しばらくして励起しなくなっていたら照明があっていない…なんて判断にも使えるかなと思います。
mjnekoさん、こんにちは。
F.P.ドクター、すごいグッズですね。光を当ててサンゴの状態や特性が分かるんですね。レイアウトや照明の調整に使えそうですね。
とっちさんへ
こんにちは
メタハラやT5の場合、もともとあんまり球の選択肢は無いですが、LEDを使っている人ならかなり意味がありそうです。いつか、ショップのサンゴにこれを当てまくる人がでてきそうw
でも素子が高価なのでしょうがないとは思いますが、一本一本がけっこう高いですw

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...