08-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>10-

いまさらseneye reef

2012-12-31
2月から使用しているseneyeですが、Neptune Apexへ移行する前にレビューを書いておきたいと思います。

とりあえず公式サイトはこちらです。seneyeはイギリスの会社の製品だったと思います。

seneyeは水槽のモニタリングを行うための器具です。以下をモニタリングできます。
 ・水温
 ・アンモニア
 ・pH
 ・照度
 ・酸素濃度
また、
 ・しきい値を超えたらメール送信&携帯へのショートメール送信
もできます。

本体は99.99 EUR、計測用のチップは3ヶ月分で18 EURです。毎月お金がかかるとはいえ、モニタリング用としては値段の割に多機能だと思います。

この装置の他、
 ・PC(4万円程度のノートPCがあれば十分です)
 ・インターネット回線
 ・できれば無線LANルータ
が必要です。

こちらが計測装置です。海水中につけておいて水質を測定します。
20121231_002.jpg

USBで電源供給&データ転送を行います。USBケーブルは3mぐらいあったとおもいます。
20121231_005.jpg

こちらがPC用のソフトウェアです。モニタリングしたデータは、このソフトからインターネット経由でseneyeのサーバへ転送されます。現在の値が見られるだけで、グラフ表示はできません。現在値がおかしい場合はズレ幅を調整できるようになっています。
20121231_030.jpg

seneyeサイト上でモニタリングしたデータがグラフで参照できます。左上から、アンモニア(NH3)、アンモニウムイオン(NH4)、水温、酸素濃度、pHのグラフです。
赤いラインはしきい値となっていて、上下にスライドさせることでしきい値を変化させることができます。
上のラインは、値がそれを超えたときにメールで通知されます。また下のラインは、値がそれを下回ったときにメールで通知されます。
20121231_040.jpg
たとえば… 夏場でクーラーが故障する → 水槽の水温が上昇して上のラインを超える → メールで通知される → 私がハラハラする といった感じになります。

さらに下の方にはLuxとかもありますが、光が入らない場所に装置を置いているのでモニタリングできませんw
20121231_050.jpg

Androidの専用アプリで現在の値を確認できます。さすがにグラフまでは表示してくれません。
20121231_060.jpg

-----

チップはこんな感じでひとつひとつパッケージに入っています。表にはパスコードが書かれていて、PCソフトウェアから入力すると1か月間使えるようになります。
20121231_010.jpg

使用前には48時間ほど飼育水につけます。
20121231_020.jpg

-----

ちなみにネットワークカメラも設置してあるので、いつでも外出先から水槽の様子を確認できます。地震が起きたら真っ先に確認します…
20121231_070.jpg

-----

使ってみた感想としてはこんな感じです。

良いところ
 ・結構安い
 ・それなりに多機能
 ・携帯電話からも値が見られる
 ・アンモニアがモニタリングできるのは知る限りこれだけ
 ・チップ交換でpH校正は不要

悪いところ
 ・毎月交換&パスコード入力がめんどくさい
 ・seneyeサーバ経由でメール通知なので、事が起きてから通知されるまで結構時間がかかる
  (データをまとめてアップロードしてるようなので、数時間後に届く感じです)
 ・PCが必要
 ・センサーの精度がいまいち
  (pHとか結構チップ毎にズレまくりw)

アンモニアがモニタリングできるのは立ち上げ初期には良いのではと思います。

seneye本体とチップは公式サイトから購入できますが、日本宛てで購入すると送料が600万円とかおもしろいことになります。私が購入したときは簡単な英文メールで注文しました。送料は45 EURぐらいでした。

関連記事
スポンサーサイト


B!
その他 | コメント:(4) | トラックバック:(0)
コメント:
No title
こんばんは。アンモニアと酸素濃度測れるという事で、魚水槽向けのモニターなんでしょうかね??
モニターは使った事ないのでよくわからないですが・・・。PCと連動と言うところが惹かれます。設定とか楽しそうです。
Colorさんへ
おはようございます。

どちらも濾過が安定しているかを確認するのに使えるので、サンゴ水槽でも魚水槽でも重要なパラメータですね。
酸素濃度はオーバーフロー水槽以外なら気にするところだと思います。
まぁ淡水用バージョンとかもありますので、この製品がターゲットとしているのはもっと簡易な水槽なのかもしれませんね。

PC連動はソフトをインストールするぐらいなので楽です。無線lan導入が面倒かもw
mjnekoさん、こんにちは。とっちです。
SeneyeはApex購入の際に検討しました。
システムがクラウドベースで、チップでランニングコストを支払うという感じのモデルですよね?
アンモニアのモニタリングができるのは、魚中心の水槽には良さそうですね。
mjnekoさんがApexを購入された際のレビューも今から楽しみです!
とっちさんへ
こんにちは
apexは先駆者の方々の情報展開が十分あるので、あまり新ネタはないかもしれませんが頑張りますw

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...