04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

Apexのファームウェア更新失敗したら

2013-04-07
Apexのファームウェアが更新されています。
以前は 4.20 CA12 でしたが、今は 4.20 1B13 になっています。サイトを見ても記載は4.20のままなのですが、ダウンロードしてみるとファイル名が変わっていました。

じゃぁさっそくApexのファームウェアを更新しようと、無線LANのままやってみたら…
30%ぐらいで更新停止!
ファームウェア更新失敗 = 機材としての故障 = 水槽のコントロールどうするの!? なので、ショックで顔が青ざめたのは言うまでもありません。

Apex Base Unitのファームウェア更新失敗したので正常に機材をコントロールできない状態になりました。当然全ての機材は fallback モードに入りました。これによって、メインポンプやスキマーが止まることはありませんが、水温コントロールができなくなりました。(クーラー、ヒーターともにfallback OFF設定のため)

Apex Base Unitを再起動させてもオレンジ色のまま正常に起動しません。
もう一度ファームウェア更新をしてもこんなログが

Loading firmware file into memory
Firmware file load complete...
Calculating Apex Start Checksum Vector
Calculating Apex Start Checksum Vector complete...
The controller address is: 192.168.1.50
Connecting to controller at address: 192.168.1.50
Connecting
Apex running in boot loader mode
Trying to connect: attempt 1
Waiting for input from Apex, timed out
Trying to connect: attempt 2
Found ARP entry at address: 192.168.1.171
Waiting for input from Apex, timed out
Trying to connect: attempt 3
Found ARP entry at address: 192.168.1.171
Waiting for input from Apex, timed out



■解決策は?

ファームウェア更新失敗した原因は、無線LANのままやったからです。これはマニュアルにもちゃんと書いてあります。無線LANだと回線としてやや不安定だからやるなという意味で解釈していました。まさかファームウェア更新が100%失敗するからとは思っていませんでしたw

対策は、ノートPCにファームウェアを入れて水槽近くまで持っていき、無線LANアクセスポイントに有線で繋ぎ、そこからファームウェア更新したら成功しました。ノートPCの無線LAN機能は無効化した方が良いと思います。

Apexはファームウェア更新失敗しても、水槽コントロールやWeb機能は使えなくなるものの、ネットワーク機能だけは有効になるようです。この状態で有線LANからファームウェア更新ができますので、単に更新をやり直せば良いだけ、というわけです。

-----

ちなみにこれに気付くまで7時間ぐらいかかりました。ノートPCで有線LAN繋いでも、無線LANを無効にしなかったせいでファームウェア更新失敗しましたw
その間、予備のクーラーコントローラ、昔のタップやアナログタイマーを引っ張り出したりと一人でお祭りしていましたw

関連記事
スポンサーサイト


B!
★Neptune Apex★ | コメント:(2) | トラックバック:(0)
コメント:
No title
いつもの連投が始まってるw
nekoさんのこの記事読んで、とっちさんが居ないとこでは絶対にupdateしないことを誓いましたw
エーエイトさんへ
おはようございます。
ファームウェア更新はハマると辛いです
まぁ今のバージョンでも特に問題ないのでしばらくはほっといても良いと思います

管理者のみに表示

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...