07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

水槽スペックの変化

2012-12-31
今年最後の記事になります。

水槽スペックの変化をまとめてみます。

4月頃現在
名前名前
水槽
メイン 1200x450x4501変化無し1
サンプ 900x350x3501変化無し1
マゴタンク300 300x300x3001変化無し1
ドライサンプ 1800x800x1001変化無し1
メイン照明
Maxspect Mazarra P5ATI 48インチ 8 x 54W
Dimmable SunPower
1
GrassyLeDio9+(DeepUV3)7
DeepVioletスポットLED2
VitalWave7W Violet2
VitalWave7W Cyan4
マゴタンク照明
Maxspect Mazarra P1KR90DR 12S1
GrassyLeDio9+(DeepUV3)1
プロテインスキマー
PRS NC1000GI1Royal Exclusiv Bubble King
Double Cone 200(110V/60Hz)
1
カルシウムリアクター
REEFOCTOPUS CR-800R1変化無し1
ZEOvitリアクター
REEFOCTOPUS ZF-1300-461ZEOvit Filter Easy Lift Magnetic S1
クーラー
レイシー LX-250ESA1レイシー LX-250ESAを
予備として確保(未接続)
1
ゼンスイZRW4001
ヒーター
チタンヒーター300Wx21変化無し1
メインポンプ
サンソー PMDS-641B1RLSS DC-100001
メイン水流ポンプ
VorTech MP40WES2Tunze Turbelle nanostream 60952
MP10ES1MP10WES1
マゴタンク水流ポンプ
-MP10ES1
RO浄水器
AQUAGEEK クロノスレイン1変化無し1
人工海水
MARINETECH viesalt-KZ Salt1
換水サイクル
1週間に1回、30L-2週間に1回、15L-
モニター/センサー
AQUAGEEK FUKUROW1変化無し1
seneye reef1変化無し1
ライブロック
ジェイズアクアリウム、
ナチュラル他
18kgナチュラル、B-BOX
枝状ライブロック
24kg
底砂
KZサンド4.6変化無し5.6kg


大きな変化はこんな感じですね
○照明がMazarraからATI T5へ
 数十万円かけたLEDから乗り換えですが、まんべんなくどこでも均一に照らしてくれて、無駄なちらつきの無いT5にして良かったと思っています。LED + 激しい水流だとちらつきで目が痛い…(個人差があります) 白に近い球を選んでいるので、サンゴの色もよくわかります。
 マゴタンクに使っているKR90DRは水流を弱めにしてちらつきを抑えています。LPSやソフトコーラルは問題無さそうです。

○プロテインスキマーを泡王へ
 空前のユーロ安のため購入。泡切れの良さ、泡の質の良さ、音の静かさはさすがです。でもZEOだとオーバースペックのスキマーは推奨しないとのこと…
 推奨水位は21cmなので、サンプの仕切板をカットしました。

○クーラーをZRW400へ
 効率が良いクーラーなので電気代が下がりました。あとはどこまで耐久力があるかですね。

○メインポンプをDCポンプへ
 驚きの低消費電力&低騒音。今年はアクア用のDCポンプ元年かなと勝手に思っていますが、今のところ完成度高いです。後は耐久性だけが気になります。
 ちなみにDCマグポンは普通に売ってるようですね。どなたか人柱してみませんか?w

○メイン水流ポンプをTunzeへ
 ほっとくとゴミがたまって流量が落ちてくるのですが、Vortechよりも掃除しにくいのが面倒かも… 水槽全体的に、水流は改善の必要があります。

-----

うーん、中古品売りまくったとはいえ、器具にお金使いすぎです。
来年は、購入済みのWavySeaとApexを導入したら器具にお金を使わなくて済むと…いいなぁ

それでは良いお年を!



B!
タンクデータ | コメント:(4) | トラックバック:(0)

水質の変化について(2012年11月)

2012-11-05
2012年7月の記事の続きになります。ZEOvit水槽の水質変化がわかるようにグラフを作ってみました。

2012年7月からの、硝酸塩(NO3)と、リン酸塩(PO4)の変動を表すグラフです。見辛いときはクリックしてください。
どちらもほぼ0ぐらいまで減少しました。最近たまに検出されたりします。ZEOstart3は2日おきに0.5ml添加しています。(ドーシングポンプで、1:1に薄め、1ml/2日設定しています)
最近までZEOリアクターを間欠運転させていましたが、最近は1日に3時間停止を2回にしています。
20121105_010.jpg

KHの変化はこんな感じです。今回はZEOvit推奨の上限と下限がわかるようにしました。CO2添加時間でコントロールしているので、範囲に入れるのがなかなか難しいですw
20121105_030.jpg

マグネシウムはカルシウムリアクターにメディアを少し入れてあります。推奨をオーバーしていますが制御できないのでほっといています。
20121105_020.jpg

カリウムはほとんど添加していないのに、推奨よりも高い位置をキープ… ZEOvitだとカリウムが減るはずなのに水換えだけで維持できているってことでしょうか…
ちなみにSALIFERTのカリウム試薬をお勧めします。とても測定が楽になりました。
20121105_040.jpg

最後にCO2添加時間とサンゴの個体数を比較してみました。当然ながら明らかに正の相関がありますね。
7月中旬にサンゴ個体数は変わらないのに添加時間を増やしたのは、ATI T5に変えてサンゴの成長スピードが上がったためだと思われます。
9月末に添加時間を増やしているのは、KHが6を切るぐらいに低くなりすぎたためです。7.5ぐらいに持ち上げるとサンゴの成長も良くなった気がします。
20121105_050.jpg

水槽の記録はExcelで行っています。今回の記事のようにグラフを作って見たりすると、水槽で起きている変化の傾向が見えてくるかなと思います。



B!
タンクデータ | コメント:(12) | トラックバック:(0)

水質の変化について

2012-07-03
ここ数ヵ月間心配だった水質について、何とかなってきたので書いておきます。

2012年1月に、RTNや白点等の病気対策のため、水槽内の消毒、底砂のリセット、水の全入れ替えを行い、ZEOvitの立ち上げプロセスに沿って立ち上げをし直しました。ただしサンゴは隔離しておけないので、数日してからCoral RX Proにて薬浴をしてから戻しています。魚たちはその間、バケツで隔離治療を行いました。

これが2012年1月からの、硝酸塩(NO3)と、リン酸塩(PO4)の変動を表すグラフです。見辛いときはクリックしてください。
左の軸がNO3、右の軸がPO4です。NO3は硝酸塩プロテストキット、PO4はHanna Instruments HI 736 Checker HC Handheld Colorimeter for Phosphorusで測定しています。
一時期、NO3は4ppm以上、PO4は0.18ppm以上というひどい水質でした…リセット前でもここまでひどくなったことは無かったのに…
20120703_010.jpg
この水質でもサンゴ達はほとんど白化せずに耐えてくれました。

上記に説明を入れたものがこちら。
20120703_020.jpg

古い順に解説すると
・リセット後は問題なかったものの、4月15日ぐらいから水質が悪化して行っています。
・このころからハタゴは調子がいまいちだったような… 徐々にとけていた?のかも
・ZEOstart3を添加していたドーシングポンプが調子悪く、ちゃんと添加できていなかったようです。途中で交換しています。
・ハタゴ死亡により取り出し。
・ZEOリアクターの間欠運転の大切さを思い出して、ようやく実施。3時間おきに間欠運転。
・ZEOstart3、ZEObakを多めに投入
・サンプにたまっていたデトリタスを大掃除。
・6月24日にPO4がようやく0ppmに
・これに伴い、NO3も減少中
といった感じです。

まとめると、
・ZEOstart3はちゃんと添加しましょう
 (添加しすぎはダメだけど)
・サンプのデトリタスは水換えの度に吸い出して、きれいにしておきましょう
・ZEOリアクターの間欠運転ってすごく大切
といった感じです…

リセット直後はリン酸塩がさほど出ていなかったので、「間欠運転しなくていいんじゃね?」とか思ったのがまずかったですね。

ちなみにこちらはKHの変化です。(見えないと思いますのでクリックしてください)
CO2の添加時間でコントロールしていますが、推奨される6.5dkh~7.5dkhに収めるのって結構むずかしいですw
20120703_030.jpg

こちらはマグネシウムの変化です。測定サボりすぎ。推奨される範囲は1250ppm~1300ppmですが、コントロール難しいです。
20120703_040.jpg

最後にカリウムの変化です。推奨される範囲は380ppm~400ppmなので、ややオーバー気味。カリウム添加剤はほとんど添加していませんので、ゆるやかに減少傾向です。適正値になったら、バランスが取れる添加に調整しようと思っています。
20120703_050.jpg



B!
タンクデータ | コメント:(4) | トラックバック:(0)

ブログはじめました

2012-04-14
趣味のアクアリウム(海水魚&サンゴ)や料理について紹介していきたいと思います。

ちょっと前の水槽全景はこんな感じです。サンゴの色はいまいちですが努力していきたいとおもいます。
魚はベラの仲間が好きです。丈夫で、餌付けも簡単、なついたときの仕草がかわいい、サンゴを食べない、カラーリングが独特とサンゴ水槽には最高です。
20120414

ニコニコ動画はこちら


水槽スペックはこんな感じです。
<ZEOvit水槽>
メーカーサイズ特徴水量
メイン株式会社Plax1200x450x450アクリル、ステンレスセンターフランジ、コーナーボックス、背面ブラック197L
サンプ株式会社Plax900x350x350アクリル81L
マゴタンク300AQ-DESIGN300x300x300アクリル、サイドフロー22L
ドライサンプ株式会社Plax1800x800x100黒塩ビ-
合計300L

<照明> 
メイン
Maxspect Mazarra P5
GrassyLeDio9+(DeepUV3)7
DeepVioletスポットLED2
VitalWave7W Violet2
VitalWave7W Cyan4

マゴタンク
Maxspect Mazarra P1
GrassyLeDio9+(DeepUV3)1

<スキマー>
 PRS NC1000GI
<リアクター>
 カルシウムリアクター:REEFOCTOPUS CR-800R
 ZEOvitリアクター:REEFOCTOPUS ZF-1300-46
<クーラー>
 レイシー LX-250ESA
<ポンプ>
 メイン:サンソー PMDS-641B
 水流:VorTech MP40WES x 2、MP10ES x 1
<RO浄水器>
 AQUAGEEK クロノスレイン
<人工海水>
 MARINETECH viesalt
<モニター/センサー>
 pHモニター:AQUAGEEK FUKUROW
 総合モニター:seneye reef
<生体 メイン>
魚(ベラ)スパニッシュ・ホグフィッシュ x 2、ニセモチノウオ、ハコベラ、 ローンボイドフェアリーラスPr、ケサガケベラ
魚(他)サラサゴンベ、イトマンクロユリハゼ、ヤエヤマギンポ、シマハギ
SPSコモンサンゴ、ハナヤサイ、ハイマツ他
ソフトスターポリプ
<生体 マゴタンク>
ハナビラクマノミPr
イソギンチャクハタゴ(沖縄)
ソフトスターポリプ、ウミキノコ、マメスナ
LPSツツマルハナサンゴ
<添加剤>
 種類が多すぎるので、大部分はドーシングポンプによる自動添加してます。
RCPリーフカラーA~D
ZEOvitzeobak、Sponge Power、ZEOfood7、ZEOstart3、B-Balance、 Pohl's Xtra、Xtra Special、CoralSnow、Bio-Mate、Zeozym、 AminoAcidHighConcentrate
その他リーフストロンチウム
<ライブロック>
 18kg
<砂>
 KZ(Zeovit)aragoniteサンド 4.6kg
<餌>
 シュアーR、海藻70、フォーミュラ1フレーク、フォーミュラ2フレーク
<メンテナンス>
サイクルタスク
毎日添加剤添加、ZEOvitリアクターの攪拌
3日スキマーのカップ掃除、活性炭の掃除
7日水換え30L、コケ掃除、ドーシングポンプのチェック
1ヶ月活性炭交換、浄水器のフラッシング、クーラーのフィルタ掃除、モニター校正
1.5ヶ月ZEOvitメディア交換
2ヶ月添加剤の補充
6ヶ月プロテインスキマー、サンプの掃除
8ヶ月浄水器のメンテナンス(セディメント&活性炭&DIフィルタ交換)


最新水槽スペックはこちら



B!
タンクデータ | コメント:(0) | トラックバック:(0)
« Prev | ホーム | 

FC2 Blog Ranking Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...